スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナポリの夜の低血糖

イタリア旅行記
最後はIDDMネタで

場所はナポリ
明日は帰国・・・という夜のことでした

旅行が始まって以来
食後2時間はそこそこいい数値だけど
夜中から明け方にかけて高くなる傾向が続いていました

オリーブオイルがふんだんに使われていることでしょうし
旅行中は高目を心がけていましたから
いたしかたなし、のはずだったのに
最後の夜くらい高目を抑えてやろう思ったのか・・・
夫は、多少強気にRを打ったようでした

イタリアのレストランは開くのが7:30~8時と遅いので
海沿いのお店からぶらぶら散歩しながら、帰ってきたのは10時すぎ
それから、お風呂に入って
夫が休んだのは11時頃だったでしょうか

イタリアでも宵っ張りの私は
分かりもしないテレビをぼんやり見ていましたが
夫が何度も寝返りを打つ気配に
多めのRが気になっていたこともあって
「血糖値測ったら?」
と声をかけました

しかし「うん、測った方がいいね~~」
と眠そうに言うばかりで、一向に測ろうとしません

なんだなんだぁ
イタリアで低血糖かぁ!?かんべんしてよね

夫の口に、急いでブドウ糖2個放り込みますが
噛んだものの朦朧としているので飲み込みません

ああ眼球が細かく揺れだしてきた

やばい!急がなくちゃ

レスキューレスキュー出番よ
少し頭を持ち上げグルコレスキューを流し込みます

飲めるかな飲めるかな


よかった
飲んでくれた

水を含ませたら、口の中に残っているブドウ糖キューブも飲みこんだようです

よし!これで15g

しかし、レスキューを飲ませた直後にけいれんを起こした過去もあります

お願い!ひきつけたりしないでよ

取りあえず15分待とう
(15-15ルールですから)

あ~~でも
言葉もろくに通じない外国で
意識が戻らなかったらどうしよう

念のために
辞書で「糖尿病」を引いてメモ帳に書きとめます
Diabete・・っと

低血糖は・・・・医学書じゃないんだから載ってないよなあ

ブドウ糖Glucosio が、少しpoco・・・・でいいか
メモ
自分のハンドルネームがこんな所で役に立つとは

イザという時には
お医者さんに
これを見せよう

そうこうしているうちに、15分が経過

測定・・・
うわっ!思わず声にでる
仰天時差があるので
現地時間では午後11時40分



再びグルコレスキュー
一袋と半分
これでまた15g

糖分よ、早く巡れーー!

そして10数分後

薄く目が開きました

先ほどのうつろな目よりはましになっています

「あれ、僕どうかした?」
よみがえった時の、いつものセリフです

あ~~~やれやれ、ホッとして体の力がぬける思い
「ごらんのとおりよ(レスキューの空き袋を見せる)」

「低血糖だった?」

「はい、そのとおり!

では私はだれでしょう?」
これもいつもの復活テストです

「poco」

すぐ出ました
「では、ここはどこでしょう?」

「え~~~っと」

考えています
まだ完全復活とはいかないな

私が血糖測定の用意をしていると
「どこかわかったよ、ナポリだ」

今回は戻るのが早いようです

しかし15分後の測定値はまだ49

なかなか上がってはきませんが
ここまできたら
本人にお任せして大丈夫でしょう

それでは私は休ませていただきま~す


その後
私の旅行最後の夜は平和に更けて行きました・・・・

が・・・


ぐんぐん上がっていく血糖値に
夫はなかなか平和とは行かなかったようです


スポンサーサイト

ラグジュアリー!

定期検診から帰ってきた夫が

「ほらpoco、見てごらん、いいだろう!」と
子供が新しいおもちゃを見せるように
うれしそうに紙袋から出してきたのは

ヒューマペンラグジュラHD
ヒューマペンラグジュラHD

おーー!すげーっカッコいい
0.5単位が打てるペンです

0.5単位で打てる注射器はノボペン300デミ(通称デミペン)がありますが
0.5単位で調整するほどの微妙なコントロールができてるわけではないし、と持ってはいませんでした

が昨秋
グッドデザインのラグジュラに、0.5単位注入可能なラグジュラHDが出たと知って
先月の受診時に主治医にお願いしていたんだとか

早速使ってみた夫によると
わずか0.5でも、きっちり入っているという手ごたえがあるし
注入感覚も非常によく
満足の使用感だとのこと

目盛り
目盛り部分も
どことなく
ラグジュアリーな感じ(笑)


さすが
高い操作性、スムーズな注入感を謳っているだけありますね

ただ
万年筆と見まごうようなこの高級感はいいのですが
・・・重い~!

