機内持ち込みインスリン考

旅は心躍る楽しいものではありますが
帰って来た瞬間から、12時の鐘を聞いたシンデレラのごとく
現実に戻り
空っぽの冷蔵庫を満たすために買い物に走り
粗飯の支度に、たまった洗濯
人もいないのにホコリの積もった部屋の掃除、と
たちまち灰かぶりばあさんにカムバックです

帰国翌日からびっしりつまった予定をバタバタとこなしていたら
師走の慌ただしさも相まって旅の記憶が薄らいでしまいそう

忘れないうちにスペインのお話をと思うのですが
まずは「妻から見たIDDMの夫」のことを少しばかり・・・

海外旅行に際しては
IDDM関係者にとっては飛行機のインスリン持ち込みが気になる所です
予め航空会社に申請するとか
ドクターの証明書を貰うとか言う話をよく聞きます

我が夫
かなり慎重派で、何事も準備万端整えるタイプなのですが
こと、海外旅行に際してはそのたぐいのものを一切用意しません
旅行会社や航空会社に申告などしたら、かえって面倒なことになりそうだし
医者の証明にしたって、日本語の書類なんか役には立たないだろ
と、言うのです

でも当然、測定器、インスリン、針など
(充分に)機内に持ち込みます
カメラやガイドブックに並んで当たり前のごとく測定器があり
注射器も涼しい顔でバッグのポケットにおさまっているので
手荷物検査時に、いつかどこかで「これはなんだ!?」とチェックされるようなことがないだろうか、と私は少し心配で
IDDMカードでも持っていたら
「オラオラ、このカードが目に入らぬか」と
水戸黄門の印籠みたいな働きをしてくれるんじゃないの?とグチグチと言ったりするんだけど
夫は聞き流すだけ
あの用意周到な彼が・・・と不思議ではあります

単に面倒くさいだけなのか

何か言われた時には
ブロークンなイングリッシュで説明する心づもりなのか

幸い、一度もそういう状況になったことが無いので分からないのですが・・・


でも、考えてみれば
1型糖尿病患者がインスリンを常時持つのは当然の権利
IDDMに理解の深い国であれば、インスリンの持ち込みに何の問題もないと聞いたりもします
世界中で、この病気がきちんと理解され
何の懸念もなくインスリングッズを持って飛行機に乗れるようになればいいのになあ
飛行機に乗るたび、そう願う小心者pocoであります



スポンサーサイト

リーガ・エスパニョーラ観戦

さて、スペインといえば・・・
  
サグラダファミリアに代表されるガウディの建築物
名作絵画を有するプラド美術館
ギターの名曲を思い出すアルハンブラ宮殿
コルドバ、セビリャなどのアンダルシアの街々
えーーーっと、それから~
フラメンコにパエリア、カバ(スパークリングワイン)タパス料理・・・・などなど

どれもとても魅力的でした

でも今回の旅行で私たちが一番盛り上がったのはバルセロナの夜の

リーガ・エスパニョーラ(サッカーのスペインリーグ)でした

そうです!私たちスペインで
あのFCバルセロナの試合を見てきたんです!イエ~イ
目下来日中のバルサ・・・なんだかとっても親しみを感じてしまいます

って、当初から観戦予定だったわけではありません

今回は旅行社のツアー(7組14人のうち4組がハネムーン、残り3組がフルムーン)で行ったのですが
ハネムーンチームの中にサッカーの熱狂的なファンが2組いて
スペインリーグを見るためにハネムーン先を選んだと言うのです。

インターネットでチケットはすでに予約している、と言う話を聞いて
いいなあ、我々も本場のサッカーの熱狂ぶりを見てみたいね、でも無理だろうね
なんて言いながら、添乗員さんに頼んでみたら・・・・

意外にもあっさり手に入り
思いがけずスペインサッカーを見る機会を得た・・と言う訳です
チケット

試合開催日は人であふれかえるのでタクシーなんて近寄れないという話なので
地下鉄で向かうことにしました。

地下鉄と言えばローマでまんまとスリにやられた私ですから
小銭を内ポケットに入れ、コンパクトデジカメは首からぶら下げ、手ぶらで
それでも少し緊張して電車に乗り込みましたが
バルサのユニフォームやマフラーを身につけた人が大勢乗っていて
神戸でヴィッセルの応援に行く時と同じ感じやん、と何となくホッとします

駅に着いたら
道知らなくても平気
みんな行く先は一緒だから、流れに乗ってついて行ってると
集まる人
そのうちスタジアムの威容が見えてきました

バルサのホームスタジアムであるカンプ・ノウは欧州一と言われる規模で
収容人員98000人
ふだん行ってる、ヴィッセルのホームズスタジアムの3倍・・・すげ~~

ただの野次馬なんだけど、一応マフラーなども買ってみる
記念のマフラー1


バルサの準備運動
一番左端が、メッシ・・黄色い靴が目立つね
練習

試合開始直前には最上段までぎっしり
ぎっしり

そうそう、スタジアム内で売られているのはノンアルコールのものだけ
観客のヒートアップを防ぐためなんでしょうけど、夫はとっても残念そうでした

そしてJリーグでは、観客席にはアウェイ側の応援団も当然陣取っていますが
ここカン・プノウの場合スタジアム全てがバルサ一色

熱狂的な男性ファンで埋め尽くされているのではないか、と思っていたけど
指定席だったからか、私たちの席のまわりは
意外と家族連れや年配の人、女性も多くこれだと日本と変わらないじゃないかと思っていたら

試合開始されるや
ワンプレイごとにスタジアムが一体となって地鳴りのような歓声と拍子
バルサの選手がシュートを外しても、大拍手なのに
相手チームが押している時はあの大観衆がシーンとなるか、あるいはブーイング
審判がファウルを出そうものなら(明らかにファウルやろ、と思うものでも)
一斉に立ち上がり、指をさして抗議

いやあ、すごいすごい!

