FC2ブログ

旧交を温めに東京へ

先日、東京に行って来ました
二つ続けてやってきた台風の最初の方と一緒に(笑)

首都に行くんだから
久しぶりに会う人がいるんだから
ちっとはオシャレして行こう・・・と思ってたけど
濡れるの必至だから
セーター+ジーパンに変更
スーパーに買い物に行く時のスタイルです
その上に100均のカッパで台風対策は完璧

これで銀座を歩いてやる!

と乗り込んだ東京でしたが
東京駅~地下鉄~地下街なので、義姉たちと待ち合わせのお店に入るまでほとんど濡れることなく
都会に住んでたら傘はいらん、ということを実感

約束の場所には、久しぶりに神戸のおじちゃんたちが来るって言うので、甥っ子もふたり来てくれていました
甥っ子ったって40代ですけどね
私たちが結婚したころにはまだ小さな少年だったのに年月の速さ痛感です

「○○ちゃん(義姉たちは70歳の夫を子供の時と同じ愛称呼びます)元気そうじゃない」
夫を見て義姉たちは安心したように言いました
感染症で何度も入院していることも
副作用がひどくなってきていることも伝えていませんから

一見元気そうで、こうして旅行もでき、食事も摂れお酒も飲む様子からは
ガンを患っているようには見えないのかもしれません

その日は上の義姉の家に泊めてもらいました
面倒見がよく、愚痴めいたことを言うことなく明るくて溌溂としたこの義姉が、私は大好きなのです
夫はいつも通りの早寝でしたが、私は何年かぶりの義姉とのたっぷりのおしゃべりを楽しみました

翌日は
夫の友人夫妻と夕食を共にすることになっていました
夫たちは数年に一度は会っていますが、夫婦でお会いするのは35~6年ぶり

この明るく愉快な夫の一番の友人は
学生時代からのおつきあいと言う素敵な奥様と
1年ほど前に高級(たぶん)有料老人施設に入られたのです
「家も処分したので、もう戻れない、ここを終の棲家にせざるを得ないんだよ、ハッピーなんてほど遠いよハハハ」
と、言葉とは逆に楽しそうに笑っておられました

「モノの処分がもすごーーく大変でした」とおっしゃる奥様は
「とても狭くなりましたけど、どこかで安心感があります」と

子供さんがおられない、ということもあろうかと思いますが
まだ早いんじゃないか、などと言う躊躇を追いやっての決断
老いへの覚悟や潔さがお見事!と二人がまぶしく見えました

その日は町田のホテルに宿泊
なんで町田?

と言うのには訳があって
今回の上京、実はもう一つの目的があったのです

その話はまた次に・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

まあ〜

東京にいらっしゃってたんですねー!
台風とともに・・・
お会いしたかったです〜♪(^0^)

ひさしぶりのお友達やご親戚の方とお忙しそうですね!
なんだか、少し未来の自分の話を聞いてるみたいな気分になります..。
うちの甥っ子姪っ子たちも、どんどん大人になっていっていますし。
老人ホームかぁ。なかよしの友達といっしょのとこに入れたら楽しそうだなーとかって考えちゃいますね。そんなことができればいいなぁ。

わたしはまた京に会いに行きますね〜♡

♪カッパさんへ

そうなんですよ
行ってたんです、台風に追っかけられながらv-355

どこも観光したりしなかったので、東京に行った実感がまったくありません(笑)
なんかちょこっと隣町に行ったくらいの感じ

カッパさんにはまだまだ実感のわかない話でしょうが
同年代の人が老人ホームに入ったって聞いて、老いへの覚悟しなくちゃいけない年代なんだなあ、と焦ります
結局そういう決断を早くできる人の方が安心の老後を迎えられるのかもね

また京都で会いましょうね~v-238

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1046-04194f53

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は21年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、抗がん剤がなんとかがん細胞と折り合っているらしく、5年目にはいりました。感染症でたびたび入院したり、再発の兆候も見られるし、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀2歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂10才)に癒されながら過ごす毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2