スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招かれざる客

12年目がスタートしたとたんに
うれしくない来客がありました

朝、起きぬけの無自覚低血糖です。

夫にしては、いつもよりかなり遅い起床でしたので
おかしいなと思い様子を見ていると・・・・
カーテンを何度も開けたり閉めたりした後
ヒーターを、まるで初めて見るかのようにじっと眺めて
すべてのボタンを押しまくっていました

これはいかん!、と急いでグルコレスキューを飲ませようとすると
「こんなもの意味ないよ!」
「えっ?」
「いらない!!」

ああ、出たか不機嫌タイプ

ずいぶん前になりますが一度、ジュースを飲ませようとする手を払いのけ
乱暴に手首を押さえつけられて以来
こういう低血糖は・・・・・怖いのです

だからといって放っておけない
「これはどうかな?」とブドウ糖キューブを見せますが

「飲まない!」・・・・・・やっぱり

挙句の果てに
「poco、何考えてるの、おかしいよ!」

(おかしいのはあなたなのよ!)
低血糖が言わせてるとは分かっていても、むかつく

しかたない
どっちに転ぶかわからないけど
ちょっと間をおく・・・


怖い顔で座っている夫は、その後
バナナはどう?という提案は受け入れてくれて(いつもバナナに助けられてるね・・・ありがとう、バナナたち)やれやれ
そして、落ち着いたところで先ほどのレスキューも飲んで・・・



それから10分もしないうちに
何事もなかったかのように
新聞を取りに行き
いつもの朝のように
テレビを見、ごはんを食べる夫の姿が見られました
もちろんインスリンもちゃんと打って・・・



前夜、眠前は112でした
昼間に、ミニですがゴルフコースに行ったので
そんな日は下がりやすいからと
夜中にも測定 
76だったからキューブを食べました
だのに、朝にはこんな状態

どうすればよかったんだろう?



70以下を出さないように気をつけてるのに・・

がんばってるのに・・・

それでもこうして無自覚低血糖は起きてしまう





どうすればいいんだろう・・・




少し悲しい朝でした





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

タイトルはpocoさんの希望

大変でしたねぇ・・・
このIDDMはやっぱりタイトル通りに甘くないのよねぇ・・・

陽気モードなら、なんとかpocoさんの負担も軽くてすむのに不機嫌タイプだったとは・・・ちょっと凹みますよねぇ。
ご主人様に何の悪気もないから、pocoさんの気持ちの持って行きようがないもの・・・悔しいですね。IDDMのアホ!!

我が夫もバナナ大好きなので、バナナに救われたのは良く分かります。幼い頃はお熱とか出す病気の時とかお土産でしか、バナナ食べれなかったものねぇ・・・終戦後世代で良かった!!(笑)

ホントにコントロール難しいです。
私も基礎が増えたので、100前後の血糖値となったのは嬉しいけど、思わぬ時に70以下になりました。まだ1回ですが・・・又、以前の低血糖頻発とならないようにと思っていた矢先の記事。
お互い、用心しましょう!

12年目のスタートが甘くなくて残念でしたが・・・甘い生活を希望のpocoさんご夫妻ですから・・・きっと来ますよ!まっ、泣き笑いの人生ですけど・・・甘いですとも!

うーん・・・・。

おはようございます。

12年目のスタート、出鼻をくじかれちゃった感じですね。
ちょっと、悲しいpocoさんのお気持ち、分かります。

↓の「12年目」の皆さんへのpocoさんのお返事、「うんうんっ、そーそー、ねー」って一人うなづいていました。
病気と暮らすって、沢山の想いを抱えていくんですね。

もりママさんへ

>悔しいですね。IDDMのアホ!!
この一言、 すっごくおかしくて、うれしくて、胸にジーンときました
ありがとう

>幼い頃はお熱とか出す病気の時とかお土産でしか、バナナ食べれなかったものねぇ・・・終戦後世代で良かった!!(笑)>
そう!運動会とか遠足とか、特別のときだけね
その頃の渇望が、今役に立ってるのかv-12

まっ、泣き笑いの人生ですけど
もうあんまり泣かずに済むかと思ってたのに
そう甘くはありませんね

でももりママさんのおかげで、笑いに転換できました

タイトルを甘くない生活に変えようかしら(笑)

myさんへ

> 12年目のスタート、出鼻をくじかれちゃった感じですね。
初日からねv-292
仕方ない、また気持ちを改めて、出直しです!

