風鈴

お正月に数日戻ってきただけだった娘が
週末に帰るという連絡をしてきました

物置化している部屋を片付ておかなくっちゃと
掃除機をかけ
寝具を、冬バージョンから夏用に取り替え
ヤレヤレさっぱりしたと
整えたばかりのベッドに
ごろ~んと転がって
開け放った窓から入る風に
気持ちいいなあ、って吹かれていたら・・・・

チリン♪~    チリン♪


あっ、風鈴・・・・

控えめでいい音

どこから聞こえてるのかな~~
と、立ち上がったら

部屋の天井にぶらさげたままの
ウインドウベルが揺れているのでした

これは
長男が沖縄に修学旅行に行った時
妹にお土産って買ってきたものだったっけ?

いや
本人が卒業旅行で行ったバリ島で買ってきたものだったかな?

記憶はあいまいです


涼やかな音を聴きながら
思いは行きつ戻りつ・・・・


うちの子供たちは二人とも大学進学と同時に
下宿生活を始めたので
親子4人で暮らしたのは
15年に過ぎません

下宿暮らしを始めた当初こそ
二人とも比較的頻繁に帰ってきましたが
慣れるにしたがって
戻る回数は減っていきました

仕事についてからは
当然のこと、なお間遠になって
顔を合わせるのは年に数えるほどです

結局私は
子供たちの18歳以降の姿を
ほとんど見ることなく過ごしてきたんだなあ、と思うと
できるものなら
過ぎてしまった年月を
たぐり寄せて、やり直したいような思いにかられてきます

今日はどんな服を着て行ったんだろう
昨日は何を食べたんだろう
どんな友人と
どんな会話をしているのだろう
どんな恋をしているのだろう(してないかもしれないし

わかったからといって
どうってことはないんだけれど

わからないことが
今は
はがゆく、じれったい



娘の帰省はわずか3日
その間も
大学時代の友達と合うだの
高校からの親友と合うだの忙しいこと

それでも

いってらっしゃいと見送り
おかえりなさいと出迎え
今日ねえ、○○でね・・・・というおしゃべりを聞くだけで
充分満足・・・と思う母です



さあ、残りのお掃除、さっさと終わらせてしまいましょう



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

あら同じだわ(笑)

娘を待つ気持ち・・・分かりますよ(笑)
久しぶりに風を入れて、整えたベットにゴロン・・・分かるなぁ

我が家も今週末、一家を引き連れて里帰りしてきます。甥の結婚式がその日にあるので、今回はダンナさまも一緒。
その後、ダンナさまを一人帰して、夏休みなので3週間ですよ。今から覚悟してます。(笑)

私もリビングをモモコ安全第一に模様替えしましたよ。疲れた!(笑)
まっ、待つ間が花なのかも・・・うふふ

私は、子ども達が大学に進学し上京したその日に、子ども部屋をきれいさっぱり片付けましたよ。客間仕様に(大笑)
絶対に実家に戻って生活することはないかも・・・と、帰って来てもお客様として迎えようと(笑)
主人はあまりの切り替えの早さに唖然(大笑)

案に相違し、息子が卒業後戻って来るなんて・・・アハハ
iSightで毎日、娘や孫の顔が見られるなんて・・・
想定してた老後とは、IDDM発症も含めて全然違いましたが、まっ、人生こんなものですよ。うふふ

ウィンドウベルの音に浮かぶ思い出の数々のお話、胸が熱くなりましたよ、母親の子を思う気持ち、ステキよねぇ・・・

風が運ぶのか、風鈴の音が運ぶのか・・・懐かしき日々にpocoさんのお顔がきっと微笑んでるんだろうなぁ・・・と(笑)

元気に行って来ます!とリフレッシュした娘さんの笑顔を見送るまで、お2人もいっぱい楽しんで下さいね。

頑張れ母様!!

毎週末帰省するそらでも、感じますよv-290
待っててくれてる~跡・・・・(掃除)v-352
楽しみにしてくれてる~跡・・・・(そら好物ご飯)v-371

それにひとつずつ気付ける幸せも、娘側にあるんですv-432

だから、頑張って跡残してね~~v-7

 pocoさん おはようございます。

 ↓ ご主人の血糖コントロールのことを 誰よりもわかっていらっしゃるpocoさんのお言葉、すごいな~ って 思いました。
うちの娘が思春期の難しいお年頃になって会話に困った時、 私は DMの知識があることで ちょっとは娘をわかってあげられるのかなぁ? それともうるさがれるのかな?


