MEDIC INFO

こんなかわいい袋に入って届きました
袋

開けると・・・・・
こんな感じブレスレットタイプ

早速
夫が着けてみました
人生初

人生初のブレスレットを装着したおじさん
「ウン、別に悪くないよ」

でも、時計じゃないからもう少しゆるめにつけた方が
・・・アハハ、まっいいか


これは
MEDIC INFO

救命救急(EMS)活動のシンボルマーク「Star of Life」
Star of Life
 
 ←Star of Life


を真ん中に配し
裏面に名前や既往症などの個人の情報を刻印した
IDプレートアクセサリーです。

かねてより
万が一の時のために
購入しようかと思いつつ
必要ないかなあと思ったり
そのうち忘れたりで
先送りしていたのですが
この度ようやく注文

発注からわずか3日で届きました

裏面には
夫の名前
1型糖尿病であること
意識混濁時には、甘いものを飲ませて欲しいこと
連絡先
などを彫ってもらいましたが
盛りだくさんなので
字が小さい
かなり目をこらさないと読めません

でも
wave_bar1.gif
このマークは
現在ではアメリカ・カナダ・ヨーロッパなど
多くの国々で救急のシンボルマークとして使用され
国際的な認識が広がっている上
日本国内の救急救命活動でも
取り入れられつつある(MEDIC INFO SHOPのHPより)そうなので
見る人が見たら、わかるはず・・・・・


例えば
夫が街のどこかで意識を失う

そばにいる人が救急車を呼んでくれる

ピーポーピーポー
救急車到着

救急隊員が脈を診ようとして腕を取る

lifesaving.jpg

  【注】ここからのセリフは、ぜひ“24時”のジャックバウアーの声で!
  ジャックバウアー

「これは“Star of Life”のマークじゃないか!
何か持病があるな
よし、裏を見てみよう
ウッ、字が小さいっ
しかし、きっと重要な情報が書かれているはずだ
何とかして読まなければ!」

「みんな!この人は1型糖尿病だ
低血糖昏睡にちがいない!
よし、大至急病院に搬送して
ブドウ糖の点滴をすれば助かる!行くぞ

かくして
テロリストは撲滅され
夫は低血糖から迅速に蘇ることができる・・・・というわけです

でも
MEDIC INFO
このように活躍することなく
ただのお守り
ただのブレスレットで
終われますように・・・・








スポンサーサイト

夏休み

御射鹿池
初めて携帯から投稿してみました

ちゃんと出てるかなぁ

長野県蓼科に来ています。
鳥のさえずりも爽やかな白樺林の中の
別荘で過ごしていますの、オホホ・・・友達のだけど
暑さ知らずですよ~
同級生4人での~んびりやってます


今日は御射鹿池に行きました

吉永小百合さんのCMでお馴染みの場所だけど、何のCMかわかるかな

疲れは3日後に来る

先日の蓼科からの帰りに
横浜在住の友達の車に同乗させてもらい
古巣に寄ってきました


20数年前に住んでた所です

昔なじみのうちに
近所の顔なじみが集まって歓迎宴会を開いてくれました

いいねえ
一緒に子育てした仲間って

飲んで騒いで
つもり積もった話しに笑い転げて
気がついたら、空が白々と明けていました

すごいや!
何年振りでしょう・・・徹夜だなんて

ひょっとして私たちって若かった?
やんぐう

少しの仮眠のあと
今度は東京に向かいます
東急田園都市線・・・・懐かしい~

電車2つ乗り換えて娘の下宿に
荷物を置いて
一緒に近くの吉祥寺の街散策

徹夜明けにもかかわらず元気!
やっぱり私って
やんぐうぐう


ふ~ん、ここが有名な井の頭公園か
井の頭公園
木立が日陰を作ってとてもいい憩いの場ね

こんな人や考える人
 すごいよ
爪先立ち


こんな人や
大道芸

こんな可愛い留守番犬もいて店番犬
そぞろ歩きでも
なかなか楽しめるところです

で、公園をちょっと出たところで

あーっ!

あ、あ、あれは・・・・
一時期、テレビを賑わせたアレに違いない
























アレ
 チラッと見える
縞模様






よーし!表から見てみよう












まことちゃんハウス

テレビで見たとおりだ
紅白の縞の外壁!
2回の窓の前には
まことちゃんもいます!
まことちゃん

ご近所から建築差し止め訴訟まで起こされた
漫画家楳図かずおさんのおうちです

写真はないけど
右側の出窓は、顔になってるの!


