同窓会の帰りに

昨日は同窓会でした

還暦記念と称して昨年から次々開かれ
小、高に続き、今回のは中学

卒業後45年目にして初めての同期の集まりです

遠方からわざわざ泊りがけで駆け付ける人もいる盛況で
約2割の180名が集結

いやぁ、実に楽しかった

一次会、二次会合せて5時間があっという間と感じるほどでした

にぎやかに旧交を温め
今度はクラス会をしようなどと
たくさんの再会を約束しての帰途のことです


最寄駅で一緒になった男女8人で
電車に乗り込みました

向い合せに5人掛けの席

遅い時間ですから
端に若いカップルが座っているだけでしたが
その横の座席には大きな紙袋・・

どけてくれれば8人みんな座れるのに・・・・
ちらっと視線を向けるけれど
知らん顔です

仕方がないので一人が立ったままでしたが
何駅か過ぎたところで
仲間の一人が
若者に
「その荷物どけてくれへん」と言いました

特に頭ごなしに言ったわけではないし
一応すぐにどけてはくれたのです

ただその後
「言うまで分かれへんのやな、今どきの子は」という誰かのつぶやきが聞こえたのは
ちょっとまずかったかもしれません

全員座ったところで
今日はどうだったこうだったと
話の続きに花を咲かせていたところ

その若者が
「しゃべりがうるさい!」と言ったのです

一瞬その場が凍りつきました

納得のいく抗議であれば
反省もしますが
お互い横の人と話していたので
冷静にみて
迷惑なほど声高に話してはいなかったと思うのです

「これがうるさい?」穏やかに仲間が言いました

「ああ、うるさいねん!」

「このどこがうるさいんや?」と別の一人

「うるさいからうるさいゆうてるねん!」

売り言葉に買い言葉
お酒も入っていますから
立ち上がって
詰め寄ろうとした人もいましたが
他の人がまあまあと収めます

まるで腹いせのようなひとことに
8人のおじさんおばさんは、結局黙るしかなく
それまでの楽しいみんなの気分が
一瞬でしぼんでしまいました

幸い下車駅までは数分だったので
一触即発の危機も何とか避けられましたが

荷物をどけてくれた時に
「今どきの若者は・・」ではなく
「ありがとう」とひとこと言えばすんでいたのかもしれないなあと思うのです

「今時の若者は・・・」
の言葉に、とても反発してた時代を経てきたというのに
自分たちが言われたのと同じようなことを言ってる(>_<)

ただ
“この荷物どけて、って言われる前に気付けよ!”とじれったく思ったのも事実

ジャストカンレキになった今
理不尽と思えるような態度や難癖にも
まあるく対応できる
余裕のある大人でありたいと思ったことでした

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

お疲れさま!

楽しいひととき、pocoさんたちのお世話が行き届いて楽しかったことでしょう!
還暦同窓会に誘われた一昨年、私はちょうどIDDMを発症したばかりでしたので、結局参加しなかったのよねぇ・・・
180名って凄い!
私の中高は1学年が180名余でしたので、もうびっくり!
ホントにお疲れさまでした。

その帰りの電車の中、光景が見えるよう・・・
pocoさんがおっしゃるように「ありがとう」だったら違ってたかもね。
我が家は3世代が混在してるから・・・
主人がよくテレビ見ながら「いまどきの若いものは・・・」って簡単に決めつける言葉を言うのですよ。
「わたしたちもそんな時代があったじゃない!すぐ忘れるんだから・・・」って、言う私に「そうばってん、こんなじゃなかった!」と譲らない主人といつも喧嘩です。(笑)
先日の井上陽水の40年の番組見ながら、髪は長いわ、生意気言ってるわ、無茶苦茶してるわ・・・って、我々の青春がテレビに映ったから
「ほらねぇ・・・私達もこんなやったろうが・・・」と言いました。
「いや、僕たちにはポリシーがあった!」って・・・ウソばっかり、ノンポリだったくせに・・・(大笑)
すでに、カチカチの頑固なおじいさんになってるのかもね。アハハ

まさにpocoさんの言われるように、年上の大人なんだから『君たち、もう少し気配りしなさいよ!』は飲み込んで、ありがとうが言えれば、若い方も気恥ずかしくなられて、素直になると思うんだけど・・・

