土砂降りの中のふたり

家にいても暑いだけだし
ちょうど予定もないからと
夫と「西の魔女が死んだ」という映画を見に行きました。

平日の昼間に映画に行けるなんて
定年男の特権ですね

夫婦50割引ですから二人で2000円!いい制度だ。

窓口で、お兄さんが「何か年齢(50歳以上)を証明できるものを・・・」
と言うので「顔が証明してるでしょ?」と言ったら
お兄さん「あっ、はぁ」とうなずいています。

おいおい、そこで納得したらあかんでしょ!
「イヤ、そのお顔はどう見ても20代!」って
言うのが関西人やないの!

まあ、あまり困らせてもいけないので
ちゃんと用意の免許証を見せて入ります。


館内は、ほとんどが中年女性
男性は、3人
全員奥さんと一緒の団塊世代風

彼らもヒマなんだろーな


映画は
森に住むおばあさんと孫娘の心の交流を描いたもの
(シャーリーマクレーンの娘が演じる)おばあさんはイギリス人
なのに孫娘は完全な日本人顔と言う違和感は
見ているうちに消え
ぬる~いお湯につかったようなおだやかな展開を
時々うとうとしながら見ました。

これはきっとターシャ・テューダーの庭をイメージしてるな
と思えるような、家のたたずまいとおばあさんの服や髪型

こんな中で、ゆーったりした時を過ごすのも悪くはないなあ
せっかち夫をこんな中に放り込んだら、少しはのんびりするかなあ
私の連想はあくまでも、現実的になります。



映画が済んで外に出たら
おや、雨
イエーイ、涼しくなっていいや
持っているのは、私の日傘だけだけど
まあいいかこれくらいなら、と外へ出て数歩歩いたところで
待ってたかのようなすさまじい降り

でも
ちっちゃな日傘に二人して入って
土砂降りの中、わぁ~!キャ~~!と叫びながら走っていると
何だか若い恋人たちみたいで
ちょっとうれしかったりして

ほら、映画なんかであるでしょう?
その後、東屋か何かに駆け込んだ二人が
濡れた体のままじっと見つめ合って・・・・ていう展開


現実は・・・
すぐ近くのデパートに駆け込んだ
ぬれねずみのおじさんとおばさんは
雨を滴らせながら
夕食のお惣菜を買って帰りましたとさ。
スポンサーサイト

至福の時、復活!

前々回の記事で
夫を散々こき下ろしておいて
いまさらですが
poco夫は血糖値の安定しているときは、優しい夫です。

(せっかち度はピカ一なので
そこで私とぶつかることは多いのですが・・・)

ですから
無自覚低血糖が顔を出すまでは
私が友達と旅行に行くことを
いつも快く、了解してくれていました(ひょっとしたらすごく喜んでいたのかも・・)ので
夫を置いての旅行をたびたび楽しんでいました。


しかし、いかにのんきな奥さんの私でも
無自覚が頻発しだしてからは
そうは行きません。

誘われるあの旅行、この旅行みんなあきらめました。
そのかわり「退職したら僕と一緒に行こう」って夫は言いました。

デモね、poco夫さん

あなたと行っても
夜はすぐ寝てしまうし
朝は早く起きないといけないし
おなかがすいてなくても、ご飯は食べないといけないし
ゆっくり買い物したくても、お店の外でイライラ待ってられたら
もういいや・・・って

その点、女同士だと・・・

もうやめましょうね。


私があきらめた中でも最も残念だったのが
高校の同級生4人との夏の旅行。
発病前から10年以上続く夏の恒例行事です。

暑さ知らずの信州蓼科の別荘(念を押すまでもありませんが、友達の別荘です)に
3泊4日滞在し
近くの高原を散策したり
DVDを見たり
交代で簡単な食事を作ったり
一度は、おしゃれなレストランでお食事・・・・というのがお約束
その間、絶え間ないおしゃべりが朝から晩まで続きます。

自分らでご飯作って
掃除して、洗濯して
家と一緒やないか
そんなもん、どこが楽しい?
と、夫たちはあきれ顔ですが
これぞ至福の時・・・・なのです。

夫は行けばいい、と言ってはくれましたが
帰ってきたら夫が泡吹いて倒れてた
というのでは、悔やんでも悔やみきれません

暑い神戸で
涼しい信州に思いを馳せる年が続きました。



そして今年・・・・

「行ってきたらいいよ」

夫はやっぱり優しく言ってくれました。

「そう?大丈夫かなあ?」

「pocoがいない時は、高めで行くから」

大きな低血糖もここんところ起こしていない
仕事もやめたから、落ち着いて自己管理ができるし・・・

朝晩の安否確認メールを入れてもらうことにし
近所の友達に鍵を預けて
「何かの時には、飛び込んで!」
と頼みました。
「まかしとき!」
頼もしい親友は胸をたたいてくれました。