でも
背の高い木がうまく配置されてて


かわい~



自分ちの近所じゃイヤだけど・・・・














そんなこんなの
ちょっとだけ横浜~東京trip

帰りの新幹線に乗ったとたん爆睡でした

おかしいな
若いはずなのに・・・・・



我が家のお盆風景

名古屋在住の息子は
勤務の都合上、お盆休みはないのですが
大阪での飲み会に来たからと、帰りに立ち寄り1泊

東京在住の娘は
長崎の友達のうちに行った帰りに、途中下車して2泊

そんな
タッチのような帰省だったのに
奇跡的に二人がそろった日が半日だけあり
久しぶりに家族4人で食卓を囲みました

夫と二人だと、単なる「食事」なのですが
4人になると「一家団欒」という感じで、笑い声も弾みます

娘は
先日84歳の誕生日を迎えた実家の母に
プレゼントを用意してくれていました
(費用は、お兄ちゃんとしっかり折半です

自分達の写真データを一杯入れた
ソニーのデジタルフォトフレームです

おーーーっ、いいじゃない

デジタルフォトフレーム

   早速届けに行きました

ハナも登場

しかし
携帯もパソコンも縁のない母にとって
デジタル写真立てなど
理解の範疇を超えるもので


「へ~~っほ~~っ!」っと
次々変わる写真をに感嘆の声を上げながらも
「おばあちゃんに、これが使えるかなあ?」
とちょっと心配そうでしたが
娘に
「点けっぱなしでいいし
ここの点けると消すのボタンだけ覚えといたらいいねん」
と、図まで描いてもらって納得した様子

「これなら、使えるわ~
今度友だち呼んだ時に、見てもらうね」と
うれしそうでした


娘がおばあちゃんから
フォトフレーム代金の何倍ものお小遣いをもらったことは
    ・・・・内緒、内緒














がんばれ!MEDIC-INFO

先日記事にしたMEDIC-INFOのブレスレットが・・・・



壊れた

壊れた!

夫によると
「特に強くぶつけた記憶もないんだけど
ポロリと欠けた」のだそうな


届いてからは
お風呂に入る時だって、寝る時だって
ず~~ッと着けてはいました(着けはずしが面倒だから)

手首でプラプラすると落ち着かない、と
ピッタリにして着けてたので
何かの折にひっぱられたのかなあ

無意識のうちに、どこかにぶつけたのかもしれないけれど
金属疲労というには、早すぎ~~


ともかく
早速MEDIC-INFOーSHOPに
写真を添付したメールで、壊れたことを連絡しました

あいにく
SHOPは夏休みに入ったところだったので
連絡は、きっとお盆明けだなあ、と思っていたのに
翌朝には担当者から
『大変申し訳ございませんでした』と
メールが届きました!

どうやら夏休み中にもかかわらず
出先でメールをチェックされたようで
『半月で破損というのは
何らかの初期不良のようなものと考えられ
弊社の検品チェックの不備であった可能性が高いと思われます』
とあり

『ご不便とご迷惑、不愉快な思いをおかけしてしまい
ました事を深くお詫び申し上げます』
と書いてあります

そして
『大変申し訳ないが、取替え品の発送はお盆明けになる
しかし
ブレスレットが今現在使えないのは
不便で、迷惑だろうから
新しいバンドが届くまでの間の代替品として
(現在事務所を離れているため)
サンプル用のものしかないが、取りあえずそれを送る』旨のことが
大変丁寧な言葉で続いていました

約束どおり
翌日には代替品が速達便で届き
お盆明けには
正規の取替え品が送られてきました

新しいものは
問題のフック部を合金からより強い真鍮メッキの製品
へと材質変更したものだとか

その都度
こちらが恐縮するほどで
誠意あふれる手紙が添えられており
今後は、検品作業を一層強化するとのこと

女性とおぼしき担当の方の
きめ細やかな対応は
充分満足で
今後も頑張ってください、とお返事をしたためました



そんな先日
TVを見てたら(トランスポーター2、アメリカ映画)
救急車の扉にMEDIC-INFOのstar-lifeマークStar of Life
はっけ~~ん

ますます
MEDIC-INFOブレスレットが頼もしく思えるのでした





本日の予定

なんでも片っ端から忘れるお年頃なので
予定は、カレンダーに書き込みます

スケジュール手帳なんてめんどくさいのはダメ
カレンダーが一番手っ取り早く、わかり安い


ボールペンで
夫は黒で上段に
私は赤で下段に・・・というのがお約束

赤の方が断然多い中
先週土曜日におやっ!黒字の予定が・・・

何だろう?と思ってみると・・・
スケジュール

夜7時に、花火?


