一筋縄ではいかないヤツ

あ~~ぁ また朝の低血糖です。

夫がガサゴソ寝返りを打つ気配で
ふと目覚めて時計を見ると5:30
あれー?まだ寝てる!
夫は通常、5時前には起き出します。(もちろん、私は寝ています)

なのに、5:30になっても寝ているということは・・・・
テーケットウ

「poco夫さん!」
呼びかけると、普通に
「ン~~?」と返事

「大丈夫?」と聞くと「大丈夫」と返事
うそばっかり!

「きっと低血糖よ、血糖値はかったら?」
「うん
返事ははするけど動きません。

間違いない

仕方ない、起きるか。
「血糖値はかるね」
夫は手を投げ出したままじっとしています。

パチン
アレーっ、血が出ない!
穿刺のやり方がまずいのか
充分に出ません
パチン、パチンと3回もやってしまいました。ゴメン

40です

ブドウ糖キューブを2個口に放り込みます。
ところが飲み込まない。
「ほらごっくんして!」
赤ちゃんだったらかわいいんだけど・・・
61のおっさんは、口にキューブを含んだまま寝ています。

体をかかえ起こして
ベッドサイドに常備のファンタグレープを少し飲ませます。
口に含んでいたキューブが一緒におなかの中に入りました。

ヤレヤレ
これで10分待てばできあがり!


10分後

「もう起きる?」
「うんそうだね」

はっきりした声が帰って来ました。
復活!

もうこれしきの低血糖に慌てふためくことはなくなりましたが
昨夜、就寝前血糖値は60
ちゃんと補食して寝ました。
なのに、朝方のこの低血糖
なぜなんでしょう?

同じような数値で同じように補食して上手く行くこともあれば
高くなることもあるし・・・・

血糖値
いつまでたっても一筋縄ではいかないヤツです。






スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

おはようございます!
私も5時には起きますが、それは電化deナイトという契約にしてる為に、朝の8時までにお洗濯と乾燥機の電気代節約のためです(笑)
主人はすべてがすんだ頃に起きて来ます、1つ年上の主人は宵っ張りの朝寝坊、pocoさんのように私を早朝救出なんて期待薄(笑)

一週間に10数回も低血糖を起こしてたので、先日、主治医から眠前のレベミルを2単位減らすように指示されました。
それ以来、ちょっと高めで心配ですが、低血糖は激減、甘ーーいブドウ糖を飲む回数が減り残念!(笑)
主人に期待出来ないので、ネットで測定チップを自費購入し、寝る直前にも測るようにしたり、夜中に目が覚めたら測ることにして対処してますよ。私は月に150枚のチップを保険で処方されてますが、とても足りません…チップがすごーーくお高いから主人に申し訳ないと後ろめたかったけど・・・
けど、今朝ここを読んで、ちょっと胸のつかえがとれました。(笑)
やはり、贅沢かなぁ・・・なんて思わず、安心の為に自己測定に励ませてもらおう!(大笑)
それにしても・・・ご主人様はお幸せですよねぇ・・・ホント、甘い生活です!

同じですね!
私も主人が起きてしばらくしてからの起床なのですが、時に目が覚めると未だ隣でス-ス-寝ている事があります。
殆どが低血糖・・・・。
何故か(パッと)夜中に目が覚め主人の額や首を触ってみて汗が出ていないか確認して
又睡眠続行!
そんな毎日です。
寝室は同じはもう必要条件なんですネ。
今日は休みの筈がワ-カ-ホリック(?)の主人は今日も汗流して仕事してます。
私は?涼しくした事務所でPC打ってます。

こんばんわぁ~
はなケンママといいます。。
今日はハナケンサンバに訪問ありがとうございました。
素晴らしいご夫婦なんだな・・・
と前の記事も読ませていただきました。。
暖かい気持ちで帰ります。
また、遊びに来ます。

実は・・・

もりママさん
夜中や朝方に起こされることがあると、夫も悪いと思うのか、私の朝寝坊は今や公認になりました。
だから、朝ごはんは夫は自分で作って食べています。全然甘くない生活ですv-390というか、実はかわいそうな生活ですね。
もりママさんちは、ご主人が起きなければいけないような状況・・・無自覚性低血糖・・・にならないようにコントロール頑張ってくださいね。
月150枚のチップ、恵まれていますね。
うちは夫がいかにねばって医師と交渉しても
120枚が限界で、不足分は自費購入。
血糖測定でエラーが出ると、ドンだけ~と思うほど悔しがっています。

同じや~~!

カズの妻さん
何か、妻の会同盟でも作りたくなるほど
同じ状況ですね。
>(パッと)夜中に目が覚め主人の額や首を触ってみて汗が出ていないか確認して
又睡眠続行!
なんてところ
同じや~~!
しんどい目してるんですから
涼しい事務所で過ごすのは当然です!
また、同じ~~~!って言い合いましょう

ハナケンママさんこんにちは
愛犬関連とはまったく畑違いのブログにお越しいただいてありがとうございます。
IDDMって何?と思われたことでしょうね。
こんな病気があるってことを知っていただけただけでも幸いです。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/25-8623ee2e

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2