という訳で
明日から4日間
至福の時を過ごしてまいりま~~す。

どうぞ無事に過ぎますように・・・

運を使う

昨日、自治会の夏祭りで、こんなん当りました

景品


キャリーバッグですと・・・・
   




どうせ当りっこないからと、お祭り会場に行ってなかったら

[pocoさん、3等当ってるよ!」って

メールが次々に・・・
ありがたいですね、隣人は。

大急ぎで引換証を持っていくと
あら、4等はビール6本セット
どうせならこっちの方がよかったなあ(私は飲みませんが)

「私、ビールがいいです!」
「奥さん、酒屋じゃないんで注文聞けないんです・・・・・」


さて、このキャリーバッグ
何入れよう・・・・



しかし
こんなところで、運を使っていいのか・・・・

うれしいいただきもの

ご近所のお友達から手作りお寿司をいただきました

お寿司

実家のお母様が作られるもので
毎年この時期になると、届く大好物!

お母様のご出身の福井の郷土料理だとかで
アブラメの葉っぱに包まれた寿司飯の下には
たっぷりの土しょうがの千切りが隠れています。
上には、吟味された鯖と、鮭

何日も前から
葉っぱの準備
前日には、目利きのお母様のおめがねにかなった魚を
酢で〆て準備
酢飯は米1升につき、酢がいくら、砂糖がいくらと昔からの配合だとか

それらを順に
平たく葉っぱの上にのせて包んだ後
大きな半切りに並べて重石をし一晩寝かせた頃が食べごろなのだそうです。

何と手間ひまかかったお料理でしょう!

それだけにお味は抜群!

早速お昼ごはんに
いっただっきま~~す

寿司飯の量と、お魚の大きさのバランスも絶妙で
何個でもいただけちゃいます。
一個でほぼ50gなので夫は4個でがまん。
また、夕食でね。

いただくようになって10年以上になります。
途中、一度脳梗塞をおこされて、中断した時がありましたが
こちらの心配をよそに、すこぶるお元気になられて、お寿司も復活です

絹代さん
いつもありがとうございます


いつまでもお元気で
おいしいお寿司作ってくださいね。



神戸弁講座

夕食後、夫と日課の町内ウォーキングをしていた時のこと

玄関の明かりを背に
門の外をうかがっているおばあさんがいました。

そして、向こうで手を振る家族らしい人に向かって

「せんど待っとったんよ~」って。


ワァ~久しぶりに聞いた!「せんど」って

北海道育ちの夫に聞いたら
「何のこと?」って

多分、千度からきているのでしょう。
何度も、たくさん、などのニュアンスかと思います。

「長い間待ってたのよ~」という意味になります。
でも「せんどまっとったんよ~」の方が
会えてうれしい感じが出ているように思えるなあ・・・・

最近では、こういう本格的(?)関西弁は
お年寄りしか使わなくなりました。

関西弁は、大阪も京都も神戸もみんな同じように思われがちですが
少しずつ違いがあります。

大阪弁で代表的な「~~したはる」
これは神戸では  「~~しとって」になります。

例えば 
大阪だと「知ってはりますか?」は
神戸だと「知っとってですか?」

「先生が言うてはりました」は
「先生が言うとってでした」になります。

学生時代
[神戸の子は“とんとん”て言う」と
大阪の友達によく言われました。

「どこいっとったん?まっとったんよ~」
「雨ふっとったから、雨宿りしとってん」

「今何しとん?」
「ブログ書いとうねん」
「どんなこと書いとん?」

こんな調子です。
とんとん言ってますねえ!


それから
夫に通じなかった言葉に
「こま」というのもあります

子供用自転車についている補助輪のことを
こちらでは「こま」というのです

ボク、こまなし乗れるようになったよ~」という風に使います

「こまじゃ分からん、補助輪って言え」
と夫は言いますが、補助輪なんてそんなよそよそしい。
あれはちっちゃくって、くるくる回って
「こま」でないと感じがでません!

それから
「持ち上げる」という意味で使う「かく」

これは、舁く(かく) ・・・・(二人以上で)肩にのせて運ぶ。
               「駕籠(かご)を舁く」 
                   (三省堂国語辞典より)    
から来ているのでしょう。

いつぞや、テーブルを動かそうとして
反対側にいる夫に
「そっちかいて~」と言ったら
「どこかかゆいの?」と言われました

これやからジモティやない人は困るんヤワ

なお
関西人はみんな、お母さんのことを「おかん」と呼ぶ・・・と思われているようですが

上品な私は(えっ!)使ったこともないし
周りでも、聞いたことがありません。

あれは、吉本さんちの人たちが使っているだけですので
誤解がありませんように・・・・

あっ、それからもうひとつ

粗大ゴミのことを、こちらでは荒ゴミって言うのですが

これって神戸特有の言葉なんですって!?

