スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんのおかげです

夫の12月1日の検診の結果
HbA1cは5.9でした

先月より0.2
以前の夫ならば
顔をしかめる数値です。

しかし今は70以下撲滅キャンペーン依然継続中
バンバン低血糖出してた頃とはちょっと違います!

先月の旅行中高かったし、仕方ないなあと
結構割り切った表情です。

変わったなあ、と思います。

3ヶ月前まで
夫は「HbA1cは低ければ低いほどいい」と言い切っていました
低血糖ギリギリの線を狙わないといい数値は出ない!とも言っていました
昏睡や無自覚はともかく
いいHbA1cのためには、低血糖は必要悪・・・みたいな気持ちがあったのではないかと思います

血糖値いくら?と聞いた時に
「59だったよ」とか「65だったよ」と言う声に
心なしか、うれしそうな響きを感じたのは気のせいではないと思います。

それが変わってきたのは
ブログがきっかけです。

(最初はこっそり見ていた私のブログですが
今や、コメント欄は私より先にも熟読です

過去にもさかのぼって
度重なる低血糖や無自覚を記事にするたび
改めて、夫自身は知らなかった自分の様子を詳細に知ることになりました。

そして
私のブログだけでなく
来て下さるみなさんのブログをせっせと訪ねては
いろいろ情報収集です
「HbA1cを下げることより低血糖を減らす方が大事だ」というDr.の言葉などに
大きな刺激を受けたようです

寄せられる皆さんからのコメントには
励まされましたし
こうすれば、無自覚は治るといった具体例を読むにいたっては
もうやらざるを得ない、という心境になっていったように思います。

私が
「感知能力が衰えているんだから、血糖値を上方修正して」
とどれほど言っても、頑として方針を変えようとしなかったのに・・・・

コメントを参考にして
無自覚低血糖の様子を録画しようとしたところ
図らずも、昏睡状態になってしまい
すさまじい様子を見たのも
このままではいけないと思う、大きなきっかけになったのではないかと思います


9月末のキャンペーン開始より
2ヶ月半経過した今

無自覚ゼロ
低血糖感知しています

本当に

みなさんのおかげです


HbA1cは少し上ってしまったので
これからは
高血糖を好血糖にすべく
しっかり検証して行きましょうね 
poco夫さん!













スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

pocoサマ、お疲れ様

いつもブログを拝見するたびに
poco夫さんは、こんなにきめ細かくケアして下さる奥様がいて、なんて幸せなんだろうか、と思いますv-345
私もそんな「奥様」がほしいv-10

0.2%upは、不摂生のせいではなくて
むしろ、低血糖を減らそうとした努力の結果ですもん。
ばんざーいって拍手してもいいぐらいですよねv-218

健康な方のインスリン分泌がデジタルなら、
我々IDDM患者のインスリンは、超手動のアナログ分泌。
時々エンストしたり、急発進しちゃうけど、安全にだけは気をつけて、お互い無事故無違反めざしましょーv-232v-356poco夫さんv-392

わんだふる

70以下撲滅キャンペーンの御成功おめでとうございます。pocoさんの献身とpoco夫さんの御努力の賜物だと思います。

無自覚の具体的な克服法がわかり、とても参考になりました。

記事を拝見した後、自分の先月から今日までの記録を見返してみると70以下が13回.....orz

poco夫さんを見習わねば。

おめでとうございます。

私のソンケーするカリスマ先生は、a1cは6%前半台がいいと仰いましたよ。

とにかく、無自覚がなくなったのは、本当によかったです。
pocoさんのご心配もひとつ、減りましたね。

poco夫さん、奥様の安心のためにも、閾値上げていきましょうね。
私なんて、アップダウン激しいくちなので、えらそうなことは申せませんが、ふり幅の少ないコントロールが血管への負担が少ないと思います。
目標BG100-200なんですけど・・・・
(一応ですね、まったく)

ほんと、よかったです。

すばらしい!

HbA1c、5.9だなんて・・・低い!
すごいですねぇ・・・
私など主治医に先日も「IDDMなんですから、6%前半からは下がりませんよ!」と言われたばかり(笑)
しかも私の場合は、まだまだ70以下が1日に2回もあったり、最近は200超えも出始めて・・・ちょっとスランプ気味なんですよ。

ご主人様がそらちゃん提唱の70以下撲滅キャンペーンをちゃんと守り、70以下無しでのHbA1c5.9だなんて・・・尊敬です。
やっぱりpocoさんの後押しの成果ですよね。

ホント、良いお手本、良い指標としてご主人様の後に続きますね。ヨロシク!

