怒らせると怖いよ

夫の、我が儘で身勝手な振る舞いに頭にきています

マジで腹が立つと、ブログに書く気もしないね(書いてるけど・・・



低血糖になったって知るもんか









スポンサーサイト

ゴールデンウィークの正しい過ごし方

その昔・・・・

横浜に住んでた頃
年末やゴールデンウィークは帰省の機会でしたから、いつも大変でした

乗車率200%の新幹線
渋滞の名神、東名
民族大移動か、と思うほどどこもかしこも混んでました

分かっててもその時期でないと行けないから
混雑覚悟で動いてました



今・・・・・
五月晴れの連休をよそに
庭の草引き
衣替えが、恒例となりました

せいぜい
映画にいくか
山を歩くか・・・・

お金もかからないし
混雑もない・・・・




けど

何となく物足りないんだなあ

なんか、仲間はずれにされてるようで


混んでても
やっぱり
出かけて行って
へとへとに疲れて帰って
もう二度と連休にはどこへも行かないぞ!と固く心に誓うのが
ゴールデンウィークの正しい過ごし方なのです!













オーレーオレオレオレー

連日、ゴールデンでもなんでもない日々を
地味~に過ごしているゴールデンウィーク

でも
今日はカレンダーに予定あり!ランラン

サッカー観戦!

ヴィッセル神戸モンテディオ山形

自慢じゃないが
私が観戦した時に、神戸は勝った事がない
せいぜい引き分けどまり

現在、モンテディオ・・・5位
ヴィッセルは13位
今日もあかんかなあ~


でも一応
応援グッズ持って
トモニイコウ旗
いざ!スタジアムへ

ところが
家を出る頃から雨がポツポツ
うひゃ~



でもご心配なく(誰も心配してないと思うけど)

ホームズスタジアムは屋根があるもんね

入るともうすでにサポーター達が盛り上がってます

夫はいそいそとビールを買いに・・・
これが楽しみで来てるな、きっと!

今年のヴィッセル
私の楽しみは・・・ウフッ この人
恒さま~
元日本代表 み~や~も~と~!

キャプテンマークもりりしく、遠目にもカッコええわあ

さて肝心の試合の方は
な・なんと、予想外の
神戸が3得点!
ゴ~~~ル!


ゴールに盛り上がる観客席 
旗が3回も振れた~


終了間際に1点入れられたけど3:1の快勝!

初めて、勝利に立ち会えました



ところで
モンテディオ山形のユニフォームって
モンテディオ山形の選手

なんかに似てる、って思ってたら・・・・













街のホットステーション

ローソンの制服だった





地球に優しく!

最近よく耳にする3R

Reduce リデュース:減らす

Reuse リユース:再び使う

Recycle リサイクル:再資源化

の3つの言葉の頭文字をとったもので
環境配慮に関するキーワードなんですって

ふ~~ん
それなら我が家も
うちの中のいらない物を誰かにReuse(再利用)してもらい
捨てる物をReduce(減量)して
環境配慮を図ろうではないか!

ということで、昨日
フリーマーケットをやってきました

労多くして、稼ぎなどしれてるのに
と、夫はあきれ顔ですが
リ・・・何とかはともかく
家の中の不要物は減るし
捨てるという後ろめたさを感じなくて済むし
それに「おみせやさんごっこ」って面白いんだよなあ

夫は荷物運びは手伝ってくれますが
お店番は期待できないので
孤軍奮闘するつもりでいたのですが
意外や大阪から頼もしい助っ人が
駆けつけてくれました

フリマ

照る照る坊主が効きすぎたか
前日までの天気とはうってかわって

かんかん照り!
暑いのなんのって
そんな中、二人の助っ人、大活躍です

ありがとー
そらちゃんとベージュちゃん
大助かりでした

荷物は半分以下になり減量化大成功です
売り上げは・・・大したことありませんが・・・

ところで、
売り場に置いてって
そらちゃんがIDDMネットワークのリーフレットをたくさん持ってきていました
リーフレット
IDDMネットワーク、リーフレット

それを見て何人もの方がIDDMに興味を示してくださり
こういう病気があるのだというお話をすることができました

中には2週間ほど前に、友達が発病したばかりという方もいて
大丈夫、こんなに明るく楽しく生活できます!
仲間もたくさんいますから、お友達を励まして上げてください!と
思わぬ交流が生まれました。

1型が世の中に知られてないと嘆く前に
ささやかでもこんな機会を利用して
正しい情報を発信していけばいいんじゃないか、ということに
気付かされました

そらちゃん、グッジョブ

そして
私は患者です!と胸張って説明するふたりの
自然で前向きな姿勢に、改めて共感を覚えました


さて撤収後は
別のブースでやってた友達も一緒の打ち上げ食事会で
友達の輪を広げます
打ち上げ

そらちゃん、ベージュちゃんもすっかりなじんで、おしゃべり大盛り上がり
最後まで楽しい一日となりました



おまけ
うちに帰って見たショックなもの

今日の成果

ガ~~~ン
日焼け止め塗るの忘れてた



ありがとー!

