スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 明ける!

torachan-gsb-ani.gif


元日の朝
目覚めたら、6:30

早寝早起きの夫は、とっくに起床

「オッ!早いね・・・・行こうか!」
(6:30で早いのか!?と言うツッコミは、なしでお願いします)

「う~~~~ん
どうしよっかなあ

寒そうやなあ
でも
天気よさそうやし・・・・行こうかぁ」

やや消極的ながら
急ぎ出発

近くの山の中腹に車を停めるころには
辺りはどんどん明るくなってきました
明ける空

急げ、急げーーーッ

そこから登山道を歩くこと10分余り
セーフ!

港を見下ろせる山頂には、大勢の人、人
年の初めには真摯な気持ちになる人が多いようで・・・

初日の出を待つ

今か今かと、みんなが待つ中
雲が高く、太陽はなかなか出てきません

寒い~~~っ!
みんな足踏みなどして体を小刻みに動かしています

やがてようやく
雲を突き抜けて
今年初のお日様が顔を見せました

2010年初日の出

オーーーッ、という声
どこからともなく
わきあがる拍手

昨日と同じ太陽なのに
明日も同じ太陽なのに
何でしょう、清々しいこの気持ち!


今年が世界にとって
   みなさんにとって
   そして我が家にとって いい年になりますように




ああ寒かった~~~フウ





スポンサーサイト

うぃ~!

誰もくれないから
自分であげました

お年玉!












ウィー

Nintendoだよ!Wiiだよ!




M電化のチラシを見て
張り切って、買いにいったんだけど・・・・




あれ!?
行列できてないし
モチロンいっぱい在庫残ってるし

もしかしたら・・・ケッ、今ごろ!?って感じなのかも?



まっ、いいか

ソフトは
“スポーツリゾート”

唯一のソフト

12種類のスポーツが楽しめるんだって!


では早速対戦

(それっ!)

(おおーーー!)

(う~~~ん!)

(いいぞ!)

(やったっ!)

実際の人の動作を感知して
画面上のキャラクターが動きます

すごいね
20センチほどのリモコンひとつで
いろんなスポーツをやってる気にさせられてる

ボーリングでストライクなんか取れるとマジにうれしい
卓球もいつの間にか本気で対戦してる
ゴルフは
絶対に空振りしないところが真実味に欠けるけど
力むとブレるところなんか現実と同じ
グリーン上で何度も行ったり来たりで、+6なんて
・・・・ホントにリアルだわ!

未経験の
ウェイクボードやマリンバイクも
ウハァッ、面白いやん!

いっぱいやると結構疲れる

よおし
これでお正月太り解消だな!



しかし
アラカンの夫婦が
二人でゲームっていうのも



・・・・・ちょっと悲しい


映画に行こう!

今日の予定は・・・・っと


えっ!?・・・何も無し! ワォ~!


去年11月の母の骨折以来
ずっとバタバタしてたし
久しぶりに
の~んびり映画でも見に行こうかな

行き先は
なじみの映画館 パルシネマ

ここは
神戸の下町、新開地にある
座席数135席の、小さな映画館なのですが
映画をこよなく愛する支配人が選ぶ作品が、いい

ほとんどはずれがありません

その上
2本立て上映で1200円!

その上
今年から私はシニア料金1000円(うれしいけど、ちょっと複雑)

その上
女性専用席があるので
変なおじさんが隣に座る心配がない
その代わり
カッコイイお兄ちゃんがそばに来ることもない

その上
ひざ掛けを貸してくれたり
支配人さんによる次回作品の紹介があったり
アットホームで、なかなか居心地がいいのです

そのせいか女性客、しかも
ひとりで来るお客さんが断然多い

1本目が終わると
ちょうどお昼過ぎになるよう、時間設定してあるので
ほとんどの人が、お弁当持参です

お弁当と言っても
おにぎりやサンドイッチなどの、簡単なものね

2本目が始まるまでの10分間の休憩時間に
急いで食べるのです

かく言う私も、ロー○ンのおむすびを買っていきました


本日の上映作品は
ディア・ドクター
南極料理人
邦画2本立て


実際にありそうな高齢化の農村の情景や
鶴瓶さんの自然な演技に引き込まれながら
本当の優しさって何だろう、と考えさせられた「ディア・ドクター」

想像を絶する極限の地での生活を描きながら
絶妙の配役で、クスクス笑い声の絶えなかった「南極料理人」

2本合わせると5時間!

いろんなこと忘れて
とても楽しめました


いやぁ、映画って本当にいいもんですね!




私ってメジャー?

テレビを見てたら
poco、pocoって
やたら私の名前が聞こえてくるではありませんか

えっ!!

私、いつの間にそんなにメジャーになったの!?

と思ってたら

フードマイレージの単位をpocoって言うというお話なのでした(^ω^)

フードマイレージ?なにそれ?


