カンボジア~ベトナム料理検証報告 by poco夫

海外旅行では
フライト中は運動できないし
高脂質の料理続きで血糖値がどうしても乱れがちになります。

今回の旅行では以下を目標として
乗り切るつもりでした

1.70以下を出さない  (インスリンは少なめに打つ)
2.夕食の高脂質にはQ+Rで対応 
 
朝食・昼食については
食後の血糖値が高ければQの追加打ちで対処
夕食の高脂質の影響は睡眠中に現れるので
Rで抑えるつもりでした。

しかしQとRの併用は、やり慣れていないこともあり
外国での低血糖をpocoが不安がるので
カンボジア初日の夕食では
普段どおりQだけで様子を見ることにしました。

その日の就寝前血糖値は96
翌朝の血糖値は71で、バッチリでした。

これで、カンボジア料理は脂質が少ないと思いこみ
次の日も似たような食事内容だったのでRは打ちませんでした。

ところが、翌朝の血糖値は331と散々な結果でした。
同じように見えて、脂質分がかなり違っていたせいかと思われます。

ベトナムでも同じような状況になってしまいました
ホーチミンで安くて美味しいレストランを見つけたので
2晩続けて行き
同じような食事をし、同じようにインスリンを打ったのに
翌朝の血糖値は114271と大違いでした。


目標1は達成できましたが
目標2は、Rを使う機会なく終わってしまいました

結局
カンボジア料理・ベトナム料理は
上るかと思えば上らず
上らぬと思うと上るという
はなはだわけのわからない検証結果になりました

ひとつ言えることは

見た目で

脂質を判断するのは難しい


ということです。

日本でも外食で失敗することが多い私ですが
国内外を問わず
外食へ上手く対応する技術習得の道は果てしなく続きそうです。

                          poco夫記
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

初心者の質問

おはようございます!
そらちゃんの貼紙効果は上々のようでしたね。
やはり異国での低血糖昏睡は、pocoさんの一番のご心配だったので、ちょっとした高血糖はドンマイ(笑)
カンボジアやベトナムのお料理克服ですね!

ところで初心者ゆえのご質問で笑われるかも・・・
私は昨日、普段通りの朝食の後の2時間に243でした。朝食前は144で、ちょっといつもより高かったのですが、レベミル3単位と、ラビッド6単位打ったのにです。(笑)
で・・・固定打ちの為にそのまま
そしたら、昼食前62の低血糖です。
その後、夕食はお客様だった為に精進揚げを作りまして、天ぷら攻め・・・当然287の高血糖(大笑)
やはり固定打ちの為そのままで眠前は122になりました。
固定打ちでない方々は、よく追加打ちをされていますが、私のようにこんなにアップダウンがひどくないのでしょうか?
主治医は朝食前の血糖値が100~120くらいを目安に・・・と、言われて低血糖以外の数値はあまり気にしなくて良いと言われるんですが・・・
勿論、固定打ちなので皆さんとは違うのでしょうけど、いつも気になって・・・私は何もせずにいて良いのかと不安になるんです。高血糖で血管が傷つくのでは・・・とドキドキ(笑)
そう、天ぷらなど食べ過ぎなきゃ良かったんですがね。自業自得ですよね。アハハ
つまんない質問ですみません。

poco夫様、はじめましてm(__)m

まだまだ動きたがりの年代なので、低血糖は結構起こしてしまいます( ̄~ ̄;A

脂質は本当に厄介ですよね・・・・

Rは最近、非常に興味があります!
次回の検診で主治医に打診してみようと思います!

お料理は?

