我が家のお盆風景

名古屋在住の息子は
勤務の都合上、お盆休みはないのですが
大阪での飲み会に来たからと、帰りに立ち寄り1泊

東京在住の娘は
長崎の友達のうちに行った帰りに、途中下車して2泊

そんな
タッチのような帰省だったのに
奇跡的に二人がそろった日が半日だけあり
久しぶりに家族4人で食卓を囲みました

夫と二人だと、単なる「食事」なのですが
4人になると「一家団欒」という感じで、笑い声も弾みます

娘は
先日84歳の誕生日を迎えた実家の母に
プレゼントを用意してくれていました
(費用は、お兄ちゃんとしっかり折半です

自分達の写真データを一杯入れた
ソニーのデジタルフォトフレームです

おーーーっ、いいじゃない

デジタルフォトフレーム

   早速届けに行きました

ハナも登場

しかし
携帯もパソコンも縁のない母にとって
デジタル写真立てなど
理解の範疇を超えるもので


「へ~~っほ~~っ!」っと
次々変わる写真をに感嘆の声を上げながらも
「おばあちゃんに、これが使えるかなあ?」
とちょっと心配そうでしたが
娘に
「点けっぱなしでいいし
ここの点けると消すのボタンだけ覚えといたらいいねん」
と、図まで描いてもらって納得した様子

「これなら、使えるわ~
今度友だち呼んだ時に、見てもらうね」と
うれしそうでした


娘がおばあちゃんから
フォトフレーム代金の何倍ものお小遣いをもらったことは
    ・・・・内緒、内緒














スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ぎゃははははっっ

もう途中から、そらママの話かと思ってビックリv-405

この前のお茶会でお手伝いしてくれた女の子3人が、お茶会風景を入れて、同じものママにプレゼントしてくれたの~v-25

そのときのママの反応そっくり!!皆のセリフも、まんま!!e-454

ママは、TV貰った気でいてます・・・

あっっ、お年が近いからだ・・・・e-441

あっこれだ!

思いがけない一家団欒、賑やかだったことでしょう!
そんなステキな瞬間があるから、人生楽しいんですよね。

きっと、それぞれがそれぞれの場でしっかりと生きてあるから、家族としての時間が輝くのでしょうね。
pocoさんご夫婦の笑顔が浮かびますよ。
そして、意外と淡々としたものなのだと、だから良いのだと思います。(笑)

お母様の84歳のお誕生日をお祝い出来るなんて、幸せよ!
ホント、おめでとうございます。
そして、そのソニーのデジタルフォトフレーム・・・前から良いなぁと思ってたんですよ。
お孫さんからのプレゼントとして最高ですよ。
例え、海老鯛でも、良いんですってば・・・これも祖母としての生き甲斐だし・・・うふふ

これからpocoさんはお写真撮ってはデータ追加して親孝行してね!(笑)


ほのぼの~

子供さん達帰られたんですか?
おばあちゃんにはすごくGOODなプレゼントでしたネ。

我が家の子供達は仕事で都合つかず、たまにしか顔を見る事の出来ない母に申し訳なかったと思ってました。
高齢ですから孫やひ孫の顔を見るのが唯一の楽しみになっているようですし。

そして夫には「今年のお盆は帰れないって!」って言ったら
「なんだか淋しいお盆だなア」ですって、あらあらいやに素直じゃん!


そらちゃんへ

えーーーそうだったの!
アハハ、TVかあ!

うちの母も
ひょっとしたら、TVだと思ってるのかもねv-411
やけにうちの家族ばっかり写るTVだなあ、なんてね(^o^)

さっき電話したら、見てるよ~って言ってたから
スイッチのon offはわかったみたいv-426

もりママさんへ

> そんなステキな瞬間があるから、人生楽しいんですよね。そうですね、めったにないからいいのでしょうね
これが毎日となると、たまには外食してきてよ・・・て思ったりしますものね

> そして、意外と淡々としたものなのだと
そう!ドラマティックな展開は何もなく(笑)

84歳のお誕生日をお祝い出来るなんて、幸せよ!
ホント、おめでとうございます。


ありがとうございます
ひとりで、何とか元気に暮らしてくれてありがたいです

> これからpocoさんはお写真撮ってはデータ追加して親孝行してね!(笑)
は、はい!
私が、ちゃんと操作できるか、そこが問題だなあv-394

カズの妻さんへ

ほ~んと
カズさん、素直じゃないですか!
本音ですね、きっとv-411

お盆に帰ってくるっておっしゃってたのにねえ
お母様も楽しみにされてたでしょうね

少し(?)前までは自分達が帰る立場だったのに
帰ってくるのを待つ立場になってしまいました
世代交代したなあ、と感じますね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/250-220bd93e

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2