FC2ブログ

ニューフェイス

今月の検診に行って来た夫が、新顔インスリンを持ち帰りました

トレシーバ君、ようこそ
新顔
このニューフェイス、ノボラピッドやランタス先輩よりも太めの堂々たる体
新人とは思えない落ち着きがあります
さて、使い心地はいかがなものか

主治医のアドバイスに従って
従来のランタスの使用量より1単位減らして
夫、早速昨夜から使い始めました

約7年前にランタスに替えて以来の変更です
あの時は初めての持効性インスリンを使うと言うことで、夫婦ともどもとても緊張したものでしたが
今回は何のためらいもなくサッサと打っていました

打ち心地はどう?と聞いたら  「ちょっと違う」
どう違うの?と聞くと   「何となく」・・・・だそうです
今後ボチボチ深く追求して行きたいと思います

取り敢えず今朝は97(就寝前90)でええ感じ
ランタスの影響が3日ほど続くという話なのでまだ全面的に信頼するわけにはいかないけれど
低血糖、特に夜間の低血糖の低減をまずうちだしている所が好印象

早く落ち着いて
その効果を実感できるといいなあ

トレシーバ、どう?
父ちゃん、どんな感じ?
スポンサーサイト

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は22年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが放射線と抗がん剤治療でなんとか5年を生き延びできました。しかしさまざまな副作用に加え、再発部分が次第に勢力を増してきている様子で、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活ですが、2人の孫の成長を楽しみにひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂11才)と静かに暮らしていきたいと思っています

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2