MT

ここ数ヶ月こそ
無自覚性低血糖を起こしてない夫ですが
ブログに【低血糖昏睡】や【無自覚性低血糖】のカテゴリーが作れるほど
経験は豊富です(笑)

でも無自覚性低血糖については
「低血糖を自覚できない低血糖、ひどくなると昏睡に至る」
と、その程度の認識でした

(無自覚やら低血糖やらやたら出てくるので
以後、無自覚性低血糖は頭文字をとってMTと表します

そこで
MTのベテランとしては
MTのことをもう少し詳しく知っておこうと
インターネットで検索してみたら
こんなん知らんかった~!というものに出会いました
(夫も知らなかったけど、知らぬは我が家だけかもしれません。
そんなもん、常識よ!って方はスルーしてね)

それはエピネフリン
ホルモンの名前です

糖尿病患者は
血糖値が60 mg/dL未満に低下すると
エピネフリンとよばれるホルモンが出るんですって

このエピネフリンが出ることで
冷や汗、舌の痺れ
空腹感、イライラなどの
さまざまな低血糖症状が引き起こされるのだそうです

つまり
エピネフリンが

「あんた低血糖やで

はよ補食しいや!」

と警告を発してくれているのですね

はなはだ不愉快な警告ではありますが・・・・

ところがMTでは
エピネフリンが放出されないために
低血糖による身体的警告サインは現れません。

自分が低血糖であることがわからないため
何も(補食)しないから
見当識を失ったり
もっと低いレベルにまで低下した時は
意識を失うことになるのですね

なるほど
そういうしくみだったのか

MT頻発してた頃の夫の体の中では
エピネフリン君(男か?)寝てたのかな


さてここで
「見当識って何?」と思ったあなた!

ウフフ
調べておきましたよ

見当識とは
時間、場所、人物や周囲の状況を正しく認識することをいいます

見当識が障害されると

家族がわからなくなったり
日時や季節がわからない
いま自分がいる場所がわからない
あるいは、今自分が何をすべきかわからない
というような現象が起こります。

うわぁ
夫がMT起こしてた時と、まったく一緒や!

あの状態は
【見当識障害】と言うのか

私は、poco夫の認知症状態~と呼んでましたよ


そしてまだまだ興味深い事が・・・

このエピネフリン
またの名をアドレナリン

ああ、これなら知ってる~ッ!

運動会のかけっこの前、高まる緊張感
放出されるアドレナリン・・・・
あるいはハードボイルド小説で
主人公が敵に囲まれて機に陥った時に
「アドレナリンが体中を駆け巡るのを感じた」・・・なんてよく書かれていますね

興奮状態で放出され
思わぬ力を出させるホルモン・・・ふ~~ん

まあ、エピでもアドでもどっちでもいいけど
低血糖症状というのは
そういうホルモンが活躍している状態なんですね


検索した記事には最後にこう締めくくってありました

『低血糖を生じることなく
数週間にわたって血糖を高いレベルで維持できるなら
身体は自ら「リセット」することがあります。
そして血糖値が低くなりすぎたら、もう一度、症状を感じるようになるでしょう』

MTからの脱却を目指して
BG70以下撲滅大作戦継続中の我が家にとって
励まされる一文です!

夫の体の中のエピネフリン君
ちゃんと目覚めて、いいお仕事してね


最後に極めつけの大発見!・・・・






夫のイニシャルは  MTでした








スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

オチましたね!(大笑)

最初から、大真面目で「エピネフリンって、アドレナリンと同じらしいことを読んだ記憶が・・・と思いつつ読んでました。

MTねぇ・・・これ良いかも・・・
IDDMにつきもののMT、なんか高級な病気のようです。うふふ

【見当識障害】について、ドキドキして・・・私、今MT?っと測定(大笑) 116でしたけど・・(笑)

でも、ご主人さまの傍らですべての【見当識障害】をご経験されたpocoさんに、改めて尊敬の念を!

最後のオチに、大笑い!



そして・・・やっぱりエスプリが効いてるpocoさん!
こんな機智に富んだ文章はなかなか・・・エッセイ書かれたら?


MTさま、話題提供ありがとうございます。(笑)

実際

認知症の段階が進むと、「見当識障害」が現れます。
うちの祖母がそうなんですが、自分もそれと同じ状態になっているのかと思うと、祖母にもっと優しくしなきゃと思ったり…なんと恐ろしい状況なんだ、低血糖は…といまさらながら思ったりv-292

もりママさんへ

さすが、理科の先生を目指されただけありますね
私なんか、エピネフリン・・・てのがまだ覚えられませんv-292

> IDDMにつきもののMT、なんか高級な病気のようです。うふふ
昨日、MTでしたのヨ、オホホ・・・って?(爆)

> 最後のオチに、大笑い!
最初、オチにも気付かず書いてたんですよ
MTって、なんか見慣れた字だなあ、って思いながら・・・・
ハッと気付いたら、イニシャルじゃないか!v-290