これからの一年、無自覚はあの一回だった・・・って言えるといいな

いつか自分もそうなるのかと思うと怖いです。

ところで、低血糖時の能力低下というのは個人差が大変大きいそうですね。

人によっては血糖値が50を切った時点でまともな行動は不能になるそうです。

僕の場合は自覚症状がひどいですが、20台まで行ってしまっても普通の行動はキープできますが、ブログなどを見ていると40台で別人のようになってしまう人もいて、簡単にはその人や家族の気持ちは想像しづらいです。

一度でも低血糖昏倒やそれに近い状態を経験すると、運転免許証の欠格事項に該当するようで、それは車が大好きな僕にとっては大変なこと。日々の生活も大変になりそうですし。低血糖はとにかく嫌ですね。

多分、低血糖が原因で意識をなくしたり、正常な判断ができないという体験をしたら(それが運転中じゃなくても)、免許は返上すると思います。公道上で他人を巻き込んで怪我をさせたり殺したりしては取り返しがつきませんから。被害者だけではなく、自分の家族にまで色んなものを背負わせる結果になりますし。想像すると怖すぎます。

低血糖は怖いです

低血糖昏睡はいつかやらかしてしまうのではないかと思っていますが、それは出来るだけ避けたいと思ってます・・・・
特に運転中は気をつけないとです・・・・

難しいですよね…

予想するって難しいですよね…。
旦那様がこうなっているからこう話しかけよう、という冷静な判断はやはりよく分かってらっしゃるからこその行動だなと思いました。
私も低血糖のときは機嫌が悪くなり旦那とけんかをします。しかし、まともにけんかをするので、旦那はまだ、私が低血糖になっているとは見抜けませんのです…v-40pocoさんの特技を早く習得させたいものです。
アメリカのモール(ショッピングセンター)って、アメリカの土地が大きいだけにすごく広いのですが、2、3時間、半日行ってればその日の夜、夜中、朝はとても低くなります。でも、どれだけ歩いたらどのくらい下がるかは、「低くなるだろう」と想像できても数値までは分からないんですよね…。「これぐらいまで下がるかな…」と想像してもそうならなかったりして。
この予想が難しい。
だって人間なんだから毎日消費量は違うはずだし知らないうちに疲れもあったかもしれないし、知らないうちに集中力だって使っているかもしれない。食事だって量もカロリーも消化も違う。
そんな毎日が人間の生活なんですからねぇ。

夫も

おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。如何でしたか?
何か収穫があったら是非教えて下さい。

さてpoco夫さんの低血糖もう大丈夫?
経験している妻はトラウマになってますよネ。
夫も先日のお知らせした予測不能の低血糖のあと1週間たった頃から低めが多くなっています。
今まで夕食~朝迄は高くなるのが常でしたがここのところ何故か低いんです。
夫は「暖かくなってきたから・・・」って言って基礎を減らしましたが。

食事内容も仕事内容もさほど変化ないのに何故夜~朝までなのか、
私は???状態です。

昨日は仕事、今日は午後から父のお墓参りの予定です。
やいやい、大雨注意報出ちゃったよ~。

BIZさんへ

>ブログなどを見ていると40台で別人のようになってしまう人もいて、簡単にはその人や家族の気持ちは想像しづらいです。>

私のブログを読んでいただければ
数々の低血糖症状がお分かりいただけるかと思います(笑)

認知症の老人みたいに
自分では判断できなくなってしまった夫を見てると
このまま戻らなくなってしまうのではないかと不安になります

苛立って激しく拒否されると
もっとエスカレートするのではないかと怖くなりますし
あんまり度々低血糖を起こされると腹も立ちます

いずれにしても家族にとっては大きなストレスです

もちろん、自分が自分でなくなることがあるかもしれないと思う本人が一番不安だとは思いますが

できるものなら一度
本人がさまよっている低血糖の世界をのぞいてみたいです
そうすればもっと、うまい対処ができるかもしれない

まあ、一番いいのは低血糖をなくす努力ですね

新さんへ

> 特に運転中は気をつけないとです・・・・

一時期は
食事を取った後の絶対大丈夫という時間帯以外は
夫もほとんど運転しませんでした

リタイヤ後の最近は
回数も増えてきているので、気をつけないといけませんね

車に乗る前は必ず、大丈夫?って聞いてしまいます
うるさいでしょうが、やっぱりいい続けよう

新さんも、運転は補食してからね

tomeさんへ

> 私も低血糖のときは機嫌が悪くなり旦那とけんかをします。しかし、まともにけんかをするので、旦那はまだ、私が低血糖になっているとは見抜けませんのです
いえいえ、低血糖と分かっていても腹は立つのです
何しろ相手はとても理不尽なことを言うのですから(笑)
ご主人も、実は見抜いた上でのけんかかもしれませんよv-8

