スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の現状

気が付けば早くも3月後半
ようやく春の兆しを感じるようになってきました

すっかりご無沙汰してしまいましたが
何とか大事無く過ごしております

とは言え、夫の病院通いとは縁の切れない毎日

週一の抗がん剤点滴でしょ
2カ月に一度は糖尿内科に行って
歯周病予防のために月一で歯医者に通い
抗がん剤の副作用による腕のむくみ対症療法としてのリンパ浮腫外来にも行かないといけないし
最近は、白内障と黄斑なんとかで眼科も加わり・・・・

エンゲル係数ならぬ我が家の医療費係数、かなりのもんです

7~8か月前からむくむくと右腕がむくみだし
点滴のために埋め込んでいるポートが原因かと入れ替えたけれど、一向に改善せず
このまま行ったら腕はちきれちゃうんじゃないだろうか、って心配してたら
乳がんの患者さんが手術後になりやすいというリンパ浮腫と似たような感じだということで
リンパ浮腫に詳しい看護師さんから指導をうけて
目下、腕を圧迫するサポーターと指先部分のない手袋様のものを装着中なのですが
サポーター
このサポーター
外国製の特殊なものだからか、まあ結構なお値段(腕用と手袋で、ン万円)
それにもかかわらず、保険がきかない(-_-;)

ぜいたく品でも何でもないのに。
厚生労働省、希少の病気にも目配りを!
総理夫人に口聞いてもらおうかしら

ところで
サポーターはいつでも外せるとは言え
入浴時以外はずっと締め付けられて鬱陶しいだろうと思うのだけれど
むくみをそのままにしているよりはマシなのか
文句も言わずに、きちんと装着しています
夜間は、サポーターの代わりに伸縮性の高い包帯と特殊なテープを巻くのですが
お風呂上りに、それを巻くのが私の毎日の仕事になりました
包帯写真は看護師さんに巻き方を教えてもらった時のもの

3カ月を過ぎましたが、思わしい成果は上がりません
やっぱり抗がん剤をやめないと、改善ははかれないのかもしれません
夫の場合、出来るだけ長く抗がん剤を続けないといけないので
この先、元の腕に戻れるのはいつになることやら(´・Д・)」

ひと月半ほど前には
白内障の手術を受けました
ものの30分ほどで済みそちらは改善されましたが
黄斑前膜なんとか(何度聞いても覚えられない(;^ω^))もあるので
どうやら少し世の中が歪んで見えているらしいのです

というわけで、来月入院してその手術も受けることになり
ますます医療費係数ますますアップにまちがいなし

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

お疲れ様です!!

更新があいていたので心配になっていました。
きゃー!りくくん〜!
ひさしぶり〜!かわいいねぇ♡(^v^)

夫さん心配が続きますね。
文句言わずに治療に専念している姿、尊敬します。
浮腫ってむくみ、水分なんですよね?
点滴みたいに管でも刺して、ピューッて水を抜いて治せないのかって思っちゃいます。

心配事があるとなかなかそんな気分になれないかもしれませんが、日々たのしいことをしていてほしいなって願います。

全然興味なかったのに「ガラスの仮面」を貸してもらったので仕方なく読み始めたら、すごくおもしろいです。
俳優さんや演技を見る感覚がちょっと変わってきたり、演劇とかも観たくなってきました。
現実逃避にいかがでしょうか?おすすめですよ。
このマンガは年齢層も広いようで、読むとみんな夢中になっちゃうらしいです。図書館にありそうだしよかったら。。

♪カッパさんへ

ご無沙汰してしまって、ご心配おかけしましたv-436

むくみ
ほんとに、プシューと針でもさして水分が抜けたらいいのに。
むくんでるだけじゃなく、固くなってるんです
なぜ、こうなるのか
解明は中々難しいみたい。
健康な体っていろんなものが上手くバランスを取って、出来てるんだなあって思います

私、じつはマンガ大好き!
ガラスの仮面??
もうとっくの昔に、読みましたよv-411その後最終話まで行ったのかな?

