スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました~福岡

昨日から・・・・・・・

ず~~っとねむい

あれしきのことで、疲れたのかなあ

おかしいなあ
若いはずなのに・・・・・・エッ?何か


あれしきのこととは
“ブログフレンドと行くブログフレンドに会うための福岡1泊2日の旅”

昨日今日と
忙しいのと眠いので
なかなか旅行記が書けないでいたら

会いに行ったブログフレンドもりママさんも一緒に行ったブログフレンドのそらちゃんもさっさとアップされて
あっ、じゃあもういいか


後発隊pocoは
写真を少しばかり・・・


新神戸7:56発
新幹線久しぶりだあ
博多まで2時間

九州近いやん
のぞみ
のぞみの顔って・・
長い!

カモノハシみたい



博多駅では
もりママさんご夫妻と
旧友明太子さんが待っていてくれました

ブログフレンドって
初めて会ったその時から
親しいお友達気分が充満しています

はじめまして、って言うのが不思議なほど
あっという間に打ちとけて
あっという間にタメぐち

というわけで
初対面にもかかわらず
そらちゃんのノリに付き合う
メンタイコ・アラカ~ン
初対面の二人
なじんでます

立花家の
由緒正しき歴史的建物の中で・・ 



その後うかがった森家の玄関
海ちゃんと空君のおそろ
おそろ

OH!キュート 



団子ちゃんの歓迎
団子ちゃんの大歓迎を受けるそらちゃん



よい子でお留守番の夫にお土産
おみやげ

博多通りもん、めんべいどちらもGood!



うれしく楽しくおいしい2日間でした

もりママさんご一家、明太子さん 明太子さんのお友達のTさん

どうもありがとう

今度はこっちに来てね!
スポンサーサイト

初ものづくし

だいたい、大したものも作ってないし
その前に腕に自信がないので
お料理アップはあまりしない方針なのですが
きょうは、初ものばかりだったので
ちょっと載せてみよーっと

初のつくもの

まずは、ごはん

米どころ新潟の新米をいただいたので
ワ~イ、今夜は新米炊こうって思いながら
スーパーに行ったら
あら、きれいな栗が・・・

そしたら
「栗ごはんがいいなあ」と夫が言うので
今年初の栗ごはんは新米で

これがもう、すっごくおいしいの

「剥き方が良かったんだな!」と皮むきをすこしばかり手伝った夫
「水加減と塩加減が良かったからよ!」と妻

両者譲らぬものの、ともかくうまい

本当のところは
新米の甘さと
採り立て丹波栗の甘さの相乗効果といったところでしょうね

さて次なる初もの

ひじきと豆腐のハンバーグ

えっ!
これのどこが初もの?

アハハ
初めて作ったので初もの

ひき肉は入ってるけど、鶏なので
あっさり軽い口当たりです

夫に感想を聞いたら
「ウ~ン体によさそうだね」

それはホメ言葉なのか?


もうひとつの初ものは
先日
九州の辛子明太子さんちでおよばれした時に
いただいた大豆のスープ

おいしかったので作り方聞いてきて
初めて作ってみたけど
これは明太子さんちでいただいた方がウ~ンとおいしかった

明太子さん、何故でしょう?

腕と愛情が足りなかったかな


というわけで
づくしの夕ご飯

さあて
夫の血糖値はいかに?




眠前170

ざんねん









愛すること

秋・・・・・結婚シーズンです

先週も
大阪のIDDMのカップルがめでたくお式を挙げられたとか

お互いを理解しあってのゴールイン
いい家庭を作ってねと
心からのエール送ります


結婚と聞いて
前々回のDMVOXでお会いした
ひとりの男性を思い出しました

“友人・家族の立場”で参加していたその男性は
付き合っている彼女が1型(小児発症で暦20年以上)で
近々結婚することになっているのだとか

病気のことは、彼女が自分でちゃんと管理しているので
特に問題はないのだけれど
一緒に暮らすにあたって
IDDMについて、何か知っておくといいこととか
力になってあげられることがあれば、と思って
初めて参加した、とのことでした

こんな人と結婚する彼女は幸せだなあ、と思いながら
相手がIDDMであるということは、問題にはならなかったの?
と、率直に聞いてみました

“ボクは、彼女を好きになった
好きになった彼女は
たまたまIDDMという病気やった
・・・・ただそれだけですから”
 

照れも
気負いも見せず
さらりと語る言葉は
じわーっと心にしみました

いいところも悪いところも
病気も含めてあなたのすべてが好き・・・

人を好きになるって
そうでなくっちゃね




えっ、私?

