スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泰然

えっ、もう5月?
りくの目はくろま目

こんなに寒いのに

慌てることもないやノンビリ行こーっ

スポンサーサイト

TOKYO  ど KANKOH

5月11日、11時過ぎ東京駅着
2泊3日の東京滞在は、娘の引っ越し手伝いという名目ではあるけれど
「母さんたち、好きなところに行ってきて」と娘からも言われているし・・

キャリーバッグは東京駅のコインロッカーに放り込んで
さあどこへ行こうか

あちこちにできているショッピングモールに興味はないし
えきなかグルメは気になるけど
100年前の姿に復元された東京駅舎いつ見るの?今でしょ!というわけで
駅舎真正面の撮影スポットだという行幸通りに。
東京駅丸の内駅舎1

おお、壮観!
くすんだ赤レンガにグレーの装飾
オランダの建物みたい(行ったことないけど)

しかし改修されたという右側のドーム、全然写ってないやん

新丸ビルのテラスからだと新丸ビルから
やっぱりドームを入れてなかった

ちょうどお昼時
ズラリとお客さんが並んで待ってるお店があります
なんかおいしそうよ、ここでランチにしない?
はじまったばかりの東京観光だけど、私たちも列に加わってみました
お店の名前はリゴレット
さほど待たされることもなく案内されたし
予想通り、パスタもピザもとても美味しかったです
ランチタイムだからかグッドプライスだし、近けりゃひいきにするのになあ

さて新丸ビルのすぐ近くに緑に囲まれた一帯
その向こうには高層ビルが林立し国会議事堂も!
めっちゃ東京チックやん
風景1
駅の近くにこんな森があるんやねえ!と驚いたら「皇居だよ」と夫
あっそうか!

ならばこの際、ど観光してみようやないか
というわけで二重橋です
記念写真
♪ここがここが二重橋
   記念の写真を撮りましょうね♪ (この歌がすんなり分かる人少ないだろうなあ) 

ところが、これは二重橋ではなく
もうひとつ後ろにあるこの橋が↓ 
実はこれが二重橋(wikipediaより)

本当の二重橋なんですと
島倉千代子さんは ♪ここはここは二重橋の前の橋♪ と歌わなければいけなかったのですね

「二重橋の前の橋」の前での記念撮影の後は
先ほどちらりと見えた国会議事堂へ行ってみることにしました
ど観光ですから・・・

皇居外周道路は、白鳥の遊ぶお堀がありツツジも咲きはじめて
とても気持ちのいい散策路です
皇居お堀
様々な格好で走る何人もの老若男女とすれ違ったり追い越されたり
大きな起伏もなくジョギング天国と言うのもうなづけます

ゆっくり20分ほども歩いたでしょうか
幾分くたびれたころ、議事堂の姿が見えてきました
国会議事堂

正門前の警備のお巡りさんに、入っちゃいけないんですか?って聞いたら
ここからは入れないけれど、参観受け付け窓口にいけば参議院の見学が出来ますよ、とやさしく丁寧に教えてくれました
ちなみにめっちゃイケメンやった

せっかくイケメンが教えてくれたので参議院ツアーに参加
議員気分も味わってみました
poco議員
本会議場もこの位置からじっくり見せてくれます
本会議場
ちなみに議事堂内は撮影禁止 これは参議院ホームページよりお借りしました

議事堂1

向かって左が衆議院、右が参議院・・・ご存じ?

東京ど観光記・・・まだまだ続くよ

大都会

大都会
♪ああ~~果てしない
      夢を追い続け~

ホテルは錦糸町
スカイツリーが目の前、ワォ!
夜のスカイツリー
室内なので写りこみが・・・・

翌日は小雨で、上は雲の中
雨のスカイツリー

お散歩中
早朝のそらまち、お散歩中のワンズに目が行く
友達に預けてきたリクは、どうしているかしら

この日午後には、娘のところに行って引っ越し荷物のひとつでも詰めてやる予定
空いてる午前中は2駅むこうの浅草に行ってみました

駅前からは
ビールの泡を現わすというビルの向こうにハーフスカイツリー
金の・・・
手前右横は「金のう●●」と呼ばれるモニュメント
どこやらの高名デザイナーの手によるものらしいけれど
理解しがたいなあ、このセンス

まだ早い時刻にもかかわらず
浅草寺境内は外国人や修学旅行生で大賑わい
引率教師?

おみくじ
気になるのは恋の行方か、成績か

浅草寺境内でりくにお土産も買ったし、さてこれからどうしようか?
ちょうどうまい具合に発船時刻、隅田川をクルーズして日の出桟橋まで行くことに
隅田川クルーズ

ちなみに船の中も修学旅行生と外国人が多かった
雨雨ふれふれ
ゆらゆらと雨に煙る大都会を見るのももオツなものでした

日の出桟橋で降りたら、ほとんどの人が待ちうけていた観光バスでさっと消えてしまったよ
わ・わたしたちはどこへ行けばいいの?