どこかの花火でも見に行くつもり??


と思ってたら・・・・




秋田大曲 全国花火競技大会2009の

ハイビジョン中継のことでした

明治43年から始まったというこの大会は
全国から有名花火師が集う、日本一格の高い大会であり
最高水準の花火が鑑賞できるらしい



TVで花火観賞ってどうよ



やっぱり
うちわや片手に
日中のお日様を吸い込んだ、まだじわっと熱い地面に座り込み

シュルシュルシュル ド~~ンという
音をおなかで感じ
頭上に広がる一瞬の火の芸術に
周りの人と一緒に
「うわぁ~~」と歓声を上げる、でないとね




・・・・・というわけで
カレンダーに実況予定まで書き込んでた割には
5分でチャンネル変えてました

その代わり
「死ぬまでに行きたい場所リスト・・夏の部」には
東北3大祭りと並んで
秋田大曲花火大会が加わりました



そうそう
花火大会の様子は8月31日に再放送されますので
興味のある方は是非ご覧下さい!

その場合は
カレンダーに予定を書き込むのをお忘れなく!






チェンジ!

水曜日は近所のスーパーの売り出し日

昨日は、牛肉が半額でした!

なので
いつもは見向きもしない霜降りのお肉を買って

昨夜の献立は焼肉と
トマトの冷汁(もりママさん直伝・・・って、ブログで見ただけなんだけど)

お肉は、塩コショウとニンニクであっさりと焼き
タップリのお野菜は炒めて付け合せに

うちで作る料理は、常に油控え目ですから
野菜炒めの油分は大したことはありません


曲者は霜降り肉

普段は、霜降ってない肉なのであまり気にもしないのですが
昨日は、霜降り肉・・・・何度もしつこい!

「結構油分が多いと思うよ、あとから来るかもね」
と言うと
夫「いいよ、ちょっとくらい上がっても」

い、い、いま何て言った!?
「ちょっとくらい上がってもいい、ってーー!?」

「ウン、もうあんまり気にならないんだ」

えーーーーっ!
常に、高目は仇のように追加打ちで下げようとしていた夫が・・・・

大丈夫?低血糖じゃないの?
と言いたくなるようなセリフ

「高いって言っても、何日も続くわけじゃないしね」

HbA1cだって、もっと上がってもいいって言われてるんだから
それならそんなにピリピリするもことないからね」・・・だって

一体どうしたんでしょう
この余裕の発言

無自覚低血糖の改善のために
血糖値70以下撲滅目指して
高目維持を心がけてはきました
それでも
それがHbA1cに大きく影響はしなかったことが
気持ちに変化をもたらしたのでしょうか

政権交代が噂される今度の選挙のように
彼の中でも
意識の変革が徐々に進んでいるのかもしれません


なお、普段どおりラピッドだけでの対応でしたが
今朝は148
夜中は測ってないのでわからないけれど
夫によると
そんなに上がった感はなかったということなので
油分による上昇は心配したほどではなかったようです


それから
トマトの冷汁
さっぱりして、とてもおいしかったですよ!


愛さないでーーっ!!

さーーーて

これは何の葉っぱでしょう?

林



葉っぱをかき分けると・・・・
根元に顔を出しているのは・・・・





出てる!

茗荷(みょうが)でした



ちょっと気を許すと
花が咲いてしまい、食べられなくなるので
見つけ次第、毎日せっせと収穫です

本日の収穫

きょうはこれだけ(^_-)-☆


酢の物、冷奴、納豆、サラダにと
連日の大活躍

そうそう、トマトの冷汁にもタップリ入れましたよ


食べると物忘れがひどくなる・・・などという噂ですが
栄養学的に
そのような成分は全く含まれていないそうなので
よかったあ

これ以上物忘れがひどくなったら
えらいことですから・・・



ところが
もうひとつ困ったことが・・


それは
私がとても愛されてるということ








に・・・・・


きょうも
取りに出たわずか2~3分の間に5ヶ所も

クソ~~ッ

音もなく姿も見せずに
知らぬ間に寄って来て
チュッチュッチュッ

あ~~~~かゆいーーーっ!


虫の好かん奴、になりたい!




カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2