日曜日の朝、娘から宅急便が届きました

高さ10センチ程度の小さな箱・・・
おしゃれなラッピングです!
何だろう?
何だろう??

包装紙

開けると楽譜のプリントされたくしゃくしゃの包装紙

そこから出てきたのは・・・・




中身も包装紙
またまたくしゃくしゃの包装紙


と、思いきや
これは・・・ビニール製のペーパーウェイト!

こう見えて(どう見える?)名だたるグラフィックデザイナーの作品らしい

いいじゃない

ウフフ!なかなかいい味出してる

poco夫さん、紙くずと間違えて捨てないでね

そして
先日帰宅した息子が
「母の日!」ってくれたお土産
携帯ホルダー
携帯ホルダーなんですって

ちょうど遊びに来た、ハナちゃんのいいお友達になってます
仲良し

二人とも、母の日のプレゼントありがとう





語らねば

友達が
「日経に連載されてたから」って
新聞の切抜きを持ってきてくれました

“患者の目”というコラムで
IDDMのエアロビック選手、大村詠一さんの手記でした

8歳で発病
当初は成長期にもかかわらず
インスリンの量を減らすために
食事を減らして、運動はあまりさせないという治療法だったので
エアロビックは歓迎されなかったとか
それが食事量に見合ったインスリンを打つという処方に変わってから
急に血糖コントロールがよくなり
治療がうまくいくと、エアロビックの方も充実していったとか
今では糖尿病の運動療法にも取り入れられるようになったエアロビックと
IDDMの両方を伝えて行きたい・・・などということが書かれていました

小学生のころ、同級生達から
「何で注射を打つの?」
「どうしてアメをなめてるの?」などと質問され
いちいち説明する気になれず
病気を隠そうとばかりしていた・・・という記述には
夫が
「みんな似たような苦い思いをしてるんだなあ」と、共感を示しました

夫は発症後
病気のことを一部の人に伝えてはいましたが
正しく理解してくれた人はまれだったそうです

1型も2型もひとくくりにされた
誤解に満ちた質問も多く
不愉快な思いをくり返しているうちに
余計なことは言わないほうがいいという心境になり
以後は積極的に病気のことは伝えずに過ごしていました

ところが
会社で低血糖昏睡を何度か起してしまったので
周りの人に改めてくわしく説明せざるを得なくなりましたが
それでも、みんなが正しく理解してくれたかどうかは疑問だと言います

たしかに
身内に同じ病気の人がいる・・・ということでもなければ
他人の病気に強い関心を持つことは少ないですものね

でも、だからと言って
IDDMのことを正しく伝える努力をしなければ
いつまでも
「あ~糖尿病ね」で済まされてしまいます


大村選手は、五年生の時に
「病気のことをみんなに話してみないか」と担任の先生に勧められ
最初はクラスで話し
その後、同級生と糖尿病に関する紙芝居を作って
最終的には学校の全員に伝えたそうです

全員に知ってもらったことで
体調が悪いときでも
友達が代わりに説明してくれるという安心感ができたそうです
保健室で打っていた注射も教室で打てるようになり
とにかく楽になった
そして
話すきっかけを作ってくれた担任の先生には
今でも感謝している・・・と書いています


やっぱり
理解して貰う努力って大事なことなんだ!

自分のためだけではなく、他のIDDM患者の皆さんためにも
何かの機会を利用して積極的に外に向かって語りかける気持ちを
夫には忘れないようにしてほしいと思います。

DMネットワークのリーフレット
うちにも送ってもらおうかな







 


タコ焼きで新型インフル吹っ飛ばせ!

関西では、一家に一台たこ焼き機がある・・・という噂

事実です!

もちろん我が家にも・・・・・
一家に一台
ありマス!

でも
「たこ焼きパ~ティするから」って誘ってくれた友達んちなんて
こんなもんじゃありません!

玄関には 
営業中jpg
こんな旗がかかっていて、俄然その気にさせてくれます

部屋に入ると
taco.jpg
こんな子が迎えてくれて、ますますたこ焼きモードが高まります!

粉を混ぜるのは、ドン!
ダイナミック!
ポリバケツでワイルドに!
(もちろんこれ専用ですからね・・・念のため)

たこ焼き器だって
本格的
一度に30個近くが焼ける本格派!

