パパ りく

買う気もないのに、ホームセンターに行ったらついペットのウインドウを見に行ってしまいます
この間も陸のおやつを買いに行ったので、足を向けたら・・・チワワの赤ちゃんがいました

わあ、ちっちゃい!かっわいい!と前に貼りついてたら
スタッフのお姉さんが出してくれたの!

片手に収まるくらい小さい
りくも赤ちゃんの時、こんなだったのかなあ

親子?

抱いていいですよって
えっ、そんな、いいの?
うわっ軽い!
んーー、もうたまらんこの愛らしさ!

色も形も陸のミニチュア
りくがお父さんみたいなんやコイツ

「連れて帰ってやって下さい」と言うおねえさんの言葉に
あやうく「うん」と言いそうになったけど
20万を超す値札が何とか現実に引き戻してくれ
我が家のひとりっ子政策は継続されたのでありました

ヤレヤレ
スポンサーサイト

ニューフェイス

今月の検診に行って来た夫が、新顔インスリンを持ち帰りました

トレシーバ君、ようこそ
新顔
このニューフェイス、ノボラピッドやランタス先輩よりも太めの堂々たる体
新人とは思えない落ち着きがあります
さて、使い心地はいかがなものか

主治医のアドバイスに従って
従来のランタスの使用量より1単位減らして
夫、早速昨夜から使い始めました

約7年前にランタスに替えて以来の変更です
あの時は初めての持効性インスリンを使うと言うことで、夫婦ともどもとても緊張したものでしたが
今回は何のためらいもなくサッサと打っていました

打ち心地はどう?と聞いたら  「ちょっと違う」
どう違うの?と聞くと   「何となく」・・・・だそうです
今後ボチボチ深く追求して行きたいと思います

取り敢えず今朝は97(就寝前90)でええ感じ
ランタスの影響が3日ほど続くという話なのでまだ全面的に信頼するわけにはいかないけれど
低血糖、特に夜間の低血糖の低減をまずうちだしている所が好印象

早く落ち着いて
その効果を実感できるといいなあ

トレシーバ、どう?
父ちゃん、どんな感じ?

アンタイムリー

昨日、一昨日の嵐で大方の桜は散ってしまったただろうこの時期に
桜の写真とは、タイミング悪過ぎではありますが・・・

3月末に名古屋に行った時に
息子のマンションの近くの川沿いの、見事な桜を見たのだけれど↓
山崎川の桜
          (3月30日 名古屋市山崎川沿い ちょうど満開)    
やっぱり一度はお弁当を持ってお花見をしないとなんとなく納まらず
天気の良さにも誘われて、去年みつけた穴場に先日行ってみました

ちょっと遅かったかな、と思いながら行ったのですが
ぎりぎりセーフ
青空によく映えて美しい
IMG_5108.jpg
          (4月6日 神戸市宇治川沿い)

風が吹くたびにはらはらと花びらが舞り
桜は散り際も素敵宇治川沿いの桜
しかし・・・・・・・「花吹雪、写真に撮ったらただのゴミ」

陸も花見
     ボクは花よりおやつがいいのにぃ

揺れた~

午前5時30分 いつもなら、まだぐっすりと寝ている時刻

グラッ・・あっ地震や!
グラグラグラ 横揺れ 大きい

阪神大震災を思い出す
同じような時刻・・・があの時ほどひどくはない

ひょっとして、起こる起こると言われている
南海とか東海大地震の余波ではないか、と一瞬思う
震源はどこだろう
階下に降りると、いつもは自分の寝床でしらんぷりして寝ている陸が飛びついて来た
怖かったねえ、と抱きしめる

テレビを点けると、震源は淡路島。 もう震度が出ている うちは震度4
幸い被害は何もない

阪神大震災の時は、まだ暗くて余震もひっきりなしに起こり心細かったけれど
窓の外は既に明るく、安心感につながる
体に感じるほどの余震もない
隣近所も静かなものだ

母のところも同じく4 似たような感じかな
電話しても出ないところを見るとそのまま寝ているのだろう
(大体、朝はとても遅い)

名古屋の息子や各地の友人から安否を気遣うメールが届く。ありがたいね
驚いたことに、今南米を旅行中の娘からも「地震があったの?」とLINEメールが届いた
マチュピチュからだそうだ

今やそんなこと、当たり前なのかもしれないけど
FaceBookなどで情報は瞬時に地球の真裏にまで届くのだなあと言うことを実感しつつ
いつものように過ごせることに感謝し 朝ごはんをいただくのでありました

母ちゃん、怖かったよ~
母ちゃん怖かったよ

蛇腹

蛇腹と言っても私のお腹ではなくアコーディオンの話
そもそもアコーデオンなのかアコーディオンなのかもわからないので取り敢えずはアコーデオンと呼ぶけれど、アコーディオンって、重いのを抱えて左右に押したり引いたりしながらなおかつ鍵盤弾いたりボタンを押さえたりっていう大変な労力の割に、なんか控え目というかマイナーなイメージ

子供のおけいこごとでも
ピアノやバイオリンを習う子は多いけど、いきなりアコーディオンを選ぶ子はあまりいないんじゃないかなあ
オーケストラに入ってるわけでないし
だからと言ってジャズバンドにもいない
せいぜいのど自慢の伴奏

そんな風に思ってる人が多いのではないかと思うのだけれど
アコーディオニストCOBAがプロデュースするBellows Lovers Nightに行けば
その認識が間違いだったということが分かります
Bellows Lovers night

「Bellows Lovers Night」とは
【2002年にcobaの呼びかけで始まったもので
“蛇腹楽器”生誕200周年にあたる2022年までのカウントダウンコンサートを
横浜、名古屋、神戸の3ヶ所で毎年開催。
アコーディオン、バンドネオンの胸を突き刺すサウンドに魅了され、
熱烈なリピーター、新しいファンを獲得し続けています】
facebookのBellows Lovers Nightページより

私も胸を突き刺すサウンドに魅了された一人で
昨年に引き続き今年も行って参りました

アコーディオンと一口に言っても様々で
ボタンだけのアコーディオンの人
ボタン

バンドネオン
アルゼンチンタンゴでおなじみのバンドネオンの人
この人はクラッシック音楽



Vアコーディオン

これはもはやアコーディオンとは呼べないんじゃないかと思うような、さまざまな音色やリズム音を出すローランドのVアコーディオン(電子アコーディオン)

モヒカン


モヒカンもいて、見た目も音楽もワイルド

など様々なスタイルの演奏があり
最後に真打COBAさん登場!!
COBA.jpg
キレのいいサウンド、エネルギッシュな演奏に一音目からしびれるーーーっ!

そのあと
ゲストの浪速のモーツァルトことキダタローさんとの対談
キダさん登場
キダさん独特のボケっぷりに場内爆笑の渦

その後全員でキダタロー作曲アコーディオンの為の新曲「じゃばらやばんざい」を演奏
勢ぞろい
ラストは、COBAさんの名曲SARAの大合奏で歓声に包まれました

いやぁ、アコーディオン様、マイナーだなんて言って申し訳ない
とっても多彩で、エキサイティング
その上持ち運びも可能な素晴らしい楽器ではありませんか
来年も行きますから!


今週土曜日(4月20日)は横浜公演、赤レンガ倉庫1号館ホールであるそうです
お近くの方、アコーディオンの魅力に触れに行かれたらいかが?

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Author:poco
                夫は19年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、発症後3年目をなんとか無事にすごしています。
ちっとも甘くない生活だけど、ひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂8才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2