フードマイレージとは
食品が、食卓まで届くまでに
どれくらいのCO2を排出したかを表す値のことなんだそうで

CO2排出量100グラムを1pocoと言うのですって

イチポコ
  ニポコ・・・・あらかわいい

poco値が小さいほど
移動距離が短く
つまり
使われるエネルギーが少ないので
環境に優しいということができるのですね


たとえば、
・国産小麦の食パン一斤を買うと 0.2pocoだけど
・輸入小麦の食パン一斤を買うと 1poco

アスパラガスなら
・国産アスパラガス1本を買うと 0.04poco
・輸入アスパラガス1本を買うと 5.34poco

国産食品を買うことは
輸入食品を買うよりも
ずっとCO2を減らすことができるということを
数値で実感させる仕組みですね


他にも
・テレビを1時間消すと 0.1poco
・冷房を1時間短縮すると 0.3poco
・暖房を1時間短縮すると 0.4poco
・お風呂の水を洗濯に再利用すると 0.1poco

これだけ分のCO2排出量が削減できるのだとか

ふ~~~ん





ブログを書く時間を減らそうかな・・・






悲しき習性

外出先から、頼みたいことがあって
夫の携帯に電話する


あれっ?出ない


家の電話にかける

出ない

ドキン!




出かけるという予定は聞いていない

時間は午後4時
食後の散歩の時間でもない

庭で素振りでも?
でも電話の音は聞こえるはず


続けて何度かかけるがどちらにも出ない

となると




私の頭に浮かぶ情景は、ただひとつ

低血糖で電話に出られない


電話の呼び出し音が聞こえる部屋で
なにもできずに座っているのだろうか

あるいは気を失っているのだろうか


かつて経験したいろいろな情景が目の前をよぎり
不安メータが跳ね上がる

急いで帰らなければ!




意識があれば、グルコレスキューを飲ませればいいだろう
なければ
・・・・以前もらったグルカゴンを注射してみよう

それより救急車を先に呼んだほうがいいかな

イヤ、一刻も早く意識回復させたほうがいいから
やっぱり注射を先にしよう

冷蔵庫のどこにしまったんだっけ

手順はどうだったかな
えっと、注射器に液体を吸わせて、粉の容器に入れるんだったよな
それを振って・・・

あーーっ
初めてだけどできるんだろうか


こんなスピード出して
覆面パトカーがいたら一発アウトだな

あと2点しかないから免停だ

でもでも
緊急事態です、ってワケを言えば許してもらえないかな
うまくいけば先導してくれるかも

つけっぱなしのカーステレオから
竹内マリヤの明るい歌声が
のんびりと聞こえてくる中

脈絡なく次々と浮かぶ思い










と、携帯の呼び出し音

表示は

















夫だ!



「電話した?
散歩してたんだけど
マナーにしてたから気付かなかったよ」









無自覚低血糖は
かなり治ったかに思える昨今でも

いまだに
夫への電話が繋がらないこと、即、無自覚低血糖・・・と連想してしまう



かつて
何度もそういう場に遭遇した妻の
悲しい習性です




OH! NEW!

年のせいか、このところもう大変でした!

重くて重くて

動作はにぶいし
一度にたくさんの仕事ができないし
時々パニックに陥って思考能力ゼロになるし
 
もうイヤっ!








だ~れ?


お正月に食べすぎたなって言ってるのは!

パソコンのことですよ、パソコン!


そりゃあ、私も2キロ重くなりましたけどね

よいしょ!って言わないと動けないし
人の名前がなかなか出てこないし
せっかく書いたメモ、忘れて買い物に行くことだってしょっちゅうですけどね

でもまっ、それは置いといて


こんな調子じゃ
ブログもろくに書けやしないので・・・

買っちゃいました

ジャーン

New Computer

ウフフ
ノートブックですセブンです


さすが
若いし、元気ですから
サクサク動きますネ!

それに
今までのはデスクトップで
窓際に置いてたから
この時期、寒くって

もう今日からは
暖か~いリビングで
テレビを見ながらだって使えます!


新しくなるって、いいなあ






「ついでに動きの重い女房も」ですって?

こらーーっ

地理の時間 

小さなピアノ教室をやっています

子どもたちは
あまり練習してきてない時(ほとんどが、そうなんだけど)
いろんな無駄話をして
なかなか弾こうとしないんです

私も
子どもとのおしゃべりが楽しいから
ついつい付き合ってしまうんだけど・・・

先週レッスンに来たHちゃん(2年生)は
日本地図ボードを持ってきて
「Hは、どこが何県か全部わかるよ」
しかも
「日本列島パズルをやってるから
形をみただけで何県か分かる」って言うんです

つまり
さて何県でしょう?
こういうのを、チラッっと見ただけで

これは岩手県!とかわかるんだって




私だって
北海道
北海道や

青森
青森くらいなら分かるけど

じゃあこれは?
何県でしょう?


