MTがMTになったわけ

夫、本名MT・・・・

無自覚低血糖(略してMT)の経験豊富です
昏睡経験も何回もあります


しかし
これは何の自慢にもならないどころか
むしろ上手にコントロールをされている方から見れば
何でそんなになるの?信じられな~い
と思われることかもしれません

発症後12年の今
インターネットでIDDM関連の多くの情報を目にするたび
MTがMTになったのは
病気や、低血糖に対する知識のなさが
原因だったのかな・・・と思います


入院中に夫は
低血糖は怖いということを
一応は教えられたそうです

「低血糖でこん睡状態になったりするんだって

昏睡状態で長時間放置されてたために
植物人間になっちゃった人がいたんだって」

「ふ~~ん低血糖って怖いんだね
そんな会話をした覚えがあります

でも
そもそも初めは
低血糖そのものが、どんなものかすらわかってない・・・

「なんか体がザワザワするんだけどこれが低血糖なのかなあ」
ってそんな調子でしたし

そのうち
冷や汗をかいたり
舌がしびれたり
寒気がしたり・・・などと
いろんな症状を経験するようになると

「こんな風にちゃ~んと低血糖を感知できるのに
なんで昏睡までいってしまうんだろう~

低血糖で意識をなくす・・・・
そんなこと実際にはないよねえ」
・・・・そんな気持ちにすらなっていったのです


夫の主治医は現在4人目ですが
発病以来10年間は、糖尿病専門医ではありませんでした

専門でなくても、IDDMについて多くの知識を持ち
適切な指導、助言のできるお医者さんは
大勢いらっしゃると思いますが
残念なことに
かつての主治医はそうではなかったようで
低血糖については、いつも
「気をつけてくださいね」程度で
それがどれほど危険なものか
それを回避するためにはどうすればいいのかなど
教えてもらったおぼえはありません

むしろ
運動もするし
食事にも気をつけている(カロリー至上主義でしたが)夫に
お医者さんは
「いいですねこの調子でやって下さい」
と言われるのが常でした

ですから
発症5年目に転勤で転院した頃には
夫にとっては
HbA1cを下げることが最大の目標になっていました

「HbA1cを下げるためには
正常値と低血糖のギリギリを狙わないとダメなんだ!

たびたび低目を出している夫に
もう少し上目維持にしたら?というと
決まって不機嫌に返ってきた言葉です

そう言われると、引き下がらざるを得ません

糖尿病=合併症と思えば
HbA1cを下げたいという気持ちは、わからないでもありませんから

知らなかったのです
低血糖の頻発がそんなに怖いものだとは・・・

あの頃
「こんなにたびたび低い数値を出してたら
無自覚になってしまうよ」と
注意してくれるお医者さんがいたら・・・・

「HbA1cを下げることも大事だけど
低血糖を起さないようにする方がもっと大切なんだ」
という事を、切実に教えてくれるお医者さんがいたら・・・

その後の状況は、多少違ってきたかもしれません


発症5年目にして
初めての昏睡を起した後の検診時に
意識不明になったことを伝えた時ですら
Dr.からのアドバイスは
「今後はそうならないように気をつけて下さい」
・・・・その程度でした

今、こうしてインターネットを通じて
色々な先生方のきめ細かい指導や
適切なアドヴァイスを見聞きするたび
あまりにも知らないことが多かった、と
はがゆく悔しい思いに駆り立てられるのです

でも
何もかもを、お医者さんのせいにするつもりはありません
あの頃
何らかの助言をしてもらっていたとしても
「HbA1cは低ければ低いほどいい!」と思っていた夫は
受け入れようとはしなかったかもしれません

痛い目をいっぱい味わったからこそ
ようやく
HbA1cの多少のupには目をつぶっても
低血糖回避に目標を定めるという
意識の切り替えを
受け入れられるようになったのかな、とも思います


ここ数ヶ月のMT(夫)は、MT(無自覚低血糖)ではなくなりました


いつ何時起きるかわからない無自覚に
気の休まることがなかったあの頃・・・・
私は日記にこう書いています

「このままではたまらない!
でも状況を変える方法がきっとあるはず
状況が変わる日がきっとあるはず・・・・」と

状況は変わりました!

