もの皆成長するもんだ

猫額の庭のそのまた隅っこに
家庭菜園と呼ぶのも恥ずかしい(だれも呼んでないけど)
ちょっと大きなプランター程度のはたけスペースを作って
夏野菜の苗を植えたのは5月の連休ころだった
IMG_8708.jpg
IMG_8707.jpg

ご近所の本格的菜園の野菜たちが健やかに実り出したころ
うちの子たちは一向に大きくならず
「やっぱり狭すぎたかなあ、肥料が足りないのかなあ」
と気を揉みながらも毎日せっせと水やりしていたら
夏の暑さが本格的になって来たころからすくすく伸びだして
今では狭い畑に収まりきれず
トマトとキュウリはフェンスを頼りにどこまで伸びるのやら
IMG_9191.jpg

こちらのキュウリは、支え棒では足らんとばかりに隣の木に巻き付いて
今では空に向かってどんどん伸びて
IMG_9214.jpg
木の葉っぱの間で実をつけている
IMG_9194.jpg

ある日の収穫
IMG_9116.jpg
一日に顔半分しか作れない程度のみのりしかないけれど楽しいものだ

お盆に帰ってきた1歳7カ月になる孫も、誰の手も借りずこんなところまで一人で歩いて行くようになっていた
IMG_8772_convert_20170825144836.jpg
ちっちゃかったのになあ

トマトもキュウリも、孫も
時が来れば成長するものだなあ、と目を細めている
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

いいですねぇ

実りは食べきれるくらいの少しがちょうどいいですよね!
お盆の帰省時に、おばの家で採れたての野菜をいただいたのですが、わたしには多くて「早く使わないと」と日々追われてしまい、時間が経って色が悪くなったりして「せっかく新鮮なものをもらったのに」と悲しかったです。。

お孫ちゃん、ちっちゃかったのにって、まだまだ小さいですよ〜〜!!
ナナメってるのが危なっかしくてカワイイですね。
いい写真♡

嬉しいもの😃

どんな形でもましてや少量なら尚更 我が家の収穫物は嬉しいものです❗️👍

可愛いお孫ちゃん 久し振りのじぃじ・ばぁばにも慣れて来たかな?


こちらの孫は只今パパイヤ時期が続き 娘はお手上げ状態のようです。

♪カッパさんへ

> 実りは食べきれるくらいの少しがちょうどいいですよね!
どっさりできてる友達は「配りつかれるv-404」って言ってましたv-411
うちは、もうちょっと生ってもいいんだけどなあ

> お孫ちゃん、ちっちゃかったのにって、まだまだ小さいですよ〜〜!!
あはは、そうですね

会うたび、いろんなことができるようになっていくので
大きくなったなあって思うけどまだまだ1歳
この愛らしい時期をもっと楽しみたいので、ゆっくり大きくなってッて、いつも思います

♪カズの妻さんへ

> どんな形でもましてや少量なら尚更 我が家の収穫物は嬉しいものです❗️👍
ホントッそうですね
かわいい!って思います
それに採ってすぐに食べると、植物のエネルギーをもらってるような気がします

> 可愛いお孫ちゃん 久し振りのじぃじ・ばぁばにも慣れて来たかな?
会い始めに必ず一回泣かれますけどv-394
慣れてからの笑顔にとろけています

> こちらの孫は只今パパイヤ時期が続き 娘はお手上げ状態のようです。
イヤイヤ、と泣かれようがジィジバァバの相好はくずれぬとみたけど、どうかなv-391

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1039-63a8431b

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2