おはようございます。

poco夫さんったら・・・。
カンボジア料理の食後血糖値の攻略HOW TOばかりで、肝心のお味は?
おいしいとか、簡単な感想でなくて、グルメレポーター張りのを期待していますよー。

私の場合、脂質はぴったり5時間後がピークデス。
食後2時間経過したときに、Rをうっています。
ある意味、冒険デス。

>もりママさん

もりママさん はじめまして poco夫です
私は、食後の散歩をしっかりしていますので血糖値のピーク値はかなり抑えられているのではないかと思います。通常は食後2時間の血糖値は100台でその後は僅かしか下がりません。それで200以上の場合は追加打ちをします。
もりママさんの場合は食後の血糖値が高くても最終的には100前後で収まっていますので追加打ちは必要ないと私は思います。

>新さん

新さん はじめまして poco夫です
新さんのブログはいつも読ませて貰っています。HbA1cが殆ど同じなので親しみを感じています。
私はせっかく主治医にお願いしてRを出して貰ったのに、睡眠中の低血糖が怖くて夕食時にはなかなか思い切って打てません。少しずつ慣れることが出来るよう、使用頻度を多くしようと思います。

> my さん

myさん
お久しぶりです。
今回のカンボジア・ベトナム旅行の報告はpocoに言われて、IDDM患者自身でなければ分からない部分だけを私が書きました。グルメレポートは後でpocoが写真付きで詳しく?書くと思います。
脂質にはいつまで経っても泣かされています。思い切って冒険しないと良い答えが見つからないので、昼食で検証してみようと思っています。睡眠中の低血糖は怖いので。

勉強になります

昨日会ったわたし好みの淡白そうな人と今日会った人は、よく似ているわ。
でも、喋ってみたら、あらら全然中身が違うv-356

じゃあ、昨日会った優しそうな人に今夜も会いましょうと会ってみたら、あらあら
夕べとは別人のようv-355
なんで今日はそんなに怖いのv-404

うーん、なんとかは見かけによらないって、カンボジア・ベトナム料理にもあてはまるのねv-56

参考になりました

日本国内でも外食は難しいのに、海外なんて見慣れない料理でどんな材料からできているのかわからないと、もっと難しいですよね
バビさんも以前の香港記で苦労されていたようだし...そういえば飛行機の中って動けませんもんね(--;)ちょっと運動できる広場があればいいのに。でも飛んでるから危ないですよね。じゃあお風呂は無いんですか?シャワーは付いてるって聞いたことがあるけど...
飛行機は全然利用しないのでそんなことですらわかりません(T0T)

旦那さんチャレンジ成功ですね!
ところでベース(基礎)は増減したのですか?

>ベージュさん

ベージュさん
こんにちわ
>なんで今日はそんなに怖いの
外食の怖さを女性らしく上手く表現してくれましたね。私の場合は、血糖コントロールが思うようにならないと腹が立ってしまいます。
でも海外ではベストな結果を求めると低血糖のリスクの高まるので、ほどほどで我慢したほうがいいのかもしれません。

コココ・・・コメントまで父様!!

ふぉ~コメント欄に父様の名前が!!素晴らしい~♪

そうそう・・・この前のベトナム料理IN南船場でも、多分、調味料の糖質、あっさり見えて、素揚げされてる脂質・・・・わかりませんよね~でも、おいち~から、許そう!と、思ってしまう娘です。。。がははっっ

>みいさん

みいさん はじめまして poco夫です
基礎インスリン(ランタス)の量はいつもどおり8単位打ちましたが特に問題ありませんでした。
また、打つタイミングは現地時間に合わせて普段と同じ夜10時(実際には時差2時間分のずれがある)としましたが、時差が僅かなので血糖値への影響は感じませんでした。
時差の大きなヨーロッパ・アメリカへ行った時も基礎インスリンを打つタイミングは現地時間に合わせました。
どうせ海外旅行中は血糖値が乱れるのだから、あまり細かいことまであれこれ心配してもしょうがない、それより打つ時刻を同じにして打ち忘れ防止を優先しています。

>お風呂は無いんですか?シャワーは付いてるって聞いたことがあるけど...
普通の飛行機にはお風呂もシャワーも付いていません。最新のエアバスの1st classでは設置するという話は聞いたことがありますが、私には縁がありません。

