ラグジュアリー!

定期検診から帰ってきた夫が

「ほらpoco、見てごらん、いいだろう!」と
子供が新しいおもちゃを見せるように
うれしそうに紙袋から出してきたのは

ヒューマペンラグジュラHD
ヒューマペンラグジュラHD

おーー!すげーっカッコいい
0.5単位が打てるペンです

0.5単位で打てる注射器はノボペン300デミ(通称デミペン)がありますが
0.5単位で調整するほどの微妙なコントロールができてるわけではないし、と持ってはいませんでした

が昨秋
グッドデザインのラグジュラに、0.5単位注入可能なラグジュラHDが出たと知って
先月の受診時に主治医にお願いしていたんだとか

早速使ってみた夫によると
わずか0.5でも、きっちり入っているという手ごたえがあるし
注入感覚も非常によく
満足の使用感だとのこと

目盛り
目盛り部分も
どことなく
ラグジュアリーな感じ(笑)


さすが
高い操作性、スムーズな注入感を謳っているだけありますね

ただ
万年筆と見まごうようなこの高級感はいいのですが
・・・重い~!

直径1.7cm 60g
比較

太さはフレックスペンとさほど変わりませんが
重さは約3倍
持ってみると、ずしりとした存在感です

正確な注入や
高い操作性のためには
この重さ、太さが必要なのかなあ、とも思いますが
Lillyさんにもうひとがんばりして欲しいところですね

そして
ケースがまた立派!
ケース
合計250g!

いらなくない?これ

そうでなくても
外出時は測定器セットや補食など
荷物が多いんだから・・・


しかしまあ、これで
1単位では足りないけど2単位では多い
・・・そんな時

打ったら急いで抜く(笑)
なんて苦肉の0.5注入策は
やらなくて済みそうです

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

わぁー!

ホント、ラグジュアリー感ありですね。
操作も正確に単位数が注入出来るなんて、嬉しいです!
いつもちょっと不安なんです(笑)

私はあまり神経質に単位を決めないんですが、ごくたまにpocoさんの言われるように2単位では多過ぎるかも・・・と思うこともあります。
まっ、そんな時は食べる量を減らすことに、モチ、ダイエットにもなるからだけど・・・(大笑)

重そうですけど、これはペンに見えるから私は好きよ、出来ればすべてシルバー色にして欲しいけど・・・アハハ
私の医療器具のイメージは銀色なのよねぇ・・・うふふ

これでお出かけも楽しくなり、コントロールのはげみになるんだと思いますよ。男性にとってはなんてことない差ですし・・・(笑)


♪もりママさんへ

いいでしょ!
胸ポケットにさしてたら、完全に万年筆かボールペンに見えますね

医療器具にこういうおしゃれ心が加わるというのは
いいですね
シルバーがご希望ね
Lillyの社長に言っときます(笑)

ほおーっ!!

夫と「今発症していたら?」って話すときがあります。

今なら、色々な情報や患者同士の交流はもらえるし、カーボカウントもはじめっから、注射も0,5単位で若しくはポンプでって。
発症時、コントロールに苦しみ、情報不足に悩みって事は少なかっただろうね・・・。

本日検診でした。v-100
この病院入院患者さんにモニターを付けているらしく「1型の人は皆さん同じように朝高い」って先生が夫に話してくれたそうです。
これなら退院する時に自分の打つ単位も目安つけやすいよネ?

近い将来、もっともっと便利な医療器具が出てきそうな感じがスル。

ラグジュラユーザー

私、ソノ色がどーなのかと思っているのですが
いかがでしょう?グリーンですよね?

0.5単位ウチにはノボのデミペン使ってますが
さすがにあのデザインのペンを成人男性が使うのは
勇気が要りますよねe-330

ちなみにそのデラックスな茶色のケースは使っていませんe-348

♪カズの妻さんへ

同感!!!
激しく同感

ランタスもラピッドもなかった
カーボカウントなんて聞いたこともなかったね
情報は少なく
こうして気持ちを共有できる人など一人もいなかったもんね

>近い将来、もっともっと便利な医療器具が出てきそうな感じがスル。
スルスル(笑)

でも急いでもらいたい
だって、アラカンが新しいものに対応するの大変なんだから(笑)

カズさんポンプ慣れた?

♪ちりかさんへ

おお、ちりかさんもユーザーでしたか!

太さや重さは大丈夫ですか?

やっぱりケースはいらないよね
あれで1000円は高くなってると思うなあ

確かにあの色は女性には中途半端かも
何色か出して、選べるようにしてくれたらいいのにね

夫は気に入ってるようですよ
どうだ、いいだろ!って見せたくらいだから(笑)

でもさんざん褒めてたくせに
フレックスペンの軽さは捨てがたいらしく
外出時はフレックスペンばっかり

ちりかさんとは逆で、0.5打ちだけラグジュラ使ってます

私は、ラグジュラ1本にすれば?なんて言ってたんだけど
ちりかさんもラグジュラとデミペン両方使っておられるって読んで
やっぱりみんな自分なりの使いよさというのがあるんだなあって納得しました

あこがれー

いいな!いいな!
ラグジュラって昔から「なんてセンスのいいデザインの注射器があるんだろう・・」と、うらやましく思ってました。
でも、機能や価格が一番だと先生が信頼を持っているモノしか処方しない方針のようなので、今のでいいやっと思っています。

フレックスペンの使い心地には何も不満はないけど、あのカラーリングがキライ!!ダサイ!!
わたしはその色スキですよ!

♪カッパさんへ

ねっ!やればできるんや

こういう機能一辺倒になりがちの医療器具の世界に
デザイン性も持ちこんできたことがうれしいじゃありませんか

機能も、価格も、デザインもみんな納得っていうものが
もっともっと出てくるといいね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/356-55ced831

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2