直径1.7cm 60g
比較

太さはフレックスペンとさほど変わりませんが
重さは約3倍
持ってみると、ずしりとした存在感です

正確な注入や
高い操作性のためには
この重さ、太さが必要なのかなあ、とも思いますが
Lillyさんにもうひとがんばりして欲しいところですね

そして
ケースがまた立派!
ケース
合計250g!

いらなくない?これ

そうでなくても
外出時は測定器セットや補食など
荷物が多いんだから・・・


しかしまあ、これで
1単位では足りないけど2単位では多い
・・・そんな時

打ったら急いで抜く(笑)
なんて苦肉の0.5注入策は
やらなくて済みそうです

歩こう

イテテテ

足が、膝が、お尻が、痛い

これは、決して年のせいではなく
一昨日
第18回びわ湖長浜ツーデーウォーク
参加したからで

5月この時期
新緑の中テクテク歩くのは気持ちよさそうじゃない
なんて軽~く思って
生意気にも
一番短い10km(家族向き)じゃなく15km(一般向き)をチョイスしたからで

坂の街神戸で暮らしてる身ですから
平地?そんなら楽でしょ
15㎞?ケッ軽い軽い
15㎞様をあなどっていたからであります


以下は
ウォーキング初参加ヘロヘロ紀行です


家を出たのは6時過ぎ
朝弱い私には、かなりきつい

大阪、京都の2府を通り越して3時間

長浜は・・・遠かった

途中で、この人と合流
IMG_0121.jpg

そらちゃ~ん
  おはよー!


長浜駅に着くと
長浜♪我は湖(うみ)の子
   さす~らいの

思わず口ずさむ琵琶湖周航の歌
こういうのが
スッと出てくるところが
アラカンぽい


案内板に導かれて出発場所の豊(ほう)公園へ
案内板

まずはゲート前で出発前の元気な姿で記念撮影
まだ元気

準備体操の後、太鼓の音に送られながら出発
太鼓に送られ

これがホントの出発ゲート快晴

おーー、結構ペース速いですねえ

木立の中を
順を競い合うというわけではないけど
ちんたら歩いてたら
どんどん追い越されて
なんかあせるなぁ~~

みんなあまりおしゃべりもせず黙々と歩いてる

そんな、ひたすら目的地目指すんじゃなく
もっとのんびり歩きましょうよ?

水田

水を張った田んぼに映る山や


麦畑



麦の穂のみずみずしい緑を楽しんだりしながらね


時には
血糖測定



血糖測定もしたりして



配られた大会資料によると
この日の参加者は
北は北海道、南は鹿児島まで、約1500名

前を行く人のゼッケン(住所や歩くコースを書いてある)にも
岡山、広島、新潟、静岡などの字が見えます

遠くからもいらっしゃってるんですねえ

そして
何度も根を上げながら(根性無し丸わかり)
やっとこさ、待望の昼食場所に到着!
お弁当

申し込んでおいたお弁当
すっごくおいしかった


しかし15kmは手ごわい

まだあと半分残ってる

ゆっくり休憩した後は
そらちゃんと、もう歩くの飽きたね、なんて言いながら
重い足を引きずって、トボトボ進んで行きました

琵琶湖が見えたら、少し元気が出たけど
ゴールはなかなか近づきません
びわ湖が見えた!

くたくたになって、やっとこさゴール

完歩証をもらいました
完歩

かき氷

ああ
かき氷がしみこむしみこむ
  (夫はもちろんこれ⇒



日ごろの運動不足がたたって
とっても疲れましたが(夫はケロッとしてましたけど)
完歩の充実感は心地よく
山菜
いろいろ買って帰った山菜のおいしさは、満点でした

文旦ピール

土佐の文旦をいただきました
せっかくの有機栽培なので
ピールを作ってみようと思い立ちました

インターネットで作り方検索

時間はかかるけど意外と簡単

ゆでこぼし




湯気の出てる鍋の中を写すのは
至難の業ということが分かりました

ゆでこぼして冷水に放つを繰り返し


すごい砂糖の量




ギョギョッ、この砂糖の量



煮つめる



砂糖と水を煮溶かした鍋で
水気がなくなるまで煮つめる



ざるに広げる




ザルなどに並べて
2~3昼夜干す

たびたびのお味見
うんうん
なかなかいい感じ



かわいたら、グラニュー糖をふりかけ完成!
文旦ピール
ほろ苦くおいし~~~

けど
あの砂糖の量を見ると
これは砂糖の塊

一回に3本までと心得るべし

残ってる?

