スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻からみたカンボジア

私達夫婦、二人で旅行すると
必ず何度かけんかします

原因は
夫のせっかちと、低血糖によるイライラ・・・・と私は、思っています


ところが今回は一度もいさかいなし!

70以下を一度も出さなかった(そのかわり300以上多発)というのも理由の一つですが
他にも大きなわけが・・・・

国内外問わず
観光地には暇になった中高年があふれているのに
カンボジアはなぜか若い人、しかも女性が多かったのです。

特にアンコールの遺跡めぐりのバスは
私達夫婦ともう一組の母娘連れ以外は
すべて若い女性のグループで
黒一点のpoco夫、もうごっきげん

ジャンプ

うれしくて
世界遺産アンコールワットの前でジャンプしたり(^_^;)

額縁

遺跡の中で絵になったり・・・・

だからけんかなんかしてる暇なし(笑)

ホントは、キャピキャピのおネエちゃんと一緒に飛んだり
額縁の中に納まりたかったんでしょうけどネ・・・





アンコールワットのあるシュムリアップは
ここ数年は観光化が著しいとかで
道路も舗装され
いたるところで豪華なホテルが建設中。

私達の泊まったホテルも
お湯はタップリ出るし空調も完璧で
なかなか快適でした。

でも
一歩メインストリートから外れると
でこぼこ道やぬかるみが続き
電気も水道もなく
雨露を防ぐだけの家が立ち並ぶ貧しい国です

ですから食事も大して期待していなかったのですが
中華、ベトナム、タイが融合したようなお料理は
素朴で、なかなかおいしかったです。
カンボジア料理2カボチャプリン
 野菜炒めと さつま揚げ          名物らしいカボチャプリン
           ↑
          美味!!

油分は、夫が書いたように・・・予測はずれっぱなし、血糖値ほぼ高値で推移でした


雨季が終わり、一番過ごしやすい季節ということでしたが
日中は30度前後で、とても蒸し暑く
総行程5~6Kmになる遺跡めぐりウォークは
斜度70度くらい(に思える)の急勾配の階段の上がり下りなどもあり
結構ハードでした。

でも
はにかみながらも優しい表情を見せてくれる人々には好感が持てました。
物売りの少女

スカーフを売る女の子




何より物価の安さは感動もの


で・・・・・
こんなものや
ついばむにわとり
下についている玉を回すとニワトリがえさをついばみます
感動の$2!


こんなものも
水牛鈴
水牛の首につけるもので、振るとポコポコと乾いた音が楽しい
$1
 
買っちゃいました

いったい何に使う気?




朝5時に集合して見に行った、朝日に輝く・・・・はずだったアンコールワット
朝日に輝く・・はず


残念  雲が高すぎ・・・



でもいいさ

~喧騒のベトナムに続くよ~





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

かぼちゃプリン・・

それって、かぼちゃにプリンのタレがかかってるだけの様に見えるんですが、気のせいですかね・・?

あらら

遺跡の前でジャンプなんてv-405
そんなpoco夫さん想像つかないんですけどー。でも証拠ありですもんねv-353
楽しそうな様子が伝わります。
にわとりさんと水牛用の木細工もとっても可愛いですねv-344

お洒落雑貨を売りにしているベトナムに比べたら、まだまだ素朴なカンボジア。そこがまた魅力ですねえ。

そういえば、東南アジア料理って、現地では油がココナッツ油だったりしますよね。
もしかして、曲者はそいつではv-361
うーん、誰かサラダ油とココナッツ油のカーボ比???をプリーズ。

素敵ですね。

ご夫婦二人だけの旅行・・・
羨ましいデス。
(我が家は、まだコブ付でして)

ベージュさんじゃないけど、
ジャンプだなんて・・・
ぽこおさんったら。おわかいっ、ぽっ・・・・。

pocoさんも細身で羨ましいデス。

私もpoco家のように、主人と悠々自適の暮らしで、二人で旅行してみたいものデス。
憧れます

うわ~。

過ごしやすくて30℃の国と同じ物が、既に氷点下に突入している国の「おみやげ」にありますよ~。v-12
ニワトリさんのおもちゃです。
ロシアのは、花とか、イチゴの模様が描かれた、必要以上に派手なやつです。
今探してみたんだけど「おみやげ在庫」には無かった。>_<
そうか。白木はカンボジア製なんですね。色付けだけロシアでしてるのかな。^^;;

ご夫妻で旅行なんて‥‥素敵ですね♪

感心してます!