何県でしょう?2

って聞かれたら
もうお手上げ


すごいね!
子供の認知能力って

きっとカメラのシャッター押したみたいに
目と頭に焼きつけられるのでしょうね


ちなみに正解は

上が高知県

下は滋賀県でした


それから
日本列島を見ながら県名当ては・・・というと

西日本は完ぺきに言えるものの
東日本になると少々怪しい私に

「センセ、これ貸したげる!」
日本地図
と、Hちゃん

都道府県マスターボードを
一週間貸してくれることになりました

「ついでに、県庁所在地も覚えときよ」と
新たな宿題も・・・

はい!
衰退中の記憶力を鼓舞して頑張ります!


でも
Hちゃん
ピアノのレッスンもやらなくっちゃね!?

悲しい現実

窓から
暖かい日差しがふりそそいでいるというのに
気持ちがどんよりと、重いのです

ついに

ついにまた
起こしてしまいました

低血糖昏睡

これは
過去に何度も書いた回想記事ではありません・・・現実です


明け方4時30分頃でした

聞き覚えのあるグワーーッ!という叫び声
硬直する夫の姿

またか
また起こってしまったか

跳ね起き
即座にグルコレスキューを
意識不明の歯の隙間に流し込む私

落胆の中で
以前に経験したのと
同じ光景が繰り返されました

何とか対処できると思ったので
救急車を呼ぶことはもう考えませんでした

レスキューが少しずつ喉を通るのを確認した後
グルカゴンを打ってみようと思い
冷蔵庫に取りに走ります

つい先日の、取り越し苦労でシュミレーションしたところだし・・・

しかし
頭で理解しているのと、実際にやるのでは大違いで
小さな容器のシールをはずすところから手間取ります

シールがはずれると、その下には厚いふたが・・・

これどうやって取るんだろう

そっか
注射針を刺せばいいんだ

溶解液を吸い出し
グルカゴンの容器に入れ
よく振り混ぜ
それをまた注射器に吸い出す

その合間に
ジュースを口に流し込む


冷静に対処しているつもりでも
容器を取り落としたり
ジュースをこぼしたり

自分の心臓の音が
ドンドンドンドンとすごい音で聞こえます

今、血圧測ったら高いだろうな

緊急事態のさなかに
どうでもいいようなことが、頭をよぎります

注射器には空気の泡がいっぱい入ってしまい
それを出していたら、もともと少ないグルカゴン溶液は
ちょっぴりになってしまいました

泡が少し残っているけど・・
まあいいか、さあ打とう・・・と夫のパジャマの袖をまくりあげた途端

夫がむっくり体を起しました
意識が戻ったようです!

それなら注射は打たないでいいでしょう

しかし
戻ったと言ってもまだぼんやり状態です

子供をあやすように
これを食べようね、とブドウ糖キューブを口に含ませ
チーズとクラッカーを少し食べさせます

夫は、不思議そうな顔をしながらも
素直に食べてくれました

測定値は56

あとは血糖値の上がるのを待つしかない、と
布団にもぐりこみましたが
ひえきった体はいっこうに温まりません

歯がガチガチと音立てるほど震えたのは
寒さのせいだけではなかったでしょう
胃の辺りもキューッと痛みました

しばらくぶりの昏睡はショックでした

以前のように
タイトなコントロールをしているわけではないのに
気付かないうちに
閾値が下がってしまっていたのでしょうか

布団の中でも
思い出したくない叫び声が何度もよみがえり
あと何度こんな思いをしなければいけないのだろう
などと思うと
目は冴える一方です


比較的早く回復してきた夫は
こちらの不安や心配をよそに
起きている私を見て

「どうかしたの?」と不思議そうに聞きます

「低血糖で昏睡状態やったんよ」
と、サイドテーブルの上のレスキューや注射器を指差すと

「えーーっ!」っと驚いています

彼にとれば
数十分前の大騒ぎは意識にないのですから
たまたま今目覚めたような感じなのでしょう

仕方がないとはいえ
ひとりどっと疲れている私は
なんだかとても複雑な思いに駆られてしまいました



結局使われなかったグルカゴン
結局使われなかったグルカゴン






いざ京都へ

明日1月30日に、京都に行きます(あっ、もう今日になってしまった)

底冷えで有名な京都
よりによって、この寒い時期になんで~?


日本IDDMネットワーク主催の
「1型糖尿病を考える全国シンポジウム」に参加するためです

噂によると
300の定員が埋まっているとか

噂によると
iPS細胞で有名な山中教授が
ちょびっと挨拶されるかもしれないとか

噂によると
ネット上でお名前を拝見している方が
何人もお見えになるとか

シンポジウムのテーマにも
持続血糖測定器や
インスリンポンプ
低血糖予防など
関心のあるテーマがいろいろ並んでいて
楽しみです


でも
朝10時から夕方4時30分まで

う~~ん
お尻が痛くなりそう



明日は早起きしなくっちゃ

では、おやすみなさい









カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。