スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AB完全制覇

ブログが1月の風邪ひいたままで終わってる

いかんいかん・・・

と思っているうちに
次の風邪の波に飲み込まれております

1月後半をほぼ風邪ひきで過ごし
2月は何とか乗り切ったもの
3月に入るや否や咳がぶり返してあれあれと思っているうちに
伏兵(?)夫がインフルB発症
だから、手洗いうがいをもっと真剣にって言ってるのに

夫はほら
1型糖尿病だし、抗がん剤進行中のガン患者だし、高齢者だし
えらいことです
でも先生からは特別な指示もなく
夫も薬局でイナビル吸入してきたよ、とケロッと帰ってきました

最近のインフル事情を知らなかったけれど
一回吸入するだけでいいお薬があるんですねえ
繧、繝翫ン繝ォ縲€逕サ蜒擾シ狙convert_20180307221711

その後、時々は熱がぶり返すも特に重篤化することもなく今日で5日目
何とか無事乗り切れそう・・・な感じでやれやれ

かく言う私は、一向に咳が治まらず
「咳喘息かもしれないよ」と友達に言われて呼吸器内科に行ったら
熱が7度7分と判明(しんどいのは咳のせいと思ってた)
念のために、と隔離され、例のお鼻ぐりぐり検査したら
・・・・・あろうことか、B判定出ました
夫に遅れること2日、そんなに仲良くしてたわけでもないのに

肝心の咳の検査は保留して
先にインフル治しましょう!ということで
リレンザという、これは5日間朝晩吸入するお薬を処方されました
小さなゲーム機みたいので、お薬の玉に穴をあけてそれを吸入する仕組みです
お医者さんによって扱うお薬が違うんですねえ
imagesNLLZQIQ9.jpg

リレンザは1回にふた玉吸入、という表記がなんかおかしい
IMG_0281_convert_20180307221620.jpg

娘が買い物にも行けないだろうから帰ろうか?と言ってくれたけど
移ったら大変、5日くらいの食糧備蓄はあるからと辞退して
二人して5日間の引きこもり生活です

リクに移ったら大変だって心配したけど
インフルは犬猫には移らないらしい、よかった
IMG_0167_convert_20180307222846.jpg

今年になってから1月に引き続き2回目のインフルで
いろんな人にご迷惑かけたり、楽しみにしていた予定をさまざまキャンセルしないといけなかったけれど

「ついてる精神」の私としては
AB両方制覇したぞ!もう怖いものはなくなったとでも思うことにしましょう








スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

両方制覇

あらら〜
両方いきましたか!
今年はほんとに流行ってるってよく聞きます。
義母もかかってました。

その後咳の症状はいかがですか?
眠れなくなってツライですよね。
診断がついても、症状が変化したり長引いたら、また受診したほうがいいですよ。
咳ってけっこう厄介だと思います。

夫さんは重症化してないみたいでよかったですね!
お二人がいつも気をつけてる成果ですね。

治る頃には桜が咲きますよ〜♪

♪カッパさんへ

外出から帰った時はまず洗面所に直行で、手洗い、うがい励行してたんですけどね。
抵抗力が弱ってたのかなぁ
ライフスタイル見直さないと、と風邪以来早寝を心がけるようになったのは怪我の功名です👍
あと、毎日納豆も食べるようにしてます、って関係ないか🤣

インフル完治とともに咳もかなり治って来ました。
具合が悪くて寝てると、他にも色々悪いところがありそうな気がして
インフルが治ったら、心臓や呼吸器もきっちりしらべてもらわなくっちゃなんて思ってたけど
治って来たら、もういいや、って思うんだから単純🙄

> 夫さんは重症化してないみたいでよかったですね!
そうなんです!
これは本当に助かりました。
インフル特効薬のおかげです🙇‍♀️

> 治る頃には桜が咲きますよ〜♪
元気でお花見に行けるかな🌸

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1062-74d056c3

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は21年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、抗がん剤がなんとかがん細胞と折り合っているらしく、5年目にはいりました。感染症でたびたび入院したり、再発の兆候も見られるし、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀2歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂10才)に癒されながら過ごす毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。