スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちそうさま!

大阪で、独身生活を謳歌するお嬢さんから
家でパーティするからと、うれしいご招待を受けました

お料理は、料理上手のお友達が作ってくれるし
みんながいろいろ持ってきてダブっても困るので
お土産なしルールでね、と
心憎い気の配りよう


寒さも随分和らぎ
春らしい穏やかな日和の昨日
お言葉に甘えて遠慮なく、お邪魔して参りました

素敵なマンションの一室に集まったのは
女性ばかり6人
もちろん私が最年長

初対面の方ともすぐにうちとけ
まずはシャンパンでカンパ~イ!
カンパ~イ

野菜をふんだんに使った何種類ものお料理は
どれもこれも素晴らしく美味で
いくらでもお腹に入ります
次々と絶妙のタイミングで出されるお料理とワインに
飲めないはずの私までもが
いつの間にか3杯も飲み干していました



12時に始まったパーティは
途中で
北浜レトロのケーキタイムもはさみながら
名前の通りレトロ
 名前の通りレトロな建物


北浜レトロ
 迷ってしまう

延々と続き

名残を惜しみつつおいとました時には
日が暮れて
もうすっかり日が暮れていました


そらちゃん
ごちそうさま、ありがとう!
居心地のいいリビングでのおしゃべりと食事
サイコーでした!

夫には、北浜レトロのケーキと
一日の話をお土産にしましたよ

名シェフはじめ皆さんによろしくね


スポンサーサイト

実は私・・・・

月に2回
私は密室で過ごします


窓一つない2重扉の奥で
4人の男性と過ごす濃密な2時間

時には見つめ合い
時には微笑みあい
時には汗を滴らせ
恍惚の表情をうかべて・・・













じ・つ・は・・・・・わたくし















エレキバンドのメンバーなんです

何しろ音が大きいので、誰かのうちで・・・という訳にいきませんから
月に2回貸しスタジオ(密室)で練習するんです


えへっ
バンドって言っても平均年齢60歳のおやじバンドね

ほら、昔ベンチャーズってはやったでしょ?
あの音楽をやるんです
ベンチャーズ?それ何?って言う人は
お父さんとかおじいちゃんに聞いてね

一応知らない方のために・・・・
えーーーっと40年くらい前になるかしら
エレキギターのブームがあったんです

テケテケテケテケと弦を滑らせて鳴らす音と奏法に
その頃中高生だった少年達の多くが、夢中になりました
エレキをやる奴は不良だ!なんていう物分りの悪い大人もいたけれど
みんななけなしのお小遣いをためて
安いギターを買っては変チャーズをやっていました

で、その少年達が不惑もとっくにすぎたころに
しまいこんでたギターを出してきて
俺達もやってみようやないか・・と仲間でほそぼそとバンドらしきものを始めたわけ

楽譜も読めないおじさんたちだけで始めた素人バンドです
最初は段ボール箱をたたいていたドラマーは
その後ちゃんとしたドラムセットを買い
ギーター担当は奥さんから白い目で見られながらも
憧れの楽器やアンプにボーナスをつぎ込み
今年で結成10年

私は昨年、ひょんなつながりから
キーボードやってくれへん?と頼まれて
こんなおばちゃんでいいならと喜んで参加

バンドのマドンナ・・・・ならぬ婆ドンナやってます
紅一点って言うのはおこがましいね、茶色一点だな

そして今日、ライブ(ウハッ、照れる)がありました
私にとっては初ライブです!

ライヴ会場は、ジャ・ジャーーーン、街中のライブハウス
・・・・・・・みたいなかっこいい所なんかじゃなく
ローカルシティ駅前商店街の一角のフリースペース

はっきり言ってショボイ
それでも一応、単独ライブであることは間違いなく
かき集めた、家族、友人知人、通りすがりのヒマ人など1000人
・・・・アハッ失礼、500人・・・・イテッ、300・・・・・・・
まっ、せいぜい50人弱観衆を前に
約1時間、20曲近くをご披露したのでした

もちろん、夫も駆けつけてくれましたよ

ライブ
熱演する団塊世代







(Photo by poco夫)


途中、何度かやり直すというご愛嬌も交えながらも
最後の曲「♪レッツゴー」で客席も一体となって大盛り上がり
(ということにしておこう)

大観衆(^O^)/
大盛り上がり(?)の
大観衆(^O^)/


アンコールも頂いて、何とか無事終了

少々難ありではありましたが
楽しくやれたので良しとしましょう!