主人と私は、一緒に旅行するとpocoさんご夫妻以上に喧嘩の回数多いです。まっ、喧嘩と言っても私が一方的に不機嫌モードになり、主人は気付かず・・・最後の方で???と、気付いたときは帰宅途中(大笑)
IDDM発症以前からですから、低血糖のせいではなくて、気を遣って欲しい時には気付かず、どうでも良いことには気遣う主人にイライラするのです。(大笑)
まっ、私としては気を遣わずに過ごせるのはやっぱり主人ですから、一緒に行くなら主人が一番良いのですが・・・我が儘な妻を持つ主人に同情します。アハハ

なので、絶対に海外になぞ行きたいと思わない私、興味ひくものが違い過ぎるのんです。(笑)
主人はパリ、北欧、アメリカ、スペイン・・・、そして東南アジア(タイは数知れず)と行くのですが「ママも一緒に行こう!」と言われても、丁寧にお断り続けてます、モチ、仕事での出張が大半だし・・・
時には寂しいらしく、しつこく誘われることもありますが「往復ファーストクラスで、三ツ星ホテル滞在、優秀な通訳さん付き」の私の条件の前に、諦めるんです。うふふ

pocoさんの愉快な旅行記を読んで・・・あまりにご主人様とお仲良くて、こんなご夫婦連れを見かけたら、主人は羨ましいだろうなぁ・・・と思いました。(笑)
pocoさん偉いなぁ・・・ここ見せたら、我が主人は垂涎ものでしょう!

ご主人様、これからもpocoさん大事になさいませね。
続き楽しみです!

>まひまひさん

おっ、鋭い眼力!

まさしく、ただのカボチャに、プリン(らしきもの)がくっついた、実に素朴な名物でした。
「カボチャプリン」じゃなく「蒸しカボチャとプリン」と言うべきよね

>ベージュちゃん

若い娘さんたちから
「可愛い」なんて言われて、ちょっと嬉しそうでしたよ(笑)

なるほど
ホシはココナッツオイルかも

春巻きの食べ比べでもやってみる?

今なら!!

コメント返し、かぶってる???
今???今??pocoちゃん打ってる??? 打ってるって言っても、ラピでもランタスでもなく・・・き~ぼ~ど~~~!!

> my さん

>細身

ウッフッフ なるべく細く見える写真んだのは成功だったかなv-8
決してアップの写真は載せません!

二人で旅行・・・・そのうちせざるを得なくなりますから(笑)


>ともかさん

あらあ、不思議ですね、あんな暑い国とロシアのような寒い国に共通するなんて。

>ご夫妻で旅行なんて‥‥素敵ですね

私はともかさんちのルツェルン旅行が
とっても羨ましいです。

>もりママさん

>気を遣って欲しい時には気付かず、どうでも良いことには気遣う主人

あーーこれわかる!いらんわ!って思いますよね(笑)

>一緒に行くなら主人が一番良いのですが

ここは意見が合いませんね(笑)

>あまりにご主人様とお仲良くて

決して羨ましがられるほどの仲ではありませんので・・・誤解のありませんようにv-422

>そらちゃん

ちょっと遅れたかな?

今打ってるよ
ランタスは夫が
き~ぼ~どは私が打ってま~す!

顎の調子はどう?

その間に・・・・

ランタス打ってました!眠前も測ってました!
140!! 0.5単位!即効抜きで、ラピ追加!!最近の日課です!あはは~追加打ちの技術習得しつつあるわ~やりすぎかな~???まあ、いいか~
顎ね~ブログにUPしたら、ましになりだした!変なにおいの薬塗るより、ブログに書いた方が、効果あるみたい(⌒∇⌒)ノフリフリ

>そらちゃん

返事早~いv-405

140・・・いい感じやね
0.5単位打ちとか
どんどんテクニシャンになっていくね

ブログに書いたらよくなるって!?
すごいブログ効果!
これをブログリンといいます

あはっv-411ブログリンってそれっぽくない?
もちろんうそですけど。

ブログリン効果(笑)

ええーーっ、すごい効き目ありそう!

私は昨夜眠前72でしたから、
牛乳と五穀ビスケットで補食。
午前3時に目覚めて測ったら124
安心して熟睡・・・(笑)
今朝は112でした。

ここに書いたら、コントロール良くなりそうです。ポコブログリンだよねぇ・・・うふふ

>もりママさん

ブログリン効果すごいですねv-405
顎は治るし、好血糖値は出るし・・・

♪みんなで書こうよ、ブ・ロ・グ
みんなで読もうよ、ブ・ロ・グ
元気がでるよ ブログリン♪

テーマソングまでできちゃった(笑)

テーマソングに合わせて~~

踊ってみましょう~ふんふんふん、ちゃちゃちゃっっ・・・・
あっっ、仕事中やった・・・・(@_@;)
それも、月末や~~(ー_ー)!!

>そらちゃん

お茶席でなくてよかった。

仲の良さが写真から伝わってきますv-344お2人とも本当に楽しそうっ
カンボジア料理って油っこい(濃い)味付けのものが多いのでしょうか?!
食べて沢山歩いて、1型でも普通に旅行ができるということをpocoさんご夫婦が証明しましたね!!
世界遺産なんて、貴重な写真を載せて頂いて(飛行機が苦手な私には)嬉しいです

>みいちゃん

カンボジア料理は意外とあっさり
ただ、夜中の血糖値の上がり具合から見ると隠れ油はかなりあったかな?

夫も発症後初めての海外は、こわごわでしたが慣れましたよ。考えてみれば外国にだって1型の人はいるんですものね(笑)
1型が行けないはずがない!

みいちゃんは若いんだから、これから少しずつエリアを広げていくといいね。

世界遺産の写真を喜んでもらえたので
もう一枚、朝日がキレイに当る・・・ハズだった(笑)アンコールワットの写真を追加しました



トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/120-f23488cc

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。