スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《回想》IDDM発病

夫のIDDM発病は1997年の春でした。
こんな不治の病になる何の前兆もなく
ただの風邪引きと思っていました。

夫は風邪小僧と異名を取るほど昔からよく風邪をひく人で
しかも一度引くと直りが悪い。
だからその時も、体調がスッキリしないのは
風邪が長引いているのだと
本人も私も思っていました。

その日、私が友達とのんびりランチして帰ってくると
夫から留守電が入っていました。
「急に入院することになりました、また後で連絡します」

??なんで???

朝はいつも通りに出勤して行ったのに

盲腸?
交通事故?

当時は携帯電話も持っていませんから
折り返し連絡を撮る訳にもいかず
イライラと連絡を待つばかりでした

数時間後、入院手続き完了したらしい本人から電話

血糖値が異常に高くて緊急入院することになったと言います。
ケットウチ?なにそれ

子供たちの帰宅を待って急いで病院に駆けつけました。

意外と元気そうで
「いやあ、こんなことになっちゃったよ」
と笑っている顔を見てホッとしたものの
なぜ入院が必要なのか
本人もよくわからない様子
釈然としないままでした

10日も入院すれば完治するものと思っていたのに
治療は一向に進展せず
結局入院は80日にも及び
ようやく退院する時には
一生治らない病であることが告げられました

人生のレールが、ちょっと向きを変えた瞬間でした


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/2-ef723c24

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。