これじゃ相手チームを応援したくても、怖くてできないだろうなあ
私たちも適当に合わせて一緒に立ちあがり、手をたたき、ウェーブにも参加しておきました
メッシのコーナーキック




メッシの
コーナーキックの場面
キャ~ッチ


試合は相手のレバンテが気の毒になるくらいバルサが一方的に押して
5:0の勝利
スコア

あまりにもワンサイドで、緊迫感のない試合だったけれど
メッシのゴールも見られたし
充分満足のスペイン最後の夜となったのでした

そんなわけで、にわかにFCバルセロナのファンになった私たち
(ホントは、レアルマドリードのモウリーニョ監督がシブいと思っているのですが)

本日15日のTOYOTA FCワールドカップのバルセロナの試合がとても楽しみです

バルサに夢中

いつものように
夫と2時間ほどの時間差で起きた私が、朝ごはんを食べてたら・・・
そばでテレビを見ていた夫がす~っとやってきて
ラピッドを手にしています

あれ!追加打ち?
朝食は毎日ほぼ同じだから、はずすってことはほとんどないはずなのになあ
と、思って見ていたら

夫がキマリ悪そうに
「打ち忘れてた・・・」

へっ!?打ち忘れ?・・・初心者かあ?きみイ

「何で~~?」

「早く試合を見ようと思って焦った


あのね~試合って言ったって、録画でしょうが

試合とは、前日に行われた
トヨタワールドカップのバルセロナ対アルサッドのこと

ちょうど外出中だったので録画してたんだけど
試合結果も分かってるし
録画が消えるわけでもないのに

どんだけあせるネン

結局、打ち忘れの影響はお昼前まで続いたのでした


今夜は
決勝のバルセロナ対サントス

焦って、夕飯前のインスリン打ち忘れないでネ




疾風(はやて)のようにやってくる

は~~また来た

タンジョービ(実は昨日)

KWANREKIや~~!なんて騒いでた日々から
早くも2年

あんまり速いので自分の年が分からなくなる

「私いくつになるんやったっけ?」
夫に聞いたら
情け容赦なく真実を教えてくれた

忘れてていいのに~~

プレゼントは忘れてるくせに~~


子供たちからは別々に
スポーツウェアとウォーキングシューズが届いた
プレゼント

あらあ、申し合わせたみたいにマッチしてるやん、と思ってたら
申し合わせたんだそうな

最近体重増加を嘆いていたから
運動せい、ということらしい

ハーイ
この靴はいてウォーキングに励み
このウェア着てヨガに行きます


お正月に帰って来た時には
見違えるほどスリムな母さんがみられるかもよ・・・・オホホ

Silent Night

冷え込んではいるけれど
夜更けすぎに、雪へと変わりそうにもなく
聖夜は、ただの寒い夜で終わりそう。

クリスマスイブの今宵
私は実家の母を慰問中なので
夫は自宅で一人きりのクリスマスイブ

まさしくSilent Night

しかし、一人チキンも
わびしげに見えて、意外と楽しいのかも

5時から夕食を始めても、早過ぎと文句言われないし
スポーツニュースを肴に
ビールが少々度を越しても
チラリと見られることもないしね

というわけで、我が家の聖夜は
それぞれに静かに更けゆくばかりです

それではみなさま
Merry Christmas!

ドジ納め?

本日29日
まじめな主婦としては、のんびりブログ書いてるわけにはいかない

しかし・・・
おせちは頼んじゃったし
掃除?・・・どうせ特に気の張るお客さんもないし、適当でええやん
それより
先日の夕方かかってきた電話の件、書いておきたい!


電話は、夫がその日行ったゴルフ場からのものでした

いつもより帰りが遅いな、と思っていた矢先だったので
てっきり低血糖でも起こしたのか、とドキッとする

でも電話の向こうからは「poco夫さんはお帰りになっておられますか?」の声

お帰りに?・・・言うことは
低血糖起こしてるわけじゃないのね・・・・よかった

「まだ帰っておりませんが、何か?」

「手持ち用バッグをお忘れになっているのですが」

「あらまあ~」

「実は持ち主を調べるため、申し訳ありませんが中を改めさせてもらったのですが
インスリンやブドウ糖など糖尿病の関連のものが入っていたので
早急に必要じゃないかと思い、連絡させていただきました」

ほう~
たいていの人は、測定機や注射器を見ても
何か分からないんじゃないかと思うんだけど
インスリンだなんてよく分かったもんです
もしかして、電話の本人が糖尿病?
もしくは身内に関係者がいるとか、なんて想像してしまう

まあ、家に帰れば測定器もインスリンも予備はあるし
ブドウ糖に至っては売るほどあるので
緊急に必要と言う訳ではないけれど
財布も免許証も入ってるはずなので(運転は友人)
いずれ、必要にはなる

しかし何で途中で気付かないんだろ
アホですねえ

お礼を言って、後ほど取りに行く旨伝えましたが
バッグには携帯も入ってるので
帰宅するのを待つほかありません

でも低血糖じゃないなら、いいやと、思っているところに夫、帰宅

忘れ物の件を伝えると
しまったと大急ぎでとんぼ返り
近くのゴルフ場でよかった。
当然行きは免許不携帯になるけれど、致し方なし
安全運転で行ってね~

さあこれでもう、私のことをそそっかしいだの、ドジだのとは言えないよね


カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:poco
                夫は19年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、発症後3年目をなんとか無事にすごしています。
ちっとも甘くない生活だけど、ひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂8才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2