 ↓ サイモンとガーファンクル かっこいいですね!
歌声 心に響きます。
 わっ! ちちんぷいぷい が きたんやぁ。
ちちんぷいぷい こっちでは観られへんから 寂しいです。


 pocoさんのお子さんは 進学と同時に自立されたのですね。
‘親子4人で暮らしたのは 15年に過ぎません’の言葉に なんだか じ~んときました。

 毎日の娘たちとの生活を大切にしなくちゃいけないんだわ って 思いました。
下の娘に「ママ 一緒にお風呂入ろう」と言われるのを 嫌がってはいけませんね・・・

  

うーん

なるほど~
お母さんってそう思ってるんだ…
としんみり読ませていただきましたm(_ _)m

うちも上2人は早くに家を出たので
私より兄(姉はそうでもないかも…w)が
心配なようです。
母ってそんな風に子供のこと思ってくれてるんですね…。
知らなかったや…orz

わかります。

こんにちは、pocoさん。

母親のpocoさん、センチメンタルなお気持ち、分かるような気がします。
私自身は、結婚するまで、ずっと、実家だったのですが、MY娘もいずれ・・・。
なーんて、私には無理だわ。
家から通える学校にしてもらおう・・・。

一人暮らしなんて経験ないので、pocoさんのお嬢さん、しっかりしていらっしゃるんだろうなぁーと想像しています。

もりママさんへ

おやおや、週末からにぎやかになりますね

それにしても
もりママさんの潔いことv-405
さすが、博多の女!

そう、人生なんて予測がつかないもの
悪いこともあれば、いいこともある

日々を、どう過ごし方はわからなくても
子供たちが
それぞれの場所で
元気にやっているのは何よりのこと

はなれている私たち親も
生き生き暮らさねば!









そらちゃんへ

そっかあ

跡に気付くしあわせ・・・・かあ

さすが、大人なそらちゃん!


さ~て、跡をどこにつけておこうかなあ

keikoさんへ

私も昔子育て真っ最中に
人生の先輩達に
「今が一番いい時よ」などと、よく言われて

年取ってきたらそんな風に思うのかなあ?・・・なんて思っていました

思うんです!(笑)

でもその時はわからない・・・・それが人生さ(笑)

お嬢ちゃんたちと、お風呂入るの楽しんで下さいね
もう少ししたら、なかなか一緒に入ってもらえませんからv-411

ゆむぅさんへ

> 母ってそんな風に子供のこと思ってくれてるんですね…。
じつは うちにいると
邪魔くさいなって思うこともv-8

アッ、でも基本は思ってますから・・・・ハイ!

もちろんゆむぅさんのお母さんも
面接のことなど、とても心配してらっしゃると思いますよ


myさんへ

なかなか子供は親の思うようには、してくれないものです

大事なお嬢さん、いつまでも手元においておきたいでしょうが
myさんも覚悟しておかれた方がいいかもしれませんよ(笑)




出ていった身としては

もう、子供のころみたいに同じ家で一緒に暮らせないんだなぁー・・とさみしく思うこともあります。
離れてみて、いっしょにいた時より、親を大事に思うようになりました。

20代のころは、実家に数日戻ると友だちに会うのに忙しくって、でも基本実家にいるから親と日常会話はたくさんできるしーって思ってた。
最近は、友だちもみんな家庭があって思うようには会えないし、親も老いて来たのでほとんど親といっしょに過ごしてます。
もし、両親が亡くなってしまったら、いまのように気楽に帰省できなくなって、友だちにもあまり会えなくなってしまうのかも・・あたりまえに訪れてたイナカにも、帰る理由がなくなってしまう気がする。。

年齢によって、興味も状況も変わってくるんですね。
そのときにできることを、思いっきりしておかねばと思います。
今は、お友達にいっぱい会わせてあげてくださいね。

カッパさんへ

> 年齢によって、興味も状況も変わってくるんですね。
本当にその通りですね

自分の生活に夢中で
他に目を向ける余裕がない時もあれば
年をいくつか経てくると
同じものを見ても気持ちが違いますものね

うちの子供たちも
カッパさんみたいに優しい気持ちになってくれるといいんだけど

> そのときにできることを、思いっきりしておかねばと思います
この気持ち、大事ですね
後悔しないでいいように・・・・自分にも言い聞かせておこう

> 今は、お友達にいっぱい会わせてあげてくださいね。
ウフフ、了解ですよ(*^_^*)

今ごろは・・・

お嬢さんを囲んで楽しいひと時でしょうね。
poco夫さん、今夜はステーキ焼かなかったですか?(笑)

我が家はお盆に帰ると連絡が。
poco夫さんと違って、久し振りに帰ってくる子供に{ウレシイ!}ビームを出せない夫は
私に「又、イソイソ婆さんの出番か~」って。
ネッ、可愛くない夫でしょ?