全国共通の言葉と思とった!ビックリやわ

いいね、言葉のキャッチボール

前回の記事(神戸弁講座)にいただいたコメントの中に
とても面白いやり取りがあったので
ご紹介したいと思います。

まず
富士山の見える地方にお住まいの
カズの妻さん
からこんなコメントいただきました。(抜粋)

仕事柄色々な地方の方達と電話で話をする事があります。
何度も聞き返したのが
九州の取引先と受注の話しをしたとき
「よかとです!」
切り終わって、「?・?」
夫と「よかと」って?
要らないって事?欲しいって事?
悩みましたよ~。


これに私が
どっちなのか(博多在住の)もりママさんに聞いてみないといけませんねとお返事しました

そうしたら
すかさず、もりママさんからお返事コメントが!

お答えします!

主人の唯一の趣味は車、それで車の雑誌が増え週刊誌も貯まる訳です。
そこで・・・
「これ捨ててもよかと?」
「よかよ!」

でも、ちょっと主人に対してムッとしてる時は
「これ捨ててもよかとですか?」
「よかって言いようろうもん!よかくさ!」

これは良いという意味の時で、一方

「お茶飲むねぇ・・・?」(モチ、ムッとしてる時は「お茶飲むとですか?」笑)

「よか!」← 要らないの意味

お客様などが丁寧に言われる時は「構わんでよかとですよ!」← 要りませんの意味

なので、その前後の意味でどちらでも使えます(大笑)

神戸弁が「とん、とん」なら
博多弁は「と、と、と」ですよ。(笑)
タモリと武田鉄矢が「笑っていいとも」で披露してましたが
「この席、とっとっと?」←確保してるの?の意
「とっとっと!」←確保してるの意

生粋の博多弁はテレビなどとは違い、言い回しがやわらかで丁寧なんですけど・・・(笑)
「よかとです!」ではなく「よござっしょう!」女性言葉は「よございます!」今は高齢者のみが使ってありますが・・・

こんくらいで、よござっしょうか?(大笑)




「よかよ!」

一人で笑ってるのはもったいないので
転載させていただきましたが
ご本人のご了解も得ずお許しください

博多弁、ええ感じです

しかし、ムカッとしている時の方が丁寧になる
と言うのがコワイですね(笑)



まるK

名古屋に行って来ました。

息子が会社の寮を出て、マンションを借りたので
引越し手伝い兼、市内見物でもしてこようかと、行ったのです。

新築ですが木造2階建て
アパートやねと言ったら
「コーポや!」と息子に訂正されました。

2階建てのアパートのこと、今どきはコーポと言うのだそうな。

新名神を通って3時間
新名神はすいてるから走りやすいし、SAはどこも新しくきれいで
いいです!

日帰りのつもりだったのですが
暗くなってからの運転は倍疲れるし
「まあゆっくりして帰ったら」と言う息子の言葉もあって
急遽近くのビジネスホテルに泊ることに・・・

夜は息子の案内で居酒屋へ
味噌カツ、どて鍋、手羽先のから揚げなど
名古屋名物いろいろいただきました。
名古屋名物

さすが味噌文化の名古屋
味噌を使ったお料理が多彩です。

食後、夜の街を歩きながら夫が一言
「名古屋のコンビニって マルケーが多いね」

まるK
                  

       まるK・・・?





おとーさん!サークルKです!



翌朝
名古屋に泊ったからには
名古屋名物モーニングを食べなきゃ
と、ホテル近くの喫茶店に勇んで参りました。

ところが
モーニング
あれ
これだけ?


名古屋のモーニングって
小倉トーストや、ウドンやいろんなものがついてくるんじゃないの?
とちょっとガッカリ

でも、厚切りパンもコーヒーもおいしかったです。
コメダ珈琲さん

その後は
徳川美術館を訪ね
徳川美術館

愛知は家康公のご出身地だったことを改めて実感しつつ
早めに帰宅しました。


夕食が少々・・・いやかなり簡単ではありましたが
就寝前の血糖値は81で特に問題も無く
しかし少しだけ補食もし
いつものようにランタスを打って
いつものように10時前には休みました。

ですからその時は、またもや深夜のパニックが起きるとは
夢にも思いませんでした。

・・・・・・・続く

友あり、遠方より来たる

先週のことですが
福岡市に住む友人が
会社の旅行で京都に来たから、と立ち寄ってくれました

大学出たての職場での友だちですから
10年くらいのお付き合いになるかな?








ん?










はーい!ウソで~~す

ホントは
30年以上のお付き合いです

離れていますので
数年に一度くらいしか会えませんが
親友です

大好きな博多のお菓子
めんべいいただきました

めんべい


ちょいピリカラ
はまりますよ! 



