FC2ブログ

ひらひらと

先週の夫の通院の帰り
初夏を思わせる暖かい日差しに
自然の風の方が気持ちいいね、と車のエアコンを切って窓を開けた途端
何かが舞い込んできました
サイドポケットのふちに着地したものを見ると
あらっ、桜の花びらでした🌸

そんなに桜吹雪が舞っている場所でもなく、、走る車、しかもほんの少し開けただけの窓に
入ってくるなんて・・・
なんだか待っててくれたみたい

夫も、そのたった一枚の花びらを手に取り
「おっ、ラッキー」とうれしそうです

病院ではあまり効果も期待できない抗がん剤を打ってはきましたが
先行き思わしい話もなく
気持ちの弾みようもないそんな時に
小さな花びら一枚で、ホッとした気持ちにさせてくれるんだから
桜ってすごい!

IMG_2902_convert_20190420142927.jpg

•••にしても、車、汚れてるなぁ😩


スポンサーサイト

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は22年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが放射線と抗がん剤治療でなんとか5年を生き延びできました。しかしさまざまな副作用に加え、再発部分が次第に勢力を増してきている様子で、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活ですが、2人の孫の成長を楽しみにひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂11才)と静かに暮らしていきたいと思っています

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2