山茶花

紅葉に目をやる余裕もなく
毎日が過ぎて行く中

昨日の朝
せっかくの秋の日差しをたくさん取り込もうと
レースのカーテンを開けたら・・・・

あっ、山茶花が咲いてる!

さざんか

このさざんかは
下の娘の誕生記念樹として
その頃住んでいた横浜市から貰ったもの

ほんの50センチほどだった背丈だったのが
幾たびかの引越しによる植え替えにもめげず
今では2mを越す高さに育っています

ちょうど友達の結婚式の出席のため
帰省してきた娘に見せようとするかのように

たった一輪

冷たい空気の中に
凛とした開花は
慌しい時の流れの中で
ふと立ち止まる余裕を与えてくれました

息子も、大阪での旧友達との集まりのついでに
立ち寄ってきて
今日は、病室の母にとっても
心楽しい一日になりそうです



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

可憐な花!

時を得て咲いた山茶花、可憐ですねぇ・・・

我が家の前のお寺の生け垣は、ズラッと山茶花の咲く季節だったのに・・・広大な境内の管理は大変らしく、手入れが悪くて蔦がからみ虫がついたらしく、ある朝気がついたら、ものの見事に枝葉が落とされて、丸裸(笑)
丸裸の山茶花で延々と続いて立ってる寒々しい光景!
今頃は「さざんか、さざんか咲いた道~♪」って、いつも口ずさみながら見ていたのに・・・と、寂しく思ってたんですよ。
ここで山茶花を見せてもらって・・・感激!(笑)
やはり山茶花は生命力が強いんですね、枝葉を落とされたのに、又葉を付け出してますもの・・・記念樹にピッタリ!
お嬢さまも可憐でも強い女性なんでしょうね。

pocoさんの連日のご心労に、密かに咲いて慰めてくれて・・・なんて、良いお話でしょう・・・
お母様も、ご家族が揃われて病床が賑やかな笑い声に包まれて良かったこと!
なんだか幸先が良さそうで・・・嬉しいです。

私も凛として静かに咲いていたい・・・と思ったことでした。うふふ

もりママさんへ

もりママさんは、凛とした女性ですよ
静かに・・・ではないかもしれませんが(笑)

ハナの見守りに感謝しつつ
これ以上の災難が起きないように
気をつけて生活しないと・・・・と思っています

さざんか~♪

の宿しか思い浮かばなかった・・・・v-341

あれ?? v-403 違うか・・・v-290

山茶花の花もハナも皆に会えて、喜んでるよ~v-344

その後?

こんばんわ。

pocoさんがお庭の花に気がつく気持ちのゆとりが出来た事にホット一安心しています。

家族の誰かが病気になったり、悲しい事が起きたりすると逆に結束が強まったりして、「家族のきずな」を確認できますネ。

そらちゃんへ

はなちゃん・・・と声に出して呼ぶのは
まだ少しつらいのです

小さな可憐な花は
はなみたいで
私は大丈夫だよ~って言ってくれてるみたいでした

そうね
お客様大好きだったハナですから
天国で楽しくやっていることでしょう

カズの妻さんへ

自分自身
花の色を愛でる心の余裕が持てたことにホッとしました

家族の絆だけでなく
こうして、温かいコメントを下さるお友達のお気持ちも、とてもありがたいです

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/290-11659cfd

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2