母、84歳
ひとりぐらしです

その母のところに、朝から、何度も電話をするのに出ない
庭にいるのだろうか
(よく草引きをしていて気付かなかった、ということがあるのです)
それにしても、長い
今日は日曜だから、病院に行ってるわけでもないだろうし

無駄足になってもいいからと、夫と向かいました

実家までは、車で約40分かかります
半分ほど走ったところで
携帯が鳴りました

知らない番号です
「もしもし」
「○○さん(実家の姓)の娘さんの携帯ですか?」
ドキッ

「A病院ですが、お母さんが、骨折されて
救急車で運ばれてこられました」
あーーーーーーっ、やっぱり
心配が現実に・・・・・

自転車に乗っていて倒れたのだそうです

詳しい状況はわかりませんが
手術が必要と言うのですから
そんなに単純な骨折ではなさそう

私の不安げな声に
看護師さんらしい人は、
「心配ありませんからね」
と付け加えてくれました

母84歳は、歩くよりよっぽど楽!と言って
どこへ行くのも自転車でした。
もうやめたら、と言っても
大丈夫よ、と自信たっぷりだったのです

ひとりで暮らす以上
出歩かないで・・・というわけにもいきません

うちに来ない?という提案も何度かしたけれど
「そんなこと、考えられない」と言う母の気丈さに
甘えていたという悔いが残ります

連絡を受けた病院は
都合よく、そこから20分ほどのところだったので
ほどなく到着

しかし
処置中なのでしばらく待って下さい
と言われたしばらくの長かったこと

意識はしっかりしているのだろうか
痛みはどうだろう
ショックを受けているだろうなあ

いろいろ考えていると
じっとしていられません

3~40分も待たされたでしょうか
ようやく母がストレッチャーに乗せられてやってきました

白い包帯が痛々しい

ぐったりしていますが
「○○さん、娘さん来られましたよ」の呼びかけに
薄く目を開けて
「えらいことになってしもて・・・
美容院に行くつもりが、病院になってしもたわ」
エッ、この状況で冗談か!

窓際のベッドに横たえられたあと
倒れた時の様子を聞くと
ちょっとした段差に車輪を取られたのだとか

あいにく周りに誰もいなかったので
助けてもらうわけにもいかず
仕方なく、近くのかかりつけのお医者さんのところまで
自転車を押して行ったのだそうです

「お母さん、すごいなあ」

「だって、足は痛かったけど
少し休憩したらすぐ治るやろうって思ってたんやもん」

日曜なので先生はいなかったけど
たまたま出てきた人が救急車を呼んでくれたのだ
と、状況説明もちゃんとできますから
「頭は大丈夫やね」
と言ったら
「頭は打ってないんやから大丈夫よ」と強気です

しかし
「迷惑かけるねえ、ごめんね」
と言う言葉に
一人っ子の私にできるだけ負担をかけまいと
今まで、精いっぱい頑張ってきた母の気持ちを思い
せつなくなりました

おそらく3日後に手術

先生の話では退院までには1ヶ月半はかかるだろうということです
高齢ですから、もっと長引くことも覚悟したほうがいいかも・・・
退院後はリハビリを続けなければいけません

今度は私が親孝行する番
出来るだけのことをしよう・・・・と思っています








スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

まぁ・・・・

ご心配ですねぇ・・・

昨夜、そらちゃんとの楽しいデートを読んでたので、今朝はコメント書こうと読み込んだら・・・ドキッ!

私も、一人暮らししてた母がなかなか電話に出ないから、無駄足になることを祈りつつ、実家に駆けつけた経験が何度かありました。
たいてい、鍵を開けて入ると「あれ?こんな時間にどうしたとね?」って、キョトンとした母がいて、受話器がちゃんとかかってなかったり・・・笑い話ですんだんですよ。

でも・・・pocoさんの場合は虫の知らせだったんですね。

それにしても気丈なお母様です。自転車押して歩かれたなんて・・・
お母様、pocoさんが来られてホッとされたと思います。
こんな時でも冗談を言われるなんて・・・さすがpocoさんのお母様です!

これから手術なんですか?
入院生活、大変ですねぇ・・・介護されるpocoさんも忙しくなりますよ。
くれぐれもお大事に!
ご快復を祈っていますよ。

おばあちゃん!

