スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおによし

日曜日、夫と奈良に行って参りました。

東大寺である
「世界遺産登録10周年記念コンサート」のチケットが当ったので
音楽聞きがてら久しぶりに斑鳩でも回ってこようかと
車で向かいました。

家から1時間半!
奈良って意外と近かった

柿の木やコスモス畑が点在する斑鳩の里は
京都に比べて観光客も少なく
とても落ち着いた風情で
のどかな秋の日の散策にはピッタリでした。

発起寺の三重塔


発起寺の
三重の塔
ここも世界遺産


法隆寺では
地元のボランティアの方に案内をお願いしました

菩薩と如来の違い
細部の文様の意味合い
聖徳太子は本当に実在したか・・・
などなど

ご自分で撮られたという写真のファイル片手に
詳しくわかりやすい解説で
タップリ2時間!
日頃はさほど仏像のことなど興味のない私たち夫婦ですが
とても熱心に聞き入りました。
・・・・デモ、シンドカッタ

その方のご紹介で食べた
門前のお店のお昼ごはん「塩うどんと柿の葉寿司」も
見学疲れの体に、優しいお味で
とても美味しかったです。

お昼ごはん

あさりのおだしで
あっさり・・えへ

しかし
ウドン+お寿司は強敵でした
poco夫撃沈



そして日が暮れてからは
東大寺、大仏殿でのクラシカルコンサートです

大仏殿でコンサート

それぞれ、芝生や石畳の上にシートを敷いて聞くので
お尻は少し痛かったけれど
モルダウ、ラプソディインブルー、威風堂々など
大仏様にお聞かせするのにふさわしい音楽が
秋の夜空に心地よく流れていきました~~

ところで
大仏殿上方の小窓から
大仏様のお顔が垣間見えるのですが
通った鼻筋、やさしそうな口元・・・

あらためて見たら
大仏さんて、めっちゃハンサムやん!
ちょっとヨン様に似てない?

荘重な音楽に耳を傾けながら
そんな罰当たりなことを考えているpocoでした

イケメン
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

うわー、すごーい

素敵ですねー。

この写真はpoco夫さんの撮影ですか?
すごく綺麗デス。
修学旅行以来、行っていません。(毎度、行動範囲の狭いやつ)

夫婦でお出掛け、羨ましいですね。

威風堂々

まさに芸術の秋満喫されてますね。
コスモスと斑鳩の風景がマッチしてステキ!
それと隙間からの大仏のお顔、とても優しい。お昼間しか行ったことないから、珍しくて感動的です。
まさにエルガーの威風堂々にピッタリ!
ご主人様と趣味が合われて良いですね。
我が家はまったく趣味が異なりますからクラッシックコンサートなど夢物語(笑)
それにしても2時間の説明って凄いなぁー(笑)

奈良の大仏さま... 北海道では高校の修学旅行で行くのですが私は通信制高校で行かなかったので行ってみたい場所です。
両親が新婚旅行で奈良に行った話しを聞いて益々行きたくなりました
  
富士山と奈良の大仏さま、広島の原爆記念館は個人的に日本人として行ってみなければならない場所だと思っています

三重の塔とコスモスの写真 絵葉書のように綺麗ですねーi-68


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふわ~

ラブラブですね~いいな~(;一_一)

私も何年か前、奈良に行って、観光しましたが、夜って素敵ですね~(^・^)

菩薩と如来の違い・・・ちょっと知りたい・・・なんやろ~如来のほうが細面っぽい・・・???

POCOちゃん、ヨン様好き??一層、POCO夫ちゃん、ヨン様に改造計画する~~??

間違えました

先のコメントでは失礼いたしました。
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてしましました。
申し訳御座いません。

地元ですからご一緒したかったなあ。
私は逆に海の見える神戸が大好きです。
結婚するまで月に一度は見に行ったものです。
次回は是非ご案内させて下さい。

美味しいところもありますよ。
大体のカーボも掴んでおりますし。

羨ましい

奈良もコンサートも柿の葉寿司もうらやましいですーv-343

そうです!仏様はハンサムです!
ヨ、ヨン様…は気づきませんでしたー。
奈良はまた、京都と少しおもざしが違う気がします。(時代?)
法隆寺では百済観音をご覧になりましたかー?
私の一押しは、明日香の飛鳥寺の仏様、ちょっと面長なところが好みですv-10

突然、妙に仏像おたくっぽいですが・・・v-236

羨ましいですか?

