錨上げて

朝、新聞を読んでいたら
神戸港に、海洋練習帆船「日本丸」が停泊中で
その日、出航との記事

帆船が出航の際
練習生がマストの上に上って行うお別れの儀式「登しょう礼」を
以前より一度見たいと思っていたので
いそいそと出かけました


船が停泊しているのは中突堤
近づいてみると、オオーッ!
日本丸の全貌が・・・

帆こそ張ってないけれど
なにやら心掻き立てられる姿かたち・・・美しい

日本丸


船は、すでに出港準備も終わったようで
練習生たちが整列しています
意外や、女の子も数人見受けられます

練習生達

程なく
「登しょう礼はじめ!」
という号令がかかり
練習生たちがいっせいにスルスルと3本のマストに登り始めました

一番高いところでは水面から46mあるそうです
高所恐怖症の子はいないんだろうか
と余計な心配をしてしまいます

登しょう礼

全員がマストに登りきったところで
舳先に立つ教官の声にあわせて
右手を大きく掲げ大声で

ごきげんよう~!

の挨拶が、3回繰り返されました

ごきげんよう

若者達のそろった力強いお別れの言葉は          
なかなかの感動でした

消防音楽隊の「♪錨上げて」の演奏と共に
徐々に岸壁から離れていく船

少し沖合いに出たところで
「さようなら」というかのような汽笛が

ボーーーーっと聞こえてきました

それに呼応して停泊中の船から返礼の汽笛が

ボーーーーーッ

これも数回繰り返されました
船の汽笛は、どことなく物悲しく哀愁が漂います

その頃には音楽隊の演奏は「蛍の光」に変わり
辺りはもう感激ムードで一杯
見送る人たちは、航海の安全を祈る旗を振り
次の寄港地に向けて行ってらっしゃい、さようならと声をかけていました



初めて見た登しょう礼はとても清々しく、感動的でした
そして
海はいいなあ、港っていいなあと
加山雄三の「♪海・その愛」を口ずさみながら帰ったのでありました



ん?そんな歌知らんって?あちゃ~~



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

知ってます!(笑)

海よ~ 俺の海よ~♪

つい口ずさんでました・・・アハハ

素晴らしいんですよね。>登しょう礼
私はテレビしか見た事ないけど、その時も感激。
pocoさんのように実際に見ると、もう涙ぐむなぁ・・・(笑)
船出って、どんな小さな舟でも胸に迫る私は、日本丸みたいな帆船に音楽隊の「♪錨上げて」に「蛍の光♪」、汽笛と来たら、感無量です!
「ごきげんよう!」なんて、ステキな言葉ですねぇ・・・

あの美しい神戸の港を懐かしみながら、私もpocoさんのお写真に「ボンボヤージュ!」と手を振りました。うふふ

お久しぶりです。

うわ~。とっても素敵ですね。v-25
「登しょう礼」はじめて知りました。
マストに登って‥‥なんて、高所恐怖症の子は船乗りにもなれませんね。
でも本物の帆船は「ディズニーシー」のショウとは比べ物になりませんね。

「♪海・その愛」
海よ~。ってやつですか?

Re: もりママさん

> 海よ~ 俺の海よ~♪
> つい口ずさんでました・・・アハハ

やっぱり?ご存知でしたね若大将!(笑)

> 船出って、どんな小さな舟でも胸に迫る私は、日本丸みたいな帆船に音楽隊の「♪錨上げて」に「蛍の光♪」、汽笛と来たら、感無量です!

少しずつ岸壁から遠ざかって・・・・恋人でも乗ってたらもうたまらないでしょうね。アハハ

> 「ごきげんよう!」なんて、ステキな言葉ですねぇ・・・

そうなんです。思いがけない言葉で、改めていいなあと思いました。
今後、帆船が入港したらまた是非「ごきげんよう!」を聞きに行こうと思います

Re: ともかさん

ともかさん
「♪海・その愛」ご存知なんですか!?

そう!そのv-266♪う~みよっていう歌です
でも、その先知らないでしょアハハ

> でも本物の帆船は「ディズニーシー」のショウとは比べ物になりませんね。

大きさはね、でもあれはあれですばらしく楽しいですけよね
そんなこと言ってたら、またディズニーシーに行きたくなってきたv-10

ごきげんよ~~~

え~っと、桟橋で、片足上げてる、あれですか???

それとも・・・あれは、石原●次郎か・・・・・(;一_一)

無理やり、話には、はいらんとこっと!

素敵な光景ですね

「岸壁から離れていく船」と「蛍の光」・・・
切ない気持ちになって涙が溢れてきそうな光景ですね(;^;)写真と照らし合わせて読むとなお更に グっときます。
昔”青函連絡船”しかなかった時、親戚が海を渡って行くのを紙テープを手に持って見送りに行った時のことを思い出してしまいました・・・・でも別れって新たな出会いって言いますもんね!って また長くなってしまって失礼しました(/;)

旦那さん、血糖値が落ち着いているようでよかったですね^v^
私の書きこみ、偉そうできつい言い方だったかなと少し気になっています。旦那さん努力しているのにあんな書きこみをして、もしそうだったらごめんなさい。 

Re: そらちゃん

> え~っと、桟橋で、片足上げてる、あれですか???
> それとも・・・あれは、石原●次郎か・・・・・(;一_一)
> 無理やり、話には、はいらんとこっと!

うん、それがいいねv-388

上流階級のご挨拶と思ってた「ごきげんよ~」が
海の男達の口から出たから驚いたけど
新鮮で、よかったよ~~

Re: みいちゃん

> 「岸壁から離れていく船」と「蛍の光」・・・

蛍の光・・・あれを聞くと条件反射で、切ない思いがこみ上げてくるんですよね

青函連絡船・・・むか~~~し、乗ったなあ(遠い目)
お若いみいちゃんも知ってるんだ!紙テープ、ドラの音、汽笛・・・
やっぱり船はいいねv-238

> 私の書きこみ、偉そうできつい言い方だったかなと少し気になっています。

とんでもない!心配していただいて感謝しています。
そんなこと気にせず、何でも書き込んでくださいね。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/172-c62e88e9

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2