アイある生活

大晦日です

足を引きずりながらの
はなはだ冴えない年の瀬となってしまいましたが
今年の我が家の大ニュースを挙げるなら

夫の退職と
ブログ開始
に尽きると思います

夫が毎日うちにいる・・・友達呼びにくい、ランチに行きにくい
私がいかに家事を怠けてるかバレルじゃないか
生活がコロッと変わるのでは・・やだなあ
心配しながら始まった定年ライフでした

時おりを感じながらも
でもまあ何となく、それぞれのペースで平和に暮らしています

そして6月にはじめたこのブログが
アラウンド還暦夫婦の
思いがけない潤滑油になりました

最初は夫に内緒にしていたのですが
何でもしゃべりたい性質(たち)なので、言いたくてしかたない(笑)
すぐに、秘密でなくなってしまいました

夫も、自分の病気がテーマですから
興味津々
初めのほうこそこっそりと読んでいる様子でしたが
いつの間にかお気に入りに入ってて・・・
・・今では朝一番の読者です

××さんがこんなコメントして下さってたの
○○さんのところに行ったらこんなこと書いてあったけど・・
これ読んだ?
あれはどう?

数多いとはいえなかった夫婦の会話を
ブログが増やしてくれるようになりました

IDDMの妻や母としての悩みを目にすると、私一人じゃないと安堵し
コントロールに四苦八苦される様子は夫が大いに共感し
つらかったことも
自分のことのようにわかってもらえる
困っていれば
励ましてもらえる心地よさ

発病後10年間
一度も同病の人と出会うことがなかったのに
こんなにもいろんな方と温かい交流を持つことができ

大きなを感じる日々になりました

夫ともども皆様に感謝しております



来年も

 どうぞよろしくお願いいたします


  よいお年をお迎え下さい!












スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

こちらこそ

pocoさんのブログ、
poco夫妻との出会いがどんなに私を助けてくれたことでしょう。
発症した半年前は
「病気になっても、出会いがあったり、病気だからこそ得られるいい経験があるよ」
と言われても、
「新しい出会いよりも、病気のない健康な生活の方がいいに決まってるわい」
とひねくれていた私ですが、
やはり、この出会いと人生の広がりには
感謝せざるを得ません。

人生半分(かな?まだか…)で
神様が与えた試練(?)は、私にとって必要なことで、poco夫妻や皆様との出会いも
私にとって必然だったのかと…

と、熱く語る大晦日、
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。よいお年を!
(変な不埒ものが出てきたら怖いので、絵文字はやめときます^^;)

来年は年女のあなたに・・・

pocoさん、お具合いかがですか?
日にちが薬とはいえ、ご不自由な年越しとなりお察しします。

私は主人が会社敷地内の社宅だった為、毎日お昼を食べに帰宅する生活から、独立後はずーーっと家に居る生活と、それ以外の時はお弁当を作るという生活でしたから、三食作るのは当たり前の結婚生活でした。
一人きりが好きな私なのに・・・(笑)
まっ、慣れというか、空気のような存在になるというか・・・でも、この空気、時々臭くなったり湿ったり薄くなったり・・・ですがね。(笑)
pocoさんのお宅は、読んでるととても良い感じで、反省する事多々でしたよ。

pocoさんのブログが始まり、私が一番恩恵をいただいたと思って感謝しています。
主人にも時々話して聞かせるんですが・・・私に注目度の低いせいか、いつもそらちゃんとpocoさんを間違えてねぇ・・・アハハ

そんな訳で、お2人には大変お世話になりました。来年もどうぞ仲良くして下さいませね。
ご家族での楽しいお正月をお迎え下さい!

よいお年を!

pocoさんのブログで無自覚低血糖の怖さを知ることが出来、そのおかげでなるべく低血糖を出さないように意識出来るようになりました!

ありがとうございました!

来年もよろしくお願いします!

私も愛が欲しいです(笑)

pocoさん、足の具合はいかがですか?
大変でしょうけど、たまには旦那様にしっかり働いてもらいましょうi-236

また来年もよろしくお願いいたしますi-179

よいお年を・・・

今年はpoco夫さんとお会いでき、嬉しかったデス。
来年、3月は、pocoさんともお会いできそうですよね。
夫婦えんまんなpoco家、私を支えてくれている主人に対して、感謝する心を、pocoさんは教えてくださいました。
ありがとうございます。

どうぞ、来年も宜しくお願いいたします。
お目にかかれる日を楽しみにしています。

Re: ベージュさん

素敵なメッセージ・・・ありがとう

うれしい出会いでした
これからもっといっぱい繋がりあえるのかと思うと
来年になるのが楽しみですv-10

絵文字は少々違ってても面白いから
どんどん使ってね

よいお年をお迎え下さい!




Re: もりママさん

ほんのちょっとだけ年下なので
もりママさんのこと、何だかお姉さんのような感じです。
神戸のこともよくご存知なのがなおさらうれしくて・・・

>まっ、慣れというか、空気のような存在になるというか・・・この空気、時々臭くなったり湿ったり薄くなったり

まさにその通り!だけど・・・・(大笑)

来年もこんな愉快な福岡のお姉さんとの行き来が楽しみです!