こんなんでもエスプリきいてますかねえ

ベージュちゃんへ

> 認知症の段階が進むと、「見当識障害」が現れます。
やっぱりね!
MTの場合は、ブドウ糖が吸収されれば、瞬く間に元に戻りますが
認知症の老人にもそういう効果をあげるものがあるといいのにね

なんと恐ろしい状況なんだ、低血糖は…といまさらながら思ったりv-292
エピネフリンが、ちゃんと活躍できるように気をつけなくっちゃね

MTのカテゴリー。
とっても「重要」なカテゴリーだと思います。私なんて、ここでMTの知識を得たって感じですもの。
シエリも発症当時(生後9ヶ月)は血糖が下がると冷や汗が出たりして分かりやすかったんだけど、だんだんと低い事になれてきて、今では見た目では全然わかりません。本人の体感のみ。
だから寝ている時が怖いんですよね。>_<

「リセット」かあ。
血糖値も、常に優等生よりも、たまには高い事があった方が良いんですね。
そう考えるとギョエ~と思える高血糖もちょっとは「役にたってる」と思えるかな。^^;;

ははは。旦那様MTなんですね~。
これも運命の悪戯でしょうか。

関係ないと言えば無い話ですが
おやぢにも事故以降、見当識障害があります。
高次脳の症状の1つらしいのですが
低血糖で言う所の感じとはやや違うように感じます。

勿論、ブドウ糖をとっても回復しません。
と言うより突然見当識に突入して
暫くするとふっと我に返るe-351

ともかさんへ

>私なんて、ここでMTの知識を得たって感じですもの。
そうですね
患者本人はMTになってしまうと
自分の状態がわからないわけですから、書きようがありませんものね
過去のMT体験記が、皆さんのお役に立てば何よりです(笑)

> 「リセット」かあ。
> 血糖値も、常に優等生よりも、たまには高い事があった方が良いんですね。

高いのがあったほうがいい、というより
低いのを減らす・・・という考えだと思います

夫は、70以下を極力出さないように心がけて
多少なりとも感知力が戻ったように思います

>旦那様MTなんですね~
これも運命の悪戯でしょうか。

ハハハ、気付いた時は本当に、運命の悪戯かv-405と思いましたよ

沙織(父)さんへ

ずいぶん大きな事故だったようですね
お元気になられて、本当によかったと思っていましたが
そんな後遺症があるのですか!

突然・・・ですか!
MTのように
あらかじめ感知することはできないのならこわいですね

夫は、退職前2~3年間がMTのピークだったので
夜帰宅するまでハラハラしていました
就寝時は就寝時で心配ですし

奥様もご心配だろうな・・・とつい妻の立場を
思ってしまいます

MT撲滅

こんにちは、pocoさん。

タイトなコントロールを狙うと、低血糖の回数も・・・。
でも、私の友人、poco夫さんと同じくらいのA1cをキープしていらっしゃるのに、BG50以下はないそうです。見習わなくっちゃ。
射ち方が、全然、違うんです。
ランチ食べながら、ご説明しますね。

またもや新語が!

pocoさんカッコイイ~e-69

低血糖の症状=血糖を上げようとするカラダの反応(本能)なんですね。

寒いとき体温を上げるため震えたり、暑いとき体温を下げようと汗が出たりっていう反応と同じ、命を守ろうとする本能ですよね。

そうすると、低い状態が続いてると、低すぎる危険域になっても「いつもとあまり変わらないから危険ではない」と判断してしまい、上げようとしない(ホルモンが出ず、症状も現れない)ってことですよね。

逆に、自分の体験でいうと、高血糖状態が続いていると、いつもの域よりガクンと下がったときは、低血糖の数値でなくても低血糖症状が出ました。

体がどんな仕事をしてるか、イメージとしてわかるようになると、理解しやすいなぁと思います。 

MTですか~

POさんが正解かと思っていましたが、MTさんでしたか。。(PocoOtto)

さてそのMTですが、見当識障害って血糖値が結構低いところで発現するんですよね?
30とか40以下って感じですかね。
MTってのはその位の低さでも低血糖症状を感じないって事なんですよね?

勝手にそう解釈すると、
血統測定したら50位の低血糖で「え!気づかなかったよー」なんて事が起こり始めたら要注意=要リセットって気をつけ方で良いのかな。
見当識障害が起こる血糖値が高くなるって訳じゃないですよね?

