はまりそうな予感

【アロマテラピー】なるものをやってみました

カッパさんに教わった、アロマオイルを使った虫よけスプレーを作ってみたのです

材料はこの3つ
アロマテラピー

左から、精製水、無水エタノール、アロマオイルのユーカリレモン

アロマオイルは名前のごとく油なので
水と混ざりにくいので
まず
エタノールと混ぜ合わせ
そこに精製水入れて作るのだそうです

無水エタノール  5ml
う~~ん、どうやって量ろうか

計量スプーンがいい
お料理用の小さじがちょうど5cc

アロマオイルは8~10滴

アロマオイルってお高いんですね
こーんなに小さくて、たったの5mlしか入ってないのに630円よ

貴重品ですから(笑)慎重に
1・2・・・・6・7・8滴
エ~イ!おまけにもう1滴

ふわ~~~と広がるいい香り

ふたをしてよく振る

これくらいでいいかな

そこに精製水45ml
これも料理用計量カップで量って入れ
再びよく混ぜる

遮光ビンの中で
白濁した様子が見えます
できた!

成功!

・・・というほど難しくはないけどね


早速、腕に吹き付けてみます

シュッシュッツ

う~~~ん
この匂い好き!

人工的に作られた匂いと違って
自然の植物から抽出されたものですから
すご~くいい

実は、ユーカリの葉っぱの匂いが苦手なので
どんなもんかなあと心配していたのですが
あの匂いとは全然違う

きもちええ~~


で、肝心の虫除け効果はどうかというと・・・

体中にいっぱい吹き付けて、人体実験開始

蚊の活動が活発になる夕暮れ時に
30分ほどかけて水やりをしてみました

前にも書いたけど
虫にはとても愛されるたちなので
ふだんは無防備にそんなことできません

実験結果は













虫刺されゼロでした

イエ~イ!大成功!


アロマテラピーとは
【花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて
心身の健康や、美容を増進する技術、もしくは行為のこと】
だそうな

【精油の香りによって得られる
安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などの情動が
ストレスを解消したり心身をリラックス
心身のバランスを促すことが期待される】
のだとか

アロマの香りで、血糖値も何とかなればいいのに・・・・

まっ、それはともかく
なかなか奥の深そうなアロマテラピー

その心地よさに
ちょっと
はまりそうな予感です

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

すごい実行力

先日、伝授されたばかりなのに・・・
必要に迫られてらっしゃるとはいえ、素晴らしい実行力!

もうこれだけでも、愛されなくなりますよ、蚊さま方に(笑)
効くと良いですね・・・お宅の蚊が深情けでないことを祈る!

あの蚊カードのスプレーやウェットティッシュの匂いは凄いんですものね、これでは人も寄り付けないよ・・・っていつも思うのよ、それでも付けてないといけないから・・・最近は電池式の蚊取りとか、腕に付ける電磁波利用のとか色々と試してるんですよ。
蚊も最後のあがきで、今からのがひつこく痒くなるから・・・

茗荷を憂いなく収穫出来ますように・・・

うれしい!!

早速作ってくださり、お役に立ててうれしいです!!
あの蚊よけ、3日前友だちに蚊が寄ってきてたのでシュシュ、としたら「いい香り!いい香り!」って喜んでて、作り方を教えてあげました。
ちょうどpocoさんに伝授したすぐあとだったからスラスラ書けて「すごーい」とか言われちゃった♪

アロマテラピーってやったことなかったんですか?
次に買うなら絶対「ラベンダー」がいいです!
ラベンダーは万能で、肌につけても大丈夫なほど安全な上、殺菌効果もあり、いろいろな効果があって楽しめます。
使い方のお手軽なのを書いておきますねー。(好きなオイルで)

v-78●お風呂に・・・三連プリンなどの小さい空き容器に粗塩をたっぷり入れ、エッセンシャルオイルを5滴ほど。ザクザク混ぜてからお湯に溶かす。

v-48●芳香浴・・・マグカップに熱い湯を入れ、オイルを2~3滴たらす。部屋がふんわりいい香りになります。

v-37●除菌・・・アルコール除菌スプレー(市販の)に5~6滴入れて混ぜる。使うたびいい香り。

注意点(使ってはいけない場合、混ぜてはいけない種類)などもあるので、注意書きはよく見てくださいねー。薬のようなものです。

香りの効果はわかりやすく言うと、例えば空腹のとき焼き肉のにおいって「すごくいいニオイ」と感じますが、満腹の時は「オエッ」てなりますよね?
それと同じで、自分の体が求めているものは「いいニオイ」と思えるし、人がいいと言っても「クサイ」と感じるのは自分には合わないものなんだそうです。効能よりも好きか嫌いかで選んだ方がいいと思います。

香りが弱くあまり感じられなくても、鼻から入った芳香は、脳や神経に働きかけ、ホルモン分泌を整えたりするそうです。
意外と効果が強いので、よくも悪くもなり得ます。
調子を見ながら楽しんでくださいねー。

凄い!!

