スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪探しものは何ですか~?見つけにくいものですか~?

おなかにポリープがあります
良性ですが、これは将来ガン化する可能性があるので取った方がいいでしょう
って言われたのは2か月前

検査はお産に次ぐ痛さ
とてもつらくて(個人差が大きいらしい)
もう2度とごめんだって思ってたのに
手術?
えーーーーっイヤだぁ、やりたくないって思ったんです

でもお医者さんに
「やっといた方がいいです、取りましょう!」と重ねて言われたら
それでもイヤですとは言い難い

仕方なく
承諾しました

で、昨日がその手術日だったわけ

麻酔もない簡単なものとはいえ
手術となると1泊2日の入院が必要だし
手術同意書にサインしたり
保証人を2人立てたりと大層なことです

入院手続きを済ませ
病室に案内されて
点滴の針を入れられて点滴準備

点滴が始まると点滴開始
なんだか本当の病人になった気分

2時間ほどかけて
おなかを洗浄する薬液を2リットル飲んで(これが結構大変
腸内は掃除のすんだ排水管状態になったところで
ようやく手術室に呼ばれました

いよいよだ~~~
覚悟を決めて臨みます
3~40分のがまん・・・と自分に言い聞かせて・・

検査時に比べると、ずいぶん楽です
あ~~先生の技術によるのかなあ
この先生頼りない感じだけど、腕は確かなのかも

しかし
・・・・長いなあ

もうそろそろポリープを切り取っていい頃じゃないのかなあと思うのに

「あっち向いて下さい」
はい、う~~~~痛くなってきた

「上向きになって下さい」
はい、まだかなあ、く~~~~イタイ

痛さも前の検査と変わらなくなってきて
頭まで痛くなってきた

いい加減もう終わって~~~、とがまんの限界に近づいたころ
先生の声

「ポリープが・・・・










ないんです」

はあ?

「ずいぶん念入りに探したんですけどね」

目的の家が見つけられないタクシーの運転手のような発言

町内(腸内)の地図(記録)はないのか!
大腸通りを3回曲がって小腸の角から5センチ・・・とか

「前回、生検のために切り取った時に、全部取りきれたか
その後委縮したのかもしれません」

そんなあ
あなたが、検査時の写真を見て
取りましょうっ、取った方がいいです!って言ったんじゃないの

「すみませんけど、いいですかね」
いいですかねって何がいいの?
イヤだと言ったらどうしてくれるの?

『もういいです、早く終わって下さい!』

「そうですか、すみません」

昨夜から
食事も抜きの事前処置
このつらい処置をがまんしてたのは何だったの

スミマセンで済まされるの?


『じゃあ、もう入院してる必要はありませんね
帰ります』

「あ~~、そうですかぁ」

だって、処置してないんだから
入院してる必要ないでしょ

「そうですね
じゃあ退院許可証書きます」

退院許可なんかなくったって帰ってやる
と息巻くものの
肝心なところで気が弱い・・・と娘に評される私

その後病室にやってきて
「すみません」と謝る気の弱そうな先生に

『これで診療代を払わないといけないんですか!
身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
な~んてことはひとことも言えずに
心配して待っていてくれた夫に荷物を持ってもらい
体をくの字に曲げたまま痛むおなかを抱えて
トボトボと帰るだけでした

でも
ほぼ24時間ぶりに夕御飯を食べたら
腹立たしさも少し収まったんだから、単純


まあこれで
私は“腹に一物もない人間”であることが証明されたわけかと



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

うっふっふー♪

ホント、お疲れさまでした。
さぞや痛かったでしょうねぇ・・・

なのに、ありません!・・・それはないわ!(笑)

ポリーブ消えたなんて、ラッキー♪

まっ、考えようによっては、このセンセ正直者ですよね。
ないのに切除したふりとか、ありもしない所を切ったりとかして手術成功なんて言われると恐いものねぇ・・・

なんか、pocoさんの気持ちになって読んでたら

『これで診療代を払わないといけないんですか!
身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』

おっ、言われたのね!!

と、思ったら・・・やっぱり私と同じだわ。(笑)
肝心なところで気が弱いのよね。アハハ

きれいな腸内が証明されたんですから、何でも食べれるわね。
せっかくだから、特別室にでも泊まって上げ膳据え膳で皮下脂肪揉み出しマッサージとかしてもらえばよかったのに・・・
やっぱり落ち着かないわよね、うふふ

検査したので、まだ痛いんでしょ! お大事に!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様です

そんな結果が待っていたなんて・・・
私ならめっちゃ怒って帰りそうですが、なにはともあれ、なんともなくてよかったですねv-290
しかしもうちょっときちんと調べて欲しいですね(苦笑)

