《回想》発症後の変化・・・その1

IDDM発症時の入院は
80日間に及びました。

当初の診たては
急性膵炎ということでしたので
本人も私も完治するものと思っていました。

【インシュリン依存型糖尿病】と言う診断が下されてからも
いつか治るのではないかという希望を持っていました。

不治の病である、と言うことを
受け入れられるようになったのは
1年以上も経ったころではないでしょうか。


退院後は糖尿病初心者として
食生活は一変しました。

その①・・・禁酒
1年365日毎日欠かさず飲んでいたお酒をキッパリやめました。
宴会、飲み会ほとんど不参加
お正月のお屠蘇も、一滴も口にしませんでした。
一口飲むことで、決意がぐらついくのが怖かったのでしょうね。
膵臓治療が終わって
「お薬は必要ありませんと」先生のお墨付きが出るまで
4年間続きました。
えらい!
(でも今はちゃ~~んと飲んでまーす)

その②・・・甘党になる
発病前は
おまんじゅうやケーキは一切口にしませんでした。
好きでないと言うこともありますが
すべては酒がまずくなるから・・・・

ところが今では、私たちがケーキや和菓子を食べていると
「おっ、おいしそうだねえ」と目が輝きます。
和洋問わず甘いもの大好き人間になりました。

体質が変わるのでしょうか、不思議です。

ただ
甘いものを食べるのに後ろめたさを感じるのか
食べる前に必ず
「それ甘い?」って聞くんです。
甘いに決まってるのに・・・

「打って食べたら?」
というと「そうだね」
と少し安心したように食べたりします。

超速効だと、おやつなどにも対応しやすいと思うのに
甘いもの=血糖値の上昇=いけない事という
刷り込みからなかなか抜け出せないようです。

その③・・・お弁当を持っていく
お昼はカロリーを把握しやすいからと
お弁当を入れてくれと言われました。
えーーーーーっ
私は結婚以来初めて
夫のためにお弁当を入れることになりました。
ご飯は、きっちり200g
おかずは子供のお弁当と違って、油ものをひかえて
(当初は2型の栄養指導を受けていましたから)
得意の冷凍食品も使えません

必然的に、魚と野菜の煮物中心
いつも茶色っぽいお弁当でしたね(ごめんなさいね、poco夫さん)
しかしいかに手抜き弁当でも、毎日は面倒でした。

夫の退職で
一番うれしかったのはお弁当作りから開放されたことかも・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

似ていましたネエ!

ホント、経過似ていましたね。
やや違うのは歴3年半、毎晩晩酌は止めてないとこかナ!?
10kg痩せて退院したのに今は立派に中年体型に戻ってます。
確かに甘い物が大好きになり、あまり好かなかったパン食も大好きに変化していますヨ。
20日は友達夫婦6組でバス旅行に行ってきたのですが、やっちゃいました。
低血糖・・・。(泣)
ひどく暑かったし、男どもで固まって座り、大騒ぎして飲んでいたので時々鋭い視線をチラチラ投げかけていたのですが。
主人に任せていたのがいけなかった。
真っ青な顔で、汗ぐっしょり。
私みんなに世話を焼き過ぎるって言われるんです。
どうしても血糖値気になっちゃいますよネ?
いつもそばで見ているし、今まで低血糖や高血糖で『アチャ-』って言うのが多かったし。
それで「1単位多くしたら?」「追加したら?」ってついつい口挟んでしまい、主人一人で考えてコントロ-ルするってなかなか無かったんです。
皆さん自分で工夫してコントロ-ルしているのが羨ましくて。
今少しずつ教育し直しているところです。
先はまだまだのようですが。



こんばんは~

禁酒は半年でしたね~<私
解禁後に呑んだビールのミニ缶の美味かった事といったら・・・あの感激を味わうためならもう一度禁酒してもいいかも(笑)

低血糖に関してですが、我が家では妻は低血糖を嫌い高目のコントロールを要求します。当人としては、先々の合併症や合併症で家族に迷惑を掛けたくないと思いシビアなコントロールをしたいんですよね~。
低血糖祭りになったり、重症低血糖を起すたびに我が家でも論争になります。

カズの妻さん、こんばんは

>あまり好かなかったパン食も大好き
 これも同じです!
 うちも朝はごはん党だったのに、今はすっかりパン党です。
>鋭い視線をチラチラ
 ハハハ、わかります。
 放っておけるものなら、ほっときたいんですけどね。ほっておけないから困るんですよね。
 今フォローしてる分、私が将来寝たきりになったら、しっかり世話してねって言ってます(笑)

saka10さん コメントありがとうございます

>我が家では妻は低血糖を嫌い高目のコントロールを要求します。
 奥様と話が合いそうです!
 私も、HbA1Cはもう下げなくていいよ、低血糖を減らす方が大事って言うのですが、ギリギリを狙ってなくちゃと、夫はなかなか譲りません。
>先々の合併症で家族に迷惑を掛けたくないと思いシビアなコントロールをしたい
 夫は、saka10さんと意見が合いそうです。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/26-29916e85

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2