FC2ブログ

リセット

このところ平和に過ぎていました

最後に無自覚低血糖を起こしたのは・・・・
今年4月のナポリの夜の低血糖だから
無事経過4カ月か・・・

この調子で、どんどん“無事記録”を伸ばせたらいいのになあ・・・と思ったのがつい昨日

大体、こんな風に思うと
決まって起こすんですよね、無自覚低血糖



昨日夕方、夫は車で定期健診に行きました

日によって待合室の混み具合が違うので
帰りはまちまちなのですが
それにしても今日は遅いなあ

夕飯の支度をしながら、思いました

車で出かけているだけに
少し落ち着かない気持ちになって何度か時計を見上げた後、電話が鳴りました

検診に行っている医院からでした
「ご主人が低血糖になって今処置中なので、迎えに来てほしい」というものでした

医院で、低血糖・・・なら安心

「どんな様子でしょうか?」
「朦朧として、どうしたらいいかわからない様子でした。
処置はしましたが、車の運転は無理です」

ということは、意識不明までは行ってないんだな
「はい、すぐ伺います!」

しかし、またやってしまったか
最近は低くても50どまり
そんなに極端な低血糖は起こしてないのに
やっぱり感知しきれなかったか

迎えに行くタクシーの中で
気持ちは落ち込みます

もう何度こんな気持ちを味わったことだろう
あと何度こんな思いを味わわないといけないのだろう

ふさぎこんだ表情の私を見て
タクシーの運転手さんは
きっと、私が具合が悪くて病院に行くんだと思ったでしょう
チラチラとバックミラーで様子をうかがっていました

医院に着いた時は
診察時間は終わっていたので
他の患者さんは誰もいず
夫が先生と話しているところでした

もう復活している様子で
38だった血糖値も190まで上昇

夫の話では
どうやら診察は普通に受けたらしいのですが
その時点で、先生の話が少しも理解できなかったんだとか
そこで気付いて何とかできなかったのかなあ

会計も済ませ、車に戻ったあたりから
判断力が失せて自分では何をしたかわからないというのです
いわゆる見当識を失った状態です

そのまま車を運転していたら・・と思うとゾッととします

先生も
「低血糖になったのがここでよかったですね」
とおっしゃいましたが
本当に、そこでよかった

そして
「しばらくは、HbA1cを7くらいまで上げるつもりで
インスリンを極端に減らしましょう」とも言われました

「気をつけてたのにね」
「油断したなあ」
「車に乗る前に追加打ちはよくないよ」
「しかし何であんなに下がったんだろう」

うちに帰る車の中でも
お互い沈んだ気持ちになるのは否めません

昔に比べれば
低血糖の怖さを十分自覚し
気をつけているつもりなのに
まだ時折顔を出す無自覚

因果な病気やなあ
ため息が出ます

しかし
一生付き合っていくしかない病気です

あきらめや弱気はため息とともに吐き出して
高めで仕切り直し

今日から当分は
最低値100を目標にして
再度、感知力の強力リセットです


poco夫さん
私も一緒に荷物を担ぐから、おっきいダイヤモンドよろしくね

スポンサーサイト

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は21年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、抗がん剤がなんとかがん細胞と折り合っているらしく、5年目にはいりました。感染症でたびたび入院したり、再発の兆候も見られるし、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀2歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂10才)に癒されながら過ごす毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2