も・も・もちろん
病気も含めて、夫のすべてを愛していますとも

あれっ?
何で字が小さくなるのかしらね



鉄人

あっ、あれは何だ!




なすび
茄子だ!





孫悟空
孫悟空の頭の輪だ!





鳥
鳥だ!





鉄人

いや「てつじんだ!」

「鉄人28号だーーー!」



うわさの鉄人28号!
ここにいたのか


でも



東京の18Mガンダムに比べて






なんか地味じゃね?




周り、すっごく日常

自転車置き場?








行列できてないし
おじさん、フツーに自転車置いてるし!





マスコミも来てないし
誰もいない













鉄人
ひとり淋しそう







でも
意外と主婦層には人気だったりして・・・

中年女性に人気


見てるのはなぜか中高年ばかり



そっかあ
若い人は鉄人とくれば
坂井シェフ?
img_sakai02.jpg



でもほら

足踏ん張って
握りこぶし振り上げて

いいポーズだ!




記念のカレーも出てるようだし

カレー

がんばれ、鉄人28号!




はるばるきたぜ

神戸空港を出発して2時間




北海道に来ました


午前中は降ってたらしいけど、いい天気

あれっ
私って晴れ女だったっけ
それに
ほっかいどう
寒くないどう

みぞれだの雪だのという天気予報だったので
真冬並みのコートにマフラー手袋と言う重装備してきたけど
出番なしだな



なあんて
いい気になっていたら



日がくれたら
まぁ寒い

北海道あなどるなかれ

今夜は旭川泊まり
旭山動物園に行きます

明日天気にな~れ





ただいま~

旅行中
リアルタイムで携帯からブログ更新もおもしろいかな・・・・
なんて思ったりもしたんだけど

写真は思うように貼り付けられないし
(う~~~ん、理解不足)

第一
そんなことしてたら
せっかくの北海道の景色も
おちおち見てられないので
あっさり断念



たった5日間留守しただけなのに
帰ってきたら
いっぱいたまってて、読むのが大変・・・・

新聞?
手紙?
めーる?

いえいえ
ブログ仲間の更新された記事のこと

次々読んでたら
自分のブログ書いてる余裕なし


というわけで
とても楽しめた旭山動物園や
素敵なホテルのお話は
後日ゆっくりと・・・・するつもり


ではおやすみなさい


旭川の夜は更けて

夫が北海道出身なので
我が家が北海道に行くのは
基本的に、冠婚葬祭の時になります

今回は、法事

時期は10月半ば
紅葉の季節・・・・いいね、いいねえ

法事の前に
ここに寄って、あそこに泊まって・・・・とプランを練り
さて出発の前日になって
夫が聞きました

「ところで今度は、誰の何で行くんだったっけ?」




おいおい


お義母さんすみません
あなたの息子は本来の目的(13回忌)を忘れるところでした


そんな5年ぶりの北海道

神戸空港で、石川遼くんとのツーショットからスタート
りょう君とツーショット

2時間で着いた新千歳空港からはレンタカー

秋晴れの中
草原や山々を彩る紅葉に歓声を上げながら
道央自動車道を気持ちよくドライブです

(私はあと2点しかないので前後に目を光らせて慎重運転)


初日の宿は旭川

旭川は
札幌についで道内第2の街

主要港よりほぼ均等距離という地の利で
道北の一大流通拠点なのだそうです

内陸部だから、お魚はダメでしょう?って思ってけど
意外や
鮮度のよい魚が集結するのだとか

そうと知ったら、夕食は海鮮だよね!

乗ったタクシーの運転手さんが
大阪出身だとかで、えらく打ち解けて
「ぜっーたいおいしいから!」と太鼓判押すお店に行きました

北の海の幸


お刺身盛り合わせ
あまり残ってないけど(-_-;)
&
蒸し毛ガニ  

あま~い
I love KANIMISO



きんき

北海道に来たら
一度は食べたいと言われる キンキの煮付けは

ごはんにピッタリ

激ウマ!



気さくな店主は
調理の合間に、離婚のいきさつなども語り
すっかり打ち解けムードでした


食後は
腹ごなしも兼ねて
ホテルまでの道を歩いていたら

こんなお店があったよ!

チムチムチェリー

えんとつ屋さんです!
北海道ならではのお店ですね

思わず
♪チムチムニ~チムチムニ~チムチムチェリー
と歌ってしまいました



昼間は、暑いほどの天候だったのに
夜になると
さすがに寒く
持っていった防寒具が、しっかり役に立った旭川の夜です

旭川メインストリート?