まっ、まだまだ血気盛んなんですよね、私達・・・うふふ

よろしく

私も還暦同窓会をしました。

「おだてたら 旦那自慢に よい覚めた」て・・
挨拶したら受けました。

どっちもどっちかな

言葉がわかるようになった時点から、しつこいくらいに
自分の子どもにいい続けていることがあります。
それは「誰かがした悪いことが、自分のする悪いことの
言い訳にはならない。」ということです。
たとえ目の前の誰がどんな悪いことをしようが、
それを理由に自分が悪いことに手を染めるなということです。

どんなに相手が正しくないことをしていようとも、
自分まで正しくないことをしてしまっては説得力がありません。
すべきではないことをしている相手に対し、
言うべきではないことを言って応対しているようでは、
結論、良い結果にはつながらない可能性が高いわけで、
これは双方の年齢や立場や境遇に関係ないです。

特に、席を立った人。僕の親がそんなことをしたら、
面と向かってなぜそれをしてはいけないのか小一時間問い詰めます。
暴力を振るうつもりだったのか、威嚇のつもりだったのか、
感情が抑えられないだけだったのかわかりませんが、
まるでチンピラのような行為です。

荷物が邪魔だとわからない人、声が大きいとわからない人。
人それぞれの感覚を、自分はきっと正しいに違いないと
思い込んでいたら、やっぱり社会は争いごとだらけになると思います。

♪もりママさんへ

>僕たちにはポリシーがあった
ウフフ
私ももちろんノンポリでしたが
学生運動まっただ中世代としては
そう言いたくなる気持ち
ちょっとわかるなあ

今の若い者はなんてセリフは絶対言いたくない、って思ってたのにね
今の若い者も数十年経てば、同じことを言うのですよね

時代はこうして巡っていくんだなあ

しかし、いくつになっても
なかなか練れた大人にはなれないものです。

♪たろうさんへ

はじめまして!

書き込みありがとうございます

同い年ですね
共通の話題で大いに盛り上がりましょう

これからもよろしくお願いします

♪BIZさんへ

すばらしい教育をなさっているんですね

おっしゃる通りですね
感心しない相手と同じ次元に立ってしまった
私たちは、いい年をした大人として
恥ずかしかったですね

席を開けてくれた時には
「悪いね、ありがとう」

うるさい、と言われたなら
「悪かったね、ごめんなさいね」
と言うのが大人の対応というものでしたね

今後はBIZさんに説教されない大人を目指しましょう

子供さんには
年長者に対する礼儀もぜひ教えておいてくださいね

あらら。

卒業から45年。みなさん変わられてましたか~?すぐに「◯◯ちゃんだ!」って分かるものなのかしら?#^^#

折角の楽しい日の最後に、ちょっとイヤな思いをしてしまったんですね。T_T
pocoさんの書かれている様に、お酒と思いやりの問題かな。
もし「ありがとう」って言われていたら、きっとみんな(相手も)いい気分で一日が終われたのにね。
子どもだけじゃなく、大人だって褒められたり、感謝されたりする気持ちを向けられると、なんだか嬉しくなりますもんね。
私も気をつけよう!

おはようございます。

 pocoさん おはようございます。

 盛大で楽しい同窓会のあとに、
そうだったのですね。 そのようなことが・・

 他人の気持ちにならなくては! と わかっていても そんな気はないのに悪気はなく 迷惑をかけてしまうことあります。
 そんな時、
 それに気づかせてくれた人に
素直に感謝する気持ちを 持っていたいものですね。

 でも 言葉って・日本語って 難しい~


 
 

 

♪ともかさんへ

旅行中だったのもので
お返事遅くなってごめんなさい

さすがに45年の歳月は大きく
一瞬分からない人もあるのですが
話し出すと、○○君、●●さんとすぐに気分は10代

特に、昔は恥ずかしくて話せなかったあの人この人と
今なら話せるっていうのが、同窓会のよさ
ホント楽しいです

そんなはずんだ気持ちだっただけに
ちょっと残念な出来事でした

思いやりがあれば
ちょっとしたことで避けられる衝突

これって夫婦間でも言えるなあ(笑)


♪keikoさんへ

旅行中だったもので、お返事遅くなってごめんなさい

keikoさんはいろんな人と接するお仕事柄
ひとことが、その場を和ませるということを
経験、実感されていることでしょうね

思いやり・・・
言葉で言うのは簡単なんだけどね



トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/347-b575054a

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2