スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピスで感じること

ボランティアをやりだしてもうすぐ丸8年になります

な~んて言うと
「へ~~すごい社会奉仕?エライね!」
などと言われるんだけど

私たちのは
無償奉仕というような、真摯な気持ちではなく
自分達が楽しいからやる

夫に言わせると
「好きでやってる」・・・・うん、まあその通りだな


どんなボランティアかというと
ピアノ伴奏したり対象者と一緒に歌うというもの

歌を歌って、昔に思いをはせたり
声を出すことで高揚感を感じたり
音楽に耳を傾けることで
穏やかな気分になっていただこうというもの・・・・なんで書くと大層だけど
よーするに

歌はいいよ、みんな一緒に歌おう!

メンバーは
同じピアノ教師仲間と
歌が歌えるならどこでもいいという、超歌好きの友人の計3名

ホスピスや、老人施設などの利用者が対象です



今日は、そのうちのホスピスのお話しをしようと思います


ホスピス・・・つまり緩和ケア病棟では
患者さんは当然全員ガン患者です

歌の会をやる談話室には
歩いてくる方
車椅子の方
ベッドごと運ばれてくる方と
さまざまです

おそらく、皆さん告知を受け
余命を知っておられるのだと思いますが
歌を楽しまれる患者さんは
穏やかな表情で
死を前にした人の、悲哀やつらさを感じることはありません

逆に
青春時代にはやった歌を
ニコニコと歌っている患者さんの後ろで
涙をこらえておられる奥さんや
20代と思われる娘さんに付き添うお母さんの
悲しみを見せない明るい笑顔に
こちらが胸をつまらせたことはありますが・・・


音楽療法を勉強した時に
“同調の原理”すなわち
その場の雰囲気に合った音楽を使うべきであると教わりました

ですから最初は、比較的静かな優しい感じの曲を選んでいましたが
明るくテンポのある歌を歌ったら
皆さんの表情が活気付くことに気づいてからは
もう、“同調の原理”なんておかまいなし

季節の歌や、童謡唱歌
昔はやった歌謡曲、民謡
なんでもあり

「愛の奇跡(ヒデとロザンナ・・・知ってる人いるかな)」が好きという
患者さんと大声でハモったこともあったなあ

リクエストがあれば
演歌だってシャンソンだってやります

でも、最後は必ず
「ふるさと」でしめくくり

誰もが知っているこの曲は
低音部を歌える人がいたりして
時にはきれいな合唱になることもあります

こうして
明るく泰然と歌を楽しんでおられる患者さんの様子を見ていると
人は死を前にして
こんなにも強くなれるものかと驚かされます


3月3日には病棟主催の「雛祭り会」がありました

談話室に患者さんや付き添いのご家族が集まる中
栄養科の人たちの作った何種類ものお菓子が振舞われたり
看護師さんのフルートや、ドクターのバイオリン演奏があり
私も伴奏を務めました

その時にひとりの患者さんから
ボランティアと、病棟スタッフ全員に
お礼の気持ちとして
手書きのはがきを一枚ずついただきました

絵葉書

長い間、体を起こしているのはしんどいのではないか
というような状況の中で
何十枚も丁寧に書かれたハガキです
心のこもったうれしい贈り物でした



以前、このホスピスで
ご主人を亡くされた方がおっしゃった言葉が忘れられません

「週に一回の歌の会で
歌詞を目で追っている間だけは、何も考えないでいられた
歌を歌っている時だけが、現実を忘れさせてくれた・・・・ありがとう」と


こういうことを言って下さる方がいるから
やめられないんですよね・・・・・ボランティアって。





スポンサーサイト

その日のために

特養
老健
デイサービス
グループホーム
ケアハウス

これらはすべて高齢者のための施設です
そして
私が仲間3人でボランティアに行っている所です

“ピアノの伴奏で
童謡、唱歌、流行歌など誰でも歌える歌を一緒に歌いましょう”
という、お気楽なボランティアなのですが
意外と、こういうことをやるグループが少ないらしく
ボランティアセンターなどからの依頼もあり
最近では、月に5~6回、出番がある売れっ子(?)なんです

