スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーレーオレオレオレー

連日、ゴールデンでもなんでもない日々を
地味~に過ごしているゴールデンウィーク

でも
今日はカレンダーに予定あり!ランラン

サッカー観戦!

ヴィッセル神戸モンテディオ山形

自慢じゃないが
私が観戦した時に、神戸は勝った事がない
せいぜい引き分けどまり

現在、モンテディオ・・・5位
ヴィッセルは13位
今日もあかんかなあ~


でも一応
応援グッズ持って
トモニイコウ旗
いざ!スタジアムへ

ところが
家を出る頃から雨がポツポツ
うひゃ~



でもご心配なく(誰も心配してないと思うけど)

ホームズスタジアムは屋根があるもんね

入るともうすでにサポーター達が盛り上がってます

夫はいそいそとビールを買いに・・・
これが楽しみで来てるな、きっと!

今年のヴィッセル
私の楽しみは・・・ウフッ この人
恒さま~
元日本代表 み~や~も~と~!

キャプテンマークもりりしく、遠目にもカッコええわあ

さて肝心の試合の方は
な・なんと、予想外の
神戸が3得点!
ゴ~~~ル!


ゴールに盛り上がる観客席 
旗が3回も振れた~


終了間際に1点入れられたけど3:1の快勝!

初めて、勝利に立ち会えました



ところで
モンテディオ山形のユニフォームって
モンテディオ山形の選手

なんかに似てる、って思ってたら・・・・













街のホットステーション

ローソンの制服だった





スポンサーサイト

ラッキーデイ?

先週のことです
サッカーを見に行きました
ヴィッセル神戸アルビレックス新潟戦です

スタジアムは
家から電車とバスを乗り継いで40分ほどのところにあります
(車で行くと、駐車場に困るのでいつも公共交通機関で行くのです)

双眼鏡持った、応援旗持った、お茶よし、お菓子も入れた
夫のビールは現地調達

試合前に、いろいろイベントがあるようだし
自由席だから、いい席を取らないと・・・と
早めに家を出ました

電車を降りるとバスが出発直前
オーー!いいタイミングと、飛び乗ります
運よく、席もふたつ空いていて
今日は順調、ラッキーな日なのかも


そこで・・・・・・・・ハッと気付きました



























チケット忘れた





「大変!!!!」

「どうした?」

「アレ、忘れた!」

「何?」

「ほら、あのあの

焦ると、チケットという言葉が出てこない
手で四角を作って
あわあわと、ようやく夫に伝える

「えーーーーっ!」

「取りに返るわ」

「ボクが帰った方が早い。どこに置いてある?」

「カ、カ、カレンダーの横のホワイトボードに貼り付けてある

「わかった!」

夫はバスを一駅で降りて、来た道を引き返していきました



ごめん・・・・・


少しも怒らなかった夫に心の中でわびました


実はゴメンはそれだけでは済まないのです
チケットは、会場で待ち合わせていた友達の分もあったのです

ガーーーーン

でも友達も、いやな顔ひとつせず
私のドジを笑って一緒に夫の到着を待ってくれました


家に帰った夫は
電車とバスを乗り継いでいたら間に合わないからと
車を飛ばして、なんとかキックオフ直前に戻って来ました

入場が遅くなったので
ずいぶん上の席しか空いてなかったけど
逆に全体の動きがよくわかる、などと負け惜しみを言いながら見ました

試合は
なんと下位のヴィッセルが、5位のアルビレックスに1:0で勝利

イェ~イ

試合後みんなで食事に行くのに
うちの車が役に立ったし
イタリアンもおいしかったし
おしゃべりも楽しかったし


やっぱりあの日はラッキーデイだったのかも


ネッ


【おまけ】試合終盤に見た夕焼けも素晴らしかったし・・・・
夕焼け









叫びの勧め

毎日の暮らしの中で
大きな声を出す機会って意外とないものです

山も登らないから「ヤッホーッ!」って言うこともないし
夫婦喧嘩も最近は減ったしね(枯れてきたのかな)
仕事柄やボランティアで歌うことは多いけど
そんなの鼻歌に毛が生えた程度だし