よーし
目指すは武道館だぜ!

イェ~イ


出かける時は忘れずに

今日、夫は会社のOB会に出席のため出かけて行きました

OB会なんだから、軽装でいいんじゃないのと思うのに
いや、うちの会社のは、ほとんどがスーツなんだと
久しぶりの背広にネクタイ姿です

退職後くらい
ノーネクタイで集まればいいのにね



スーツに手を通すのは1年ぶり
退職後初めてです

で、はたと
インスリンポーチをどうするかで悩む

在職中は、カバンに入れていけばよかったけど
まさか今日、通勤カバンを持っていくわけにいかないし
普段持ってるバッグ類は軽装には合うけど
スーツじゃおかしい

結局、ポケットにバラバラに入れていくことにして一件落着

発症後出かける時は
必ずインスリン関連グッズを入れたバッグを持っていますから
手ぶらで出かけるのははじめてかもしれない


久しぶりのスーツは新鮮?って聞いたら
イヤ別に・・・って
フフ、でも早々と支度してなんか嬉しそうよ

リタイヤ生活も2年目に入り
すっかり浪人暮らしも板につき
平日の昼間にどこへでも行ける
何でもできるという自由を満喫してるかのようにみえる夫
(そのぶん家事の負担が増えたというかな・・・まあまあそれは置いといて

血糖値だけを気にしていられる今の生活は
在職中に比べて心身共に随分楽そうです

それでも
やっぱり、ビジネススーツに身を包むという充実感が好きなのかも

ともあれ
今夜は旧交を温めて
楽しい時を過ごしてきてください

でも、飲み過ぎないように
そしてくれぐれも低血糖には気をつけてね

そして私も
久しぶりにひとりで過ごす夕べに・・・ルンルン








犬派ですが・・・

たまらん




















癒し猫









友達が送ってくれました


腹が立った時
落ち込んだ時にぜひどうぞ!


ラララ~♪

先週の日曜日は
私のピアノ教室の発表会でした

花とピアノ

世の中の少子化に伴い、うちのピアノ教室も
子供の生徒数は減る一方
その代わりにポツポツと成人の方が増えて
今では、大人の方が多くなりました

若い人で40歳、最高齢は73歳!
ひとりを除いてあとは
ピアノを習ったのは初めて、という人ばかりです
この人たちが広い舞台に上がって、ひとりでピアノに向かうのは
大変なプレッシャーです

そんなわけで
できるだけ、さりげない形で発表会ができないかなあ
そうだ、テーブルがあってみんながお茶飲んでるような感じなら
ちょっとは緊張感も和らげられるのではないか、とつねづね思ってたら
ピアノのあるカフェがあったよ・・・って友達が知らせてくれました

古い感じのカフェで、天井が高く、木のテーブルとイスというのもいい感じ
ピアノもなかなかいいものです
途中でケーキを出したいと言う要望にも応えてもらえる

それに、このカフェのオーナーは元タカラジェンヌで
話しているうちに
「歌いましょうか?」って・・・

「えーーっ!いいんですか?ギャラ出ませんけど・・」「いいですよ」と言うことになり
お茶とケーキ
おまけに元タカラジェンヌによるシャンソン付きの
ピアノの発表会というのが実現することになりました


当日は爽やかな好天気

初発表会の子供さんのお宅からは
おじいちゃんおばあちゃんをはじめ、一族7人も聞きに(見に?)来られたりして
会場はぎっしり!

セルフサービスの飲み物も行き渡り
ほどよいざわめきがあって、うん、いいじゃないか!

それでも開演が近づくと、日頃ふざけてばかりいるおちびちゃんも
今日ばかりは神妙な表情で、ウフッかわいい
中、高校生達はさすがの落ち着き

子供たちは、みんな今日が一番いい出来!と思えるような演奏です
いつも思いますが、子どもってすごい!