夫、IDDM発症して13年にして
初めての体験をしました

残存インスリン分泌量の検査です

えーーっ!初めて!?
と驚かれそうですが
我々夫婦の記憶によると
今まで一度も自己分泌量を測ったことがないのです

ひょっとしたら
入院中に(本人の自覚なしに)にそういう検査をされていたのかもしれませんが
きちんとそういう説明を受けたという覚えがありません(最近の物忘れのせいではないと思う・・・多分

ですから
ずいぶん長い入院の末に
1型糖尿病だという診断が出た後も
本当にインスリンが出てないの?
なんで出てないって分かるの?
などという疑問は、かなり長い間つきまといました

その都度
インスリンを打たなきゃ血糖値が上がるんだから
出てないんだろう・・・という単純な結論に達していたのです


というわけで
13年も経って初めて
(きちんと認識した上で)自己分泌量を調べることになったのは

ランタスの量がずいぶん減ったからなのです

3か月ほど前から
起床時低くなる傾向があり
ランタスを徐々に減らしたのですが

季節の変わり目の一時的なものかと思っていたのに
もどる気配がなく
ランタス導入時の4年前に比べると5単位も少なくなったままなのです

受診の際に主治医に話したところ
それでは一度自己分泌量を調べて見ましょう・・と言うことになったんだとか

正確に調べるには畜尿をするらしいですが
それは大変だから・・・と
血液で調べることになったそうです

血液検査だと瞬間的な値しかわからないので
畜尿に比べると正確さには劣るらしいけど
まあとりあえず・・・というところらしく

初めて知る
夫の残存インスリン量

まさかとは思うけど

ひょっとして

まだ出ています・・・なんてこともあるかも



で、その結果は・・・・・



0.2以下


先生によると、ほとんど出てないも同然ということです

ふ~~んやっぱり

まちがいなくIDDMでした

まあね
少し出てます・・・と言われたところで
IDDMが治るわけではないし・・・・



とりあえずこれで
一件落着かな


絵馬に見る思い

先週、実家に行った時のこと

母が
近くの神社の藤が見たい・・と言うので
じゃあ・・・と
スーパーでお弁当を調達
食後の柏餅
夫用のビールも忘れずに
バスケットに入れて
急遽ドライブとなりました

神社の目の前は海
海の見える神社
肝心の藤は
もう盛りを過ぎてしまっていたのですが
子供を連れた家族連れが遊ぶ広場には
お弁当を広げるのに絶好のベンチやテーブルもあり
吹く風もさわやか~~
とても気持ちのいいランチタイムとなりました

小さいですが
歴史ある神社らしく
趣のあるたたずまいです
神社

本殿横には絵馬もたくさんかけてあります

志望校合格や、恋愛成就のお願いが多い中
こんなのも
絵馬1
 
じゅりちゃん、欲張りすぎや

ゲームばっかりやってたら
中学での成功は無理かもよ~

でも先輩には可愛がられそう




絵馬2


 アハハ

まだちゃんと字も書けないのに
一生懸命ぶりが
かわいいデス!

何をお願いしたんだろうねぇ




絵馬4

 ユウヤ君・・・

うぅ、やさしい




絵馬3



小さな木の札に籠めた願いが
切ない・・・・




願い事をひとつだけなら、かなえてくれると評判の神様に
私もしっかりお願いしてきました(絵馬にはしなかったけど)


何を願ったかって?

フフフ、他人に言ったらダメなんだって
だから、ナイショ

それに・・・・




お賽銭10円は、少なすぎたかしら・・・・

♪探しものは何ですか~?見つけにくいものですか~?