ちょうどいい数値ですね

低血糖が少ない5%後半が一番いいような気がします!

自分ももっと頑張らないとだ(; ̄- ̄;)

良かったですね~♪

低血糖レベルの血糖値で、心の底では喜んでるのが見破られていたとは!
さすが妻目線。ウチもばれてるのかなあ。。
しかし、安定して良かったですね!
我がことのように嬉しいです。
でも油断大敵!キャンペーン継続ですぞ。

おめでとう御座います。

おめでとう御座います。

やはり無自覚は無くなりましたね。
良かったです。
やはりMY主治医のお言葉は正しかったな。
後はA1cの値ですね。
あまり低いと神経障害や眼科のお世話になりますから、6.5位になされる事をMY主治医は勧めておられますし、私は自然とそうなっていますよ。(胃腸障害の場合は加減が必要)

お互いに頑張りましょう。
来年のVOXは3月20日です。
では。

すごーい!!

これは大拍手ですよーー!!
無自覚が無くて、5.9%なら素晴らしい
お二人の努力の結果ですね。
pocoo夫さーん、見てますか?!おめでとうございます。これからも共に頑張りましょうね。
ヘモッチはこのままのコントロールで良いと思いますよ
旦那様の活躍を聞いて、私も来週の受診頑張ってきます(^▽^)

>ベージュさん

>健康な方のインスリン分泌がデジタルなら、 我々IDDM患者のインスリンは、超手動のアナログ分泌。

なるほど!上手い表現だなあ。
超手動の上に超アバウト・・・こんなもんかなあ・・ですもんね

それだけに、なかなか安心しきれないんですよね。
ずっと安全運転週間(習慣)で行って欲しいです。

>saka10さん

どうも実際のところ、70以下はちょくちょく出してるようなんですよ
申告すると、私が冷たい目で見るから、言わないみたいv-8

でも、回数は確かに減っています。
献身というより、厭味効果ですね(笑)

saka10さんは、70以下1回につき
ビール1本減、なんてのが効果的かも。

>myさん

ふり幅の少ないコントロール・・憧れですね。
現にやってらっしゃる方もいますが
あの真似はできない、と夫は甲を脱いでいます。

超手動のアナログ分泌(ベージュさんいわく)
である以上
どんなに気をつけても低血糖も高血糖も避けて通れないのは仕方ないこと。

持続性血糖測定器が現実化するまで
せめて、感知能力を失わないように
キャンペーンは続行です!

>もりママさん

もりママさんは、発症後半年ほどで6台前半にまで下げられたんですから、すこぶる優秀ですよv-424
インスリン製剤の違いもありますが
夫が6台になったのは発症後何年も経ってからです。
測定不能のHiやLowなんてのも
何度も経験ですから
もりママさんの数値は驚異的ですらあります。
1~2年もすれば、もうすっかりインスリンマスターですよ、きっと!

あっ、それから感知はするようになりましたが、70以下は皆無ではないんですよv-292念のため・・・(笑)

>新さん

新さんの研究熱心も驚異的ですよ
発症後わずかとは思えない、すこぶるいい数値じゃないですかv-426

それ以上がんばったら、無自覚になっちゃうよ(笑)

> -kero-さん

>さすが妻目線。ウチもばれてるのかなあ

あっ、やっぱり-kero-さんも、そういうヨコシマナことを思ってたんですね。

わざとらしく、困った声出してるでしょ?
妻の耳はごまかせませんよv-403

キャンペーンはもちろん継続してもらいます。
くたびれようが何だろうが・・

>クルトさん

おかげさまで
感知能力は高まってきたようです。

「70以下を絶対に出さないで1ヶ月」という具体的な数値を示していただけたおかげで
やってみて(妻)!やってみよう(夫)!という気持ちになれました。

70以下を絶対に出さずにというのは無理でしたが、その気持ちでやる!というのは大きな進歩でした。

>あまり低いと神経障害や眼科のお世話になります

今度はこのあたりを定着させるべく、もっと高めでいいんだよコールをしていきたいと思います。

3月20日来年のカレンダーに書き込みましたv-411

>みいちゃん

みいちゃんにほめてもらったら
poco夫一層励むと思いますよv-290
>私も来週の受診頑張ってきます

受診がんばるって・・・
フフ、どうするのかな?

うん、ともかくがんばってねv-422

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/125-e44ccc22

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。