スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂窩織炎

夫が今罹っている感染症、ほうかしきえん・・・聞きなれない名前です

窩なんて字  今まで書いたことないんじゃないかなあ
あな、という意味らしい

炎症した組織を顕微鏡でみると、蜂の巣の仕切りのように見えることから、蜂窩、という名前がつけられているそうです

リンパ浮腫外来で圧迫包帯をし始めた時に
起きる可能性がある重大症状として看護師さんから聞いてはいました

でも、1型糖尿病の低血糖と同じで
そんなこと起きないよね、きっと・・・と名前も忘れていたのです

「毛穴や傷口から細菌が侵入して
赤み・痛み・腫れがみられ」という解説通りの症状で
赤み、痛み、腫れからのスタートでした

「こんな症状が出たら、とにかく大急ぎで救急に駆け込んでください」と看護師さんに言われたとおりに
大急ぎで駆け込んだので、その時点ではまだ白血球数も炎症反応を表すCRPも異常は表れていませんでした

でも、熱もじわじわと上がってきているし、患部の状態から見て蜂窩織炎で間違いないだろうと
抗菌剤の点滴が素早く始まったのは幸いでした

この蜂窩織炎、耳慣れない割には身近な感染症なのだそうです
通院で服薬治療をすることが多いようですが
夫の場合、大きな疾患を持っていますので感染が重症化するおそれもあることから
入院を勧められました

服薬より点滴の方が即効性があり、より強力な治療ができるというのですから
こちらもその方が安心です

その後、熱は一時39.5度まで上がりましたし、炎症を表すCRPも高くなりましたが
2~3日で山を越え
すこーしづつ数値はよくなってきました
細菌感染症なので、抗菌薬を用いた治療が有効なんですね

ただもともとむくんでいたところに炎症が起きているので
右腕の腫れはひどく、今も指先までむくんでおり、グーができないほどです
なんとかならないものでしょうか
「感染した皮膚は熱をもち、オレンジの皮のようなあばた(皮膚の小さな窪み)ができることがあります」とGoogleが教えてくれる通りになりました

ここ2~3日は日焼け跡のように一部分の皮がむけてきました
でも先生の話だと、これは悪いことではないらしいです
見てるとついつい剝きたくなってきます
IMG_8902_convert_20170608204403.jpg
オレンジの皮をむくように、サッと一皮むけて元に戻ればいいのに、と思います

今朝の血液検査の結果、CRPも基準値近くまで下ったので
明日退院です

今後は服薬に切り替えて、症状の改善を待つことになりました
炎症部分が完全に治るまではかなりかかるらしいです

蜂窩織炎、再発することも多いそうなので
まだまだ、安心できませんがまずは一段落、かな?




スポンサーサイト

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。