おなかにポリープがあります
良性ですが、これは将来ガン化する可能性があるので取った方がいいでしょう
って言われたのは2か月前

検査はお産に次ぐ痛さ
とてもつらくて(個人差が大きいらしい)
もう2度とごめんだって思ってたのに
手術?
えーーーーっイヤだぁ、やりたくないって思ったんです

でもお医者さんに
「やっといた方がいいです、取りましょう!」と重ねて言われたら
それでもイヤですとは言い難い

仕方なく
承諾しました

で、昨日がその手術日だったわけ

麻酔もない簡単なものとはいえ
手術となると1泊2日の入院が必要だし
手術同意書にサインしたり
保証人を2人立てたりと大層なことです

入院手続きを済ませ
病室に案内されて
点滴の針を入れられて点滴準備

点滴が始まると点滴開始
なんだか本当の病人になった気分

2時間ほどかけて
おなかを洗浄する薬液を2リットル飲んで(これが結構大変
腸内は掃除のすんだ排水管状態になったところで
ようやく手術室に呼ばれました

いよいよだ~~~
覚悟を決めて臨みます
3~40分のがまん・・・と自分に言い聞かせて・・

検査時に比べると、ずいぶん楽です
あ~~先生の技術によるのかなあ
この先生頼りない感じだけど、腕は確かなのかも

しかし
・・・・長いなあ

もうそろそろポリープを切り取っていい頃じゃないのかなあと思うのに

「あっち向いて下さい」
はい、う~~~~痛くなってきた

「上向きになって下さい」
はい、まだかなあ、く~~~~イタイ

痛さも前の検査と変わらなくなってきて
頭まで痛くなってきた

いい加減もう終わって~~~、とがまんの限界に近づいたころ
先生の声

「ポリープが・・・・










ないんです」

はあ?

「ずいぶん念入りに探したんですけどね」

目的の家が見つけられないタクシーの運転手のような発言

町内(腸内)の地図(記録)はないのか!
大腸通りを3回曲がって小腸の角から5センチ・・・とか

「前回、生検のために切り取った時に、全部取りきれたか
その後委縮したのかもしれません」

そんなあ
あなたが、検査時の写真を見て
取りましょうっ、取った方がいいです!って言ったんじゃないの

「すみませんけど、いいですかね」
いいですかねって何がいいの?
イヤだと言ったらどうしてくれるの?

『もういいです、早く終わって下さい!』

「そうですか、すみません」

昨夜から
食事も抜きの事前処置
このつらい処置をがまんしてたのは何だったの

スミマセンで済まされるの?


『じゃあ、もう入院してる必要はありませんね
帰ります』

「あ~~、そうですかぁ」

だって、処置してないんだから
入院してる必要ないでしょ

「そうですね
じゃあ退院許可証書きます」

退院許可なんかなくったって帰ってやる
と息巻くものの
肝心なところで気が弱い・・・と娘に評される私

その後病室にやってきて
「すみません」と謝る気の弱そうな先生に

『これで診療代を払わないといけないんですか!
身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
な~んてことはひとことも言えずに
心配して待っていてくれた夫に荷物を持ってもらい
体をくの字に曲げたまま痛むおなかを抱えて
トボトボと帰るだけでした

でも
ほぼ24時間ぶりに夕御飯を食べたら
腹立たしさも少し収まったんだから、単純


まあこれで
私は“腹に一物もない人間”であることが証明されたわけかと



収穫

昨日の「ポリープがないのにポリープ手術」の時に
術後は退屈だろうからと
地下の売店で買った文庫本

伊集院光著
「のはなし」 にぶんのいち~キジの巻き~ 

のはなし 


おっもしろい

伊集院光はただのデブなだけのタレントではないと認識しました

にぶんのいち~イヌの巻き~も買いに行こーっと



間違い手術、唯一の収穫 だな

ときめく心

今日のボランティアはグループホーム
入所者10人ちょっとのこじんまりした施設です

ここでのセッションに
メンバーの知人である青年が一人参加しました

この青年は、働きながら
ライブもこなすシンガーでもあり
いずれは自分の得意な音楽を生かして
社会に貢献できるような仕事がしたい・・・
と、我々の音楽ボランティアを見学に来たのです

すごいイケメン・・・というわけではないのですが
にこやかに我々おばちゃんたちにも話を合わせてくれる
なかなかの好青年です

さて
73歳から99歳までの入所者の方は
多かれ少なかれ認知症があります

79歳のSさん
いつもオーストリッチのバッグを大事そうに抱え
アメリカ生活が長かったとかで
ときおり言葉に英語が混じります

普段は、気難しさも垣間見せることもあるのですが
青年の登場に顔がぱっと輝きました

「Sさん、今日はBOYが来たからご機嫌やね」とヘルパーさんが声をかけるところをみると
普段から若い男性がお好きな模様
「そんなことないわよ」とはにかみながらも、機嫌の良さは隠せません