凄い効力!なのに、良い香り~~e-461 が良いね~e-415
私も今度、チャレンジしてみようかな~~e-267

おお~

こりゃよさそうです。

蚊は呑兵衛もスキだそうで、よく集中砲火を浴びます。見かけによらず敏感肌なので、市販の虫除けスプレーだと痒くなってしまいます。

早速、嫁に作ってもらおうっと。

もりママさんへ

普段は超ノンビリしているくせに
やりたい!となると、即やりたいという
たちの悪いのんびりせっかちなもので・・・v-8

これで、やっと虫のすかんヤツになれそうです

匂いが気に入ったので
虫のいない時にもシュッシュッ!v-290

アロマつながりで、アロママッサージ、最近友達といってきました。すごく気持ちよくて体の悪いものも流れていってような気がしましたv-10
でも注意事項に「糖尿病のかたはできません」みたいなことが書かれていて・・・だんな様も連れて行ってあげたいと思ったのでちょっと残念でしたv-292
まぁそのことをだんな様に言ったら「いちおーかいてるだけで、大丈夫だろ~」といっていましたが、やはりなにかと制限されるものなんですかね~v-356

カッパさんへ

おかげさまで、アロマの世界にちょびっと足を踏み入れることができました
ありがとう!

どうも今、私の体はユーカリオイルの香りを求めているらしく
虫もいないのに、シュッシュッしています

体が求めていることをすれば、心地よい・・・というのは
多分ヨガの根本にも通じるものなのでしょうね

香りが体に及ぼす効果がそんなに大きいものだったとはびっくりです
アロマ・・・奥が深いですねえ

じゃあ次は、ラベンダー試してみることにします



そらちゃんへ

アロマのかおりの中で
ヨガをやったらいいかもね~~

オ~~ムv-413

saka10さんへ

無水エタノールは、特殊なのか
普通の薬局には置いてなくて
結局、アロマのお店でオイルと一緒に買いました

肌の弱い人は、エタノールじゃなく、グリセリンにしたらいいそうです

容器は、プラスティックじゃなく遮光性のあるものがいいんだそうです

作られる時の、ご参考までv-411

ののたんさんへ

いいですねえ、アロママッサーッジですか?
リラックス効果のあるアロマの香りを利きながら
マッサージしてもらったら
気持ちいいだろうなあ

でも、何で糖尿病の人はダメなんでしょう
香りが血糖値を上げるとも思えないけどね


マッサージは

むかーし、前の病院の先生に聞いたら「全然大丈夫ですよー」と鼻で笑われました。e-258
「糖尿病」というと、ちょっとしたケガがもとで壊疽になり得る状態の方もいらっしゃるので、そういう注意事項があるようです。
施術するかたは医療の知識はないので、マニュアル通り「一応医師の許可をもらってください」と言われますが、まったく問題ないようですよー♪

一安心

そうですよね~v-354そうきいて安心しましたv-291でも今だんなはデブっているのでv-12ちょっとやせてからじゃないとエステティシャンの方がかわいそうかも(笑)

カッパさんへ

そーなんですか!ひと安心

知らなければ、ダメなのかと、あきらめてしまいがちですが
こんな風にお医者さんから納得できる説明をしてもらってたら
自信を持って安心して、受けられますね

ののたんさ~ん、ご主人も
マッサージ大丈夫ですってよ!よかったね

ののたんさんへ

あっ、今カッパさんへのレスで
よかったね、って書いたところv-405

ご夫婦仲良く並んでマッサージ受けられますね

その前にご主人にやせてもらう?

ですね(笑)

がんばってやせてもらって、やせたらごほうびに連れて行くことにします(笑)

ののたんさんへ

痩せるマッサージに行く、という手もあるよ(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/260-ea9b1367

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2