ベージュさんの言ですが、奈良の原住民としては都会の方が良いですね。

ですが、社寺仏閣や仏像関係でのご案内はある程度出来ますので、お越しの際には声をかけて下さい。

ご案内します。

>myさん

>夫婦でお出掛け、羨ましいですね

夫は毎日フリーですから、夫婦で一緒に行かざるを得ないのですよv-292

なお、写真はpocoが撮っておりますv-398

>もりママさん

>ご主人様と趣味が合われて良いですね

myさんのところにも書きましたが
夫は暇なので、行く?って聞けば大抵のものに同行です。興味があろうとなかろうと・・・(笑)
このコンサートは自由に立てたので、お尻が痛かったこともあって途中でお散歩に行ってましたv-411

>みいちゃん

夫も何十年前に修学旅行で奈良、京都回ったって行ってました。
その頃は青函連絡船で海を渡ってたそうですよ(笑)

札幌ー大阪間、今や飛行機で1時間半。
うちから奈良に行くのと同じ時間で着きますよv-398
是非クルトさんの案内で、奈良見物しましょう!

>そらちゃん

pocoの仏像講座
菩薩は、修行中の仏で
如来は、修行を終えた仏なんだって
あっ、それ以上はつっ込まないでねっ!

ヨン様ね
好きだった~~(遠い目)
でも・・・もう過ぎたことなの。
なにしろ熱しやすく冷めやすいB型だから・・・・ハッハッハ

>クルトさん

クルトさん、奈良でしたか。
しかも斑鳩近くだったなんて・・・
犬も歩けば世界遺産に当るほどの素晴らしい環境ですね。

今度行く時は、是非ご一緒させてください。
クルトさんが一緒だと、poco夫も撃沈しなくて済みそうですし。

>ベージュさん

わぁ、仏像詳しいんだ!
そらちゃんにした説明にダメだしされそう~。

百済観音・・・見ましたよ!
って今、パンフレット見て思い出してるんですけどv-8
すご~く背の高いスレンダーな体つきの仏様でしたね。

ボランティアさんの熱心な説明にとても感化されて、仏像鑑賞を趣味にしようかと思っているところです(笑)
飛鳥寺の仏様にも、会いに行かないといけないなあ。

ベージュさん、クルトさんの案内で奈良のお寺めぐりご一緒にいかが?

羨ましいのは

羨ましいっていうのは、実は
poco夫妻のラブラブ奈良デートだったりしてv-346

私は全然詳しいわけではありません。
ただミーハーなだけですよーv-353
年齢を重ねるごとに、寺社仏閣めぐりを楽しく感じるようになったのは事実ですが…。

だから、ご案内はできませんが
クルトさんにご案内していただくのは賛成ですv-352

>ベージュさん

オホホ、手もつなぎますよ・・・・足が痛い時は、杖代わりにv-510

仏像の追っかけって、しぶいですね!
時代や、作者による面差しの違いなどがわかるようになると面白いだろうなあと思います。
来春には、近鉄が阪神と相互乗り入れするとか聞きました。
そうなると、とっても奈良に行きやすくなるんだな~(^^♪
クルトさんに、覚悟しておいてもらいましょうね(笑)

親父が好きなんです

おはよう御座います。

秋の紅葉の中での社寺散策は良いですね。
来年3月20日に近鉄と阪神が繋がりますから、是非お越し下さい。
春の奈良も綺麗ですよ。

私の父が社寺仏閣と仏像が好きで、東京芸術大学の教授と親交があり、東京と奈良を行き来してます。私はその運転手です。

場所くらいは分かるかな?

おっと~

私も奈良見物、ま~ぜ~て~♪

そうだった、熱しやすく冷めやすい・・・私、A型なのに、一緒~(⌒∇⌒)ノフリフリ

>クルトさん、そらちゃん

んじゃ、春には、クルトさんの案内で
みんなで奈良見物と行きますかv-290

ついでにカーボカウンティグ講座も開いてもらってね・・・(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/102-d4e3904f

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。