FC2ブログ

無自覚再来?

リブレ導入以来、夫の1型ライフがずいぶん快適になりました

こんなに素晴らしい器械(誤差はかなりあっても許す)なのに、一向に興味を示さなかった夫が
なぜつけることになったか

それは10月の中頃から始まった無自覚低血糖の頻発によるのです

ここ何年間は無自覚低血糖を起こすことなく過ごしてきたのに
いきなりの頻発
23日間で8回です

2~3日に1回の割で起きるのですからたまったものではありません
夕方が多いと警戒していたら、午前中に起こしたり
そうかと思うと深夜急におかしなことを言いだしたり

素直にブドウ糖を飲んでくれる時もあれば
途中から不機嫌に豹変してぷんぷん怒り出すこともあり
次いつ起きるかと思うと、私の精神状態もおかしくなりそうでした

例によって本人は低血糖時の自分のことがわかりませんから
正常に戻れば、どうってことない顔でビールなど飲んでいるのですから
私のイライラも募ります
「何とかしてよ、何年1型やってるの!」とたまらず言うと
「僕だって、トレシーバもログも減らして頑張ってるんだ!!」とケンカになる始末

後から考えれば、夫は夫でずいぶん苦労してたんだろうと思うのですが
その時の私は、ああまたかという腹立ちばかりが募っていました

毎週通院はしているので低血糖を起こすことは伝えますが
主治医は皮膚科医なので取り立ててアドバイスもありません
「多分抗がん剤の副作用でしょう」と言われるばかり
抗がん剤をやめるわけにはいかないし、気を付けるだけではどうしようもないのに
あいにく糖尿内科の診察予定は12月半ばまでありません

11月に入って立て続けに起こした時に、たまらず
「こんな毎日低血糖起こして普通じゃない!
今度の診察は一緒に行って先生に何とかしてもらう
糖尿内科の予約も取って貰う!」と叫んでいました







スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

大変そう!

大人になって、「困る」ことってほんとヤダなって思うようになりました。
なにかをなくした、見つからない・・・
なにかトラブルが起こってどうしよう!ってなってるとき・・
自分自身がやらかした時も「もーヤダ!!」ってなるけど、横で人があわててるのを見てるだけでも、こっちは巻き込まれてしまうんですよね。
ほんと勘弁してくれって思います。

ゆっくりTVを見るはずだったのに、わたしの平穏な時間を返して!って。
なんもしてないのに、なんでこんな思いをしなくちゃいけないの?って。

でも本人は、事が済むとほんとケロッとして、またやらかすんですよね。
こっちがどんな思いをしてたか、、、本気で考えたことあるの?いいかげんにして!って言いたくなる。

poco夫さんががんばってることも、どうしようもないってことも、よくわかるんですけどね。
pocoさんが振り回されて疲弊してしまうのはほんとにかわいそう。

「副作用でしょう」で片付けられても困るよね。またその心臓が縮むような思いをしろって?防げるものなら対策をしたいですよね。

あぁ………

なんだか色々あったんですねぇ。
どっちの気持ちもわかって、涙出そうです(>ω<、)
お疲れ様です。
これからちょっと楽になるといいですね。

No title

ボクの妻にもリブレを付けたいです。リブレって、スーパーの名前みたいです。

♪カッパさんへ

ドタバタしている間は、相手を責めてばかりで夫のしんどさを忘れてしまっていました
一番しんどいのは当人なのにね

結局物事がいい方へ行ったので

まあこの騒動も良かったのかな、と思える今日この頃v-411

♪キリさんへ

> なんだか色々あったんですねぇ。

そうなんです
その後いろいろアドバイスありがとうございました

> これからちょっと楽になるといいですね。
夫も私もとても気持ちが楽になりました
リブレのおかげです

また何かわからないことがあったら教えてねv-436

♪やまさんへ

おひさしぶりです

> ボクの妻にもリブレを付けたいです
かかっている医療機関などで状況は変わるようですが
ダメもとで先生に聞いてみたらどうでしょうか
もしくはリブレ使ってくれる病院に変わるとか
1型生活変わると思います

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/1087-7eb7d627

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は22年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが放射線と抗がん剤治療でなんとか5年を生き延びできました。しかしさまざまな副作用に加え、再発部分が次第に勢力を増してきている様子で、これからどうなるか、スリル満点のちっとも甘くない生活ですが、2人の孫の成長を楽しみにひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂11才)と静かに暮らしていきたいと思っています

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2