> だって人間なんだから毎日消費量は違うはずだし知らないうちに疲れもあったかもしれないし、知らないうちに集中力だって使っているかもしれない。食事だって量もカロリーも消化も違う。
> そんな毎日が人間の生活なんですからねぇ。

まったくその通りですね!
こうすればこうなるという公式が当てはまらない
人間だもんね

捕食の種類を変えてみては?

どうもです。
最近減ってきているだけにガッカリ感が高かった事でしょう。。
でも冷静な対応で素晴らしい奥様だと思います!

>夜中にも測定76だったからキューブを食べました

それでも低血糖ってところが問題なわけですよね。
純粋にブドウ糖な物は、血糖を素早く上げるには良いですが、血糖を長く下げずに維持するには不適切なように思います。
低血糖症状が出ている訳ではなく、「念のため」って時には、もうすこし長持ち系で捕食してみては如何でしょうか?
クッキー系とかチーズ系とか。。。
チーズは炭水化物量少ないですが、低血糖予防には効く様に思います。

キャリアも浅く、詳しい知識が有る訳でもなく、非常に感覚的なコメントですが、何かの参考になればと。

ではでは。

カズの妻さんへ

> 昨日はお疲れ様でした。如何でしたか?
VOXデビュー以来ちょうど一年です
勉強になったかどうかは別として
昨年とはまた別の意味で楽しかったです
ぼちぼちアップしますね

> さてpoco夫さんの低血糖もう大丈夫?
> 経験している妻はトラウマになってますよネ。

すでにかなりの虎だと夫は言うかもしれませんが
トラウマ・・・なります、なります!

ちょっとボケた行動(最近多いv-8)があると
すぐ顔をじっと見てしまうもの(笑)
向こうは、ぬれぎぬだとムッとしてるけどv-411

>夫は「暖かくなってきたから・・・」って言って基礎を減らしました
気温による、変化はあるって、ちょうどVOXで聞いてきたところです
聞くまでもなく、実感はしてますものね

> 食事内容も仕事内容もさほど変化ないのに何故夜~朝までなのか、
> 私は???状態です。

上のtomeさんも書いておられるけれど
人間だもの、しかたないのよね

ケロリンさんへ

> それでも低血糖ってところが問題なわけですよね。
> 純粋にブドウ糖な物は、血糖を素早く上げるには良いですが、血糖を長く下げずに維持するには不適切なように思います。
> 低血糖症状が出ている訳ではなく、「念のため」って時には、もうすこし長持ち系で捕食してみては如何でしょうか?
>
なるほど!
夕食だけが原因の場合と
その日の運動量が原因の場合なども考えると
補食の内容を考慮すべきだったのかもしれませんね

> キャリアも浅く、詳しい知識が有る訳でもなく、非常に感覚的なコメントですが、何かの参考になればと。
なるほどと思うコメントいただいてうれしいです
夫にも伝えて(伝えなくても読むと思うけど)
早速今後に生かします。
生きるといいな!

ケロリンさんのに添えて

おはようございます!
VOX楽しまれたようですね。

あっ、ケロリンさんの補食について、私も追加。(笑)

管理栄養士さんも専門看護士さんも、アドバイスされたんですが・・・
「眠前の補食は、ビスケットと牛乳などを軽く・・・」と。

やはり長持するものが好ましいそうです。
私は、安眠効果も期待して、ホットミルクとクラッカー2枚とかを補食にしていますよ。
ご参考まで・・・

もりママさんへ

>ケロリンさんの補食について、私も追加。(笑)
そらちゃんも、メールでハムやチーズがいいよって知らせてくれました。皆さんからのアドバイスが、身にしみてありがたいです
低血糖が減せるような気がしてきました(笑)

早速
チーズやハムやクラッカー、ビスケットなど
どっさり用意しておかなくっちゃね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/192-c133e89e

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。