子供も含めて2カ国総勢12人が
今か今かと待ち構え
次々と焼きあがるたこ焼きをハフハフとほおばります

中身は正統派タコに始まって
えび、ホタテ、すじコン、キムチ、餅、チーズ・・・

出来上がり
たこ焼き作り暦5年・・・ならぬ5回目
くるっとひっくり返すのが大好きという友人が
一手に引き受けて次々焼いてくれます

熱い!うまい!
ふ~~
もう何個食べたかわからへん
おなかいっぱ~~い、食った食った

それでも持参の手作りケーキなど食べた後は
子供たちのリクエストにより
unoウノ
で全員対決

十数年ぶりにやるウノに、大人だって真剣勝負です

きゃーきゃー悲鳴や笑い声の交錯する中
すご~い準優勝商品ゲット!
つめきり

神戸市に蔓延しつつある新型インフルエンザを
吹っ飛ばす勢いで
笑い興じた一日となりました





秘密

「センセ、お母さんね・・・・秘密があるねん」
ピアノのレッスンの合間に
2年生のMちゃんが、声をひそめて言います

「お母さんね、好きな人がいるねん」
ドキッ・・・そんなことセンセに言っていいの?


「あんねぇ
お母さん、サトウタケル君が好きやねん」

サトウタケル・・・誰やそれ?

Mちゃんの説明によると
佐藤健君とは、イケメンの若手タレントらしい
最近では「メイちゃんの執事」という番組に出てたのだとか
しかも、今日のGoogleの急上昇検索ワードに載っているではありませんか

「お父さんにはヒミツやねんよ」
Mちゃんは一層声をひそめます

「お母さん、台所しててもサトウタケル君がテレビに出てきたら
前に座ってじーっと見てるねん」
ニヤッと笑いながら、お母さんの秘密を暴露するMちゃん

Mちゃんのお母さんは、清楚な美人です
ふ~~~ん、あのお母さんがねえ

まあこんな秘密なら、問題ないでしょう


さらに、おしゃべりは続きます
「Mチャンは誰がすきなん?」
「M?・・・・Mが好きなんはね~~」
「ウン?」
「一番好きなんは、お父さん!

クーーーッ
お父さんに聞かせたいねえ、このセリフ
あと10年もすると、お父さんあっち行ってて!なんていうくせになあ

Mちゃん、大きくなってもお父さんにそう言ってあげてね


お祭りは中止、学校は休校、お店は営業中止と
新型インフルエンザに揺れる神戸市の片隅で
ピアノ教室はお休みにもせず、続けてるんですけど

・・・・・・いいのだろうか






最高!友達との旅行

旧友たち6人でちょこっと旅行してきました
行き先は加賀100万石~金沢市

今や神戸市民にマスクは必携ですから
これでどうだ!

銀行強盗スタイル

「神戸から来たってゆうたら引かれるかもよ」
「どっから来たことにする?」
「大阪も京都もアカンし」
「岡山にしよか?」
「岡山弁わからへん」
「ほな東京にしよか?」
「あかん、この言葉じゃすぐバレル!」
大阪発のサンダーバードの車内で
にぎやかにしゃべっているうちに、あっという間に金沢着

あっ、マスクは電車が発車したとたんはずしましたから。念のため

こんな私たちを
金沢の街は、歓迎してくれました。ほら!

Welcome.jpg

まずは、駅ビルの中のお店で腹ごしらえ

金沢といえば麩で有名(なんでしょ?)
で、生麩膳を注文
生麩づくし

生麩の刺身に、生麩のフライ、生麩の煮物、生麩の酢の物
まだこの他に生麩のステーキ、生麩のデザート・・・
ううう、書いてるだけでおなかが一杯になってくる

ごはんの上のそぼろまでが、生麩でできてる炭水化物オンリーの内容に
夫がいたら一体ラピッド何単位打つだろう・・・と
考えてしまいました

生麩って、ちょっと出てくるとおいしいんだけど・・・

「もう当分生麩は食べたくないなあ」の意見に、全員大きくうなずくのでありました


パンパンになったおなかをさすりながら駅前のホテルにチェックインの後は
今回の旅行の一番の目的地に向かって出発

目指すは金沢21世紀美術館!

ところがホテルの前から乗ったタクシーの運転手さん
「21世紀美術館ってどこかね~?」
え~~ッ、運転手さん知らないの!

今、金沢と言えば、21世紀美術館でしょう!?

「○○のところにあるあれかねえ?」
そんなこと知るわけないでしょ!

