FC2ブログ

神様、ありがとう!

先月末、夫は72歳の誕生日を迎えました。

67歳になったばかりで血管肉腫の宣告をされた時
神さま、あと3年せめて70まで生かしてください
と祈りました。
それが70を2年もすぎることができたのですから感慨ひとしおです。

朝には、息子一家から心のこもったプレゼントと
孫娘の♪はっぴばーすでいちゅーゆー♪のお歌の動画が届きました

娘は、人気のお店のケーキや下ごしらえ施した材料を携えてやってきて
お料理に腕をふるってくれました。

最初は評判のお店でご馳走してくれるつもりだったようなのですが
このところ、夫は外出したがらないのです
特に夜だとなお億劫だといいます
それならと家でお祝いすることにしたのです
私、楽しみにしてたのになあ

いつもより少し上等のシャンペンで乾杯
ケーキを前に記念写真にはりくも参加です
image1_convert_20190403225919.jpeg
もちろんりくはもらえないけどね

合間には息子たちからのFaceTimeの着信があり
生動画の孫娘からの「ジィジおたんじょうびおめでとう!」の声に夫は相好を崩しておりました
息子のところには今年1月に二人目の子供(男の子)が産まれており
丸々と元気な顔を見せてくれるのもうれしく(私の方がよほど喜んでいたかも)
3人と1匹のささやかな誕生パーティが、大いに盛り上がりました

ガン宣告から丸5年を目前にして
このところ症状が進んできています
このガンは、血液検査の数値などでは進行状態が計れないぶん
目で見えるのがつらいところです
抗がん剤を次々変えていますが、どれも効かなくなってきているようです
一時急激に症状が広がった時には夫も動揺を見せていましたが
すぐに落ち着き、驚くほど淡々と毎日を過ごしています

病院以外ほとんど出かけることはありませんが
食後のウォーキングは今でも欠かしません
ホント、えらいなあと思います

1型のためにはじめたウォーキングですが
食欲が衰えないことや、足腰の状態はよいことなど
ガンにも、いい影響を与えてるんじゃないだろうか、とふと思ったりします

さて
また神様にお願いしましょうか
来年の誕生日が無事に迎えられますように、と














スポンサーサイト

ひらひらと

先週の夫の通院の帰り
初夏を思わせる暖かい日差しに
自然の風の方が気持ちいいね、と車のエアコンを切って窓を開けた途端
何かが舞い込んできました
サイドポケットのふちに着地したものを見ると
あらっ、桜の花びらでした🌸

そんなに桜吹雪が舞っている場所でもなく、、走る車、しかもほんの少し開けただけの窓に
入ってくるなんて・・・
なんだか待っててくれたみたい

夫も、そのたった一枚の花びらを手に取り
「おっ、ラッキー」とうれしそうです

病院ではあまり効果も期待できない抗がん剤を打ってはきましたが
先行き思わしい話もなく
気持ちの弾みようもないそんな時に
小さな花びら一枚で、ホッとした気持ちにさせてくれるんだから
桜ってすごい!

IMG_2902_convert_20190420142927.jpg

•••にしても、車、汚れてるなぁ😩


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は22年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが放射線と抗がん剤治療でなんとか5年を生き延びできました。しかしさまざまな副作用に加え、再発部分が次第に勢力を増してきている様子で、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活ですが、2人の孫の成長を楽しみにひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂11才)と静かに暮らしていきたいと思っています

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2