夕飯は何にしようかと迷ったけれど
これ!と自慢できるほどの得意料理もなく
そうだ
神戸に来たらこれでしょ!

お好み焼き


←ネギのマリネも参加
(大好評!)


お好み焼きに!

他の地方の方はお好み焼きを夕食にする、というと
不思議な顔をされるのですが
関西ではお好み焼きはれっきとしたディナーなのです!

北海道育ちの夫も初めは戸惑っておりましたが
今ではフツーに受け入れています。

夕食の後片付けはpoco夫が引き受けてくれて(ポイント↑↑)
女ふたり、愚痴やら思い出話はとどまりません。

共に一男一女、老母を持ち
似たような心配事を抱えています。
もちろん、夫の病気のことも承知です。

ブログの話題も出ました。

彼女、私のブログはもちろん
そのつながりでいろんな人のを読んでくれていますので
まるで共通の友人のようにいろんな人の名前が出てきます。
で、博多のもりママさんの話が・・

「ねえ今度うちにおいでよ、poco夫さんも一緒に」
「うん、行く行く!行ったら、もりママさんに会いたいな」
「その時は私も、一緒に会いたい!」
「会おう会おう!一緒に会おう」
って、もりママさん、いつのことかわかりませんが
勝手に会うことに決めちゃいましたよ(笑)


ブログのお仲間って不思議ですね。

顔も見たことない
声も聞いたことない
年だって様々
でも
その人のいろんなことをわかってて・・・
30年来の友達と同じような親しみを感じて・・・
各地に友達がいる気分です


翌日はあいにくの雨だったので
予定していた海をみおろすレストランでのランチは中止
明石海峡大橋そばにあるアウトレットに行きました。

そこで
まるで女子高生のように二人で更衣室に入って
今年流行だというチェックのキュロットを試着

この肉が邪魔だとか
太って見えやしないかとか大騒ぎしながら
福岡と神戸だから
かぶることもないだろうとおそろで買って
おばさん二人大満足

彼女は、夕方には新神戸駅から
夫と愛犬の待つ福岡に帰っていきました。

楽しかった
また会おうね

辛子明太子さん








届いたよ!

福岡の友人、辛子明太子さんから手作りパンがどっさり届きました!

明太子さんのパンの腕はプロ級なんです。

早速、お昼ごはんにいただきます。
昨日の残りのビーフシチューを温めたら
あっと言う間にランチセットの出来上がり!

Haruko Bakery


大好きなマヨネーズパンとほんのり甘い人参パン
いくつでも食べられます。
夫ももう一個食べたいからってラピッドを打ちたしました(笑)

数年後にはパンの教室を開きたいと言う明太子さんの夢
かないますように。

ごちそうさま!




あおによし

日曜日、夫と奈良に行って参りました。

東大寺である
「世界遺産登録10周年記念コンサート」のチケットが当ったので
音楽聞きがてら久しぶりに斑鳩でも回ってこようかと
車で向かいました。

家から1時間半!
奈良って意外と近かった

柿の木やコスモス畑が点在する斑鳩の里は
京都に比べて観光客も少なく
とても落ち着いた風情で
のどかな秋の日の散策にはピッタリでした。

発起寺の三重塔


発起寺の
三重の塔
ここも世界遺産


法隆寺では
地元のボランティアの方に案内をお願いしました

菩薩と如来の違い
細部の文様の意味合い
聖徳太子は本当に実在したか・・・
などなど

ご自分で撮られたという写真のファイル片手に
詳しくわかりやすい解説で
タップリ2時間!
日頃はさほど仏像のことなど興味のない私たち夫婦ですが
とても熱心に聞き入りました。
・・・・デモ、シンドカッタ

その方のご紹介で食べた
門前のお店のお昼ごはん「塩うどんと柿の葉寿司」も
見学疲れの体に、優しいお味で
とても美味しかったです。

お昼ごはん

あさりのおだしで
あっさり・・えへ

しかし
ウドン+お寿司は強敵でした
poco夫撃沈



そして日が暮れてからは
東大寺、大仏殿でのクラシカルコンサートです

大仏殿でコンサート

それぞれ、芝生や石畳の上にシートを敷いて聞くので
お尻は少し痛かったけれど
モルダウ、ラプソディインブルー、威風堂々など
大仏様にお聞かせするのにふさわしい音楽が
秋の夜空に心地よく流れていきました~~

ところで
大仏殿上方の小窓から
大仏様のお顔が垣間見えるのですが
通った鼻筋、やさしそうな口元・・・

あらためて見たら
大仏さんて、めっちゃハンサムやん!
ちょっとヨン様に似てない?

荘重な音楽に耳を傾けながら
そんな罰当たりなことを考えているpocoでした

イケメン

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2