有馬温泉

名古屋で働く息子が休暇で帰省

いい機会だからと
実家の母も誘って
日本最古の湯、有馬温泉に行こうと言うことになりました。
一泊旅行です


家から車で・・・・・・・30分
近すぎや~

息子の「名古屋」ナンバーの車で行ったので
出迎えた宿の人が「遠方からお疲れ様でございます」
いや、疲れてませんって

街をぶらつき、赤銅色の金泉
金泉
のお湯につかった後は、夕食が待っています。

極楽極楽

夫はこの時とばかりに
とりあえずビールに引き続き
宿の名を冠した冷酒など楽しみます。
どんどん進む盃に
ついつい私の目がつきが厳しくなりそうですが
まあ、許そうね今夜は

美味しいお料理でおなかがはちきれそうになったところで
食事終了

夫はここでも
食後の日課のウォーキングは欠かしません

宿の浴衣を私服に着替えて
夜の温泉街にさっさと出て行きます
仲居さんが驚いて
「もうお店もしまってますが・・・・」

いいんです
お店が閉まっていようが、街が真っ暗だろうが
彼は行くのです!
血糖値を下げるため!!



部屋は2部屋続きなので
寝るのは、夫と息子の男組
母と私の女組に分かれました。

お父さんが変だったら頼むわよの言葉に
自信ないなあと息子

私は、久しぶりに
夫の寝息を気にせず寝つけました

翌朝起きてきた息子
「父さん、いびき大きいなあ
しかもとぎれとぎれやし・・・」

息子よ
私はいつもその途切れ途切れのいびきの中から
低血糖を感知すべく
耳をそばだてつつ寝ているのですよ。
しかも
一度寝たらちょっとやそっとでは起きないアナタのことだから
少し心配で
夜中にのぞいた時は
二人してグ~スカ寝てたじゃない


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

pocoさんにとっては、安眠も出来、ホントに有馬での湯治となったようですね。
お母様もご一緒とは親孝行もお出来になり羨ましい!
今は亡き母が有馬までは遠いし・・・と、学生時代に私を尋ねて来ては、六甲のオリエンタルホテルに2人で泊まって神戸の夜景で我慢したものです。(笑)

私と息子は体質的にお酒が合わなくて飲めないのですが、主人は晩酌の習慣はないけどお酒に強く、接待ではお客差の相手にピッチがあがります。そんな時は私も目つきが厳しくなりますよ。(笑)
飲んで寝たらイビキが半端ではないしねぇ・・・でも、お酒でリラックス出来る主人が羨ましくもあります。
pocoさんのご主人様は、ご家族に支えられてお幸せですよねぇ。
この連休、息子さんもご一緒に楽しくお過ごし下さいませ。

もりママ さんこんばんは
私も飲めません 。そのかわり(?)甘いもの大好き。
私がケーキを食べようとすると
夫は「それ食べるの?太るよ」って嫌がらせをいいます。
「もうv-293気持ちよく食べようとしてる時に言わないでよ!」って思うけど
これってお酒を飲もうとしてる時に「まだ飲むの?」って言われるのも同じなんでしょうかね(笑) これからは、ちょっと大目に見ようかしら。

六甲オリエンタルは昨年でしたか、閉鎖になってしまいました。素敵な場所や建物が次々変わっていくのはとても残念ですね。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/28-32e6b436

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2