♪もりママさんへ

♪ゆめのなかへ~いってみたいとおもいませんか~

あはは
こんな歌が歌えるくらいに
今日はもう元気です

念入りに調べてもらったことだし(笑)
安心だしね

>まっ、考えようによっては、このセンセ正直者ですよね
言われてみればそうとも言えますね

素直に「すみません」って謝ったし

でも、もう二度とあの病院には行くもんかって思ってますけどv-389

♪ののたんさんへ

腹は立ってたんですけどね
あんまり素直に謝られたからでしょうか
文句が言えなかったんですよね

それと、矛先が鈍ったのは
家に帰ってごはんが食べられる・・っていうのが
うれしかったからかもしれないv-8

あらっ、まあー

災難でしたネエ・・・。

夫もありましたヨ。
発症時入院した病院で検査して「内視鏡では取り辛い形」って脅かされていて、その後今の病院に変えてから「そう言えば前の病院で言われていたから」って再検査してもらったら
「見つからないです・・・」

?・?・?v-399
私の「しばらくしたら又再検査してもらおうか?」っていう言葉も夫は「必要ない!!」って。
ラッキーって思ったにチガイナイ!!
あれからもう6年になります。v-421

検査も大変だったでしょ?
ようやく手術の決心したのにネエ。

黙って帰ってきたの?
だめじゃーーん!poco夫さんに先生を恫喝してもらわなきゃあ。
無理?
じゃあ、ウチの夫呼ぶ?
強い者には弱いケド、弱い者にはチョー強いヨ(笑)v-8

♪カズの妻さんへ

え~~っv-405
ポリープがなくなることって、そんなに珍しいことじゃないのかしら

私ももう検査なんかしないぞ!v-412
ポリープあっても、消えるのを待つ!

夫?恫喝とは程遠いタイプでして
弱気をくじくカズさん、お借りしたかったなあv-411

げげーー

手術?お疲れ様でした

しっかしそんなコトってあるんですねー!ビックリ

でも検査してから手術するまでの2ヶ月間もの間
1度もレントゲンとか撮らないもんなんですかね?

とにかく何もなくてよかったです♪

『これで診療代を払わないといけないんですか!
身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
  ↑
コレ、言ったら何とかなったりしないんですかね?
ちょっと気になるトコロです・・・

♪ちりかさんへ

そうなんですよ
私もビックリ!

ポリープはレントゲンでは分からないと思います

まあね、増えてるよりは減ってる方がいいですよねv-290

> 『これで診療代を払わないといけないんですか!
> 身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
>   ↑
> コレ、言ったら何とかなったりしないんですかね?


こんな時のために
病院側は手術承諾書を書かせたり保証人を立たせたりするんですね、きっと。
診療費をただにするには多分、何倍ものお金と労力が必要なんだと思いますよ

でも、一回試しに言ってみたいv-411

たいへんでしたねー

でもでも、なんともなくて、よかったです!!
怖かったですね!!

検査だけでそんなに痛いんですか?
出産につぐ痛さなんて、信じられナーイ。

ポリープ勝手になくなったんじゃなくて、pocoさんが自力で消したんですよ。
だから先生に「手術の準備していただいたのに、消してしまってすみません!!」て謝らなきゃイケマセン。v-8

うわっ。

そんな事があったのですね。v-12
考えようによっては「何も無くて良かった」って感じだけど‥‥
う~ん。微妙だあ。

『これで診療代を払わないといけないんですか!
身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
言って欲しかったな~。
もし言っていたら‥‥どうなったんだろう。気になります。^^

それにしても、点滴などをちゃんと写真に撮っていたなんて、pocoさん手術前だって言うのに余裕ありますね~。

♪カッパさんへ

内視鏡検査の痛みは個人差があるとは聞いてたんですが
ホント、脂汗が出るくらい痛かったんです
でも、今回の感じでは
先生の技量にもよるなあと思いましたね

え~~~っ!
私のおなかの超能力で
ポリープ消しちゃったのでしょうか

すごいv-12私のおなか

そうだとしても、謝んないv-8

今日高い請求が届いたから、明日掛け合ってくるんだ、キッv-412
きっとダメだろうなあ

♪ともかさんへ

こんなことがあるなんてウソみたいでしょう?

写真にまでちゃんと撮られたポリープは
一体どうなってしまったんでしょう
先生が言われたみたいに
萎縮するなんてことがあるのかしら

> 『これで診療代を払わないといけないんですか!
> 身体的、精神的ダメージのための慰謝料が欲しいくらいだわ』
> 言って欲しかったな~
> もし言っていたら‥‥どうなったんだろう。気になります。^^


私も気になる~~~

カメラは、いつもたいてい持ち歩いているんです

写真に撮ることで
注射も点滴も客観的に見えてくるんですね

イヤなことでもイヤでなくなるから不思議v-411


トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/366-8c417382

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。