大人は・・・
あ~~やはり、みなさんガチガチに緊張しておられます
初めから何度も弾き直しをしたり
私が横から助け舟を出しながらやっとこさで弾き終えた方もいましたが
それでもまあ何とか全員最後まで弾くことができて、ヤレヤレ

昔からピアノを弾くのが夢だった・・・
子供が弾いていたピアノが眠っているから・・・
ボケ防止に・・・
もう一度弾いてみたくなって・・・・
などと習い始めた動機はさまざまです

緊張感と戦いながら
一曲を弾き終えた時に見せた笑顔は
みなさん、それはそれは輝いていました

そしてティタイム

ケーキが行き渡ったところで
約束の、オーナーの歌です

男役を彷彿とさせるショートカットにすらりとした長身
黒のパンツに真紅のシャツをさらりと羽織って
「サントワマミー」と「愛の讃歌」を歌う身のこなし、表情はさすが鍛え抜かれたプロのそれ
ウットリと見とれてしまいました
元タカラジェンヌ


さて後半は、連弾や他の楽器を入れたアンサンブルです

ピアノを弾けないお父さんや、お母さん、兄弟なども担ぎ出しての
ファミリー連弾では
大きな体を娘達にはさまれて
テレながら指一本で弾くお父さんが喝采を浴びたり
IMG_2898_2.jpg

ウッドブロックを叩く弟君(幼稚園児)はほほえましくて
演奏が終わると、一番大きな拍手を受けていました

ちょっと太目の人3人がひしめき合いながら
6手連弾をしたり(そのうちの1人は私・・・じゃありませんからネッ、念のため!)
高校生の息子とお母さんの組み合わせがあったりして
客席も演奏者も終始リラックスムードです

最後はみんなで「ふるさと」の大合唱をして終了

1年半ぶりの発表会は
なかなかの盛り上がりの中で終えることが出来たのではないかと
今振り返りながら改めてホッとしています

よし!しばらくはの~~んびりするぞ~!











世界不思議でない発見

発表会も終わったので
骨休みと称して
夫と友人の3人で海外旅行をしてきました

では、ここで問題です
関空から2時間半くらいで着くところ
九州よりちょっと小さい程度の島国
さて私たちが行った国はどこでしょう?




























簡単でしたね
雨の台北

答えは台湾でした
着いた時、首都台北は・・・・雨

仕方ない
ホテルにチェックイン後、地下鉄を使って街をブラブラすることに・・・

街を歩くと改めて、台湾は漢字の国だということを実感します



それでは第2問は漢字に関する問題です

『月台』って書くこれは何のことでしょう?






























プラットホーム
プラットフォームでした        ↑
                  これは友人の手



続いて第3問です

『電梯』とは何でしょうか?



























答えは、これ!
エレベーター
エレベーター・・・・なるほど感じ出てますね

引き続き4問目も漢字です

『全家』とは?

難問なのでヒント:日本でもおなじみのコンビニのひとつです



























ファミマ

ファミリーマートでした


ではいよいよ最後の問題です

バイクのナンバープレートにくっついてる、どこかで見たことのあるこの子たち
・・・だ~れだ?

この子だれだったっけ?

答えは・・・・・










ごめんなさい、思い出せません
分かる方教えてください

しかし
たったの2泊3日の旅行なのに
こんなことして遊んでていいのかな?



翌日、天気予報では降水確率80%
と・こ・ろ・が・・・・
快晴の101ビル
目覚めると
ドッカ~~ンと快晴
天は我らを見捨てなかった

忠烈祠の衛兵交代の儀式も青空の下で見ることができました
衛兵交代

故宮博物院はすごいラッシュ
ラッシュの故宮博物院
中国からの観光客が
とても増えたのだとか

展示物を見る時
私たちは何度もチャイナパワーに圧倒されました 


実は私たち3人、この喧騒の中で
ガイドさんを見失い、危うく迷子になってしまうところでした

教訓:団体行動の時はすばやく動くこと!


世界一と称される名物店のショウロンポウは
台北名物ショウロンポー
さすがに、すこぶるおいしかったし

1年中ほとんど雨が降るといわれる山あいの九份の街でも
九#20221;
晴れたし(雨女返上!)

ホテル近くの朝市は
朝市
同じ店に衣類と、魚肉が隣り合う



活気があって楽しかったです

短い旅行でしたが
初めて行った台北の街は
緑も多く、ゆったりとした流れを感じるいい街で
もう一度行きたい国のひとつになりました




ところで
クイズ全問正解の方はご連絡下さいね・・・・

台北2泊3日の旅行プレゼント















はできませんが
心からの拍手を送ります




カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。