大声とはあまり縁のない毎日

そんな中、思いっきり叫んでまいりました

叫びって言っても
sakebi.jpg
こんなんじゃありませんから


「行け、行けー!」
「わぁーーーー!」
「やったーーーー!!!」

ヴィッセル神戸ジュビロ磐田、今季最終戦
サッカー

友達が誘ってくれました

この1ヶ月
心にかかることも多く、慌しい毎日でしたから
他のサポーター達と共に
ワーワーキャーキャー一喜一憂するのは
楽しい時間でした

世界の中心で愛を叫ぶのが、話題になったことがありましたが
叫ぶのは愛でなくても
なかなかスカッとするものです


かろうじてJ1リーグに残留できたヴィッセル
最終戦を勝利で飾りたかったのですが
前半、大久保のゴールで得た1点を守りきれず
後半で追いつかれ
引き分け。あ~~あ

でも、負けじゃないからいいとしよう

来年は、もうちょっと強くなってネ


友達は
ハナちゃんに・・・と白くかわいい花束を持って来てくれていました
花

帰ってハナの写真の前に飾りました

いろいろと優しい心遣いに感謝です







記念の瞬間

サッカー観戦の醍醐味は、ゴールの瞬間にあります

ボールがゴールネットを揺らした瞬間
スタジアムがひとつになって
湧き上がる歓声

いっせいに立ち上がり、手をたたき旗を振る時の気持ちよさ

シュートしてもシュートしても外れっぱなしのイライラ感が
一気に解消されます

残念ながらあまり強豪とは言えない
ヴィッセル神戸の試合では、そうたびたび味わえないのですが
昨日は2度もその爽快感を経験できました


冬に逆戻りの寒さの中

Jリーグ開幕戦
ヴィッセル神戸サンガ京都 

2:0で快勝!

幸先のいいスタートです

しかし
ホームズスタジアムに向かう電車の中で
ウォークマンを聞こうと思ったら・・・電池切れ

スタンドに座って、写真でも撮ろうとデジカメ出したら
・・・・カードが入っていません、の表示

うううう・・・バカバカ
爽快とは言えない私


そんなわけで
開幕戦、5年ぶりに勝利の記念の瞬間、撮れませんでした

せめてお土産に買った
マフラータオルの記念の瞬間でも・・・
記念グッズ



すごいぞ!日本

早寝の夫
昨夜は、いつもよりもっと速く寝て
午後11時に起きてきました

どんなに面白いTVを見ていても
10時には「お休み」と、寝室に行く人ですから
これはすごいことです


あのブブセラとか言う楽器
蠅の大群みたいにぶんぶんブンブン
もう・・うるさーーい

だのに、あの90分間、気になりませんでした
これはすごいことです

後半のロスタイム4分!
長い!・・・とだれしもが思ったことでしょう

1秒1秒
画面隅の時刻表示を追いながら
早く、早くと祈りました

そして、長いホイッスル・・試合終了

ヤッター
夫とハイタッチです

カメルーン戦勝利!
これはとてもすごいことですね

よくやったね日本代表

その後
興奮冷めやらぬ私を置いて
夫はサッサと寝に行きました
この状態でサッサと寝られるというのも、すごいことだなあ


次はオランダ戦
楽しみです!

あ~~~

90分ってこんなに短かったっけ?って思うほど
あっという間でした

惜しかったねえ、日本

何度もチャンスがあったのに、
でも強豪をあそこまで抑えたんだから上出来



今日は、ハイタッチなしです








vsデンマーク

ただ今、午前3時25分

さすがに眠い~

友達は
「そんなの、朝になって結果見ればいいじゃない」っていうけど
経過が大事なんだよ~

1分1秒
ハラハラするところに醍醐味があるのですよ

結果が分かってから見る試合なんて
犯人を知って読む推理小説
ハズレることがわかった宝くじみたいなもんじゃない

私が応援したら勝てるわけじゃないけれど
目が離せません


さあ、いよいよキックオフです

がんばれ~~日本




勝利の女神

久しぶりにサッカー観戦に誘われた一昨日

スタジアムは暑いだろうなあと一瞬躊躇したけど
どうせ家にいても暑いし
それならパーっと盛り上がってこようかと思い切っていくことにしました

ヴィッセル神戸大宮アルディージャ

いくら6時キックオフとはいえこの猛暑
向かい側バックスタンドは沈みかけの西日が当たってギッラギラ

暑そう(-_-;)
うっわあ、暑そう

しかしこちらメインスタンドは完全に日陰、風もあり意外としのぎやすい
夏場の観戦は、スタジアムの方向を考えなくっちゃね

さて
ヴィッセルは15位アルディージャは17位
お互い最下位にだけは行きたくない、って言う低レベルの戦いというのはちょっと悲しいけど
いいんです
地元民の応援を受けて
我らがヴィッセルが一つでも勝ってくれれば

ワールドカップのすさまじい競り合いをたっぷり見た目には
ちょいダルイ・・なんて思ってたけど
前半始まってすぐ
近藤のシュートが決まると
一気にテンションアーップ

昨シーズン後半から私が観戦した時は負け知らずで
最近は「勝利の女神」と呼ばれています(誰に?)
だからもう負ける気がしない
相手がボール持ってもハラハラもしない

引き続き松岡が決めて2:0

オホホーどうよ

後半になってアルディージャに美しいゴールを1本決められた時にはひやっとしたけど
そんなもん余裕、余裕

ロスタイムにワールドカップで活躍の大久保がダメ押しのゴールを決めて
3:1で快勝

夫もビールをぐびぐび飲んでた割には

まずまず


まずずの勝利としておきましょうか

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。