ときめく心

今日のボランティアはグループホーム
入所者10人ちょっとのこじんまりした施設です

ここでのセッションに
メンバーの知人である青年が一人参加しました

この青年は、働きながら
ライブもこなすシンガーでもあり
いずれは自分の得意な音楽を生かして
社会に貢献できるような仕事がしたい・・・
と、我々の音楽ボランティアを見学に来たのです

すごいイケメン・・・というわけではないのですが
にこやかに我々おばちゃんたちにも話を合わせてくれる
なかなかの好青年です

さて
73歳から99歳までの入所者の方は
多かれ少なかれ認知症があります

79歳のSさん
いつもオーストリッチのバッグを大事そうに抱え
アメリカ生活が長かったとかで
ときおり言葉に英語が混じります

普段は、気難しさも垣間見せることもあるのですが
青年の登場に顔がぱっと輝きました

「Sさん、今日はBOYが来たからご機嫌やね」とヘルパーさんが声をかけるところをみると
普段から若い男性がお好きな模様
「そんなことないわよ」とはにかみながらも、機嫌の良さは隠せません

いつもより身振りも大きく、気持ちよさそうに歌っておられました

セッション終了後はおやつの時間で
私たちはいつも 、入所者さんとは別のテーブルで
お茶とお菓子をいただくのですが
今日はSさんも、私たちのテーブルにやって来られました

会話はかみ合いませんが
BOYの横でうれしそう

帰りには
ハグして握手
さすがアメリカナイズされています
ヘルパーさんにツーショット写真も撮ってもらって
とても満足そうな様子でした

Sさん、きっと心も体も活性化したことでしょう

私達、何回も来てるけど、あんなに喜ばれたことないわね
と、仲間と苦笑いです

ともあれ
心がときめくいてる瞬間って
幸せなもの

Sさんみたいに
いくつになっても
ときめく気持ち、持ち続けたいものです


が・・


韓流スターにときめいてたのは何年前だったかなあ(遠い目)

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

恋する心

昨日だったか、朝のワイドショーで「老人施設で恋を奨励・・・」みたいな特集があってましたよ。
施設長さんは、心がときめくことは生きる喜びにつながる・・・と、おっしゃってました。
80過ぎた老婦人が、毎朝キチンとお化粧されてるんですよ。恋をするとイキイキされます・・・って介護士さん達も言われてました。

私なんか、出掛ける時にしかお化粧しないのに・・・(笑)
私がお化粧し出すと、犬達がソワソワするもの(大笑)
恋してないのかも・・・(´ヘ`;)
その青年、是非是非、これを機会にボランティアに楽しんで欲しいですね。

それにしても、あの手術未遂事件の直後なのに、音楽療法のボランティアに行かれたなんて・・・すごい!
ホント、頭が下がりますよ。お疲れさまでした!

♪もりママさんへ

まあ、なんてタイムリーな番組v-411

恋は百薬の長っていいますもんね

あっ、酒は・・・でしたっけ?v-8
まっいいか

恋して笑って暮らしてたら、寿命が延びるんじゃないかなあ
ついでに血糖値も下がればいいのにね

手術未遂事件・・・いいネーミングですね
ちょっと間抜けな探偵が出てきそう

何しろ未遂ですから、元気なもんですv-91

ホルモン出そう♪

イケメン(ホストクラブの人が来たら最強?)にボランティアやってもらったら、みーんな若返りそうですね!!
女性ホルモンとか、いろいろ、いいものが体をめぐりそうです。
お化粧するのもいいって言いますもんね。
わたしはイケメンよりお笑いライブのほうがいいなぁー。

伊集院さんの本(キジ)買いました!
本屋で平積みになってる本の中で、谷ができてました。i-237
読むのたのしみー♪

エキスはメグル

コラーゲン鍋食べても・・・・v-403

モツ食べても・・・v-403

豚足食べても・・・・・v-403


全然効かないのに・・・ v-390


BOYとのハグは、次の日、お肌プルプル効果ありそ~ e-297

ついでにBOYの背中にストローさして、エキス吸い取っちゃいましょー e-286

出前演奏♪

数年前から私の父(73歳)もpocoさんと同じようなボランティアしてます。

週1回近くの老人ホームに行って
大正琴やらギターやらエレクトーンやら弾いてるそうです。

指先をよく使うので認知症の予防にいいかなと思います。
耳はかなり遠いんですが・・・

♪カッパさんへ

>イケメン(ホストクラブの人が来たら最強?)にボランティアやってもらったら
これすごーーくいいアイデアよね
私たちが声をからして歌うより、絶対おばあちゃんたち元気になると思う

問題は、ボランティアを引き受けるホストがいるかどうかだなv-7

キジ買いましたか
私はサル飼いました、じゃなくて買いましたv-8

♪そらちゃんへ

そらちゃんもボランティア来る?
BOYとハグでしていいよv-413

でもエキスの吸い上げはご勘弁を

おそれをなして
せっかくの青年ボランティアが来なくなっちゃうからねv-292


♪SP♪さんへ

お父様おひとりでなさってるんでしょうか

ボランティアの醍醐味は
楽しかった、うれしかったと喜んでもらうこと

お父様もきっと、そういう充実感をたくさん味わっておられるのでしょうねv-266

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/368-37564d19

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2