ご無沙汰しております

身につまされるお話…

我が家も1年半後には長男が巣立っていく予定です
大学進学を視野に入れ希望校も県内にはあるけれど通うには厳しい距離にあり…

と急に現実味があっていろんな意味で凹み気味の私…

まぁ いつまでも家にいてくれるものでもないですし…

今という時間を大切にしないと…と感じました


そういう私も実は15歳で出ている身でした(結婚前の1年間は実家で暮らしておりましたが…)

今になって母の気持ちがわかると言うか何と言うか

お嬢さんとの時間 楽しいものでありますように…

はじめて拝見させていただいて、身につまされる思いになったためコメント入れさせていただきます。
私は18歳から進学のため親元を離れ、就職もそのまま決めて、親にはたいそう寂しい思いをさせてしまいました。
兄弟はいますが一人娘で一番かわいがられながらもありがたさに気づかなかったと思います。
うちの家族もどんどん年をとっていってあと何年元気でいてくれるのかなぁと思うとつらくもなりますが・・・連休のたびに顔を見せることくらいはしようと思いましたv-353

カズの妻さんへ

ご主人の「又、イソイソ婆さんの出番か~」
とっても可愛いです!

「そうか、帰ってくるか楽しみだな」って心の声が聞こえますよv-411

ステーキ騒動でもわかるように
うちの夫のうれしいビームは、ちょっとずれてるので
子供たちにもなかなか理解されないようです

もちろん、今回はステーキは焼きませんでした(笑)

honohonoさんへ

みんないずれは
いろんな形で親元から巣立っていくんですよね

子育ての期間は夢中で
そんな先のことなんか考えも出来なかったけど
振り返ってみたら、あっけなかったなあ・・・v-395

>今という時間を大切にしないと…と感じました
ご家族5人が揃っている“今”は貴重ですよ
ご長男が巣立たれるまでの、1年半

いい時間を一杯過ごしてくださいね

ののたんさんへ

ののたんさん、はじめまして!
コメントありがとうございますv-435

やっぱり親御さんと暮らした年月は18年なんですね

私自身は、ずっと親元で暮らしていたので
一人暮らしの快適さも、寂しさも、親への思いというのもわからないのですが
一人暮らしの長かった夫に聞くと
その頃、親のことなんかちーっとも気にかけなかった、ってv-393

親はずっと気にしてるのになぁ(笑)

>連休のたびに顔を見せることくらいはしようと思いましたv-353
ぜひ、親孝行して下さいね
ただ、帰ってくるのが、面倒くさい時もあるので
その辺は気をつけてねv-8

ご主人がIDDMなんですね
年は随分違いますが
同じ妻の立場として、よろしく!

そっかあ。

親の気持ち。子の気持ち。ですね~。
楽しい3日間でしたか?

私は今現在親元に居るので(家族揃って居候中^^;;)すっかり甘え放題です。
確かに高校卒業の進路によっては家を出ますよね。もしそうなった場合、我が家も残り10年無いなあ。T_T
今はいろいろてんてこ舞いだけど、先の事を考えると、振り回されている「今」が楽しいのかもしれませんね。^^

それから、親と一緒に居られる「今」もね。

ともかさんへ

>楽しい3日間でしたか?
こそこそっと、夫の悪口を言って笑い合える・・・・
これは女同士ならではのうれしい瞬間ですね(笑)

>今はいろいろてんてこ舞いだけど、先の事を考えると、振り回されている「今」が楽しいのかもしれませんね。^^
あ~~時間が欲しいな、とか
一人になりたいな、と思うことって
実はとっても幸せなことなんですよね

> それから、親と一緒に居られる「今」もね。
少なくとも、ご両親にとったら
今はとても幸せな時間だと思います
少々慌しくてもねv-392

こんにちは~。

愚息は小学2年で先がまだまだ長いな~と思っている現状でした。
そっか~、彼のこれからの人生と自分の残りの人生とを考えると、一緒にいられる期間はごく限られた時間なのですね。

記事を拝見して一緒に過ごせる一日一日を大事にしたいと思いました。

でも、夏休みは長いよな~と思ってしまう自分がいますw

saka10さんへ

なるべく、家から通える学校を選ぶように
今のうちにしっかり刷り込んでおくのがいいかもしれませんねv-392

大学進学で、一人暮らしをはじめるとすると・・・・あとわずか10年ですよ

夏休みもあと10回と思うと・・・・ウフフ、やっぱり長いかなv-411

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/233-7c20b84e

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2