Re: 新さん

> pocoさんのブログで無自覚低血糖の怖さを知ることが出来、そのおかげでなるべく低血糖を出さないように意識出来るようになりました!

無自覚の記事一杯書きましたものね
どんな形でも、お役に立ててよかったです

新さんなら、来年はインスリン検定段位が取れますよ


Re: peachさん

来年が、peachさんにとってv-238あふれる年になりますように!
余ったら、うちの子供達にもわけてね

楽しいお正月をお過ごし下さい!

Re: myさん

> 夫婦えんまんなpoco家
哀あふれていますのに、照れちゃう

>来年、3月は、pocoさんともお会いできそうですよね。
とても楽しみです。
でも来年3月までに、3キロ減・・・無理だなv-390

来年がmyさんご一家にとって素敵な年になりますように!


明けましておめでとうございます♪

2008年はpocoさんと出会えた特別な年になりました。
モコがブログで旦那様の病気のことを書き始めた時、正直同じ病気の人達に失礼にならないかと心配しました。
そして初めてpocoさんからメッセージをいただいてこのブログにお邪魔させていただいた時、今まで経験したことのない安堵の気持ちになったのを覚えています。
「仲間がいた」ってことがすごくうれしかったです。今までモコ1人で戦ってきたと思ってたから。
ほんと経験者にしかわからない辛さが戸惑い、pocoさんのブログを深くうなずきながら読んでます。
とは言っても一番辛いのは病気を患ってる本人達なんですけどね。
なんだか意味不明のコメントになりましたが、一番伝えたかったのはpocoさんのブログに精神的にとても助けられたと言う事です。
ありがとうございます。
 2009年もpocoさんと旦那様にとって素敵な年になりますように。
今年もよろしくお願いします。

暇してます。

明けましておめでとうございます。(アッ、私喪中!こういう時のご挨拶は?)
子供達は今夜来ると言うので大晦日は二人でゆっくり酒盛りでした。
普段は空ける事の無いワインを在庫減らしを名目に空け、ビ-ル→焼酎→ワインと無茶しちゃいました。
炭水化物類は極力避けて、頻回注射したのに3時間後、就寝前、明け方、朝食前、昼食前ずっと200台キ-プ(汗)。
まさしく撃沈。原因を追求しなくっちゃネ。
よっしゃ、午後はWiiで汗流そう!

同じ立場でしかも近い年齢のpocoさんを知り正直他人と思えなかったですヨ。
精神的にどれほど救われた事か。
感謝・感謝です。
平成17年のお正月発症の夫は本日より5年目に突入です。
今年はpoco夫さんの足下に少しでも近づけさせよう!
夫の意識改革させなくっちゃ・・・、と一人、新年の決意をした私です。

母様へ

おめでとうございます<(_ _)>
母様♪

去年知り合ったばかりなのに・・・それも後半に・・・・何だか、旧知の仲のように、お付き合いいただいて、本当に楽しかったです。そして、今年も楽しい事、たくさん見つけようね~♪

Re: モコさん

モコさん、とてもうれしく読ませていただきました。
お気持ちしっかり伝わりましたよ
だって私も全く同じ思いなんですもの

>正直同じ病気の人達に失礼にならないかと心配しました

夫と共に病気と闘ってはいますが
自分が、病を持っているわけではありませんから
この言葉は無責任に聞こえないだろうか
こんなこと書いて患者の方を傷つけることにならないだろうか
と常に思いますね。

モコさんのブログで
ご主人の低血糖や昏睡の様子や
そのときのモコさんの気持ちを読んだ時は
まるで自分のことかと思うほどでした

私と同じような思いをしてる方がいる・・・と
どんなに力づけられたことでしょう

これからも
どうぞよろしくお願いします

今年もよろしく!




Re: カズの妻さん

今頃は、子供さんたちを交えて、改めて酒盛り中かもしれませんね
下戸の私は、飲める人が羨ましい
あっ、飲めなくても酒盛りのお付き合いは大好きです!

のんべえの夫は大晦日から当然のごとくスタート
やっぱり炭水化物少な目だと思うのに常に高めですね
読みが甘かったのよね
お酒の影響は・・・・ナイ!と本人は言います(笑)ホントかな

> 同じ立場でしかも近い年齢のpocoさんを知り正直他人と思えなかったですヨ。
> 精神的にどれほど救われた事か。

こちらこそです!
病気の本人が一番大変だとは納得しつつ
でも支える妻としてのしんどさがわかってもらえる
・・・うれしかったです

長い間コメントがないと
どうしておいでなのかなあといつも思っていました

お仕事お忙しいでしょうが
どんな様子かお知らせくださいね。

今年もよろしくお願いします

Re: そらちゃん

いいお正月してますか~?

初めて会ったその時から
あんなに打ち解けられるなんて
そらちゃんの人懐っこさだけでない何かがあったのかなと思います

だって、母だもんねv-290

娘よ~今年もよろしくね!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/138-2682933d

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2