いつもより身振りも大きく、気持ちよさそうに歌っておられました

セッション終了後はおやつの時間で
私たちはいつも 、入所者さんとは別のテーブルで
お茶とお菓子をいただくのですが
今日はSさんも、私たちのテーブルにやって来られました

会話はかみ合いませんが
BOYの横でうれしそう

帰りには
ハグして握手
さすがアメリカナイズされています
ヘルパーさんにツーショット写真も撮ってもらって
とても満足そうな様子でした

Sさん、きっと心も体も活性化したことでしょう

私達、何回も来てるけど、あんなに喜ばれたことないわね
と、仲間と苦笑いです

ともあれ
心がときめくいてる瞬間って
幸せなもの

Sさんみたいに
いくつになっても
ときめく気持ち、持ち続けたいものです


が・・


韓流スターにときめいてたのは何年前だったかなあ(遠い目)

ブログの効能

ブログを始めてもうすぐ2年

何度も何度もためらった末
【記事を公開する】のボタンを押した日のことを思い出します

それまで二人だけで病気と向き合うしかなく
時には争い
つらい、つらい、つらい、つらいと日記に書き記した日もあったIDDM生活は
ブログを始めてからの2年間で大きく変化しました

病気の当事者でない私が
病気のご本人に何度も励まされ、慰められました

ひたすらHbA1cを下げることを追い求めて、低血糖を頻発していた夫は
ブログからの情報で
A1cを下げることより、低血糖を減らすことの重要性にようやく気付きました

10年間、一人の同病者にも出会うことなく過ごしてきたのに
この2年間で、九州から北海道まで
何人もの方と知りあうことができました

ブログを始めてよかった・・・・と、思える日々です

そんな昨今
ブログがもたらしてくれた出会いに、感謝したくなる出来事がふたつ

まずひとつ目は
・・・・・ジャ~ン!
グリーンアスパラ
大好きなグリーンアスパラ

九州のもりママさんが
お知り合いの新潟の農家に依頼して下さっていたもので
うわ~~っどっさり!

スーパーの、ひと束4~5本を見慣れた目には
眩しすぎるこの量

きっと前日までは、地面に生えていたのでしょう
たわめた時の弾力が違う

「おお立派だねえ」

「ちょっとゆでてみようか?」

「いいねえ」
というわけで
お昼まで待てなくて早速試食です!

新鮮なので
ゆで時間は短くね

マヨネ~ズかけて
いっただっきま~~~す
これが一番!

ほんの少しの歯ごたえを残して
うまい具合にゆで上がりました

北国の肥えた土壌で大事に育てられたことがうかがえる
甘さ、みずみずしさ

ソテーによし てんぷらもよし スープにしてもいいよね
でもやっぱりゆでたてにマヨネーズが一番かな?

ウフフ、思いっきり食べるぞ!
もりママさん、ホントにどうもありがとう!


そして、ふたつ目

この日は大阪のそらちゃんから
「今夜、餃子パーティするから来ない?」ってお誘いメールが来ていたのです

「行く!」と二つ返事の私に対して
「僕は遠慮しとく」って夫がお留守番を希望したのは
帰りは深夜になるだろうと予測したからか
それとも、女性ばかりのかしましいおしゃべりの中の黒一点になることに
おそれをなしたか?

そらちゃんちの居心地のいいリビングには
先客ベージュちゃん!
わあ、お久しぶり、元気だった?

そして
そらちゃんが自信を持って推薦する『王さんの餃子』は
大きさもBIGならば
ジューシーでまろやかなお味も、素晴らしくBIG

困った、いくつでも入ってしまう

ハイハイ、焼き方も上手でしたよ
餃子











いい焦げ目だ


餃子パーティと言っても、餃子だけではなく
ちゃ~んと、手作りのお惣菜がいくつも用意されており
それがまた、みんないいお味
そらちゃん、いい仕事してます

おまけにデザートは
目下そらちゃんがはまっているわらび餅・・・私も大好き
わらび餅

水加減間違えた~~とかで
ぷるんぷるんならぬ、もっちもっちになったのは御愛嬌
おいしかったよ、いやマジで


「普段は病気の話などすることなく暮らしてるけど
こうやってたまに(IDDM仲間と)たっぷり話すのもいいですね」
帰り道、ベージュちゃんの言った言葉に
深くうなずきながら
ブログを始めてなかったら
こういう交流も持てなかったんだなあと
改めて
ブログのもたらしてくれた楽しさや喜びを、かみしめたのでした

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。