もちろん
施設によって利用者の状況もさまざまです

ほとんどが、認知の方というところもあれば
お元気な方ばかり・・・というところも
そういうところでは、我々と、さほど年の変わらぬ方もいて
自分があちらの席に座ることも近いかも・・・と思ったり

どういう人が利用できて
費用はどのくらいかかるのか
どのくらいの期間入所できるのか
どういうケアが受けられるのか

その日のために
きちんと把握しておかなくっちゃね

ところで
いろいろな介護施設に行ってみて
よく感じることがあります

それは

ハードじゃなくハートだ、ということ

建物、設備がどんなに立派でも
ちっとも温かみが感じられず
利用者の方にも笑顔が少ないところもあれば

建物は古いし
セッションをやる場所も狭く
落ち着かないんだけれど
なんだか和やかな雰囲気にあふれているところもあるのです

それは、もちろん
我々ボランティアへの対応にもあらわれます

何人ものスタッフが付いて
利用者さんと共に歌って盛り上げて下さるところもあれば
私たちがセッションを行っている時は
そばにはいるけれど、ノートつけなどしていて
一切おまかせ、というところもあります

終了後は
利用者さんたちと並んだ席で
お茶とお菓子をふるまって下さるところもあれば
夏の暑い時にでも、お茶の一杯も出してくれないところもありました
(ここは、あまりのひどさに4年でやめましたけど)

若いスタッフのチンタラした態度に白けて帰ったこともありますし
同じように若くても「あの子、エライねえ、いいヘルパーになるわ」と仲間で賞賛しあうこともあります

その施設の方針
長と呼ばれる人たちの考え方
あるいは人柄が反映されるのでしょうか

こうやって
施設のよしあしを感じられるということは
将来
介護施設を選ぶことになった時
大いに役に立つんじゃないかなあ・・・・なんて思っているのですが

しかしその時には
こういう施設はすでに満杯で
選択・・・などと悠長なことは言ってられないかも


あ~~
我々団塊世代は
老人施設に入るのにも競争がついてくるのでしょうか

ときめく心

今日のボランティアはグループホーム
入所者10人ちょっとのこじんまりした施設です

ここでのセッションに
メンバーの知人である青年が一人参加しました

この青年は、働きながら
ライブもこなすシンガーでもあり
いずれは自分の得意な音楽を生かして
社会に貢献できるような仕事がしたい・・・
と、我々の音楽ボランティアを見学に来たのです

すごいイケメン・・・というわけではないのですが
にこやかに我々おばちゃんたちにも話を合わせてくれる
なかなかの好青年です

さて
73歳から99歳までの入所者の方は
多かれ少なかれ認知症があります

79歳のSさん
いつもオーストリッチのバッグを大事そうに抱え
アメリカ生活が長かったとかで
ときおり言葉に英語が混じります

普段は、気難しさも垣間見せることもあるのですが
青年の登場に顔がぱっと輝きました

「Sさん、今日はBOYが来たからご機嫌やね」とヘルパーさんが声をかけるところをみると
普段から若い男性がお好きな模様
「そんなことないわよ」とはにかみながらも、機嫌の良さは隠せません

いつもより身振りも大きく、気持ちよさそうに歌っておられました

セッション終了後はおやつの時間で
私たちはいつも 、入所者さんとは別のテーブルで
お茶とお菓子をいただくのですが
今日はSさんも、私たちのテーブルにやって来られました

会話はかみ合いませんが
BOYの横でうれしそう

帰りには
ハグして握手
さすがアメリカナイズされています
ヘルパーさんにツーショット写真も撮ってもらって
とても満足そうな様子でした

Sさん、きっと心も体も活性化したことでしょう

私達、何回も来てるけど、あんなに喜ばれたことないわね
と、仲間と苦笑いです

ともあれ
心がときめくいてる瞬間って
幸せなもの

Sさんみたいに
いくつになっても
ときめく気持ち、持ち続けたいものです


が・・


韓流スターにときめいてたのは何年前だったかなあ(遠い目)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。