スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86歳、ピアノ弾く

母86歳

先日、アルツハイマー性認知症と診断されました(本人には伝えていません)
だからと言って急に変化があったわけではなく
今まで同様、心もとないなりに一人の暮らしを続けています

進行を遅らせるためのお薬を欠かさないように
毎朝「お薬飲んだ?コール」が私の日課になり
実家通いを週2~3(うち1回は泊り)にふやしはしましたが。

母は歌が好きなので
行った時にはなるべく歌う機会を持つようにしています
親娘二人の貧弱な合唱団ですが
私がボランティアで使うために作った歌詞プリントを持って行くと
歌詞を追って気持ちよさそうに歌ってくれます
(86歳にしてメガネなしで新聞が読める驚異の視力を持っていますので、プリントの字も難なく追えるのです)
歌詞プリント

先日も、夕食後二人で大きな声を張り上げた後
「そうや、この歌弾けるんやない?弾いてみたら!」
と促してみました

リビングには、刺激になればと数年前に私がプレゼントした小さなキーボードが置いてあります
母には楽器経験は全くありませんが
簡単な童謡や唱歌なら、片手で探り弾きしていたのです
ここ1~2年はキーを触りもしませんでしたが
なじみのメロディに誘われたのか、弾きはじめました

2~3度弾いた後の成果です

[広告 ] VPS


最初のポロポロはなかったことにして(笑)
一度も間違えずに弾きました
リズムだってしっかりと伴奏に合わせてるでしょ?(ていうか伴奏が合わせた

「お母さん、すごーい!!!」
感激の私の声に
「そう?」とこんなこと、どうってことないでしょってな感じの母

機能の維持のために
得意の編み物がいいかもと、材料を買いそろえて編みはじめても
何十回も「40目、二目ゴム編みでね」と編み方を説明するのはいい加減ウンザリだし
書くこともがいいと思って買った2012年日記帳にいたっては
2日書いたっきりで残りは白紙のまま

あれやこれやと絞る智恵が空回りの感がある中
久し振りにうれしい、母の迷演奏でした

スポンサーサイト

連休の成果

世の中9連休の人もいたようですが・・・

温泉もテーマパークも動物園も水族館もバーベキューもましてや海外旅行も
関係なく過ごした我が家の連休の成果!
ゴミ袋
長年貯め込んでいた不要物・・・まだ外に3袋

あ~~スッキリ

お腹とお尻の余分な肉もこうやって捨てたい!!

待ちの姿勢

今週末に親戚の娘っ子の結婚式があるので
家族一同で列席することになっています
もちろん母も出席します

母は、着物を着る予定なのですが
着物って、着るのも大変だけど準備もなにかと面倒

今までならこんなこと私が気にする必要はなかったんだけどなあ
と、ちょっと複雑な思いで
「お母さん、長じゅばんに半襟つけとかないとね」
と10日ほども前から出してあるのに
「置いといて、明日やるから」と母はいつまでもやろうとしません

母にとって半襟をつけるくらいどうってことないはずなのに
億劫なのか、忘れてしまうのか

私がサッサとやればいいんだけど
ほら、人には得手不得手と言うものがあるでしょ?
それに、出来ることは自分でやった方がいいしね

この調子だと、当日に慌てかねないと、先日
「お母さん、今つけてしまおう!」と促すと
よっこらしょと立ち上がり
「えっーと、針山はどこやったかいな」
と、別室に探しに行ったのはいいけれど
長いことかけて戻ってきたのに、手には何もなく
台所に行き、お茶などいれております

ありゃりゃ、どうやら何をしに行ったか忘れた様子

まあネ、そういうこと私もよくやる
ここに何しに来たんやった?とやり直すことだってあるから
仕方ない、仕方ない

代わりにお針箱から針と糸を取ってきて「これでいいかな?」と
再度促すと

ソファに座り、襦袢を広げたので、ヤレヤレやっと取りかかるかと思ってたら
襦袢は横に置いて、アレェ新聞を読み始めてるよ

う~~~ん

これっていつかの状況に似てる・・・

昔、子供が勉強しなさい、と言われて宿題を広げたはいいけど
鉛筆削ったり、そばにあるマンガ本にちょっと手が出たり
なかなかかかろうとしないのを、そばで見ていた時の「ん~もう!」って感じ

しかし子供と違って、これしきのことを何回も言うのも何だし・・・
まあいいや、とテレビを見ておりますと
いつのまにか、縫い始めておりました
取りかかれば、前にも書いたけれど母はメガネなしで新聞が読める視力を持っているので
針に糸を通すのも平気
何の助けも必要なく(逆に私の方が糸を通してもらわないといけないくらい)
ものの10分もしないうちにきれいに仕上げました

母に残された能力はまだ色々あるはず
それを生かすためには
ほどよい手助けと「待ちの姿勢」も大事だなあと思ったことでした

今度は孫・祖母で

親戚の結婚式のために
娘が東京から帰省してきました

名古屋の息子は、仕事の都合で当日直接会場入りするということだけれど
実家から母も連れて来ているので
うちの中もいつもより少しばかり賑わいます

「おばあちゃん、ピアノ聴かしてよ」ブログを読んで母のピアノのことを知った娘のリクエストに
「えーー、おばあちゃんのピアノなんか聴いてどうすんのよ」とか言いながら
いつもはなかなか上がらない腰を上げて、母はピアノに向かいます

多少つっかえながらも「鯉のぼり」を弾き終えた母
娘のやんやの喝采に気を良くしたのか
その後も、めだかの学校、夕やけ小やけ、靴がなる、チューリップ・・・童謡が次々と登場してきます

ピアノをやめてから久しい娘ですが
それでも4歳から中1までの9年間のレッスンは無駄ではなかったと見えて
「ヘ音記号の音がすぐに分からへん」とか言いながらも
母の弾くメロディに合わせてポツポツと伴奏をつけだしました

祖母・孫連弾

つっかえたり止まったりしながら、二人の連弾はその後も
「夕ごはんにしようか」と私が声をかけるまで続いたのでした

母がこの出来事を明日も覚えているかどうかは疑問ですが
私の大切な思い出の引き出しには、ちゃ~んと入れたからね

もらっちゃったヨ(^^)!