最寄駅は歩いて10分ほどの浜松町だという
東京路線網

網の目のように広がる東京の交通網
目的地までどの電車を使いどこで乗り換えるか、まるでパズルのよう
時刻表を見る間もなく次々やってくる電車
大都会やわあ

娘の住む西荻には新宿で乗り換えればいいね

前日はお別れ女子会で品川のホテルに泊ったという娘と駅前で落ち合い
すぐそばの商店街で食べたラーメンのすこぶる美味しかったことを
特記しておきたい
名前はたしか・・・さくら

大都会のちっちゃなラーメン屋さん
私たちが行くことは二度とないだろうなあ

ディライトヨコハマ

あらま、ぐずぐずしてたら6月が目の前に来ております
半月も前のことをダラダラと恐縮です

大都会最終日、この日は快晴
絵にかいたような
どうよ、この清々しさ

この日は横浜に行く予定
その前にひとっぱしり、ひと駅隣の両国に行ってみる

あらっ
お相撲さんだ

あらっ、ここにも
お相撲さんだ!
両国って・・・駅に降りた瞬間からお相撲さんの町でした

国技館は駅のすぐそばなのねえ
ちょうど大相撲の初日で色とりどりののぼりが青空にはためいて
のぼり
ふれ太鼓が聞こえてきそうな雰囲気
まだ早い時刻だというのに
当日券を求める人が並んでいました

そそくさと両国を後に次に向かうはヨコハマ

横浜は子育てを始めた町
いろんな思い出の詰まった第2の故郷とも言える場所ですが
それは30年も前の話
桜木町の駅前は、かつて来た時とは違う世界が広がっていました

みなとみらい1
みなとみらい2
カッケーヨコハマ!

そこで夫は旧友に会いに
私は娘と落ち合い赤レンガ倉庫に
お目当ては・・・
今ちまたで、世界一の朝食と評判のお店bills

話題だけあって、12時前に着いたにもかかわらずすでに行列
今予約して入れるのは2時間30分なんですと

ウヒャー!普段なら、そんなもん待ってられるか!と一顧だにしないのですが
もう一か所行きたいところがあったので
この日ばかりはちょうどいいと次の目的地に向かいます

さて、白を基調のこのすきっとしたエントランスは・・・
カプヌードルミュージアム
な・な・なんと、おなじみカップヌードルのミュージアム

もはやカップヌードルは文化なのですぞ

いまをときめくグラフィックディレクター佐藤可士和プロデュースの建物は
随所におしゃれ感満載だけど・・・そこら辺はすっ飛ばして
私たちが向かった所は・・・
マイカップヌードル
テーブルを囲んで
老若男女でにぎわっております
マイカップヌードル作成場所でありました
もちろん我々も参加
マイカップヌードル
幼稚園児並みですね
この後スープ、具材もお好みでチョイスして、密封すると
1マイカップヌードル
オリジナルなマイカップヌードルのでき上がり・ワッハッハ
他にもチキンラーメンを作る教室とかあって
子供は楽しいだろう・うん

さて、カップヌードル持って先ほどのbillsに行くと
時間ほどよくすぐに名前を呼ばれました
お腹も十分すいており楽しみ楽しみ
スクランブルエッグと、パンケーキ半分コしようと娘の提案です

「スクランブルエッグは、とてもシンプルですので何かつけあわせはいかがでしょうか
こちらがお得なセットとなっております」
と言うお店のお勧めに従ったのがこれ
スプラングルエッグ

う~む
評判の店つかまえて、どうのこうの言えるようなグルメじゃございませんが
似たような朝ごはん食べてるよな
確かにスクランブルエッグは、家で作るようなパサパサ卵じゃなくしっとりと艶やかだし
ベーコンはカリカリしてるのに焦げてないし
マッシュルームもいい味ではある
でも・・・これで1800円かあ
飲み物入れたら・・・
主婦はね、コストパフォーマンスも味のウチなのですよ

そして
「パンケーキはリコッタチーズが間に入っておりまして、焼きあがるのに2~30分かかります」
と後からやってきたのが
パンケーキ
ふんわり
リコッタチーズの味は、ほとんど感じられないけど
メープルシロップ入りのバターが乗ってるわりに甘さもほどよい

聞けば最近のパンケーキブームの火付け役が
このbillsのハワイ店なんだとか

女性は柔らかくてフワフワしたものが好きなのよね

と言うわけでその後駅前で娘と別れ
柔らかくてフワフワしたリクの待っている我が家に帰ったのでした

リクちゃん、お土産だよ
麦わら帽子、すっごく似合ってるよ
お土産
あれっ、なんか迷惑だったかしら?
おっさん風

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。