FC2ブログ

同じ日に生まれて

昨日8月19日は娘の誕生日

遠く離れているので(東京在住)
お祝いのテーブルを囲むこともなく過ぎてしまったけど・・・

昨日運転しながらラジオ聞いてたら
地元FM局のDJのターザン山下が
「今日は僕の誕生日でなんちゃらかんちゃら」って言ってるの

同じ誕生日だからと言って、どうってことないんだけど
明るく楽しいターザントークが好きな私は
「へえ、ターザンさんも19日なんかあ」となんとなくうれしくなったのでした

で、今日ブログ巡りしてたら
いつも読みに行ってる「おとめのたくらみ」のおとめ母さんも19日って書いてある、あらあ

おとめちゃんは奄美大島に住む、気管軟化症という病気を持つ5歳の女の子です。
赤ちゃんの時に気管切開をして、呼吸器をつけて暮らしています
でも明るい奄美の空よりも、もっと明るいおとめ母さんは
ともすればドヨヨ~ンと落ち込みそうなことでも
ユーモアたっぷりの漫画にしてしまうからすごい

ホントはとっても大変なのに、そんな事微塵も見せないで
読む人を楽しい気分にさせてくれる
そんな素敵なキャラの人と誕生日が一緒って、うれしいじゃないですか


それでは
何のつながりもない8月19日生まれの3人に
一日遅れのお誕生日おめでとう !!

かんぱ~い
スポンサーサイト

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は21年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、抗がん剤がなんとかがん細胞と折り合っているらしく、5年目にはいりました。感染症でたびたび入院したり、再発の兆候も見られるし、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀2歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂10才)に癒されながら過ごす毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2