スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ!

6月を代表する花、紫陽花

花言葉は「移り気」と
あまり芳しくありませんが
その涼やかな色や姿は、雨にもよく合い
好きな花のひとつです

当地に越してきた頃
たくさんの紫陽花を咲かせておられる知り合いのお庭を見て
我が家の庭も、いつか紫陽花で一杯にしたいなあ
・・と思いました

幸い、紫陽花は挿し木でつきますから
友人から分けてもらっては
下手な鉄砲も数打ちゃ当たるからと
庭のあちこちに手当たり次第挿しておきました
そうすると
神戸市の市花は紫陽花、というくらいですから
土が合うのか、比較的よく根が付き
他にも実家から株ごともらってきたり
毎年そうして少しずつ増やしているうちに
結構目を楽しませてくれるようになりました

お茶いかが?
よかったら
パラソルの下でお茶でも飲みながら
我が家のアジサイご覧になっていって下さい





ネコの額ほどの小さな庭
さほど珍しいものもありませんが・・・・


アナベル
これはアナベル
細い茎、白く小さな花の集まりは清楚です



七段花
幻のアジサイといわれる
七段花 
(シチダンカ)
まぼろし・・・と言われる割には
この辺りではよく見かけますが(-_-;)



墨田の花火

墨田の花火
名前の通り
花火がはじけたみたいに
元気よく咲く、いい子



べにがく
紅ガク
最初は白だった花びらが
次第に、ふちからほんのり赤くなる
はにかんだみたいで、かわいい!



がくあじさい
どこにでもあり平凡ですが
着きやすく、気立てのいい子
がくあじさい


フェアリーアイ
今年の新種
フェアリーアイ
我が家の箱入り娘なので
悪い虫がつかないように
うちの中で育てています






そして

ハナとはな

このはなは・・・・うるさくまとわりついてごめんなさいね



梅雨だというのに連日の晴れ
アジサイたちのためにも一雨欲しいところです

ではまたいらして下さいね






スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

紫陽花

むむっ、あのパラソルにはお世話になった記憶が…v-8
今年は、なぜかいつもの年より紫陽花が目に、心に染みます。(年か?)
pocoさんとこ、たくさん種類があっていいですね。
うちの一番の古株は、私が小学校4年生の時、理科で挿木を習ってきて、たまたま家にあった紫陽花の切り花を鉢に植えた時のものですv-254

それから数度の引っ越しにも耐え、現在の地にうん十年。ここ数年は花が咲きませんでしたが、今年はなぜか濃い青紫の花をたくさんつけていますv-345

ところで、一番最後の真白いはなv-286
どことなく表情がpocoちゃんに似てるんですけどーv-290

報告です

私も紫陽花大好きです。フェアリーアイって知らない!!早速、花屋さん覗いてみーよう!

ところで先日myさんとこで話した、当病院の講習会本日行って来ました。

当先生の「糖尿病治療の新しい展開」の講義

主に2型患者さんの為の講義でしたが勉強になりました。
1型患者の全国平均A1cは7.0.
ただA1cがいくら良くても駄目で、低血糖や体重増加(特にLDLが高かったり)がある事で生命予後改善効果を減弱する(すごいでしょう!この言葉)

2型患者さんの為の近いうちに承認されるであろう「インクレチン」投薬の話も興味深かったです。
(今度ゆっくりご説明します)

栄養士さんからは「カーボカウント」の話。
今までカロリー主体で指導されて来た2型患者さん達には
???のようでした。
カロリーを守っているのにA1cが改善されないって言う患者さんが多く先生が率先して栄養士さん達に「血糖値を上げる主な栄養素が炭水化物であることを知らせ、カーボカウント法をやっていこう!」って言ったようです。

帰り、先生は私を見てニコニコしながら「カーボ法でやってます」って前に出て説明すればよかったねエ・・・だって・・・。
目がテンになりました。

うわ~。素敵♪

pocoさんのお庭でお茶。お呼ばれしたいわ~。#^_^#
とっても素敵なお庭ですね。
私も紫陽花大好きです。
「墨田の花火」は品種が出たばかりの頃に母にプレゼントしたんだけど‥‥年々雰囲気が変わってきている気が。
まわりの紫陽花とだんだんと混じってしまうのかしら。?_?
「七段花」枝を頂きに飛んで行きたい位素敵です。
わんこちゃん。可愛いv-238

いいなぁ・・・

堪能させていただきました。
我が家の気に染まない紫陽花とはえらい違い(笑)
まっ、夕方の雷雨に打たれて、今日はイキイキと鮮やかなピンクを誇ってますけど・・・「なんでや、ブルーやったんに!」と、私に言われ続けても健気に咲いてますよ。(笑)

pocoさんのお庭の見事な紫陽花は、さすが神戸です!
ホントにきれい!

