ラララ~♪

先週の日曜日は
私のピアノ教室の発表会でした

花とピアノ

世の中の少子化に伴い、うちのピアノ教室も
子供の生徒数は減る一方
その代わりにポツポツと成人の方が増えて
今では、大人の方が多くなりました

若い人で40歳、最高齢は73歳!
ひとりを除いてあとは
ピアノを習ったのは初めて、という人ばかりです
この人たちが広い舞台に上がって、ひとりでピアノに向かうのは
大変なプレッシャーです

そんなわけで
できるだけ、さりげない形で発表会ができないかなあ
そうだ、テーブルがあってみんながお茶飲んでるような感じなら
ちょっとは緊張感も和らげられるのではないか、とつねづね思ってたら
ピアノのあるカフェがあったよ・・・って友達が知らせてくれました

古い感じのカフェで、天井が高く、木のテーブルとイスというのもいい感じ
ピアノもなかなかいいものです
途中でケーキを出したいと言う要望にも応えてもらえる

それに、このカフェのオーナーは元タカラジェンヌで
話しているうちに
「歌いましょうか?」って・・・

「えーーっ!いいんですか?ギャラ出ませんけど・・」「いいですよ」と言うことになり
お茶とケーキ
おまけに元タカラジェンヌによるシャンソン付きの
ピアノの発表会というのが実現することになりました


当日は爽やかな好天気

初発表会の子供さんのお宅からは
おじいちゃんおばあちゃんをはじめ、一族7人も聞きに(見に?)来られたりして
会場はぎっしり!

セルフサービスの飲み物も行き渡り
ほどよいざわめきがあって、うん、いいじゃないか!

それでも開演が近づくと、日頃ふざけてばかりいるおちびちゃんも
今日ばかりは神妙な表情で、ウフッかわいい
中、高校生達はさすがの落ち着き

子供たちは、みんな今日が一番いい出来!と思えるような演奏です
いつも思いますが、子どもってすごい!

大人は・・・
あ~~やはり、みなさんガチガチに緊張しておられます
初めから何度も弾き直しをしたり
私が横から助け舟を出しながらやっとこさで弾き終えた方もいましたが
それでもまあ何とか全員最後まで弾くことができて、ヤレヤレ

昔からピアノを弾くのが夢だった・・・
子供が弾いていたピアノが眠っているから・・・
ボケ防止に・・・
もう一度弾いてみたくなって・・・・
などと習い始めた動機はさまざまです

緊張感と戦いながら
一曲を弾き終えた時に見せた笑顔は
みなさん、それはそれは輝いていました

そしてティタイム

ケーキが行き渡ったところで
約束の、オーナーの歌です

男役を彷彿とさせるショートカットにすらりとした長身
黒のパンツに真紅のシャツをさらりと羽織って
「サントワマミー」と「愛の讃歌」を歌う身のこなし、表情はさすが鍛え抜かれたプロのそれ
ウットリと見とれてしまいました
元タカラジェンヌ


さて後半は、連弾や他の楽器を入れたアンサンブルです

ピアノを弾けないお父さんや、お母さん、兄弟なども担ぎ出しての
ファミリー連弾では
大きな体を娘達にはさまれて
テレながら指一本で弾くお父さんが喝采を浴びたり
IMG_2898_2.jpg

ウッドブロックを叩く弟君(幼稚園児)はほほえましくて
演奏が終わると、一番大きな拍手を受けていました

ちょっと太目の人3人がひしめき合いながら
6手連弾をしたり(そのうちの1人は私・・・じゃありませんからネッ、念のため!)
高校生の息子とお母さんの組み合わせがあったりして
客席も演奏者も終始リラックスムードです

最後はみんなで「ふるさと」の大合唱をして終了

1年半ぶりの発表会は
なかなかの盛り上がりの中で終えることが出来たのではないかと
今振り返りながら改めてホッとしています

よし!しばらくはの~~んびりするぞ~!











スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

おめでとう!

読んでいるだけで、緊張感が思い出されました。
自分自身はもちろん我が子の舞台は息が止まるものです(笑)
でも、アイデアが効を奏したようで、お写真からも生徒さんやご家族の楽しんである様子が伝わってきましたよ。
元ヅカスターの歌まであったとは、さすが神戸だわ!

生徒さんやご家族やお客様の笑顔が、poco先生へのご褒美ですね。お疲れさまでした!
そして、ご盛会おめでとうございました!