朝、郵便ポストにダイレクトメール便が入っていました

ア―クレイ・・・血糖測定器などでおなじみの会社からのものです

入っていたのは、これ
岩田ブレス
岩田選手のチアブレス!!しかも岩田のカード付き

夫が、ダルビッシュよりも斎藤佑樹よりもその活躍を気にしている阪神、岩田稔投手

その岩田投手のチアブレスを先着順で1万人にプレゼントと言う情報を見て
早速申し込んだ、と言うのです
しかも自分用と私用の大小2個 言っときますが、小さい方が私用ですから!

いやあ、ア―クレイさんすみませんね
1万分の2個もいただいちゃって

黄色のシリコンの地に刻まれた文字は
「Catch Your Dream」・・・いいねえ

60を過ぎたおじさんおばさんでも、ささやかな夢はあります
年やから、病気やからを理由にあきらめたらアカンのや

早速これをつけて《夢に向かって邁進》・・・したいところだけれど
とりあえずは「それ何?」と聞かれたから、IDDMと岩田君の宣伝しておきました

そして
毎回好投するのになかなか勝ち星につながらないのが悔しい岩田君の登板の時には
チアブレスつけて力一杯応援するからね~~

見た?

見た?

見たよ

が、今日のご挨拶

朝弱い私も
さすがに今朝は6時ごろからソワソワ
ヤッター晴れてる

1ヶ月も前から夫が準備した(雑誌の付録の)金環日食観察用メガネを手に
庭でスタンバイ、その時に備えました
雑誌

7:30が近づき
Cの形から次第にリング状に
そして・・・
IMG_4289.jpeg
くっきりはっきりとつながる太陽の輪

ああ、地球も月も動いているということを実感
あら~なんか感動やわ


次回関西で観測できるのは2041年だとか

生きてたら、大変

脳細胞、始動せよ!

友達が、麻雀をやろうと誘ってくれた

お宅には、マージャン室があるという麻雀通である

いいねえ、と喜んでお邪魔をしたけれど
かくいう私、子供達が小さかった頃ゲームでやったポンジャンしか知らない
3個づつ集めるんだよね?程度の知識しかない

そこで小学校の時からファミリー麻雀をやっていたという友人が先生役となって
初心者に教えてくれることになった

トン(東)ナン(南)シャ(西)ペイ(東)に始まって
ハク(白)ハツ(発)チュン(中)
ピンズにワンズにソウズと飛び交う中国語

聞いた端から、記憶のかなたに飛び去っていく~
一回聞いて覚えるなんて無理無理無理無理

チーにポンにカン、えーっロンもあるの?
しかもただ単に、3つづつ、あるいは2個づつ集めただけじゃダメで
役っていうのが無いとダメなんだって

ピンフ、タンヤオって何やネン
イーペーコーに似た名前の豚がいたな・・・そうそうイベリコ豚

リーチなら任せてちょーだい
あと一手で上がりってことよね

使うのは中国語だけかと思っていたら
鳴く、なんて日本語も登場する
負けて泣くことではないらしい

ツモってきた牌(オホホいっちょまえに言ってみました)を見て
瞬時にどの手で行くか判断し、不必要な牌を捨てる
その時、他の人の捨てた牌を見て相手が欲しがっているものでないか注意しなければいけないなんて

麻雀ってめっちゃ高度なんですけど

先生役の友人がコピーしてきてくれた役一覧表を見ても
ちーーーーっとも頭に入ってこない

こんなことなら
脳細胞が活発に活動していたであろう10代20代でやっておけばよかった

夫にコーチを仰いで、次回マージャン教室まで技術(?)を磨いておこうと思うけれど
はたして停滞中の脳細胞、働いてくれるかなあ

みどりの贈り物

♪~あざやかな みどりよ
  明るい みどりよ
   (中略)
  かおるかおる 若葉がかおる~♪

と歌にも歌われるように
今の季節を、色でたとえるとしたら・・・・   

・・・みどり・・・

そのイメージにピッタリのものが、送られてきました

アスパラ

新潟の大地で育まれたみずみずしいグリーンアスパラ
鮮度保持のポリ袋を突き破りそうな勢いです

量もすごい!
ひと束せいぜい4~5本のスーパーのアスパラがここにいたら、フンッと鼻でせせら笑ってやるんだけど

お昼ごはんにはまだ早いけど、早速、得意の(?)焼きアスパラにしてみましょう
さっと洗って、オリーブオイルで炒めるだけ
味付けは塩のみ

カッパさん直伝のこの焼きアスパラは、新鮮なものでこそより生きてきます
フレッシュだから、火を通し過ぎないように・・・っと

うまい!

ポリッ
オホッなんていい歯ごたえ

「去年より甘いネッ」

「うまいなあ、これはビールが合う」と冷蔵庫に向かう夫・・・おやまあ!!

こんなに活きのいいアスパラを、こんなにふんだんに食べられる機会は他にありません
うれしい贈り物、ありがとーーーう!

アスパラガスには
美肌効果があるというビタミンがたっぷり含まれているそうです

このあと昼も夜もいただいたので
明日の朝は、シミがなくなってるね、きっと

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。