「お客さん旅の人?」
駅前のホテルの前で乗ったでしょ!
旅の人に決まってるやん!
おまけにバリバリの関西弁やし

新米タクシー

その後も、あそこかなあ、いや違うかと頼りないので
旅の人である我々が、地図を見ながら確認
まっすぐ行くんだという運転手をさえぎって
この辺りにあるはず、と右折を指示したら・・・

21世紀美術館

あったぁ!

聞けば、彼は運転手になってまだ一週間にもならないのだとか

「ほらここが21世紀美術館よ、ちゃんと道順覚えた?」
と、関西のおばちゃんは容赦ありません

「あんた、観光地の運転手なんやからもっと勉強して
ちゃんと観光案内できるようにせんとあかんよ!」
と厳しくも、愛情こもった激励をしておきました


21世紀美術館は
【だれもがいつでも立ち寄ることができ
様々な出会いや体験が可能となる公園のような美術館を目指す】
というコンセプトを持つだけあって
円形ガラス張りの外観は明るく 美術館らしからぬ親しみやすさです
21世紀美術館
子供や外国人の姿も多く
海外で評価されているのがうかがえます

そんな雰囲気の中
シルエット撮るからポーズして、の注文に
そんなん恥ずかしいわ、とも言わず
ちゃんと応じてくれる古き良き友たち!
ポーズ

タイトル
【平均年齢60】



その後は
ゆったり配置された
部屋の作品をゆっくり見て回ります
これをアートというなら
うちにあるガラクタみんなアートや
などと
世界的アーティストの作品に
突っ込みを入れながらの芸術鑑賞は
とても楽しく
あっという間に閉館時間になってしまいました

となると、次なる楽しみは夕飯です!

気が合うということは、みんな似たような性格の持ち主で
誰ひとりとして緻密な計画など立てておらず
さあどこにする?と美術館前で頭を寄せ合って協議

友人が仕入れてきた情報から
おいしいというおすし屋さんに決定!

このお店が大正~解

はす蒸しのもっちりとした口当たり
はす蒸し

今が旬だというのどぐろは、あぶらが乗って旨し
のどぐろ

地魚のにぎりには、珍しいがすえび、しろ貝など
地物

どれもすこぶるおいしくいただいて、満足満足

車で送るというお店の好意は
腹ごなしの散歩をしたいからとご遠慮して
6人のアラカンたちは
加賀の夜風にあたりつつ
ホテルまでの道を楽しく歩いたのでした

ホテルに帰ってからは一部屋に集まってのおしゃべりタイム

明日はどうする?
明日考えようね!


のんびり~ゆったり~

金沢のお天気ガイドに
天気予報
  「わるいでしょう」なんて予想されていたにもかかわらず

2日目の朝・・・・ピッカ~~ン

快晴
どう!このすがすがしい五月晴れ

もう雨女は返上しなくっちゃね

日差しの下だと
兼六園
今真っ盛りの兼六園の杜若(かきつばた)もひときわ美しく・・・・


さて
弾むおしゃべりはもちろん
おなかのすくタイミングが一緒っていうのが
女同士の旅行の良さ!

ちょっとお茶にしない?とか
ソロソロお昼にしようかの頃合が実にいいんだなあ!

兼六園の土産物屋さんでお団子食べたから
お昼は遅くていいよね・・・なんて融通が利くんですよね

おなかがすいたら食べる・・・という自然にまかせていたら
お昼ごはんは3時ごろだし
夕ご飯は、うんと軽くでいいね
サンドイッチでも買って帰りの電車の中で食べようか!
なんて案も即、全員一致で可決


夫と一緒だとそうはいきません

モーニングビュッフェを食べ過ぎていようが
途中でおやつを食べておなかが大きかろうが

お昼は12時
それは旅先でだって揺るぎなく!

でも、これってうちの夫だけかと思ってたら
うちもよ~うちもよ~の大合唱

思うに、男性は12時になったらお昼休みっていう
長年の会社勤めの習慣がすり込まれているのかもしれませんね

ともかく
たった1泊ですが
【麗しき熟女の知とグルメの旅(ベージュちゃん命名)】
夫が一緒だとなかなかできない
のんびり~ゆったり~のリズムで
和やかに終わったのでした


夫の無自覚低血糖が頻発していたころには
友達と泊りがけの旅行など到底無理で
あの楽しさはもう二度と味わうことはできないなあ
とあきらめていました

それが、短い日数とは言え
実行可能になったのですから
うれしい限りです

70以下撲滅大作戦の結果
かなり低血糖の回数を減らした
夫の努力のおかげですね
(とここは一応持ち上げておこう!)

これからも安心して
何日でも出かけられるように

脱・低血糖への取り組み
何とぞよろしく!






カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2