ここが噂の・・・・・

北海道2日目は
今回の旅行のハイライト 旭山動物園です
旭山動物園

あれ
ハイライトは法事じゃないの?って突っ込みはなしで・・


開園15分前に着くと
もう行列が

さすが評判だけありますね

開門前

動物園なのに
子供の姿がない!




秘かに、うちのおじさんの姿が・・・



この動物園は
「行動や生活を見せる「行動展示」を導入した」ことで注目を集めており
他の動物園では見られない位置から
動物達を観察する工夫が随所に施されています

シロクマが魚をキャッチする瞬間や
キャッチの瞬間

オラウータンが
20m近い上空のロープを子供を連れて渡っていく様子も見られます

クリックすると動画が見られる・・・はず
動画:オラウータン親子の綱渡り

とっても人間くさいポーズのおサルがいたり
お山の大将
  肩凝ったなあ


ペリカンがシンクロしてたり
シンクロするペリカン
飽きない!

案内板も標識
手書きの案内板

手作り感があり
温かみが感じられます


おばちゃんたちも
童心に返って盛り上がっていますね    ヒトのフリ見て・・・我らもやるさ!
他人のフリ見て
もちろんやります     東京からやって来た娘合流↑



その後も
秋の陽が少し傾く頃までたっぷり楽しみ
秋の日

この日の宿
丸瀬布に向かったのでした

まだまだ続く北海道

旭川と帯広の間で、もう1泊したいけど
どこがいいかな~と探していたら
「とってもいい宿があるわよ」
昨年、北海道を旅した友達が教えてくれました

旭川からも帯広からも程よい距離です
しかも温泉なんですって!

というわけで
旭山動物園を後にした私たち家族は
130キロほど東にある
丸瀬布という町のホテルを目指しました

マルセップ・・・・アイヌの名前なんでしょうね
かわいい響きです

秋の陽の入りは早く
薄暮の中、ナビの案内で走っていると
どんどん人里から離れていきます

道は狭くなるし
こんなところにホテルがあるの?と少々心細くなってきたところで
ようやく木立の中に灯りが・・・

その夜の宿
マウレ山荘でした

ロビーには大きな暖炉
暖炉

ここに火が入ったところを見てみたい!


さて
チェックインを済ませ
温泉は後回しでまずは食事だね
ディナー開始!
真っ赤な紅葉をあしらった前菜のあとは
なんとお刺身!
地元の素材を使った洋風料理が続いた後は
炊き込みご飯や韃靼(だったん)そばと
とんでもなく和洋折衷ながら
まあどれも美味

最後のコーヒーまで
大満足のディナーでしたが
楽しみはまだ続きます

星空ツアーがあるのです

午後8時に希望者を乗せたマイクロバスがホテルを出発!

道路にはもちろん街灯はありません
人家ひとつない
車のヘッドライトだけが頼りの暗い道を
15分ほども走ったでしょうか

着いたところは
元牧場の真ん中らしく
闇だけが広がっています

ライトを消した車から降り立ったとたん
目の前に星空が広がりました

まさしく、満天の星
自然のプラネタリウム

みんな一様に
わ~~ッ!と歓声を上げました

その後は
ホテルが用意してくれている椅子に座って
しばし
星の光に酔いしれました


その日は
夕方までは雲が多く
催行が危ぶまれていたとか

天気がよくても
月が明るい夜は星が見にくいし
風のある日は、寒いし

こんないいコンディションで星空が見られた私たちって・・・・最近なんかいいことしたっけ?

さすがにじっとしていると冷えてきて
寒がりの夫は早く帰りたそうでしたけど

ホテルに帰ってからは
冷えた体を、露天のお湯であっためて

あ~~~極楽極楽の夜でした



翌朝も秋晴れ
マウレ山荘の朝

期待通りのおいしい朝食を済ませて
ホテルの周りを散歩
散歩





  綿毛タンポポ
 



清々しい空気をおなかいっぱい吸い込んで

その後
夫のふるさと帯広を目指しました

まだつづくよ~

うさぎおいしかの山

夫のふるさと、帯広に着きました

夫と私は5年ぶり
娘は物心ついて以来初めてです
帯広

夫は、駅前の変わりように
あれ?昔はこうだったのになあとしきりに首を傾げていました

当たり前ですよね
故郷を離れてからの年月の方がよほど長いのですから

でも北海道の街はどこも
(京都のように)縦横きちんと区画されていているので
何条の何丁目と言われると、あああそこね、とすぐ見当が付くのはさすがです

ところで
帯広に向かって走っている時
何度かこの標識を見かけたのですが
まさかね
まさか出てこないよね、って話してたんです

ところが

 いた!