ちょうど、母様のお母さんとうちの母の(母の文字多すぎて、わからんくなるね v-7 )話をしてたよね e-441

うちの母も、自分の老いより、そらちゃんの病気って、気丈に振舞ってます e-443

”ごめんね”の言葉に、お母さんの気持ちが、篭っている気がする。”ごめんね”とか、”お願い”って、言えない世代だもんね e-259

沢山、沢山、”笑”をあげてね~病気にも、怪我にも、”笑”効果よ!e-194

でも、母様のゴッドマザー e-266 笑いは、うわてかもね・・・・e-351

わたしも

自分の母を重ねて読んでいました。
まだまだピンピンしてますけどね、いずれそういう日が来るのだろうなぁと。。

退院されたら自転車は禁止ですか?
歩くのもけっこう大変でしょうし・・なにかよい足があればいいですけどねー。
時間が経てばちゃーんと治りますよ!
若い頃より時間がすこしかかるかもですが。
病気の入院じゃないし、一緒にいられる時間をお互いたのしんでくださいv-254
回復を祈っています!!!

お大事にしてください!

これから手術ですか?
骨折ってどこだったのでしょう。

義母も3年程前、転んで足の付け根(大腿部)を骨折。
やはり1ヶ月半ほど入院、そのまま歩けなくなるんじゃないかって家族中で心配し、東京なのでリハビリの病院も待機者が多くて探すの大変で・・・。そんな事思い出しました。
義母も夜中に転んだのに「家族を起こすの悪いと思って・・・」って朝まで痛いのガマンしていたらしい。

しばらくPOCO夫さんには自分のことは自分でしてもらって、お母さんのお世話に専念してくださいナ。
たっぷりの愛の恩返しをしてあげて!。

私の祖母はこのまえ亡くなりましたが、気がついたら腰が曲がり、いつもひざが痛いと言い、杖をついていました。それを思うとpocoさんのお母様はとてもお元気ですね!
祖母が自転車で出かけていたのなんていつの頃だろう・・・と目頭が熱くなりました。
(ちょっと関係ない話になってますね)
しばらくは行ったりきたりで大変でしょうが、pocoさんもお体に気をつけて親孝行されてくださいv-353
お母様が早く元気になられることを祈っています

もりママさんへ

楽しいデートの後は・・v-12・・・でした
いつかそんな日が、のその「いつか」がついに現実になった、という気分です

昨日は、割としっかりしてたのですが
今日は時おりおかしな言動が見受けられて、ちょっとブルーです
怪我の炎症からの発熱や
身動きできないストレスで、一過性のものかもしれません
と、看護師さんや先生はおっしゃるのですが

早く手術を受けて
リハビリが出来る状態になればと思うのですが
熱が下がらないと手術も出来ないということで
気を揉んでいます

帰って来て
こうしてコメントを読ませていただくのは大きな励みになります
ありがとうございます!

そらちゃんへ

一日前には、そんなこと思いもせずに笑ってたのにね

病院に一日いると、ともすれば、暗いことばかり考えがちです。

明日からはそらちゃんのアドヴァイスどおり
笑、笑と思って過ごします

笑顔効果きっと出る!

カッパさんへ

「一緒にいられる時間」・・・・やさしい言葉ですね

数え切れないほどの愛を注いでくれた母に
いっぱいわがまま言って貰えるように
そばにいたいと思います

自転車は・・・もう無理でしょう
退院したら、一緒に住んで
一緒にいる時間をどんどん増やしたいと思います

いい言葉をありがとう

カズの妻さんへ

そこです、左大腿部です!
あと左腕も。

腕の方は大したことないのですが
足はボルトを入れて固定するのだそうです
手術の予定は水曜日なのですが
熱が下がらないと出来ないといわれているので
気を揉んでいます

お義母様は、その後お元気にしておられるのですか?
リハビリは大変と聞きますが
歩けるようになられたのですね

兄弟がいない分、夫が頼りです。
今は私の方がもたれています。

私が充分に親孝行できるように
低血糖には気をつけてもらいますね。





ののたんさんへ

私自身も決して若くない年齢ですから
疲れや神経をを上手く休めるようにしないとと思っています

コメントを読んだり、お返事したりが
よいストレスの発散になってうれしいです

ありがとうございます

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/283-30852ffd

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2