安心しきってはいませんが
平穏に過ごせる毎日に感謝です

この平穏が、一日でも長く続きますように・・・・・




あの頃に比べれば
リタイヤ夫が毎日家にいるストレスくらい
フン、軽いもんさ!



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

pocoさん おはようございます。

 ↓ 一時停止違反で捕まったとは めっちゃ悔しいですねー。 プン!!
タイトルの「反省しない女」 お気持ち わかります。

 ご主人と映画 良いですね~! 

 ご主人様は 1型糖尿病を通じて
どれだけ pocoさんに感謝していることでしょう。

 数字の鬼 に、私は 娘が発症数年間は なっていました。 高い数字より低血糖が好きでした。娘の食べる物1つ1つにイライラしていました。
そして 娘は一時期、夜間に インスリンに関係なく血糖値が下がってしまう(自家中毒)になり、寝る前に 皮肉にも血糖値を上げる努力をしていました。。今は その症状はなくなっています。

 だから 今回の記事を読んで、家族とはいえ 自分の体ではない人の血糖管理をすることがどれだけ大変かということを 感じました。
精神面のフォローもありますしね。


 あの頃があるから今があり 小さな幸せを大きな幸せと感じることができるのだと
感じています。。

 
 

同感です。

こんにちは、pocoさん。

そー、そー、そうなんです。
私も、自分が望む「フラットなコントロール」は、そう申し上げたいんです。
私もpoco夫さんと同じような経過をたどっていますからね。
でも、poco夫さんより、少し早く、学ぶ機会を得ましたので、今後は、pocoさんたちにつづいていきたいです。

>リタイヤ夫が毎日家にいるストレスくらい

なーにを!!
またまたぁ・・・。
甘い生活でしょ?

今日だけは・・・・

耳が・・・痛ーーーーい!e-318

けど、今の主治医に、発見されて、今に至ってる事、感謝です e-420

MTでないMT様

MT様のMTは、起こるべくして起こったんですよね。
私は幸いにも、3週間の入院中に、何度か低血糖を起こしたので、その処置の仕方や気構えを身につけて退院しました。(笑)
初めての低血糖でフラフラになりながら詰め所に行きましたら、看護士さんの溶かして下さったブドウ糖を飲ませられ、クラッカーを1袋いただき、15分後にもう1度測りましょうと。
もう動悸は打つし、手は震えるし・・・ぼんやりベットに横になってました。
入院担当医がIDDM患者でもあったので、急いでかけつけてくれたんですが・・・
「あら・・・ダメダメ、寝てるなんて・・・寝る程のことではないのよ。これからインスリン打つ限り、度々なる症状ですから、覚えて帰ってね。」
と、診察着のポケットからブドウ糖のタブレットを出して見せて「私も低血糖になった時の為に、こうしてブドウ糖いつも持ってるのよ。病気じゃないんだから、寝ないでふつうにしてて!」
看護士さん方にも「退院前に低血糖を経験しておいて良かった!」と、起こる度に対処方法を教えられました。
退院までは毎回、食事前にラピッド18単位とか打ってたんですよ。きっと、入院中に低血糖を経験させたかったんでしょうかねぇ・・・(笑)

主治医も、無自覚になるのが1番恐いと言われます。
だから、こんな経験もさせて下さったのかも・・・と、今となってあり難く思います。

ご主人様の意識改革、pocoさんの願い通りになりましたね。
良い専門医とも巡り会われ、リタイア後の余裕も重なって、これからはHbA1cの低さではなく、フラットなコントロールを心掛けられ、pocoさんの憂いも晴れる日が続きように祈ります。
お互い、後30年は元気なIDDM患者でいましょうね・・・と、ご主人様にお伝え下さいね。
モチ、pocoさんとも溌剌としたシルバーエイジライフ仲間でいたいわ・・・ヨロシクね。

私も

「低ければ低いほど良い」
と発症時入院で教えられました^^;
「低高血糖に気をつけてください」
くらいで…
低血糖症状がどんなもんかは教えてもらいましたが
恐さまでは教えてもらえず
今の主治医に教えてもらった次第でございます^^;
総合病院だからと安心してたのにぃ!