そしてハナちゃん、もうまとわりついて欲しいわ、おばちゃんに!(笑)
かわいい・・・カミナリにヒビって疲れてグーグー寝てる我が家のおんぷとはえらい違い!!

えらい違いを2つも見つけて、神戸が恋しい私です。(笑)

色んな珍しい紫陽花を堪能させていただき、感謝!!

はじめまして!
こんばんは☆
IDDMのゆむぅと申します。
紫陽花のお庭、素敵すぎです☆★☆
我が家には小さな鉢の紫陽花がいますが
今年は咲きませんでした…;;
紅ガクという名の紫陽花を始めてみました!
とっても可愛いですね!!
お花屋さんで探してみようかな?

あ、20日のランチ、ご一緒させていただけるそうで
ありがとうございます^^*
発症間もない私ですが宜しくお願います☆

あれー、偶然。

私、どなたかのブログにも、コメントしたことがあるんですが、紫陽花が一番好きな花デス。
でも、こーんなに、種類があったんですねぇー。
がくあじさい、一番スキかな。

カズの妻さんのセンセ、
変われば変わるもんですねぇー。

明日はお天気も悪くなさそうデス。
よかったです。

ベージュちゃんへ

お返事おそくなりましたv-435
ベージュちゃんが挿し木したアジサイが、数年のブランクを経て今年は彩りよく咲いているという事は・・・・
ベージュちゃん自身も、見事花咲く年になるのかもよ~~v-254

ところで、一番最後の真白いはな
どことなく表情がpocoちゃんに似てるんですけどー

私も、あんなに「遊んで~光線」出してるのかなあv-8


カズの妻さんへ

大阪VOX初体験では、いろいろな思いを
抱いてかえられたことでしょうね
同じIDDMの夫を持つ立場でお話しできて、とてもうれしかったです

お昼前から、夜まで一緒だったのに
まだ聞き足りない、しゃべり足りないことがたくさんあるような気がします

またお会いしましょうね。
今度は富士山を見に行きたいなあ

ともかさんへ

お母様の丹精されたアジサイたちもお見事ですね

園芸は大して得意ではないんです
アジサイは比較的世話要らずで
増えるので好きなんです!

ハナも10歳のおばあさんです。
若い頃に比べて、容貌は衰えました(笑)

もりママさんへ

> 今日はイキイキと鮮やかなピンクを誇ってますけど・・・「なんでや、ブルーやったんに!」と、私に言われ続けても健気に咲いてますよ。(笑)
ピンクもかわいいですやん
健気に咲いてるピンクのアジサイ、ガンバレ!

> そしてハナちゃん、もうまとわりついて欲しいわ、おばちゃんに!(笑)
もうイラン、って言うくらい、うるさいですから
お客様が帰るって立たれると
帰るなってまたワンワン
うるさいのなんのってv-292

おんぷちゃんの静かさがいいなって思いますよ、きっと(笑)

ゆむぅさんへ

コメントのお返事より、お目にかかるほうが先になっちゃいましたね

ランチは、ご一緒できなくて残念でしたが
VOXでお会いできてよかったです

お母さん世代のおばちゃんですが
今後ともよろしく!

myさんへ

アジサイが一番お好きなんですか!~なんてこと言う前に
お会いしちゃいましたねv-411

ノースリーブから見える、ひき締まった二の腕もまぶしいmyさん
見かけも中身もイキイキと
とっても前向きで素敵です

VOX報告おまかせします!

やっほーーー

元気復活??オロナミ●C!!!

飲んだ??v-7

と、意味不明なのは、冬眠明けということで・・・e-466

そらちゃんへ

あはは
もりママさんところでそらちゃん見つけて
しゃべってきたよv-8

どう?寝起きの気分は

寝る子は育って大きくなった?

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/222-38b0405b

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。