スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田の勝った翌日は

夫は、特に熱狂的な阪神ファンではありませんが
岩田投手は同じ病気と言うことで
特に肩入れしています。

TVの実況アナウンサーが
「途中でブドウ糖を補給しながら投げているそうです」
などと言うと、とても喜んでいます。

昨日
52日ぶりに勝利投手になったというのに
朝日新聞には岩田のことがほとんど載ってない、と夫は
今朝わざわざコンビニに、デイリースポーツを買いに行きました。

岩田

「ほら、こっちは一面に載ってるよ!」
とまるで、息子が出てるような喜びようです。

ところが、記事を読んで
「もうIDDMのことは書いてないなあ」とちょっと物足りなさそう。
そりゃ記者だって同じことばっかり書けないでしょうからね。

でも岩田クンのおかげで
病気のことを説明しやすくなりました。
「阪神の岩田と同じ病気です!」って言うと
大抵の人が
「あ~~~」と納得したような顔をするのです

IDDMという病気が世の中にもっと浸透するためにも
岩田君に頑張ってもらいたいものです



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

偶然、昨日電話で大阪の義妹が「お姉さん阪神の岩田って知ってます?お姉さんと同じ1型ですんよ、お姉さんのIDDMのお話聞いて、もっと岩田を応援せなあかんと思いましたわ!」って言ってました。
弟一家は熱烈な阪神ファンなんです。(笑)
『どんな選手かな?』と思ってたら、ここで遭遇!
同じIDDMの方のご活躍はホント嬉しいですね。

前回の電車内での低血糖事件、色々と参考になりました、カズの妻さんのコメントも、pocoさんのと同様にドキドキしながら読み進みましたよ。
明日は我が身(と言ってもまだ発症2ヶ月目だけど・・・)と思えば、ゾゾーーツと!
スーパーなどでバックの中で鳴ってる携帯が聴こえにくく、お買い物続けてたら、家族が「倒れてるかも・・・と心配した」と怒られることが度々(笑)
心配させない為に、めんどくさいけど今後はイヤホーンつけようと思いました。

解ります!!親近感持つんですよね~。同じ病気で活躍されてる人がいると、注目してしまいます。私は1型糖尿病で夫と同じ歳か、1,2才しか違わない(夫は32才)エリオット・ヤミンっていうアメリカの歌手のウェイトフォーユーを気に入って着メロにしてます。

もりママさん、こんにちは
義妹さんのしゃべり方、同じ関西人として親しみ感じます(*^^)vよろしくお伝えください。
携帯の件、そうなんですよ、電話に出ないと何かあったに違いないって思ってしまうんです。
実際そういうことが、何度かありましたから・・
ところで、息子さんのダカフェ日記、素晴らしいですね。早速本の購入申し込みしました。

アンジェラさんへ
エリオット・ヤミン・・・・
どこかで聞いたことがある、と思ったら
先日、夫が言ってたんです。
「エリオット・ヤミンって歌手もⅠ型なんだって」って。
ふ~~んって聞き流してたけど、アンジェラさんのコメント見て検索してみました。
ウェイトフォーユー耳にしたことあります。
いい歌ですね。なかなかワイルドないい男だし。
CD買って応援します。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/23-70a34253

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。