FC2ブログ

どう生きるか

3つ目の抗がん剤(パソパニブ)を休薬して、約1か月が過ぎました

上がっていた血圧は正常になり
手足の水泡も消え、関節痛もなくなりました
2階への上がり下りだけでもしんどそうだったのに
最近では散歩も復活、距離も少しずつ伸びています

休薬したひと月前は
浮腫みが最高潮で、腕も脚もパンパンに膨れ上がっていました。
脚は私のダイコン足も顔負けの太さになって、女性だったらいたたまれないだろうなあと思うほどでした

MサイズのT シャツがきつくなって、脱ぎ着がしにくくなり
身体が一回り大きくなったような気がする、と思っていたら、なんと体重が7Kgも増えていたのです。

主治医もさすがに見かねたのか
腎臓に悪影響が出るからと出し渋っていた利尿剤を
ようやく8月半ばに出してくれました。
(どうせ出すなら、もっと早く出してくれればいいのに)

抗がん剤をやめたのと相乗効果か
それからは見事な勢いで減っていき
2週間ほどで体重はほぼ元に戻りました

手や腕のしびれはや固くなった皮膚は、なかなか元に戻りそうにはありませんが
体調は日に日に良くなっているのを感じます
何より表情が明るいのです

先生は早く薬を再開したいようですが
夫は何かはっきりした兆候が見えるまではやめる、と言います
ただ、頭部の様子を見ていると
悩ましい判断をしなければいけない日はそう遠くないかもしれません

どう生きるか

難しい決断になりそうです



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

むくみで7kgも〜

体にすごい負担が強いられるんですね。
つらい〜!
そんな薬使わないほうが健康に近くて病気を治す力もあっていいように思うけど、元気だとガンも元気になっちゃうんですよね。
ガンだけをやっつけてほしいですねぇ。
夫さんが辛そうなのを見守るしかできなくて、pocoさんもつらいですね。

思うようには…

うーーん😣 なかなか難しいんですねぇ。
お医者様の意見は勿論なのですが、
素人目にはその様子を聞けばそのままでいいんじゃないの?って思ってしまいますねぇ。

最終的にはご主人の判断でしょうが 、
側で実際に見ているpokoさんは様々な気持ちが交錯しますね😞

何か良い情報があれば良いんだけど…

♪カッパさんへ

お返事が遅くなってしまってごめんなさい
すっかり筆不精になってしまいましたv-436

抗がん剤しか頼りになるものがないので
副作用と天秤にかけながら使って行くしかありません

医学は日進月歩なんだけどねえ、なかなかねえ・・・

使ったりやめたり
症状とバランスを取りながら
なんとか平和に暮らしていきましょう


♪カズの妻さんへ

お返事がすっかり遅くなってしまいすっかり、失礼しました

アメリカ行きの準備は済みましたか
お孫さんとの再会、首を長くして待っておられたことでしょう
楽しんできてくださいね

> 最終的にはご主人の判断でしょうが 、
そうです!
効果と副作用を見ながら、身体が一番楽な方法を模索していくしかありません
今のところ薬の効果があるのが救いです

ぼちぼち、ゆるゆる、ですv-411

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1078-461ae222

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は21年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、抗がん剤がなんとかがん細胞と折り合っているらしく、5年目にはいりました。感染症でたびたび入院したり、再発の兆候も見られるし、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀2歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂10才)に癒されながら過ごす毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2