どうも見当識障害を経験していないので、気をつけ方を知りたくなっちゃうのです。

質問攻めですいません!

myさんへ

今の我が家は
タイトなというより
70以下避けようくらいの、ゆる~いコントロールです

結果的に
それでMTもなくなっていますし
HbA1cを下げることにばかりとらわれていた頃に比べて
気持ちがゆったりしているように思います

ランチ楽しみにしていますv-238


カッパさんへ

寒気を感じること
空腹を感じること
イライラすることなど低血糖の諸症状
みんな体が命を守ろうと危機を知らせてくれてるんですね

そう思うと、低血糖症状もありがたいような・・・・^^;

あらためて体の持つ
緻密な調整力に驚かされます

IDDMになってインスリンは出なくなっても
他のそんな機能は失われていないんだということに
喜びを感じました

与えられた機能を無駄にしないように
体の出すサインにしっかりと耳を傾けて行かなくっちゃね

ケロリンさんへ

> POさんが正解かと思っていましたが、MTさんでしたか。。(PocoOtto) 漢字で書くと、歩古夫です・・・・なんてねv-8

無自覚性低血糖をMTと書き表して、自分でも驚きました
ご縁があったんだなあって・・・アハハ
こんなご縁いらないんだけど(-_-;)

> さてそのMTですが、見当識障害って血糖値が結構低いところで発現するんですよね?
> 30とか40以下って感じですかね。
> MTってのはその位の低さでも低血糖症状を感じないって事なんですよね?

おかしい!って状態で測ると(その時点ではもう自分では測れません)大体40くらいですね

>血糖測定したら50位の低血糖で「え!気づかなかったよー」なんて事が起こり始めたら要注意=要リセットって気をつけ方で良いのかな。
お医者さんじゃないので、正しいかどうかはわからないけど
経験から言わせてもらえば
そういうことが頻繁にあるようだったら
一度リセットした方がいいんじゃないかと思います

リセットと言っても、やたら上げるわけではなく
70以下を出さないように気をつけるだけなので
HbA1cはそんなに上がらず行けると思います
逆に、低血糖→補食しすぎ→高血糖の悪循環が減るんじゃないかな

> 見当識障害が起こる血糖値が高くなるって訳じゃないですよね?
これはないと思いますよ!

そもそも見当識障害はMTの症状のひとつで
リセットはMTを出さないための措置ですから

>質問攻めですいません!
とんでもない
つたないお返事で、こちらこそすみません

pocoさん こんばんは。

 先日は 訪問&コメントをありがとうございました。

 pocoさんのご主人様が12年前に 1型糖尿病を発症されたのですね。
当時は 1型糖尿病って 今よりもっともっと 世間に知られていなかったのではないでしょうか? そして ご主人様の年齢ってことだけで 2型糖尿病と間違われたのではないでしょうか?
 子供の血糖コントロールとはまた違って 大人の(しかもご主人の)コントロールは さぞ大変なこととお察しします。
 そして ご主人様は 無自覚性低血糖があるのですね。。
私の仕事の関係で 見当識障害のことは 勉強していて知っていたのですが、 無自覚性低血糖の症状として そのようなことがあるとは 知りませんでした。。

 娘は 重症低血糖痙攣発作を 今まで3回起こしたことがあります。
幻をみたり、その時の記憶がないという症状がありました。

 pocoさんのブログは とても勉強になって そして 文章がとてもおもしろいです! ずんずん読んでしまう って かんじです。

 そして 私達夫婦は、兵庫県出身です。 夫は神戸市で私は西宮市出身です。
な~んか 読んでて言葉とか めっちゃ嬉しいです。

 どうぞ 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。☆

keikoさんへ

早速ご訪問ありがとうございます

> 私達夫婦は、兵庫県出身です。 夫は神戸市で私は西宮市出身です。
> な~んか 読んでて言葉とか めっちゃ嬉しいです。

まあ、それは偶然!
keikoさんは神奈川在住ということですが
うちは、8年間横浜に住んでいました
横浜育ちの子供たちは小さい頃は「~~ジャン」って横浜弁でしたよv-290
私はずっと関西弁で通しましたがv-411

2型と間違われることはありませんでしたが
IDDMであるということもなかなか特定されず
随分遠回りの治療を受けたように思います

>そして ご主人様は 無自覚性低血糖があるのですね。
あった・・・と過去形にすべく努力継続中です
その過去の様子は
カテゴリー無自覚低血糖や、低血糖昏睡を読んでいただければお分かりいただけるかと(笑)

> 娘は 重症低血糖痙攣発作を 今まで3回起こしたことがあります。
> 幻をみたり、その時の記憶がないという症状がありました。

小児発症のお子さんやそのご両親のご苦労は
成人発症とはまた違った、大変さがあるだろうなあと
何人か交流のある親御さんのブログを読んでいつも思っています

立場は違っても
同じ思いの家族としてこちらこそ、どうぞよろしく!

MT、いいですね~その呼び方!
私の母がPBC(病名)で大手術経験者ですが、私達のDMといい、簡単で関係者以外ちょっと分かりにくいところがいいですね!

MTからの脱却としては…高くすれば簡単簡単。8%以上くらいで手足の震えや冷や汗が出るようになったことがあります。でもそれじゃダメなんですよね~。ははは~v-8

tomeさんへ

DMって言ったら、ダイレクトメールみたいですねv-411

よく話題に出てくるDMVOXって、最初DVBOXって間違ってたのv-8
暴力夫に悩む妻の会か!

>MTからの脱却としては…高くすれば簡単簡単
確かにそうだ!アハハ

体重減らしたい時と一緒ですね、食べる量・・・・減らせば簡単簡単

しかし両方とも、兼ね合いがとても難しいv-292

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/220-4a29c4ab

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2