ホントに少しごゆっくりされてくださいませね。
ご主人様も、陰でご協力されて大変だったと思います。
お二人でのんびりお過ごしくださいませ。
お近くなら、聴きに行きたかったなぁー(笑)

pocoさん、ピアノの先生なんですかv-345
私もピアノ習いに行きたい~。
昔習っていて今でも弾きたくなって
実家に帰ったら時々弾いてますが
もう思うように弾けなくてv-406
悲しいv-409

お疲れ様ーーー♪

お疲れ様です!poco先生 e-460

こういうところに、pocoちゃんの人柄と、センス、気の配り方・・・・が、出ていて、惚れそうです e-266

あっっ、poco夫ちゃん、許してね・・・e-459

のんびり、ランチにでも行こう!~っと、連れ出そうつする私・・・e-264

PS
昨日のそら記事・・・・pocoちゃんの・・・完全にぱくってるわ~e-327 ごめん!!e-459

お疲れ様でした!

発表会どうだったかなぁと思っていましたv-238
ピアノカフェでケーキ付なんて素敵ですねv-10
かたくるしーい発表会は、私にとっては苦痛以外の何物でもなかったから、こんな和やかな発表会が経験できていれば…ああv-355

そんなこんなのお話を、生で聞ける日を楽しみにv-345うふv-341

ご盛会、お喜び申し上げます。

こんばんはー。

娘もピアノを長く習っていましたから、発表会が一大イベントだと認識しています。

(お稽古、親子で大変でした)


お疲れ様です。

ファミリーの連打って、素敵ですね。

ベンチャーズも、ピアノ発表会も行ってみたかったです。
pocoさん
素敵!かっこいいですね~!

こんにちは ♫

pocoさんはピアノの先生だったんですね?
発表会の大成功、おめでとうございます!
いろいろな背景の方々のピアノ発表会、場所もぴったりでステキなところがあってよかったですね!そして写真で、あたたかい雰囲気が分かりますよ(^^)

実は私、アメリカでピアノの先生をしようかと広告を出したところです。詳しくは書けないのですが、いろいろ私にもバックグラウンドがあり、なかなか宣伝もできない状態なので生徒さんもいらっしゃるかどうか…なのですが、ま、いらっしゃったらお教えしよう、みたいな気楽なカンジです(^^;)

発表会はひと仕事ですね。みなさんの緊張が伝わってきましたヨ。ゆ~~~っくり!くつろいでくださいね~♪

もりママさんへ

>読んでいるだけで、緊張感が思い出されました。
> 自分自身はもちろん我が子の舞台は息が止まるものです(笑)

子供は、意外とケロッとしてるんですけどね
うちの場合は大人が多いので
ご主人が手に汗握っておられたかも(笑)

>アイデアが効を奏したようで、お写真からも生徒さんやご家族の楽しんである様子が伝わってきましたよ
上手だった・・・よりも、楽しかったの声の方が多いのは
音楽教室としてはちと問題かもv-389v-292

とりあえず
1年半に1回の一大イヴェントが終わってしばらくはぐうたらします(笑)



RIEさんへ

> 昔習っていて今でも弾きたくなって
うちに来てる方でそういう方もいらっしゃいますよ

弾きたい時が習い時v-266
是非また再開してみてください

子供の時とはまたちがう
楽しい時がきっと持てると思いますよ

そらちゃんへ

> のんびり、ランチにでも行こう!~っと、連れ出そうつする私・・・e-264>
いいね、いいねえ
おばちゃんを誘ってくれるだけでもうれしいわ
若い人としゃべると若返るし、大かんげーよ

> 昨日のそら記事・・・・pocoちゃんの・・・完全にぱくってるわ~e-327
ぱくっていただけたら光栄です
商標登録してるわけじゃないし、気にせずどーぞ!

ベージュちゃんへ

> ピアノカフェでケーキ付なんて素敵ですねv-10
毎回
聴きにきているお父さんがあくびをしない発表会・・ていうのを、目指しているんですよ

> そんなこんなのお話を、生で聞ける日を楽しみにv-345うふv-341
は~~い、私も次に会える日が楽しみ!!

myさんへ

うちの生徒の親御さんは
一度はファミリー連弾に駆り出されるんです(笑)
親子で練習することで、関心の低いお父さんにも興味を持ってもらったり
普段とは違う、親子のふれあいを感じてもらって
結構喜ばれています

これからは、大人の方のご主人を引っ張り込もうと思ってるんですけど(笑)

おーどりーさんへ

アラカンの少々くたびれ気味のおばちゃんですが
音楽と共の人生、もうちょっとがんばってみようかと・・・(笑)

tomeさんへ

> 実は私、アメリカでピアノの先生をしようかと広告を出したところです。
わあ、そうだったんですか!
生徒さん、集まるといいですね
アメリカ人のピアノレッスンってどんななんだろう
・・・よく考えたら、アメリカ人のテキスト(バスティンメソッド)も使ってます!
始まったら、教えてくださいね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/201-2fbc2025

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2