油断大敵

朝ごはんも終わってほどない時刻、2階でごそごそしていたら
階下でガタンと大きな物音

夫が何かを倒したのかなと思いつつ、用事を片付けて降りて行くと

リビングのフローリングの上で夫が大の字になっています

「うわーー!どうしたの!」とビックリして叫んだら
顔をこちらに向けて「○×※☆●・・」と何か言ってるので
一瞬、あっ体操してるのか、と思う・・・・けど、よく聞いてみると意味不明

こりゃやっぱり、低血糖だわ

低いに決まっているので血糖測定はせずに
急いでグルコレスキュー(ブドウ糖分10g)を飲ませます
以前は頻繁にお世話になったレスキューだけど
最近は登場回数も減り、これもずいぶん前に購入したもので
賞味(?)期限はとうに切れているって夫が言ってたなあ
でも大丈夫でしょう・・・多分

あと固形ブドウ糖2.5gを4個で合計20g
これで様子を見ることにします

意識はあるけれど
「頭打ってない?」と言う質問にも、言葉の分からない人のようにボンヤリみつめるだけ
投げ出した手は冷たく
額や、首筋はうっすら汗ばんでいます
低血糖症状の冷や汗かな?

15-15ルールに従うと15分後に測定だけど
15分では過去の経験では血糖値はまだ上がってないので、うちでは30分待ちます
20-30ルール、学会で発表しようかな

フローリングの上に横たわったままなので、体が冷えそう
カーペットの上まで引っ張りたい
夫はスリムなので私との間に体重差は余りない(ひょっとしたら勝ってたりして
でもさすがに抱え上げるのは無理
ご、五十肩が、痛いし
ズリズリと押して何とかカーペットの端っこに乗せます

されるがままの夫の冷たい手をさすっていると
このままいつまでも虚ろなままだったらどうしよう・・・と
急に不安になってきます
救急車を呼んだ方がいいだろうか
久しぶりの重度低血糖は、私をちょっと弱気にさせます

30分経過して、まだ変わった様子が無いのでもう1個ブドウ糖を食べさせた方がいいかな、と台所に立った時ガタンと音がしました

ギョッとして振り返ると、夫が半身を起こしています

「あれっ!大丈夫?」
「うん・・・何があったの?」・・・こっちが聞きたい

倒れる前から、今までの記憶はまったくないようです
なんで私がそばに座って、じっと顔を見てるんだろう?って不思議だったんですって
「アナタ、愛してるわ」・・・って言うとでも思った?

代わりに「血糖測定できる?」と言ってみました
まだ完全にクリアではないようですが「できるよ」と、夫はちゃんと自分でセットして測りました
が、測定結果は
血糖値ほとんど上がってないな

夫はすぐにでもブドウ糖を摂ろうとしましたが
待て待て、ここで慌てちゃいけない!
過去の幾多の修羅場から得た私の経験がものを言います(笑)

約20gのブドウ糖摂取したから、血糖値100は上がるはず(計算上では)
今、追加補食したら、高血糖⇒追加打ちの最悪サイクルに陥ること間違いなし
これから絶対上がってくる・・・1時間は待った方がいい

まだ少し舌がしびれた感じがする、と言う夫はそれでも言うことを聞いてくれました
倒れた時に頭を打ったのではないかと心配でしたが
どこも痛くはないというし、タンコブもできてないようなので、とりあえず安心

テレビを見たりコーヒーを飲みながら時間が過ぎるのを待ちます

低めを狙って低血糖を量産していたかつてと違って
心を入れ替えた(笑)今はHbA1cもだいたい6.0~6.5の安心数値
お酒を自由に飲み、食べる物に制限はないし
ゴルフをやりカルチャー教室を楽しむ夫のこの頃の姿には
何ら病気の影はなく
ただインスリン注射はする健康人みたい・・・と思っていたのですが
無自覚低血糖は常に隙を狙っていたようです
IDDMたるもの「安心」という言葉は禁物かもしれません

1時間経過したので測定すると

血糖値2

いい感じです
まだもう少し上がるかも
やっぱり追加補食しなくてよかった

血糖値さえ戻れば
何事もなかったかのごとく、日常生活に戻るのはいつものこと

規則正しい生活を心がけた上で
このような低血糖を起こしてしまった夫を責める気は毛頭ありませんが
低血糖時の状況を知らない本人よりも
それをつぶさに見ていた私のショックの方が大きいのもいつものことで
夫が倒れている姿を見た瞬間が蘇り
また当分の間、私は寝付きの悪い夜を過ごすことになりそうです
スポンサーサイト

自分で自分がイヤになったこと

友達が、シンプルで柄合わせの楽しい布製のバッグを持っていた
カーテン生地の端切れを買って手づくりしたんだって
それイイねと言うと「型紙貸したげるよ」と早速持ってきてくれた

貧乏性なもので長年捨てずに取ってある、残り布が役に立ちそう
だが
最近針を持ったのはボタンが取れた時くらい・・・の私である
大丈夫か?
うん、まあやってみよう!