リタイアストレスw
すみません。
また笑ってしまいました^^;
プフフフフ
グフフフフ

keikoさんへ

夫は、大人ですから、自分で管理しますが
子供さんの場合は、ご両親、特にお母さんが管理されることが多いでしょうから
自分で体感できないものを管理することは、どれほどの大変だろうかと、ご苦労が身にしみます

しかも
これから先の長い人生を考えれば
鬼になることも必要でしょうしね

就寝前の低血糖、改善されてよかったですね。

>小さな幸せを大きな幸せと感じる
きっと、これも「楽しい時間」になりますね

myさんへ

myさんのお勉強ぶりには、頭が下がります

>pocoさんたちにつづいていきたいです
だなんて
私たちのず~~っと先を、歩いておられるじゃありませんか

我が家は、(myさんのペースじゃない)myペースです
ほら、もうアラカンですからv-411

そらちゃんへ

耳だいじょーぶ?v-8

いい主治医に出会えること=いいコントロール(低いだけではない)だと思います

お目にかかってみたいわ、噂の主治医v-238





もりママさんへ

たしか入院中は、高血糖続きで、低血糖起してる暇もありませんでしたよ
ちょっと下がったら、看護師さんがブドウ糖もって飛んでくるしv-388
だいたい、IDDMであるということすらなかなか診断されなかったしv-390

ご主人様の意識改革、pocoさんの願い通りになりましたね。
これは、もりママさんの主治医先生の言葉が効いてるんですよ
Largo Blogに、詳細に書かれるたびに
私が大声で読んだり、プリントアウトしたりv-411

遠隔操作、大成功!

後、30年!?・・・・・v-388v-405
う~~~ん
ブログほどほどにして足腰鍛えなくっちゃv-8

ゆむぅさんへ

発症時って
糖尿病ってどんな病気・・・からスタートですものね

何にも知らないんだから
病院で教えられることだけ信じちゃうよね

早めに、適切なことを教えてくれる先生にめぐり合えてよかったね

> リタイアストレスw
> すみません。
> また笑ってしまいました^^;


はい、そこ笑うところですからv-411

私も…

私もMTになるまでは低くなれば冷や汗かいたり震えたり、高くなればダルくなったりとってもよく分かったので、「IDDMってば、な~んて簡単な病気なの~?楽勝~!」って思っていましたよ。だから既に無自覚だった友達には「なんでそーなの?低すぎんじゃないの?」って失礼なことを言ってましたよ…。
無自覚。私の場合もDrからの話しは全くなく、だんだん無自覚になり変わってきた病状をとても不安に思いました。無自覚になって既に数年経ってからDrに「無自覚になるんだよ」と言われたときは「そうだけど?」ってカンジでしたよ(^^;)
ここまで年数が経たないと分からないことだったのか?とよく思いますよ。

tomeさんへ

無自覚になって既に数年経ってからDrに「無自覚になるんだよ」と言われたときは「そうだけど?」ってカンジでしたよ(^^;)
「そうだけど?」・・・のところ、もう、表情まで浮かんできちゃって大爆笑
v-403←こんな感じかなあv-411

実はMTって大変なんだけど、深刻なんだけど
キャリアの長いtomeさんに
こんな風に軽~く言ってもらうと
ホッとする思いがします

「MTからの脱却なんて…高くすれば簡単簡単」・・・・なんですものね(笑)

低血糖ってやつは

低血糖はなるべく出さないにしようと頑張っても出てしまうんですよね・・・・
最近は経験則でどんな時に低血糖が出やすいかが少しずつわかってきたので、出そうな時は早めに計測して低血糖の目を摘むようにしてます

主治医から低血糖の怖さを教えてもらったことはないですが、低血糖になると確実に人間としての基本的な活動能力が落ちるので、嫌なもんですv-394

新さんへ

低血糖回避のためには、結局は>出そうな時は早めに計測・・・これしかないんでしょうね

そしてIDDMであれば、低血糖を避けて通れない以上
お医者さんは、無自覚低血糖になることの危険性を、もっときちんと知らせるべきだと思いますね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/221-22b78852

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2