ブラックジャック、王家の紋章、タッチ、H2、Monster、20世紀少年 はだしのゲン etc.
どれも読みごたえありました
Dr.コトー診療所、は夫が入院中に病院の図書室から借りて読破v-407
こんな神の手の先生がいたらなあ、と思いましたよ

想像で読ませる小説と違って、実際にそのものを見せないといけないマンガ家はすごいと常々思っています
テルマエロマエのやまさきまりさんはもともと画家だから、表紙など素晴らしい絵ですものね

つい最近はまったのは「神の雫」
飲めもしないのにワインを買ってきたりしてねv-392

だいたいマンガ好きの友達に借りて読むんだけど
映画が素晴らしかったので「この世界の片隅に」は原作本買っちゃいました

手元にあるといくらでも読んでしまうので、現実逃避どころか睡眠時間が減って大変ですv-8







おすすめ

マンガお好きでしたか!
では私のおすすめを。。

明るくジワる
・ばらかもん
・アシガール

暗くて深い
・鋼の錬金術師
・進撃の巨人

おもしろいのはいっぱいあるけど、人を選ばすオススメできて、手元に置いて読み返したくなるのはこのあたりです。
ハガレン(鋼の錬金術師)は毎巻 人が死んじゃうんですが、表紙のカバーをめくった背に旅立ったキャラがかわいく描かれていて、追悼の意をこめつつ、たのしみに見てました。

マンガ家さんてすごいですよね!
ガラスの仮面(文庫版)のいろんな業界の有名人のあとがきも毎回すばらしくて、みなさん「次が気になっていても立ってもいられない!」と言ってて、その気持ちわかる!!って思いました。
どこからか、アツいエネルギーがわいてきて元気になります☆
   

♪カッパさんへ

おお、ご推薦ありがとう!

明るくジワる、という表現が面白いv-413

ジワってみたいなあ(;^ω^)
暗く深~いところも彷徨ってみたい

マンガの持つパワーは大したもんですよね
ああ、早く読んでアツいエネルギーを沸きあがらせたい!(^^)!

お互いに頑張りましょう!

久々のりくくんの笑顔に癒されました。

ご主人様pocoさんもがんばれ♡
お風呂の後の包帯巻き、私は息子にしてもらっていましたよ、2ヶ月間・・・
きっと私同様、ご主人様も感謝されてますよ。
ほんと、大変でしょうが、きっと治ると思い祈っています。

ギブスは取れましたが、まだ左足の甲と足首の腫れがとれず・・・歩き方がイマイチの私です。
でも、やっと当初の骨折前の計画通り、抜歯と治療が終わり、来週は人生初めての入れ歯が完成します。奥歯の小さな1本の歯ですが、ドキドキです。
松葉杖生活が終わったら、今度は入れ歯ですよ。歳ですねぇ・・・・とほほ

Ha1cもやっと下がってきて、いよいよ本気で血糖値のコントロールをせねばと思っています。
白内障も心配だし・・・と思っていたところでした。なかなか眼科に通えなかったのです。

私も、ご主人様に倣って、笑顔で治療に専念します・・・
pocoさん、桜の季節、お互いに楽しみましょうねぇ・・・・

なかなか…

抗がん剤が終了する迄上手に付き合わなければいけないんでしょうか?
それにしても右手だし不自由なさっているんでしょうね〜

歳を重ねるごとにあちこちガタが出て来ますよね。
我が家も毎月DM検診以外にどちらかが病院通いです。
先週も姉の白内障の手術に付き添い、昨日は夫弟の脳静脈ナントカ(覚えきれない病名)の手術の御見舞に東大病院🏥迄行って来ました。

病気は本人はもとより家族もハートが落ち込む事が有るけど気持ち明るく、前向きにならなければネ👍

♪Largoさんへ

骨折大変でしたね
怪我したり、病気になって初めて
何事もなく生活できることのありがたさを感じます

毎日お母さんのために包帯巻きしてくれるなんて
息子さん優しいですねえv-238
なかなかできないでことですよ

白内障の手術は、悪くなったレンズを取り換えるということらしいけど
松葉杖でも入れ歯でも、悪くなったものの代わりができるものはいいですね
膵臓も変わりが出来れば1型は無くなるのにね

やっと桜の季節がやってきましたね
3年前の春、ガン発症を告げられた時には桜を愛でる余裕はありませんでした
もうすぐ4年目に入る今年の春
どこで花見をしようかなあ

Largoさんはあの公園かな?

♪カズの妻さんへ

> 抗がん剤が終了する迄上手に付き合わなければいけないんでしょうか?
おそらく抗がん剤の副作用と思われますのでなかなか改善は望めないかと

> 病気は本人はもとより家族もハートが落ち込む事が有るけど気持ち明るく、前向きにならなければネ👍

見かけだけじゃなく、体内も知らず知らずにくたびれてきてるんですよね
風邪ひいても、ちょっとした切り傷でも治りにくいし(-。-)y-゜゜゜

病気のことを忘れてしまえるほどのハートじゃないけど
まっいろんなことで紛らわさないとねv-411

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1023-45d31baa

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。