柄の違う2種類の残り切れ
型紙に合わせると幅も丈もピッタリと取れる
うんうん、いいじゃない

ジョキジョキ、印もせずに鋏を入れる
poco流洋裁は、大胆にして大ざっぱ

中にポケットがあると便利だよね
残った部分で、切り取っとこう
ジョキジョキ

表地、裏地、ポケットと切ったところで
さあ縫い合わせて行きましょう

あんまり久しぶりなので、上糸のかけ方を忘れてしまってた
でもミシンは縫い方を忘れてなかったようで、ちゃんと縫ってくれるエライ!

この生地とこの生地を合わせて・・・
フフン、いい感じ

さてもう片方

あれ?もう半分はどこに行った?

ない
おかしい、ついさっき2枚合わせで切ったばかりなのに

なんでないの?

誰かに嫌がらせされてる気分
だれやねん!・・・・・・私です

もしかして、間違えてゴミ箱?
とゴミ箱をあさるが切れっぱしばかりで、該当する生地はない

無意識に動くことが多いこの頃
トイレにでも持ち込んだか、あるいは冷蔵庫?洗濯機に放り込んでしまったかも
あり得ないところまで見るが・・・ない

順調ならだいぶん進んでいる頃なのに・・・

もうっ!どこに行ったんよとひとりごとを言いながら
3度目のゴミ箱内確認


ハッ!

もしかして、この切れ端は・・・・


ガーーーーーン



あああああ、必要な片側部分から
ポケット部分を切り取ってしまっていた

バカバカバカバカ
ポケットなんか、あとで切ればいいのに

バカバカバカバカ
もう生地残ってないのに

バカバカバカバカ
この生地のためにわざわざパイピングテープ探し回ったのに

う~~~ん

取りあえず、お昼ご飯を食べながら
善後策を考えることにします

もう、こんな私・・・・イヤ







手づくりに失敗なし

裁断ミスのショックからさっさと立ち直り
ご飯を作る間も惜しんで(ご飯を作りたくなかったとも言える)作業にいそしんだ結果
バッグ、完成~~~~

成り行きから行くと
写真載せないとね~

ちなみにこれが友達の作ったお手本のバッグ
お手本
A4サイズが楽に入る大きさ
何でもボンボン放り込んで
だら~んと斜めがけして
ブラブラ歩いたら楽しいかも・・・でも今50肩、肩痛いんやった

でー恥ずかしながら
これが完成作
パイピングテープを挟み込んで、オリジナリティを出してみましたの
完成1

前も後ろも同じようになるはずだったけど
例のやっちゃった事件で
やってしまった所

切り取った部分を貼り合わせるわけにもいかず(ご丁寧に、二つに切っていたし(@_@))
仕方なく、わずかに残っていた布を組み合わせて・・・ポケットにしてみました
意外によかったかも

そうしたら・・・
完成2

あれ、なんかこっちの方がいいんじゃない??

随所に見受けられる手際の悪さや
左右のくりが非対称なんてことは気にしないでおこう


"四苦八苦、苦肉の策で自画自賛"

タイトルはmikomonaさんから戴いたコメントから拝借しました



地味ですが・・・

キュウリのキュウちゃん、って一度は食べたことがあると言う人が多いのでは?
いつも常備してるのよ、って言うほどのファンではないけど
たまに食べると「キュウちゃん、いけるね」って思うんですよね

そのキュウリのキュウちゃんが家で作れるって教えてもらったので
しかも、タイミング良く曲がりキュウリがお安く出てたので早速作ってみました
手作りキュウちゃん

ビジュアル的には地味ですが食べてみると・・・ぽい、ぽい、キュウちゃんっぽい!
ハッちゃん、くらいなら名乗ってもいいかも

こんなんでホンマにおいしいの?と思うくらい簡単だし

家庭菜園で、キュウリが採れて採れて困る、っていう方は是非お試しあれ!

【キュウリのキュウちゃんレシピ】
材料 キュウリ 約1キロ
   醤油   150cc
   みりん  100cc
   酢     30cc 
   生姜   一片
   鷹の爪  少々

  ☆きゅうりの入る大きさの鍋で
   沸騰した湯の中にきゅうりを入れて2,3分炊く(温度が下がらないよう注意)
   それをそのまま放置。(一晩その湯につけたままでもよい)
   
  ☆冷めた頃取り出して、5ミリぐらいの輪切りにして
   それをふきんなどでしっかり絞る。

  ☆すべての調味料を沸騰させ
   絞ったきゅうりをその中に入れてさらに2分程炊く。
   火を止めてそのまま冷めるまで放置、時々まぜてなじませる。
   
以上

Hさん、おいしい情報ありがと――!
 

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は19年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、発症後3年目をなんとか無事にすごしています。
ちっとも甘くない生活だけど、ひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂8才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2