うわあ!



親子か、夫婦か
連れ立って悠々と横断中



シカがいた!シカがいた!と大騒ぎして
帯広駅前に着いたら
ここにもいた!
あら、ここにもいた!

シカし
甥達に
「来る途中でシカに会った!」って報告したら
「そんなのふつうッしょ」って軽く言われてしまった
そうか、普通か・・・・シカたないな。


し~~~~~ん


さて
帯広といえば・・・・・豚丼!

娘の希望もあって
まずは元祖豚丼のお店に向かいました
帯広名物


わざとらしく置いてある
ラピッド


いつもは行列必至だそうですが
お昼時をはずれていたので、並ばずに入れました

でもあまりおなかもすいてないし
夜には親戚一同の宴会も控えているので
3人で2つ
しかも一番安いのを頼みました
それでもこの量!
豚丼 松
値段が上がるにつれて
お肉の枚数が増えるしくみ

横目で見た隣の人の
一番高いのなんか
何重にも重なって
丼からはみ出てた(◎_◎;)

お肉は柔らかく、予想よりウンとあっさりしていましたが
ごはんがタップリで
これでも食べきれませんでした


豚丼の後は
六花亭本店

今どき、六花亭のお菓子は全国どこででも買えますが
亡くなった義母が
十勝日誌という詰め合わせをよく送ってくれたこともあり
お味はもとより
優しい花模様のパッケージがとても好きなのです

本店のゆったりしたスペースで
どれにしようかとあれこれ迷いながら
買い求めるのは
帯広に行った時の楽しみの一つです


その夜は
隣町のホテルに親戚一同うちそろい
久しぶりの再会に、深夜まで楽しく盛り上がりました

翌日は
今回の旅行の主目的である、義母の13回忌の法要を済ませ
娘は東京へ
私たちは最後の宿、千歳に向かい
北海道最後の夜は
やっぱり一度はたべようと、ラーメン(笑)

北海道の味

外食、しかもついつい食べすぎ呑み過ぎ続きの5日間
夫の血糖値と私の体重は
常に高めで推移したのは言うまでもありません




ラッキーデイ?

先週のことです
サッカーを見に行きました
ヴィッセル神戸アルビレックス新潟戦です

スタジアムは
家から電車とバスを乗り継いで40分ほどのところにあります
(車で行くと、駐車場に困るのでいつも公共交通機関で行くのです)

双眼鏡持った、応援旗持った、お茶よし、お菓子も入れた
夫のビールは現地調達

試合前に、いろいろイベントがあるようだし
自由席だから、いい席を取らないと・・・と
早めに家を出ました

電車を降りるとバスが出発直前
オーー!いいタイミングと、飛び乗ります
運よく、席もふたつ空いていて
今日は順調、ラッキーな日なのかも


そこで・・・・・・・・ハッと気付きました



























チケット忘れた





「大変!!!!」

「どうした?」

「アレ、忘れた!」

「何?」

「ほら、あのあの

焦ると、チケットという言葉が出てこない
手で四角を作って
あわあわと、ようやく夫に伝える

「えーーーーっ!」

「取りに返るわ」

「ボクが帰った方が早い。どこに置いてある?」

「カ、カ、カレンダーの横のホワイトボードに貼り付けてある

「わかった!」

夫はバスを一駅で降りて、来た道を引き返していきました



ごめん・・・・・


少しも怒らなかった夫に心の中でわびました


実はゴメンはそれだけでは済まないのです
チケットは、会場で待ち合わせていた友達の分もあったのです

ガーーーーン

でも友達も、いやな顔ひとつせず
私のドジを笑って一緒に夫の到着を待ってくれました


家に帰った夫は
電車とバスを乗り継いでいたら間に合わないからと
車を飛ばして、なんとかキックオフ直前に戻って来ました

入場が遅くなったので
ずいぶん上の席しか空いてなかったけど
逆に全体の動きがよくわかる、などと負け惜しみを言いながら見ました

試合は
なんと下位のヴィッセルが、5位のアルビレックスに1:0で勝利

イェ~イ

試合後みんなで食事に行くのに
うちの車が役に立ったし
イタリアンもおいしかったし
おしゃべりも楽しかったし


やっぱりあの日はラッキーデイだったのかも


ネッ


【おまけ】試合終盤に見た夕焼けも素晴らしかったし・・・・
夕焼け









カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。