>そらさん

そらさん こんにちは
pocoに言われて汗をかきつつ書いています。文章がくどくて読みにくいとか、うるさいので四苦八苦です。

そらさんの言うとうり、おいしいから許そう!という気持ちで悠然と料理を楽しむ方が絶対いいです、どうせキッチリとは行かないんだから。と言いながら、高血糖の不快感にはどうしてもなじめないpoco夫です。

こんにちは。
我が家も外食では悪戦苦闘しています。T_T
旅行に出ると、注射単位が想像も出来無い様な料理を前に完敗する事がほどんど。
娘はRを持っていないので、寝る前に良い感じでも寝ている間に急上昇しちゃうんですよね。
上がるだろうな~と分かっていても、その時点でQは打てず、夜中に高血糖でトイレに起きる始末。
正直な所自分の体ではないので、どうしても追加打ちは低血糖を恐れて躊躇してしまいます。>_<
Rかあ。やっぱり欲しいな~。

カンボジア料理・ベトナム料理。良いですね~。
どんななんでしょう。pocoさんの写真付きの記事も、楽しみにしています♪

>ともかさん

ともかさん 
はじめまして poco夫です。

ロシアでの外食など想像もつきませんが
大変ですね。
>正直な所自分の体ではないので、どうしても追加打ちは低血糖を恐れて躊躇してしまいます。

自分の体でも追加打ちは躊躇しますので、お気持ちはよく分かります。私はRを持っているのに睡眠中の低血糖が怖くてなかなか打ません。

pocoが近いうちに写真たっぷりの記事を載せると思います。

はじめまして、poco夫さん。

発症してからは海外旅行へは行っていないので、興味深く記事を拝見しました。
いつも食後の運動を欠かされないpoco夫さんが機内食を食べた後はどうされるんだろう?と、期待(笑)していたのですが、機内ではやはり運動は無理ですよね。

発症直後は食後の運動を欠かさなかった私ですが、いつの間にやらステッパーも踏み台昇降用の台もホコリをかぶっています。
嫁からはpoco夫さんの爪のアカを送ってもらうように言われております。

>saka10さん

はじめまして saka10さん
飛行機の通路をぐるりと一周したりもしましたが、せいぜい2~3分で戻ってしまい、殆ど運動になりません。乗り継ぎの時はターミナルビル内を出来るだけ歩き周ります。

>発症してからは海外旅行へは行っていない
私も初めは海外に行くのは怖くて、なかなか決心がつきませんでした。でも、一度行くと抵抗はなくなります。血糖値はどうしても乱れますが。

父様へ

>pocoに言われて汗をかきつつ書いています。文章がくどくて読みにくいとか、うるさいので四苦八苦です。

あれ??父様もしかして低血糖??(笑

でも、その光景、想像できるから、面白い(爆笑

そんな、仲良しの父様、母様が大好きですよ~(⌒∇⌒)ノフリフリ←こういうとき”フリフリ”登場です!!

私この前まで、ず~っと高血糖慣れしていたことに、最近気付きました。増量キャンペーンしてから、頭痛減りました(^○^)/ 隠れ、高血糖だったのかな~っと・・・・
でも、最近は始終”さわさわ”していて、気持ち悪いです( ̄□ ̄;)!!ガーン

>そらちゃん

poco夫は、もはや力尽きて休みました
そらちゃんには私からしておいてくれと言い残して・・・
コメントのお返事大変だったようです(笑)

増量キャンペーン以来、高めは減った?
“さわさわ”の原因は何なのかな?

探偵そら!!

私の推理によれば・・・・ランタスがまだ体と仲良くない気がします・・・・さわさわ感!だって~日に日に、さわさわ感なくなってきた!!もしくは・・・・・高血糖に逆戻りか!!!( ̄□ ̄;)!!ガーン

父様、コメントの大変だったから、早くに就寝??それとも、通常就寝時間??(笑

>そらちゃん

もちろん通常就寝9:30  お子ちゃま時間です。
本人曰く「寝床で本を読むんだ」って
3分ほどね(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/118-6fb2d6ea

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2